テレフォン人生相談


2019年3月22日(金)は、加藤諦三・中川潤。49歳の母親から。大学院に通う娘25歳、大学に入ってからアニメグッズの購入にバイト代を使いきるような子で、大学院に進んでから、バックや鞄、洋服などアルバイト代以上に奨学金を使い込んでまで買い物をしており、夫から一人で暮らすよう言われてしまった。金遣いの荒い娘への対処の仕方は?
加藤諦三氏の〆の言葉『己、自らを知れ。人類普遍の課題です。』

目次

スポンサーリンク

お金遣いの荒い娘

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:49歳女性 夫45歳 長女25歳(大学院生) 長男23歳 次男21歳 三男19歳

もしもし?(加藤諦)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

あ、お世話になります、よろしくお願いいたしまーす。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦)

はい、わたくし49歳。(相談者)
40・・9歳、結婚してます?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦)

40・・5歳です。(相談者)
40・・5歳・・お子さんは?(加藤諦)

え、子供が四人おりましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
えーっと、上から・・(相談者)

長女が25歳。(相談者)
はい。(加藤諦)

長男が20・・3歳。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

次男が20・・1歳。(相談者)
はい。(加藤諦)

三男が、19歳です。(相談者)

わかりました。(加藤諦)

はい・・(相談者)
はい、それで・・(加藤諦)

どんな相談ですか?(加藤諦)

奨学金を使い込む長女

えーっと・・ちょっとお恥ずかしいんですけど、長女がですね。(相談者)

ちょっと・・(相談者)
はい、25歳のこの長女さんですね、はい。(加藤諦)
はい。(相談者)

まぁ、今、大学・・院の方に行っておりまして。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

この子がまぁ・・(相談者)

ちょっとお金・・(相談者)

の、まぁ、奨学金云々もちょっと使い込んでおりましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、まぁ、バイト・・とかも、してるんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
そういうのも・・(相談者)

ちょっと、金銭・・の、ちょっと・・(相談者)

使い込みっていうか、まぁそのぅ・・働いた分なんでしょうけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

それがちょっとあまりにも・・(相談者)

あのぅ・・ちょっとアレだったので、それは・・(相談者)

正直、「ん?」と思ったのが、三年ぐらい前に・・最初、わかったんですよね。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それでぇ・・(相談者)

ま、その時、全部・・洗いざらい・・(相談者)

ちょっと、わたしがチェックをして。(相談者)
うん。(加藤諦)

でぇ、まぁ・・自分が・・(相談者)

アニメっぽいのが好き・・らしくてですね。(相談者)
うん。(加藤諦)
そういう・・系統の物を・・(相談者)

結構、買っておりました。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ・・いっぱいあのぅ・・部屋のほうに隠しておったのが出てきたんですよね。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ・・(相談者)

「ちょっとこれどういうことなの?」って言ってみたら・・(相談者)

まぁ、その時も・・(相談者)

結構な金額・・(相談者)

にはなってた、借金をしてるってわけじゃないんですけど。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい。(加藤諦)

でぇ・・そういうことがありまして、でぇ・・(相談者)

そん時はまぁ、大学・・の、四年制の大学に行ってる途中だったので。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、まぁ・・(相談者)

当然の、これは、改善しなきゃいけないということと、本人がまぁ、反省しましたんで。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ、時折チェックを入れながらですね。(相談者)
・・
わたしも、あのぅ・・(相談者)

してたんですよね、そしたら・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

最近になって、ちょこちょこまた・・(相談者)

あの、目に見えて、物を・・(相談者)

買ってる・・ふうが、ちょっとありましたんで。(相談者)

あ・・(加藤諦)
それでぇ・・はぁい。(相談者)
物をいろいろ買ってるっていうのは、要するに、アルバイトしてぇ・・る、お金で買ってるということ?(加藤諦)

って言うんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
実際ちょっと、ええっと・・先週見ましたら。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

えーっと、払ってる金額がその倍ぐらいありました。(相談者)

アルバイト代よりも多いと。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
でぇ、そう・・(加藤諦)
当ぜ・・(相談者)
はぁい?(加藤諦)
はい?(相談者)

当然まぁ・・(相談者)

奨学金のことを、こう、融通してるっていうのが・・わかりましたんで。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

「あっ、これは!」と思ってですね。(相談者)
うん。(加藤諦)

まぁ・・(相談者)

ウーーン・・元の木阿弥というか、こう・・(相談者)

ハアッ・・っていうようなもんになって・・(相談者)
物を先ほど、買ってるって言いましたけど、そこの物・・ってなに・・(加藤諦)

どう・・(加藤諦)
えーっと、今回はですねぇ・・あのぅ・・バックって言うんですか?鞄って言うんですかねぇ?(相談者)
ああ・・はあ、はあ・・(加藤諦)
はい、そういうのとか、ま、学校で使う教科書等はまぁ、別としてでもですね。(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

見た感じ、こうポーチとか、云々とか、こう、おそ、おそろいで鞄とかも集めてたり、洋服もですね。(相談者)

うん、あのぅ・・(加藤諦)

いくらぐらいの物を買ってるんですか?(加藤諦)

ええっと・・ぅ・・(相談者)

あの、物としてそのまぁ・・1万とか・・まぁ、2、3万とかで、何十万とかではないんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それがやっぱり積み重ねてですね。(相談者)

買った物は使ってるし、勉強も怠っていない

それでこのぅ・・(加藤諦)
正直もう・・(相談者)

バッグとか、鞄とかって・・言ってましたけど、1万、2万っていうの。(加藤諦)

で、これはあの、使ってるんですか?それは、使ってないで、ただ買うだけですか?(加藤諦)

いや、使ってますねぇ・・(相談者)
使ってますか?(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はい、はい・・(加藤諦)
はい、今度は収集の方ではないんですよね。(相談者)

うんうん・・(加藤諦)
前のそのぅ・・(相談者)

えっと、アニメグッズみたいな時に、三年前に発覚した時はもう、収集みたい・・だったです。隠してあったからですね。(相談者)
ええ・・(加藤諦)
開けてなかったりで・・(相談者)

うん。(加藤諦)
今回は・・(相談者)

まぁ、必要なもんだって、彼女が言うみたいに、使ってはいるんですけど。(相談者)
使ってるんですよね?(加藤諦)
はい。(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦)

ちょっと・・あなたの言葉を・・き、伺ってると、先ほど「使い込み」・・っていう・・言葉をね。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
使ってらっしゃったんですけども、お嬢さんについて。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
なんか「使い込み」って言うと・・(加藤諦)

まるで会社のお金を使いこんじゃったって・・(加藤諦)
あはは・・(相談者)
っていうような・・(加藤諦)

こう、印象を受けるんですけど、そういうことでは、全くないんですよねぇ?(加藤諦)

ないんですけど、やっぱり残るべきして残って、最終的には返済しなきゃいけない奨学金でですね。(相談者)
うん・。・(加藤諦)
本来なら、残ってる分、金額を、そうやって、自分の好きなものに買うっていうのは、わたしは間違いだと思ってるもんでぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

だからそれは返済しなきゃいけないし、いずれ・・(相談者)

あのぅ・・っていうところで、なにかしらまぁ・・(相談者)

今回も、まぁ・・(相談者)

今回もって言うか、大学院行くとか、将来に・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
なんかアレするときに、自分の投資に・・(相談者)

うん・・(加藤諦)

使えるようにとか、もちろん返済にすぐに回してですね。(相談者)
うん・・(加藤諦)

だからあの、アルバイト行ってる分の・・その分を超えてまで。(相談者)
うん。(加藤諦)

してるのが間違いだ・・って、だから主人が、あのぅ・・(相談者)

「どうしてこれが、わかる?・・わからない?」って、こういうふうに主旨、説明してって、こう、こう、わかりやすくって言うか説明、主人もするんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

「君のやってる事は世の中では通じないし、通らない」って言って。(相談者)
うん。(加藤諦)
でぇ、ましてや自分の・・(相談者)

家(うち)に居て、ま食事から何から食べてて、そのぅ・・光熱費払ってるわけじゃない状況でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
こんなことをしていいわけがない、学生の身分で・・って。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
で、主人はズバッっと言ったんですね。(相談者)
ええ・・(加藤諦)

でぇ、これを、続けて・・したいっていうなら、自分一人で、なにもかもやり繰りしなきゃ・・って。(相談者)

うん・・(加藤諦)

でぇ、お嬢さんは、大学院の勉強そのものを、怠けているわけではないんですよねぇ?(加藤諦)

ないんですよねこれがまぁ、そこそこやってってですねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

と、ごく普通に・・し、考えると、立派なお嬢さん・・(加藤諦)
あはっ(苦笑)・・(相談者)

よそ様の方にはそう言っていただけるみたいですねぇ。(相談者)

夫は一人で自活しろと言っている

まぁ、お嬢さんだから、25歳でねぇ。(加藤諦)

まぁ、バックの1つも・・(加藤諦)

買いたい時期でもあるし、確かに・・(加藤諦)

大学院で勉強する・・時に、他のね。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・働いてる・・(加藤諦)

女性と同じものを欲しがるのはおかしい・・って言うのも、わからないわけじゃないけれども・・なんか・・(加藤諦)

それほどなんかすごいことをしてるような感じはないんですけど、今日の相談っていうのは・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
この25歳の、このお嬢さんが、大学院生であるにもかかわらず・・奨学金を貰いながら・・(加藤諦)

今、話したようなことをしている・・(加藤諦)

このぅ・・お嬢さんを、どう指導したらいいか?・・っていう・・そういう事ですか?(加藤諦)

そうですねぇ、もう・・(相談者)

言うべきことは言ってるんですけど、まぁ伝わらないっていうか、まぁ、理解はしてるけど・・(相談者)

ぅ、ぅ、ぅ、なんて言うんですか?アレ、まぁそうですね、ほんとに、主人はもう、出て行って一人でやんなさい・・で、もう、答え出しちゃってしまったんで。(相談者)

ハァァ・・正直・・(相談者)
あっ・・(加藤諦)

ご主人はもう・・(加藤諦)

家・・出て行って、自分で・・一人で・・自活しろと?(加藤諦)

言ってるわけですね?(加藤諦)
そうです・・(相談者)

「もうそうしないと君は、わからないだろう」って言ってですね。(相談者)
ええ・・(加藤諦)

本人も、半分は、以上は、わかってると思うから、黙るとは思うんですけど。(相談者)
ええ・・(加藤諦)

要するに、あなたの気持ちとしは・・(加藤諦)

わたしだって・・わたしって言うのは、あな、あなたね。(加藤諦)
はい。(相談者)
わたしの・・わたし・・たちだって、こんだけ苦労して・・(加藤諦)

みんなを育ててきてるんだと。(加藤諦)

それなのにあなた、こんな・・贅沢な物を・・買ったりしてぇ・・(加藤諦)

・・

そんなに人生、甘く考えるなよ・・っていう・・(加藤諦)

そういう・・(加藤諦)

ことですか?(加藤諦)

今・・今ほんとに、ちょっと・・改善をしておかないと、とは・・(相談者)

ウーン、なんとかすいません、板ばさみとまでいきませんけど、わたしも考えがこう・・(相談者)
ウン・・(加藤諦)
すいません、それで、ちょっと・・(相談者)

でぇ・・(加藤諦)
ご意見をいただければと思ってですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

はぁい、わかりました。(加藤諦)

今日はあの、スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしているので・・伺ってみたいと思います。(加藤諦)

よろしくお願い致しまーす。(相談者)




目次に戻る

中川潤アドバイス

こんにちはぁ・・中川です。(中川潤)
あっ・・こんにちは、よろしくお願い致しまーす。(相談者)

あのぅ・・(中川潤)

大学へ・・入る前なんですが。(中川潤)

はぁい。(相談者)
高校生・・(中川潤)

とか・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
その辺りの時っていうのは・・(中川潤)

お小遣い、あるいはそのぅ・・お金の・・問題。(中川潤)

はぁい。(相談者)
これは・・(中川潤)

お嬢さん、どんな状況だったんですか?(中川潤)

お小遣いは、まぁ高校生なので、あげてまして。(相談者)
ええ。(中川潤)
はぁい、でぇ・・(相談者)

携帯代も、わたし・・が、あの払ってまして、持たせましたし・・(相談者)

なんかまぁ、いる物とか云々は全部、出しておりました。(相談者)
・・
はぁい・・(中川潤)

でぇ、高校生ですから・・特にバイトなんかは・・させてなかった・・(中川潤)
あっ、もうダメですね、はぁい。(相談者)
でしょう?(中川潤)
なかったです、はぁい。(相談者)

んで、お小遣いは、それ・・(中川潤)

相応のもの・・分をわきまえたものを、今のお話ぶりからすると・・(中川潤)

渡してた・・(中川潤)

はいそうですねぇ。(相談者)
わけですねぇ?(中川潤)
はぁい。(相談者)

お金があるから使ってしまう

だから・・(相談者)
そうすると・・うん?(中川潤)
大学行って、大きなお金使ってはじけちゃったのかな・・って、ちょっとそこが・・(相談者)
みたいだよねぇ・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

あの、学業の方なんですけど。(中川潤)

はい。(相談者)
勉強は・・しっかりやっておられたわけねぇ?(中川潤)

やってますねぇ・・それは、はぁい。(相談者)
うん、ほいでぇ・・(中川潤)

確かにその奨学金に・・本来の目的以外のものに、使うってこと自体が・・論外だってことあるんだけど。(中川潤)

ちょっとその・・(中川潤)

ぅ、ぇ、よくあるね。(中川潤)

依存症みたいな、金を使うとに対して。(中川潤)

はい。(相談者)
ねえ?(中川潤)

使うことに対・・(中川潤)

して、快感を覚えるって、依存症って・・(中川潤)
はい。(相談者)
聞くことあるんですけども。(中川潤)

それともちょっと違う・・(中川潤)

よねぇ?(中川潤)

お話の向きは。(中川潤)
そうなんですよ、そう・・あっ・・(相談者)

それ・・あたしも・・やっぱり。(相談者)

あのもう・・聞いたり、調べたりした・・(相談者)
ええ・・(中川潤)
それ・・では、ないですねぇ。(相談者)
ではないよねぇ・・(中川潤)
はぁい。(相談者)

だ、お金があるから・・(中川潤)

ついつい使っちゃうと。(中川潤)

うん。(相談者)
いう・・ことみたいね。(中川潤)

だからね。(中川潤)

はい。(相談者)
ある意味その、勉強はきちんとやりたいって言うんだから。(中川潤)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

ま、こりゃ、ご両親がお決めになることだと思うんだけど。(中川潤)

はい。(相談者)
お父さんがおっしゃってる・・(中川潤)

いっぺん自分一人で生活してみぃ・・っていうのも。(中川潤)

はぁい。(相談者)

一つの・・僕は方法だと思うんだけど。(中川潤)

ただねぇ・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

要するに金銭感覚が・・きちんと、できてないから。(中川潤)

はぁい。(相談者)

っていう・・ところ・・の、まず問題なわけですよね。(中川潤)

そうですね。(相談者)
ねえ?(中川潤)

だけど、それはもう、いっぺんどっかでトレーニングさせるしかしょうがない話・・(中川潤)

いつまでもあなた・・(中川潤)

あのぅ・・この先ずっと置いとく・・(中川潤)

わけにもいかないでしょ、それでぇ・・(中川潤)

そのぅ・・実際の・・(中川潤)

もらってきたね。(中川潤)

はい。(相談者)
あのもらったお金をどうする・・(中川潤)

全部あなたが管理して行く・・(中川潤)

って、この先やっていくわけにもいかないでしょう?(中川潤)

いかないですはい。(相談者)

うん・・(中川潤)

そこは・・(中川潤)

いっぺんやっぱ、やらせないことにはどうしようもないですわ。(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
うん、という気はするから・・そこは・・(中川潤)

できるだけ近場で。(中川潤)

はい。(相談者)
ねえ。(中川潤)

ぅ、探して。(中川潤)
・・
やらしてみるしか、これちょっとしょうがないんじゃないの?(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(中川潤)
わたしも・・(相談者)

ハァァ・・情けないんですけど、わたしどうしようかな・・っていうのがあったもんですから・・すいません、初めてお電話させていただいたんですけどぉ・・(相談者)
いやいやいや・・(中川潤)

ただ、出るにあたって、ほんとにあのぅ・・「お互い冷静にやってみようね」と。(中川潤)

そうですねぇ。(相談者)
うん・・(中川潤)

いうことでむしろ、なさるべきじゃないかとは思うんですが。(中川潤)

どうですかねぇ?加藤先生、ねえ?(中川潤)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

ええ、今・・中川先生・・の方・・(加藤諦)

最後のご意見僕も賛成なんですけど。(加藤諦)

なんか・・(加藤諦)

家族が六人居て・・話合ってるんじゃなくって。(加藤諦)

会社の中で・・(加藤諦)

議論し合ってるような感じなんですよ。(加藤諦)

・・

はぁぁぁ・・(相談者)

議論ですねぇ・・(相談者)

なんか共同体としての・・(加藤諦)

お互いの優しさみたいなものが・・(加藤諦)

ゼロなんだよねぇ。(加藤諦)

母親という立場

ウン・・(相談者)
つまり・・(加藤諦)

あなたが自分の立場わかってますか?ってこと。(加藤諦)

自分の位置がわかってますか?って。(加藤諦)

あなたは、しゃ・・社長さんじゃないですよ。(加藤諦)

あなたは、母親ですよってことなの。(加藤諦)

はいもちろんそうです。(相談者)
そう・・(加藤諦)
だから・・(相談者)

だから、だったらやっぱり・・(加藤諦)

基本は励まし合うってことですよ。(加藤諦)

・・

ええ、もちろんそうです、はぁい、もう・・それは・・(相談者)
はげ・・だって、励ますんじゃなくて・・叱責だもん、社長がもう・・(加藤諦)

部下のやった、あのぅ・・(加藤諦)

なんか失敗を・・怒ってるのと同じだもん。(加藤諦)

ウーーン・・(相談者)

そうですかぁ?(相談者)

でぇ、言ってること正しいから、みんな反論しないですよ。(加藤諦)

だけど、あなたの・・(加藤諦)

に、ついて行く人、いないですよ。(加藤諦)

ウン・・(相談者)

そう・・ですねぇ・・(相談者)

あれ?(加藤諦)

今、「そうですね」って言った、これすごい。(加藤諦)

・・

ウーン・・今・・(相談者)
「そうですね」って、これ気が付いたらすごいことですよ。(加藤諦)

ウーーン・・いや・・(相談者)
今・・自分が・・(加藤諦)

共同体じゃなくて・・(加藤諦)

機能集団に居たってこと、わかるって、これなかなかわかんないんです。(加藤諦)

人間は、自分のことが一番わかんないのよ。(加藤諦)

これ、セルフ・アウェアネス(Self Awareness)って言って、自分に気付くって、これは・・(加藤諦)

ソクラテス以来、人類、ずーーーっと言ってる、最も難しいことなんです。(加藤諦)

ウン・・(相談者)

スゥゥ・・(相談者)

ああ、子育ては難しい・・はははは・・(相談者)
うん。(加藤諦)

あのぅ・・(加藤諦)

でもあなた、とにかく共同体と機能集団であれ、ちゃ・・ちょうど母親が・・わかったわけですから。(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)
必ず、か・・(加藤諦)
申し訳ありません。(相談者)
必ず解決します。(加藤諦)
こういうことでお電話して。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

どうも失礼します。(加藤諦)

ありがとうございまーす。(相談者)

己、自らを知れ。人類普遍の課題です。




放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

旦那、二十歳の時の子なのか?
それとも、再婚っていう線はないか?
加藤先生のまとめがアレなんで、ちょっと編集を勘ぐってみた

ならば、母としてフォローもありだな
基本、中川先生と同じ意見でありながら
この指摘、そうじゃないかと思うけどね

『携帯代も、わたし・・が、あの払ってまして、持たせましたし・・』

母親が払って、持たせてたんだよね
自分は、ここが気になったけど

母親の心配は、親として当然
25歳ともなれば、奨学金の管理も自分だろうし
多めに貰ってたんだよね・・・返済が大変だろうけど

借りる前から、そのつもりだったのかもしれない
にしてもちょっと、違うとは思うけど
もうちょっと言えば、けして高価な物でもないのに、バイト代の倍

さぁて、大学院の学費やその他もろもろ
どんな感じなんだろう?
下の弟たちは、これからお金が必要になりそうだしね

励ましてあげて欲しい、なにかがあるのかもね

2019年3月25日(月)予告

自分を余命わずかと思い込み、娘に生前贈与したことを悔やむお母様からのご相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ディアハンター

    今の大学院など就職したくないヤツのモラトリアム
    成人した子をいつまで支配しコントロールしたいのか
    そんな時期は二十歳か
    大学出るまでに済ませろよ
    子供の人生なんだからいつまでも口出ししない
    そういう人間に育てたのは自分だろ

この記事にはコメントできません。