テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

三石由起子アドバイス

こんにちは。(三石由起子)
あ、こんにちは、お願いします。(相談者)
はい。(三石由起子)

母親を楽しませてあげられないのが辛い

あのねぇ。(三石由起子)
はい。(相談者)
一番の問題はね・・(三石由起子)
はい。(相談者)

あのぅ、長女が大学生になって・・(三石由起子)
はい。(相談者)
次女しかいなくなって・・(三石由起子)

はい。(相談者)
次女に、100%、目が向いちゃったっていう・・(三石由起子)
あはっ・・(相談者)
ふふふ・・(三石由起子)
ああ・・(相談者)
そういうことなんですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)

そういうことなんです・・(三石由起子)
そうですねぇ・・(相談者)
それでね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
次女さんのことだけを、考えればね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
学校は楽しいし・・(三石由起子)

えへっ・・(相談者)
部活は辞めたくないし・・(三石由起子)

うん。(相談者)
ねぇ。(三石由起子)

そうです・・(相談者)
これね、楽しんでるんですよ。(三石由起子)

でね・・(三石由起子)
ええ。(相談者)
そりゃ、あの・・ユニフォームもらえなかった・・時には・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そりゃ、誰だって、落ち込むんで・・(三石由起子)

そう・・ふふふ・・はい、はい。(相談者)
あのね・・たぶんね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あの、もし・・この次女さんが、辛がってるとすればね。(三石由起子)

はい。(相談者)
それあの、母親の気持ちが辛いんだよ。(三石由起子)

はぁ・・(相談者)
母親の思う通りに動けないっていうかね・・(三石由起子)
母親を、楽しませてやれないみたいなことが、辛いんですよ。(三石由起子)

次女の特権

あのね・・(三石由起子)
うん。(相談者)
次女の特権ってもんが、あるのよ、世の中には。(三石由起子)
ま、次男の特権でもいいけどね。(三石由起子)

はぁい。(相談者)
それなにかっていうとね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
結構、上の子ってさ、親の思い通りに、グッと行くことがあるんだよね。(三石由起子)

はい、そうですね、はい。(相談者)
でね、下ってね、それを見てるじゃない。(三石由起子)

はい。(相談者)
それを見てるとね、なんか、すごくあの・・(三石由起子)

あのぅ・・まあ、スタートも早くなるし・・(三石由起子)

うん。(相談者)
楽しいし・・(三石由起子)

うん。(相談者)
ちょっとあのぅ、時には、上を抜いたりしてね。(三石由起子)

あぁ、はい。(相談者)
そんな時期も、あるわけですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
ところがね・・これ、やってても・・(三石由起子)

はい。(相談者)
なんぼのもんじゃみたいな・・計算も早いのよ、実は。(三石由起子)

あのね・・(三石由起子)
下の子は?(相談者)
わたしの知ってる高校はね・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
野球部員、80名いるんですよ。(三石由起子)

あぁ、はい。(相談者)
でね、行けるのは9人だけなんだよ、試合に出られるのはね。(三石由起子)
そうですね、そうですね。(相談者)
まあ、まあ、あの・・補欠がいるにしてもですよ・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
それでね・・(三石由起子)

うん。(相談者)
あのその、高・・わたしの知ってる高校の話しをしますけれど・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
それ、大学に入って・・(三石由起子)
うん。(相談者)
何人やるかって言ったら、1人か2人・・その9名の中の・・(三石由起子)

うん。(相談者)
ねぇ。(三石由起子)

はい。(相談者)
その、1人か2人は、どうなるかっていったら・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そのプロに行けるのは・・(三石由起子)

いない。(三石由起子)

ま・・(三石由起子)
そうでしょうね。(相談者)
いることもあるかもしれない、つまりねぇ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
どんどん、どんどん、努力すればするほど、狭くなって、辛くなるのが、この世界じゃないですか。(三石由起子)
それ誰でも、わかってるじゃない。(三石由起子)

んん・・(相談者)
うん、誰でも、わかってるじゃん。(三石由起子)

はぁい。(相談者)
で、ねぇ・・(三石由起子)
うん。(相談者)
もしこれで、名を成す子だったらね・・(相談者)

はい。(相談者)
こんなあの・・ユニフォーム、もらえたとか、もらえなかったとかで、悩んでないですよ。(三石由起子)

うん・・そうですね。(相談者)
ねぇ、つまりね・・(三石由起子)
うん。(相談者)
次女の特権は、なにかっていうとね・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)

長女が・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)

一生懸命に努力して、手に入れたことを・・(三石由起子)

うん、はい・・(相談者)
ただの、楽しみにできるってことなんですよ。(三石由起子)

・・・

つまりね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
ただの趣味とか、娯楽にしてみたらね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
すごい、うまいこといけるの、一生いけるの。(三石由起子)

んん・・(相談者)
うん、同じ競技を・・何歳になってやろうがね・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
ちょっとあんた、上手いじゃないってことになるわけ。(三石由起子)

あ、はい、はい。(相談者)
これが、楽しいんですよね。(三石由起子)

んん・・(相談者)
だからね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
この、長女と次女は・・(三石由起子)

はい。(相談者)
やっぱり、分けて考えなきゃいけないし・・(三石由起子)

楽しむことを教える

うん、はい。(相談者)
そしてこの、次女さんが不幸だったことは・・(三石由起子)

はい。(相談者)
母親の目が、自分だけに注ぐ時期・・が、あったって・・しかも、まだ、あと、3年か、2年くらい続くっていうことがね・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
ちょっとこの、次女さんの、ご不幸なんだけど・・(三石由起子)

ふっ・・はい、不幸、不幸・・(相談者)
親がね、しなきゃいけないことはね・・(三石由起子)

あ、はい、はい。(相談者)
楽しむってことを、教えることなんですよ。(三石由起子)

これどうやって、楽しむっていうこと、教えるかっていえば・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
そりゃ、あなたが楽しまないことには、楽しむってことは、教えられないわけよ。(三石由起子)

そうです、そうです。(相談者)
あなたが辛くなれば、次女さん、辛くなっちゃうんだから。(三石由起子)

そうなんですよ、うん・・(相談者)
ここがね、母親のね・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
貫禄の見せどころだと思うんだけれども・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
うん・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
やっぱり、楽しみましょうっていうことをね。(三石由起子)

うん・・(相談者)
口に出して、言ってやること。(三石由起子)

・・・

あぁ・・(相談者)
それとね・・(三石由起子)
うん・・(相談者)
応援に行って、帰ってきたときにね・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
「楽しかった!」って、言ってやらないと。(三石由起子)

・・・

結果が、どうであれ?(相談者)
結果がどうであれ、子供が出なくてもだよ。(三石由起子)

うん・・(相談者)
「今日、面白かったねぇ!」って。(三石由起子)

・・・

うん・・(相談者)
ああ、何々ちゃんも良かったじゃない、何々ちゃんも良かったじゃないと・・(三石由起子)
ふっ・・(相談者)

う、うん・・(相談者)
ああ、面白かったねぇっていうことをね・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
本当に、面白かったっていうふうに・・(三石由起子)

だぶん、思えないだろうから・・(三石由起子)

あはは・・(相談者)
本当に、面白かったっていう・・なんか、フリをしてね。(三石由起子)

はぁい。(相談者)
そりゃ、できますよ、子供の為なら。(三石由起子)

厳しいですね・・(相談者)
うん、今、たぶん・・あなたを・・あなたの友達が見るとね・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
楽しそうに、見えないんだと思う。(三石由起子)

ふっふ・・そう、思います・・(相談者)
うん・・うん、楽しそうに見えないってことはね・・(三石由起子)

あなたにも、とっても、不幸だけども・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
この、お嬢さんにとっても、不幸だし・・(三石由起子)

はぁい。(相談者)
この楽しくないっていうことがね・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
どれだけのことを、潰してるか・・どれだけの楽しみを、諦めることになるか・・(三石由起子)

そう・・(相談者)

この、次女さんが・・(三石由起子)
はぁい。(相談者)

幸せになるか・・不幸になるかは、あなた次第よ。(三石由起子)

んん・・(相談者)
あなたが、嬉しければ・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
いい青春時代だと思うよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
うん・・(三石由起子)
ですね・・(相談者)
部活も楽しかった、あんなこともした・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
ママも、楽しそうだんった・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
うん・・あの一緒に、あんな大会にも行った、こんな大会にも行った、あれは面白かった・・(三石由起子)

うん・・(相談者)
うん・・それがね、力になるんです、また。(三石由起子)
他のことを、しようとした時にね・・(三石由起子)

子供の一緒に笑う、笑わせる

はぁ・・(相談者)
うん・・(三石由起子)
あ、これだけじゃないってことですよね?(相談者)
これだけじゃないに、決まってるじゃん。(三石由起子)
そうなんですよね。(相談者)
これだけの子だったら、ユニフォームで、泣いてないよ・・ふふふ・・(三石由起子)

んん・・(相談者)
レギュラーですよ。(三石由起子)

そうですね・・(相談者)
うん・・うん、そんなもんが上に行ってもね、レギュラーなんか、獲れないですよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
わかるでしょう?(三石由起子)

はぁい、あ、これからの人生ってことですね・・(相談者)
うん・・そうだよ、それをあなたね、こんな16歳の子、潰す必要ないですよ。(三石由起子)

うん・・(三石由起子)
そっか・・(相談者)

うん、ちょっと、次女さん、大事にしてください。(三石由起子)
あはは・・はい、うん・・(相談者)
うん・・大事に仕方が・・違ってるようにしか思えない、わたしは。(三石由起子)

そ、そ、そうなんですよねぇ・・(相談者)
やっぱり、一緒に笑ってさ・・(三石由起子)
あ・・あぁ、そっか・・(相談者)
母親が・・(三石由起子)

うん。(相談者)
子供と・・どのくらいの長さ・・一緒に笑ったか、あるいは、子供を笑わせたかっていう、ことだけに、価値があるんじゃないかな。(三石由起子)

うん、そうですね・・(相談者)
この時期に、わたしはそう思う。(三石由起子)

んん・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

大事にして。(三石由起子)

はぁい・・(相談者)
うん。(三石由起子)
もう、うん、なんか・・(相談者)
ねぇ・・うん。(三石由起子)
わかりました・・はい。(相談者)
はい。(三石由起子)

わかってくれるといいなぁ・・(三石由起子)
あはは・・(相談者)
本当に、わかってくれるといいなぁ。(三石由起子)
ふふっ・・はい。(相談者)
ふふふ・・(三石由起子)

1234
2 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. このお母さん、ママ友に娘を自慢して威張ることができないのが不満なんでしょうね。娘のためじゃなくて自身の虚栄心を満たすためにやってきたのだと感じました。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA