テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月23日(金)は、今井通子&三石由起子。一年ほど前からセックスレス、妻との口喧嘩が絶えなくなり、一週間ほど前の喧嘩で妻が夫を怖がり家を出る。妻から離婚の申し出があり、話し合いをするも平行線。挙句にお巡りさんにストーカーだから助けてと言われる始末。妻の実家へ行き、離婚したくない旨を伝えるも、ストーカー行為はやめて欲しいと連絡される。離婚したくないがどうすれば?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:46歳男性 妻46歳 長女6歳 結婚7年目

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

もしもし、よろしくお願いします。(相談者)
はぁーい。(今井通子)

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

はい・・(相談者)

家を出た妻

一週間ほど前に・・(相談者)
はい。(今井通子)

ぇ・・妻が・・あの、出て行ってしまいまして・・(相談者)

あらら。(今井通子)

でぇまぁ・・あの、一度その後、ぇ・・一度、本人と会ったんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

ぇ・・もう、絶対、離婚をするっていうふうに・・言ってまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

それで、わたしはあの・・まったく離婚したくないものですから・・(相談者)

はい。(今井通子)

ん、どうしたものかなぁ・・と思って、お電話をしました。(相談者)

はい。(今井通子)

まず、あなたはおいくつ?(今井通子)

46です。(相談者)
46歳・・奥様は?(今井通子)

はい、あの、同じ歳です。(相談者)
46歳・・(今井通子)

はい。(相談者)
ご結婚・・何年目?(今井通子)

ぇ・・7年前です。(相談者)
7年目・・(今井通子)

お子さんは?(今井通子)

ぇ・・一人います。(相談者)

男のお子さん?女のお子さん?(今井通子)

ぇ、女の子です。(相談者)
おいくつ?(今井通子)

ぇ・・6歳です。(相談者)
6歳・・(今井通子)

突然、一週間前に・・奥さんが、出て行っちゃったわけじゃないだろうけど・・(今井通子)

ぁ、そうですね、はい、あのぅ・・(相談者)
な、なにが・・(今井通子)

どうなって、出て行くはめになったの?(今井通子)

えっとまず、出て行きました、そのぅ・・きっかけになったのは・・(相談者)
うん。(今井通子)

そのぅ・・前日に・・(相談者)

ぇ・・ちょっと、口喧嘩をしまして・・(相談者)

はい。(今井通子)

で、夕食・・(相談者)

中だったものですから・・(相談者)

ぇ・・お箸を投げつけたんです。(相談者)

はい。(今井通子)

で、とても腹が立ったので、テーブルを蹴飛ばして、ちょっとあったラックを蹴飛ばしたんです。(相談者)

はい・・(今井通子)

でぇ、それで・・ぇ・・妻が、とても怖がって・・出て行っちゃったっていうのが、これがまず、あのぅ・・直接の契機です。(相談者)

ああ・・なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

その口喧嘩は、なんだったんですか?(今井通子)

あっ、はい・・(相談者)

妻がそのぅ・・更年期障害・・(相談者)

でぇ・・え・・とかっていうように、本人は言ってるんですが・・(相談者)

この半年ぐらいで、少し、あの、見た目にも、わ・・痩せ・・わかるぐらい痩せてましてですねぇ・・(相談者)

はい。(今井通子)

で・・その日の夕食・・娘には、夕食を用意した・・娘とわたしには、夕食を用意したんですが、本人が食べなかったんです。(相談者)
うん・・(今井通子)

でぇ、なんで食べへんの・・食べないのかっていうふうに聞きましたら、夕方・・なんか、おやつをたくさん食べたと・・(相談者)

うん。(今井通子)

しっかり食べてるから、心配しなくてもいい・・ってなことを、言ったんですけれども・・(相談者)
うん。(今井通子)

「しっかりって、なにをどれぐらい食べたの?」っていうふうに聞きますと・・(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・もう、そんな細かいことは・・(相談者)

言いたくないと。(相談者)

うん。(今井通子)
でぇ・・(相談者)

そんな細かいことを聞くのは、普通じゃないので、録音するって、スマートフォンを取り出しましてですねぇ・・(相談者)

うん。(今井通子)

「これ録音して誰に聞かすの?」って聞きましたらなんか・・第三者に、弁護士とかに聞かすとかって言い出しまして・・(相談者)
うん。(今井通子)

それでちょっとブチ切れたという、こういう次第なんです、恥ずかしいんですが・・(相談者)

それ・・が・・ぇ・・まず、直接原因で・・(今井通子)

はい、一週間ほど前の話です。(相談者)
うん・・それでぇ・・その・・(今井通子)

今まで・・(今井通子)
はい。(相談者)
その、7年間・・(今井通子)

はい。(相談者)

まず最初に、そういう口喧嘩は・・しょっちゅうしてましたか、それとも・・(今井通子)

・・

あまりしてなかった?(今井通子)

は・・はい・・(相談者)

一年ほど前までは・・(相談者)
はい。(今井通子)

まぁ、あの、小さな、たまに口喧嘩っていうのは・・ゼロではなかったんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、とっても仲良く・・あのぅ・・幸せに暮らしてましたし・・(相談者)
はいね・・はい・・(今井通子)
たぶん・・妻も娘も、そう感じてくれてたと、思います。(相談者)
はぁい。(今井通子)

ただ、このぅ・・(相談者)

一年ぐらい前から、あのぅ・・(相談者)

ぇ・・ちょっと、セックスレスに・・なりまして・・(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ、その頃から、だんだん・・いろんな口喧嘩のような・・いざこざが増えて、もう、ここんところ、この一週間ぐらいは・・ぇ・・毎日、口喧嘩みたいな感じ・・でした。(相談者)

・・

お金と夫婦生活

ふーん・・(今井通子)

この、一年前からのセックスレスは、どっち側から?(今井通子)

あの、妻から・・です。(相談者)

ほう・・(今井通子)

・・

はい・・(今井通子)

でぇ・・(相談者)

ぇ・・もう一つ、その、夫婦の間で、問題があってですねぇ・・(相談者)

はい。(今井通子)
あのぅ・・お金の・・話・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

はい。(今井通子)

わたしあのぅ・・(相談者)

外資・・の、金融機関に勤めて・・まして・・(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ、あの、生活するには・・あのぅ、今のところ・・親子三人が、生活するには、あんまり、困らない状況かと思うんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・妻に対して・・(相談者)

月々・・11万円の生活費を渡してたんです。(相談者)

はい。(今井通子)

わたしとしては、まぁ・・そんなに・・あり余ることはないんでしょうけど、生活に困るほどではないというふうに、思ってたんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・それが、なんか・・その・・ちょうど、セックスレスに、なった辺りから・・妻が、もうちょい、金を・・お金を・・増やしてっていう話を・・してきましてですねぇ。(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ、わたしも別に・・(相談者)

今のところ、生活、困ってるわけではないので・・(相談者)

あの・・こた・・応えようとしたんですが・・それならちょっと・・(相談者)

えーっと、きちんと夜の生活も、セックスも・・しようよって、話をしましたところ・・(相談者)

はい。(今井通子)
そ・・それは嫌だと。(相談者)

お金だけ欲しいと。(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ・・(相談者)

ぇ・・わたしも、そんな拒否される・・拒否するなら、こっちも拒否するとかっていう、そんな話を・・あの、半年ぐらい前・・(相談者)

でしょうか・・(今井通子)

だいぶ・・一ヶ月ぐらいこう、だいぶ揉めまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、そん時は結局・・そのぅ・・セックスレス云々の話っていうのは・・あのぅ・・ペンディングにして・・(相談者)

お金だけ・・まぁ、妻の・・言う通り・・払うっていうとアレなんですが・・(相談者)

あの、妻の言う通りにするっていうことで、一旦、半年ほど前に、決着をしてたんです。(相談者)

・・

うん。(今井通子)
でぇ、なんですがまぁ・・(相談者)

そうこうしてる間に、セックスレスになり・・(相談者)

些細なことから、言い・・言い合いをしたり、イザコザ・・をするようなことも、だんだん、だんだん、増えて・・(相談者)

まあ・・このぅ・・(相談者)

二週間ぐらい前でしょうか・・ほぼ毎晩・・(相談者)

こう・・怒鳴り合い・・のような・・会話をするようになって・・(相談者)

一週間ほど前にとうとう出て行っちゃったって、こういう次第です。(相談者)

うん・・(今井通子)

なるほどねぇ・・(今井通子)

はい。(相談者)

・・

恐怖の表情

あっ、すいません、それと、まだあるんですけれど・・お話していいですか?(相談者)
はい・・ふふっ・・(今井通子)

す、す、すいません・・えっと・・まず・・(相談者)

妻が出て行った・・(相談者)

あと・・(相談者)
はい。(今井通子)

妻からそのぅ・・話がしたいっていう連絡があって・・(相談者)

はい。(相談者)

でぇ・・えっと、ただ・・(相談者)

「家に帰って来るのは怖い」と・・(相談者)

・・

うん。(今井通子)

なので、外で・・(相談者)

会いたいって言ったんです。(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ、そこではまぁ、まったく・・その、離婚をしたいと。(相談者)

でぇ・・(相談者)

話し合う・・余地はないっていうことでですねぇ・・(相談者)

・・

でぇ・・(相談者)

えっと、一時間ぐらい話をして、「じゃあ、帰る」って、妻が言ったんですが・・でぇ、そこでわたしもその・・(相談者)

帰って欲しくなかったので・・(相談者)

あの、止めようと・・したんですけれども・・(相談者)

はい。(今井通子)、

でぇ、妻はもう、振り切って帰ろうとしたんですが・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

えっと・・お巡りさんがいてですねぇ・・(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ、お巡りさんところにそのぅ・・行って・・(相談者)

助けを求めかけたんです。(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ、わたしはその、ス・・ストーカーだと。(相談者)

でぇ・・そういう・・で、わたしはもちろん、お巡りさん・・え、だ、あの・・「夫婦です」・・という話はしたんですが・・(相談者)

まぁ、お巡りさんが言うには、その、夫婦であっても・・(相談者)

嫌がってるのは・・(相談者)

ダメです・・こ、このままだと、事件になる・・しちゃいますよってことだったので、もう、当然、帰ったんですけれども・・(相談者)

ぁ、でぇ・・(相談者)

そういうことをされたのも、とても・・(相談者)

悲しかったんですが・・(相談者)

あの・・そん時の・・妻の・・その表情が・・なんかこう、わたしに対して、もの凄い恐怖の表情でですねぇ・・(相談者)

ええ・・(今井通子)
ま、ほんとに・・怖がってるように・・(相談者)

見えて・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

で、離婚を・・する理由も・・まぁ、いろんな理由があるんですが、妻が言うには・・(相談者)

わたしの事が、もう、怖くて・・一緒に住めないとか、なんか、そういう言い方をしてまして・・(相談者)

そこも気になるところ・・なんです・・(相談者)

ふぅーーん・・(今井通子)

・・

ストーカー行為

それでぇ・・帰った先は、どこなの?(今井通子)

・・

えっと・・(相談者)
その日?(今井通子)

その日は・・あのぅ、妻の実家に帰ってます。(相談者)

ご実家へ、帰られた?(今井通子)

はい・・あっ・・(相談者)

でぇ・・ですので・・実家に帰ったこと、わか・・(相談者)

そん時は、その日は、実家に帰ることは、わかっていたので・・(相談者)

わたし、妻が・・帰りました後・・(相談者)

あのぅ・・一時間後・・ぐらいでしょうか、やっぱりちょっと・・(相談者)

・・

あの、妻の実家に行こうと思って、行ったんです。(相談者)

はい。(今井通子)

まぁ、そうしたらそのぅ・・(相談者)

妻はまだ・・(相談者)

ど、どういうわけか・・あのぅ・・そこにはいなくて・・(相談者)

はい。(今井通子)
お父さんだけ、出て来たん・・ですけれども・・(相談者)

はい。(今井通子)

でぇまぁ・・その、お父さんには、その・・事情を話て・・あのぅ、離婚するつもりはないです・・っていうのを、こう・・(相談者)

ぃ、一生懸命、謝って、その、伝えて・・その旨・・(相談者)

ぇ・・妻に伝えてくださいって・・いうことを・・(相談者)

言って、帰った次第・・なんですけれども・・(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ・・わたしのこの会話っていうのは、そのぅ・・(相談者)

玄関先での立ち話・・(相談者)
うん。(今井通子)
だったものですから・・(相談者)

はい。(今井通子)

ぇ・・帰宅をしようとした妻がそれを見つけて・・(相談者)

後から確認すると、妻からわたしの携帯へ・・あの、「ストーカー行為をやめて、早く・・帰るように」っていう、こう、留守番電話が残っててですねぇ。(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ・・(相談者)

その・・(相談者)

翌日に・・(相談者)

今度、妻が・・(相談者)

わたしの実家へ・・(相談者)

電話をしたようで・・(相談者)

はい。(今井通子)

わたしの母親に対して・・(相談者)

まぁ・・あの、これこれこういうストーカー行為があったと。(相談者)

でぇ、わたしに対して、そんなこと言わないように・・(相談者)

え・・・(相談者)

連絡をしてくれないか・・っていう連絡を、わたしの実家にしてた・・よう・・なんです・・って・・いう・・状況なんです。(相談者)

・・

・・

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

それでぇ・・そうすると・・(今井通子)
はい。(相談者)
今日のご質問は・・(今井通子)

はい。(相談者)
あなたは、離婚したくないわけだろうけど・・(今井通子)

はい。(相談者)

どういう・・なりますかねぇ?(今井通子)

そうですねぇ、でぇまず・・えっと・・大きく三つ・・あって・・(相談者)
はい。(今井通子)

まず一つが、離婚したくない・・と思ってるので、どういうふうにしたら、離婚を避ける・・る・・ぇ・・ことが、出来るか?・・っていうのが、まず一つです。(相談者)

うん。(今井通子)

でぇ、次に二つ目に・・(相談者)

セックスレスの・・話・・(相談者)

ですね。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、これを・・もし妻・・妻が、帰ってきてくれた・・として・・(相談者)
うん。(今井通子)

それをまぁ、さ・・あのぅ・・なんとか解決できる方法が・・あるのか・・(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ、最後・・三つ目が・・もう一つの問題の、そのお金の・・件・・(相談者)

うん。(今井通子)

これは、わたしはそんなに・・異常なことを・・異常っていうか、そのぅ・・あの、変なこと言ってるか、どうなのか・・っていう、この・・(相談者)

三点を・・(相談者)

お聞きしたくて・・(相談者)

あの、ご連絡してます。(相談者)

でぇ・・三点って言ったんですが、まず第一は、やっぱり、離婚は避けたいっていうのが・・(相談者)

最大・・です。(相談者)

わかりました。(今井通子)

今日はですねぇ・・(今井通子)

三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の、三石由起子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)

先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. そもそもの発端はお金の話だったかもしれないけど、いまさらお金の話を持ち出してもダメでしょうね。
    1年前にはもう夫婦の関係は壊れてしまっていたのでしょう。(奥さんの心の中では)
    それ以前から奥さんの不満は蓄積され続けてたのだと思いますよ。

    たぶん、奥さんには誰か相談してる相手がいるのでしょう。(実家にまだ帰ってなかったのは、そういうこと)
    相談の実態や、そうなった時系列がわかりませんから何とも言えませんが、相談者にも非がありそうです。
    離婚になるでしょう。

  2. 生活費を増額する条件に夜の生活の強要・・・
    妻を娼婦だと思っているな、この男は・・・。
    根本的に女性蔑視の男なのだろう。
    そら逃げるわ。

    • 一部分でこれだけで、よく貶せますね。さぞ立派なお方なんでしょ。

      • >一部分でこれだけで
        スミマセン、書いてると長くなってしまうので
        一部分だけ例にとって書きました。

        しかし夫婦間で夜の営みと、お金が同じテーブルの上に乗るって
        尋常じゃないとおもうのですが
        そうじゃないお宅も結構あるのでしょうか。
        世間知らずでスミマセン。

  3.  外資系金融機関にお勤め  さぞかし 高収入 なのでしょうが 家計費をお渡しになった残りは どうなさっておられたのかな? 資金運用でもなさっておられるのかな? 家計費の中には 家賃 光熱費 税金 諸経費などは 入っているのかな?
     そちら方面の詳細が知りたかったです。

  4. 家庭内モラハラ・パワハラがあったのでは。相談者の無自覚な話ぶりを聴いてそう思いました。
    お金を全て渡さない理由、最後まで言えなかったですね。そりゃそうですよ、それを渡してしまったら自分が相手を支配できなくなるからなんて言えませんわな。
    奥さんは早く逃げた方がいい。

この記事にはコメントできません。