テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月11日(月)は、加藤諦三&大原敬子。半年前に、家のお金を盗ってパチンコに使う次男を家から追い出した内縁の夫。派遣会社を転々として四カ月前にお金を使い切ったのか、自殺してしまう。家を追い出したことを悔やむ内縁の夫と相談者。毎日毎日、息子の所へ行きたい気持ちになり、後を追いたくなってしまう。前向きに生きていくにはどうしたらいいだろうか。
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:47歳女性 内縁の夫47歳 長男26歳は結婚して隣の県に住む 次男20歳は四カ月前に自死 離婚は18年前で借金とDVが原因

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ・・よろしくお願い致します。(相談者)
はい、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

47歳です。(相談者)
47歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

いえ、あのぅ・・内縁の夫がおります。(相談者)

その・・内縁の夫は・・あの、何歳ですか?(加藤諦三)

同じ47歳です。(相談者)
ぉ、同じ47歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ・・お子さんは、いないんですね?(加藤諦三)

えっ、あのぅ・・(相談者)

長男・・が・・えっと・・(相談者)
あ、長男・・(加藤諦三)
はい、長男は、あのぅ・・(相談者)

結婚して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

隣の・・違う県に居るんですけれども・・(相談者)
はい・・長男、何歳ですか?(加藤諦三)

は、20・・6歳ですね。(相談者)
26歳・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

そうすると今・・いや、この長男もう一緒に・・暮らしてないわけですね、隣・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい・・(加藤諦三)
はい、隣の県・・(相談者)
で、一緒に暮らしているのは、内縁の夫だけね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました・・んでぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

後を追いたい

えーっとですねぇ・・(相談者)

四ヶ月・・ほど前なんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの・・次男の方がですね・・(相談者)

あの・・(相談者)
あ、次男って何歳ですか?(加藤諦三)

あ・・えっと、二十歳・・(相談者)

この・・次男も・・(加藤諦三)
なんですけど・・(相談者)

一緒に暮らしてるわけじゃないんですね?(加藤諦三)

・・

はい、あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

は・・亡くな・・ったんですけれども・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

次男は、亡くなられたんですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

あ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

まぁ・・あのぅ・・四ヶ月ほど前に・・ですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
亡くなったんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それまでは、あのぅ・・(相談者)

こちらで一緒に、息子と・・住ん・・(相談者)

あのぅ・・次男と一緒に住んでたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ・・あのぅ・・(相談者)

・・

・・

次男の方がですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・お金を・・(相談者)

パチンコに使うお金を・・あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
と・・(相談者)

盗っていってしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、それ・・が、バレて・・(相談者)

でぇ、そのぉ・・内縁の夫・・(相談者)

から・・「ここを出て行け」っていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ここ・・を、出て行ったわけですよ、それがまぁ、半年ふ・・ほど前なんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、それで・・(相談者)

そのぅ・・後・・(相談者)

あのぅ・・派遣会社を転々としながら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

いたんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

たぶんその、お金を使い切ってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で・・自殺・・を・・した・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

んじゃないだろうかな・・という・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

それで・・そのぅ・・(相談者)

ここから追い出してしま・・った・・(相談者)

ま、そのぅ、内縁の夫もすごく・・あのぅ・・(相談者)

悔やんでるんですけれど、わたしも、同じように・・(相談者)

追い出さなければ良かった・・っていう・・(相談者)
ああ、はいはい。(加藤諦三)

ふうに、すごく、あの、後悔してまして(泣きそう)・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

今まで・・育てて・・きて・・(相談者)

その、最後の最後に、相談をしてくれなかったという・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

すごく・・辛くってですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・次男が・・なん・・(相談者)

なんで・・(相談者)

・・

・・

なんで、その(泣くの我慢)・・(相談者)

亡くなる前に・・ひと言、言ってくれなかったんだろうと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

わたし・・は、その・・むす・・こに・・(相談者)

・・

・・

ちゃんと、子育てが、出来たのかな・・という・・(相談者)

・・

・・

ぅ・・(相談者)

悔しい気持ちと・・あと、この先どうやって、生きていったらいいのか・・(相談者)

わからなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

・・

あと・・を、追いたい気持ちで、一杯で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

毎日が、辛くって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

・・

・・

毎日、毎日思うのは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
息子の所に行きたい。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

そればかりなんです、だから・・(相談者)

前・・(相談者)

を、向いて・・ズッ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

・・

いける・・(相談者)

よう・・に、なりたいな・・と思って、お電話したんですけれども・・(加藤諦三)

はい、どうもありがとう。(加藤諦三)

生きてる意味を勝ち取る

はい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

ズッ・・(相談者)
この・・(加藤諦三)

26歳の長男と・・今、亡くなられた、次男・・は・・(加藤諦三)

今の・・内縁の夫とあなたのお子さんですか?(加藤諦三)
いや・・違います。(相談者)
違うわけですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい。(相談者)
と、これはあの、あなた・・離婚したのは・・(加藤諦三)
ハイ。(相談者)
な・・どのぐらい前ですか?(加藤諦三)

離婚・・したのがですねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・

下の子が・・(相談者)

2歳の時なんで、10・・もう、18年ぐらい前です・・(相談者)
じゃ・・18年前ぐらいですね?(加藤諦三)
はい、ズッ・・はい。(相談者)

かなり夫婦関係うまくいけなかったですよねぇ?(加藤諦三)

そうですねぇ、もう・・あのぅ・・(相談者)

借金と・・ですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
DVですね。(相談者)

あ、借金と暴力・・両方ですか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ、それで、今の内縁の・・夫との・・関係は、どうなんですか?(加藤諦三)

・・

・・

は、良好です(声のトーンが泣き声から素に戻る)。(相談者)

・・

うまくいってる?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

でぇ・・(加藤諦三)

・・

もう、あなた、大変なですね、今ね・・(加藤諦三)

ま、自分も後を追いたいという・・もう、本当に追い詰められた時に・・(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)
ちょっと、キツイこと言うのは、本当にこう・・(加藤諦三)

申し訳ないんだけども・・(加藤諦三)

ハイ。(相談者)

この内縁の夫を・・(加藤諦三)

・・

・・

信じています?(加藤諦三)

・・

・・

はい。(相談者)

・・

・・

でぇ・・ですけど、この人、好きですか?(加藤諦三)

・・

・・

・・

・・

好きですねぇ。(相談者)

・・

・・

好きと思わなければ、生きていかれないってとこじゃないの?(加藤諦三)

・・

・・

ということは、今の・・内縁の夫と・・は、離れた方がいいってことですか?(相談者)

うんいや、そ、そこまで今・・言ってないですけれども・・(加藤諦三)

ぇぇ・・(相談者)

・・

・・

でぇ・・(加藤諦三)

この辛い人生の中に、あなたの人生の生きてる意味を・・(加藤諦三)

勝ち取らないと・・(加藤諦三)

ぁ・・あなた、これから前向きに生きて行かれないんだよ。(加藤諦三)

・・

そうですねぇ・・ぅぅ・・(相談者)

・・

・・

あなたが・・(加藤諦三)

・・

この先、どうやって生きていいかわからないと・・(加藤諦三)

ハイ。(相談者)

・・

どうしましょう?・・ってことですよね?(加藤諦三)

どうしてくれ・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

はい・・わかりました。(加藤諦三)

今日はあのぅ・・(加藤諦三)

スタジオに幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今日は重かったです。

    息子さんは、お母さんの愛が欲しかったんでしょうね。
    私のところも息子二人を連れての初婚男性との再婚でした。
    養子縁組して育て上げてくれました。
    私たちの間には子供はいません。
    私が息子と喧嘩をすると、夫は子供にひきます。
    夫婦で出かけてもしも事故にあったりして、両方がいなくなるとだめだよなぁとか、子供が小さいうちは色々考えていた様でした。
    「二人共いなくなったら、子供たちの帰る世界がなくなる」
    そう言っていました。
    それほどに優しくて、穏やかな夫に恵まれました。

    それだけに、この相談者さんの地獄のような思い、切なくて泣けてきました。
    内縁の夫はいつからの内縁の夫?
    息子さんとは何年間暮らしたのでしょうか?
    なんで入籍しなかった?
    このような関係は絶対に内縁の夫は息子を責めてはいけないのです。
    母親はどんなに感情的になってもいい、けれども夫は逃げ道を塞いではいけなかった。息子さんはつらかったでしょうね。幼いころからの色々な思いと反抗で、彼はお金を持ち出して使ってしまった。責められて追い出された。そして絶望。自殺。
    これでも内縁の夫を愛していけるかなぁ。。。
    相談者さんの人生の学びになるために、息子さんは自殺したのです。

    息子さんに向き合って、弔いながら生きてゆくしかないと思います。

    つらい人生相談でした。

  2. 息子に向けるべき愛情を与えてなかったんでしょうね。
    息子を捨てて男に尽くしてきたんでしょう。
    その結果です。

この記事にはコメントできません。