テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月30日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。48歳のバツイチ女性。10年ほど前に離婚し、シングルマザーとして息子を育てる。高校を卒業し息子は独立、その間、子育てに一生懸命で恋愛はして来なかった。友達の紹介で知り合った彼55歳。友達から始めて恋愛感情になり、一緒に居ようと話していたが、風邪をこじらせ肺炎で突然亡くなる。これからどうしたらいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『悲しみは人生には不可避的なもの、不幸ではありません』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:48歳女性(バツイチ・独身・一人暮らし) 離婚して10年ぐらい 息子20歳(高校卒業後に独立) 4日前に亡くなった彼氏(バツイチ・独身)55歳

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

48歳です。(相談者)
48歳・・結婚してます?(加藤諦三)

あ、バツイチです。(相談者)

離婚してから・・どのぐらい経つんですか?(加藤諦三)

・・

10・・年ぐらい経ちます。(相談者)
10年ぐらい経つ?(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、今・・は、お一人・・(加藤諦三)
はっ・・(相談者)
で、暮してるの?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)
一人います。(相談者)

はい。(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)

成人して、ハタチ(20歳)です。(相談者)
ハタチ(20歳)、そんで、お父さんの方に居るの?(加藤諦三)

・・

いやもう独り・・(相談者)

暮らししてます。(相談者)

働いてるんですか、もう?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

でぇ、女の子?男の子?(加藤諦三)

男の子です。(相談者)
男の子ね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
でぇ、あなたは今、一人で暮らしてると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

あのぅ・・お付き合いしてる・・(相談者)

彼がいましてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

10ヶ月ぐらい付き合ってたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

四日前に、突然亡くなっちゃったんです。(相談者)

はあ・・(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

・・

今どう・・自分の心が・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

どうして・・(相談者)

この先・・(相談者)

生きて・・いったらいいのか・・(相談者)

はぁい、はいはいはい。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

・・

・・

あのぅ・・(加藤諦三)

・・

・・

10・・年間、あな・・たは、やっぱり、寂しか・・(加藤諦三)

ったのかなぁ?(加藤諦三)
・・
それとも・・どうだったんですか?(加藤諦三)

あの、子供を育てることが・・(相談者)

必死だったのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

それまで恋愛は、しませんでした。(相談者)

そうすっと、別れて・・(加藤諦三)

息子さんは、あなたが引き取ったわけですね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

それでぇ・・(加藤諦三)

今は、もう・・(加藤諦三)

ハタチ(20歳)で、成人して出てるって、何歳まで一緒に居たんですか?(加藤諦三)

・・

高校、卒業するまで。(相談者)

でぇ、18歳・・ぐらいまで?(加藤諦三)

ウン・・そうです。(相談者)
高校卒業して、働く・・ん、でぇ、自分で、の・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
独立して出て行ったということですね?(加藤諦三)
そ・・そうです。(相談者)

で、それまでは、子育てに必死だったと。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

・・

・・

でぇ・・(加藤諦三)

え・・ま、10ヶ月・・ほど前から・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
の、付き合いだしたっていうか、もう、その・・(加藤諦三)

時点で、好きだったんですか?(加藤諦三)

お友達の紹介だったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

初めは、なんか・・(相談者)

あの、友達から始めてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だんだんこう・・(相談者)

・・

好きになりました。(相談者)

恋愛関係という、そのぅ・・こと、意識しだしたのは、どのぐらいからですか?(加藤諦三)

・・

・・

えっと、知り合ってから、3ヶ月ぐらいですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
あの、結構、急速に好きになっていってません?(加藤諦三)

・・

そうですね、なんか、よくあ・・(相談者)

会ってましたね、すごく・・(相談者)
はぁい、はいはいはい。(加藤諦三)
わたしの・・(相談者)

なんか、嫌なこととか・・(相談者)

あの、不安なことともかも、いろいろ・・(相談者)

聞いてくれたり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・なんて言うんですか?(相談者)

一緒に居て、一番、気が休まる?(相談者)
うん。(加藤諦三)

ような関係に、なっていったんですねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

うんさっきあの、急速に好きになっていったんじゃないですか?って聞いたのはねぇ。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
やっぱりあのぅ・・(加藤諦三)

・・

子育てで、夢中になってたとはいえね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
やっぱり・・(加藤諦三)

寂しくは、あったんだと思うんですよ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はい、そうです・・(相談者)

・・

でぇ、このぅ・・(加藤諦三)
ハイ。(相談者)

相手ですけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
四日前に亡くなられたというのは・・(加藤諦三)

あの、何歳ぐらいの方ですか?(加藤諦三)
55歳です。(相談者)
55歳・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

この方は、独身?(加藤諦三)

バツイチです。(相談者)

あっ・・でも・・独身だったわけですね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

という・・ことは・・(加藤諦三)

結婚・・することに、なんの障害もない?(加藤諦三)

・・そうです。(相談者)

・・

・・

でぇ、そういう話っていうのは、出てなかった?(加藤諦三)

・・

・・

まだ?(加藤諦三)
結婚・・っていう具体的な話はなかったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「ずっと・・」(相談者)

「一緒に・・」(相談者)

・・

・・

「い・・」

・・

はぁい・・ふっ(悲しげな笑い)・・(相談者)
ずっと一緒に・・その言葉は、あなたにとっては、うれしかったですよね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

あなたの方からも、当然、そいうことを言ってたわけですね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

そうです。(相談者)

ただ、「結婚」という言葉は、出なかったと。(加藤諦三)

・・

・・

そうですねぇ(ちょっと寂し気)・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

それでぇ・・(加藤諦三)

・・

大変失礼な話しですけど、四日前に亡くなられたというのは、病気かなんかなさって?(加藤諦三)

・・

びょう・・あの、急にねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
風邪をこじらせましてぇ・・(相談者)

風邪?(加藤諦三)

はい、風邪から始まってねぇ・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

あの熱が出て・・(相談者)

最終的には肺炎になっちゃってぇ・・(相談者)

はあぁぁ・・(加藤諦三)

急変して、亡くなっちゃったんです。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
看病してたの?(加藤諦三)

してました。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)
肺炎になって、ちょっと・・(相談者)

・・

あの、急変して・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
ちょっ・・亡くなっちゃったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

もう、最期・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

最期が、会えなかったんです。(相談者)

・・

仕事があったんでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

一緒に・・(相談者)

付き添えなったんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
その日だけは。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

・・

急変して、病院で亡くなりました。(相談者)

ああ・・そうですか、はぁい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

んでぇ・・(加藤諦三)

今・・(加藤諦三)

電話くださったのは・・(加藤諦三)

四日前に亡くなって・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
もう気持ちをどう・・安定させて良いか、わからない?ということですかね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

わかりました。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
今日はあのぅ・・スタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生が・・いらしてますので・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あのぅ、難しいご相談だと思いますけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 「悲しみは人生には不可避的なもの」
    加藤先生、ズバリと言ってくれましたね。
    そしてその悲しみに正面から向き合ってゆくことで人としての成長もある。

    宗教家が説く地獄極楽だの、アノ世での修行なんかより余程真実味があります。