テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月28日(水)は、柴田理恵&高橋龍太郎。1年前に父親が突然他界して母親が一人暮らしになる。ケアマネからは、しっかりしていると言われ、要支援2の認定をもらっている。入院した時は、他県から二時間かけ週に2回、泊まり込みで介護する。今もケアセンターに通っているが、近くに住む妹と兄がお世話している。それなのに留守中に物を盗ったり、相談者を泥棒呼ばわり。どう向き合えば?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:59歳女性 既婚 実家の母87歳(他県で一人暮らし) 父親は1年前に他界 兄61歳 妹53歳 兄と妹は母と同じ県内に住む

もしもし・・(柴田理恵)
あっ・・(相談者)
テレフォン人生相談です。(柴田理恵)
ぁ、よろしくお願いします。(相談者)
よろしくお願いします。(柴田理恵)
・・
今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)
はい、あのぅ・・(相談者)

一人暮らしになった母親

わたしの・・あのぅ・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)

実家の方の母なんですけれども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あの、他県に居るんですけれども。(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)

っと・・一年前に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
えーっと・・(相談者)

父が亡くなりまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あの・・両親二人で住んでいたんですけれども・・(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)

亡くなってからなんですが・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

亡くなる前は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

父が、突然、入院しまして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

で、兄弟三人いるんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
わたくしだけが、ちょっと他県に居りまして・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

でぇ、兄と妹が、近くに居るんですけれども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ・・突然、入院したので・・(相談者)
ええ。(柴田理恵)

でぇ、母がちょっと、足が弱くて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・ケアセンターに、通うような感・・立場だったので・・(相談者)
はいはい・・はい。(柴田理恵)

ま、分担しまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

わたくしが、そのケアセンターへ行く・・(相談者)

あっ、行く日を・・あのぅ・・(相談者)

ま・・二時間ぐらいかけて・・(相談者)

電車で・・(相談者)

実家へ行きまして・・(相談者)
あっ、はいはい。(柴田理恵)
わたしは、働いてなかったものですから・・(相談者)
・・
はいはい。(柴田理恵)
で、面倒を看ていたんですね。(相談者)
はいはい、お・・(柴田理恵)
週二日ですけども。(相談者)
お母様の面倒をね?(柴田理恵)
あ、そうです・・でぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

わたしは、週末、病院へ泊まったりとかして・・(相談者)
あ、はい。(柴田理恵)
一応まぁ、そういうことがあって、ま、亡くな・・ったんですね。(相談者)
はいはい・・はい。(柴田理恵)

でぇ、その後は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ、わたしもそう、行けないので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

行かなくなったんですけれども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あの、お盆とか、そういう時しか。(相談者)
はい。(柴田理恵)

そうしましたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
母が・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あのぅ・・ケアセンターに、行っている間に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

わたしが勝手に上がり込んで・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

シャ・・お風呂に入っていくとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ、シャンプーがなくなっているとか・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

冷蔵庫の物を、食べてる・・とか。(相談者)
うーん、うーん。(柴田理恵)

あと・・ネックレスが・・を、持って行ったとか・・(相談者)
うん、うん、うん。(柴田理恵)

で・・(相談者)
あ、そういうふうにおっしゃるようになっちゃったんですか?(柴田理恵)
ええ・・そ・・そうなんです。(相談者)
・・
もう、一年ぐらいに・・なるんですけれども・・(相談者)
はああ・・(柴田理恵)

じゃあ、お父様が亡くなられてから?(柴田理恵)
あ、そう、そうです、あの、亡く・・葬式が終わって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

わたし、行かなくなってから・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
だと、思うんですけれどもねぇ。(相談者)
お母様、おいくつですか?(柴田理恵)
80・・7になります。(相談者)
87・・(柴田理恵)

えっと、あなたはおいくつですか?(柴田理恵)
あ・・59です。(相談者)
59・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
お兄様は?(柴田理恵)

え・・60・・1です。(相談者)

はい、妹さんは?(柴田理恵)
えーっと・・(相談者)

50・・3・・(相談者)

ああ、なるほど・・お兄様と、妹さんは・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
あの・・(柴田理恵)

あまり、そちらの方には、いってらっしゃらないん・・ですか?(柴田理恵)
週に一度・・やはり、一人暮らし・・で。(相談者)

お二人・・(柴田理恵)
でぇ、足腰・・が、弱いので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
母が・・(相談者)
うんうんうん・・(柴田理恵)
ええ、ええ。(相談者)

そんでぇ、週に一度、顔出しているんですね、でぇ、妹は・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
毎日、電話を入れてるんです。(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)

じゃあ、割と・・こう・・(柴田理恵)

ご兄弟・・三人で・・(柴田理恵)

今は、お母さまの・・面倒・・(柴田理恵)
あ・・そうそう・・です。(相談者)
を、こう・・ま・・(柴田理恵)
わたしが、ちょっと行けないんで・・(相談者)
うん、そうですねぇ、ちょっと、遠い所にいらっしゃるからねぇ。(柴田理恵)
あ、そう、そうなんです・・(相談者)
うんうんうん・・(柴田理恵)
なので・・そう・・(相談者)

ま、どちらかというと、妹と・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
兄に、お願いしてるんですけども。(相談者)
ああ、なるほどねぇ。(柴田理恵)

泥棒呼ばわり

そ・・まぁ、物理的にも一番・・その・・(柴田理恵)

お母様のお家には・・(柴田理恵)
あっ・・(相談者)
出たり入ったりできない立場・・(柴田理恵)
そうなんです、片道2時間かかるのでぇ・・(相談者)
うん、うん、うん、うん・・(柴田理恵)
ま、入院してる時は、父が・・(相談者)

無理して・・行っていたんですけれども・・(相談者)
うんうんうん・・(柴田理恵)

ちょっと、だいぶ疲れてしまって、わたくしも・・(相談者)
うん、うん・・うん、うん・・(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

時々、母から・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

勝手に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

「家、入るな」・・っていうように・・(相談者)

電話・・き・・この間もかかってまいりまして・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

でも、喧嘩になってしまうんですねぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
行ってないので。(相談者)

そうですねぇ。(柴田理恵)
でぇ、いつも、「警察呼んでくれ」とか、わたくしも言ってしまいまして・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)

でぇ、妹も、あのぅ・・(相談者)

電話で話すので・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)
喧嘩になってしまって・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

でぇ、興奮してしまうので、母も。(相談者)
うーん、うーん・・(柴田理恵)
でも、87なのでぇ・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

どうしたら・・妹が・・あのぅ・・そのまま・・聞いてればいいのか?(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

でぇ、わたしも・・(相談者)
・・
ちょっと、どうし・・あのぅ・・(相談者)

辛いものですから・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
泥棒・・っていうか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
みんなの前でも、言われますし・・(相談者)

そうですねぇ・・(柴田理恵)
あのぅ・・あのぅ・・「居る時に来なさい」・・っていうように、あのぅ・・(相談者)

集まった時でも、みんなが・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)

法事の時でも、そうやって言うので・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

ま、主人なんか、鍵を返したらどうか?とか言うんですけれども・・(相談者)
うーん、うーーん・・(柴田理恵)

あのぅ・・そうすると母が・・あのぅ・・(相談者)

わたしが・・(相談者)

来てるってことで・・(相談者)

怒りを・・感じることで、生きがいになってるのかもしれないとか思ったり・・(相談者)
うーーーーん・・(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

なん・・どうしたらいいのかな?・・っていう・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
妹も、あたしも・・(相談者)

ちょっと・・あのぅ、最近、ほんとにどうしていいか、わからないっていう・・か・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

もちろん、お兄さん・・(柴田理恵)

にも、ちゃんと・・(柴田理恵)
あ・・(相談者)

お話、なさってるわけでしょう?(柴田理恵)
あっ・・兄も・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
居る前で言ってるので・・(相談者)
うん・・でぇ、そん・・そんなわけないことも・・(柴田理恵)
ネックレスがなくなる・・ま、もちろんわかって・・(相談者)
わかってらっしゃいますでしょう?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)
ちょうど・・でぇ・・ま、どうしようもない・・って、もう、信じ込んでいるのでぇ・・(相談者)
ふぅーーーん・・(柴田理恵)
でぇ、わたしもあのぅ・・(相談者)

実際、行っても・・そのように言われますし・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・野菜が・・なくなってるとか・・(柴田理恵)
うーーーん・・(相談者)
ハチミツが・・この間、買ってきたのに、もう・・(柴田理恵)

あんたが、持ってったとか・・うーん・・(柴田理恵)

そうやって言うんですねぇ。(柴田理恵)
あのぅ・・お母様、足・・は、弱いですけれど・・(柴田理恵)
ええ、ええ。(相談者)

ご自分で・・く・・暮らせる・・というか・・(柴田理恵)

そういう、家事みたいな事、出来るんですか?(柴田理恵)
あ、そうですね、火は使わないよう、言ってあるんですけども・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

ま・・(柴田理恵)
洗濯・・できますし・・(相談者)
うんうん、うん。(柴田理恵)
お風呂も自分で・・ま、シャワーですけれども・・(相談者)
はいはい、はい。(柴田理恵)

お風呂も入れ・・入れるし・・(柴田理恵)
あ、そうです。(相談者)
お食事・・は・・(柴田理恵)

あの、ご飯が炊けるのでぇ・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

たいてい、冷凍してあって・・それもあの、電子レンジで解凍できるんですね。(相談者)
うん・・うんうんうんうん・・ほんでぇ・・(柴田理恵)
でぇ、まぁ、あと・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
おかずは・・あの、お弁当を取っているので・・(相談者)
はい、はいはいはい。(柴田理恵)

おかずだけ・・(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

じゃあ、食事もまぁ、まぁ、なんとなく自分では・・(柴田理恵)
あ、そうそう・・そうなんです、はい。(相談者)
じゃあ・・(柴田理恵)

そこはしっかりなさってるんですねぇ。(柴田理恵)
あ、そうなんです、あのケアマネさんも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
しっかりしてるっていうことで、あの・・(相談者)

要支援2なんですけれども・・(相談者)
う、うん。(柴田理恵)

あの介護まで行けないっていうか・・(相談者)

ああ・・はぁはぁはぁ・・支援なんだ・・(柴田理恵)
そうすると、介護・・認定も少しもらえると・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ヘルパーさん・・とか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

もう少し、頼めるんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

だ、そういうヘルパーさんも、ちょっと拒むので・・(相談者)

うーーーん・・(柴田理恵)

あのまぁ、一人で・・(相談者)

がんばりたい・・っていう感じ・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

なんですねぇ・・(相談者)

あのぅ・・えっと、足が、弱い以外は・・(柴田理恵)
ええ、ええ・・(相談者)
例えば、内臓のご病気とか・・(柴田理恵)
あ・・(相談者)
いろいろ、そういうところは、大丈夫なんですか?(柴田理恵)
ないん・・ですねぇ。(相談者)
ない・・じゃあ・・(柴田理恵)

あの、ご健康というか・・(柴田理恵)
あ、そうです・・(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理恵)
まぁ、食欲もありますし・・(相談者)
はい・・はいはい。(柴田理恵)

わかりました。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
じゃあ、まぁそのぅ、一人暮らしになられた、お母様の、この・・(柴田理恵)

この容体のことで・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

ということで、よろしいですねぇ?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

わかりました。(柴田理恵)

では、今日の回答者の先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)
あ・・はぁい。(相談者)

え・・今日の回答者の先生は・・精神科医の・・高橋龍太郎先生です。(柴田理恵)
あっ・・はぁい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. うーん 高齢者の 被害妄想 私も経験があります 亡父が その妄想にとりつかれ
     何でもかんでも 盗られたと 大騒ぎ 扇風機と同じ形をした暖房機 を 扇風機と一緒にしまい込み 「ヒーターを盗られた盗られた」と 近所まで言いふらしてました、私が 車がんとして庫の戸を開けて出かけると すかさず 扉を閉めるので 「雨の日など困る」と言ってもがんとして聞く耳を持たないので 費用は掛かりましがリモコンシャッターにしました でも 閉めるとき注意しないと そのシャッター付近をうろつかれたら 新たな 神経を使うようになりました。

     今回のご相談者さん あまり 御気になさらず 周りの方にも 理解してもらい サラリと 聞き流す 御心をお持ちになることが一番では?

この記事にはコメントできません。