テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年12月18日(火)は、40歳女性から、家から30分ほどの所に住む義両親。仲の良くない姑が認知症を疑い始めた。3、4ヶ月前に姑が買った服を娘に着させていると、地味だと実母にキツク言ってくる。夫と娘で実家に行くのだが、注意することを教えてくれと言われている。自分も行くべきか、どう注意すればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:40歳女性 夫49歳 長女2歳4ヶ月 次女6ヶ月 車で30分の所に住む義父母 舅81歳 姑78歳 実家の母73歳(父は20年ほど前に他界)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

あ、お世話になります。(相談者)
はい、今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

あ、姑・・と、えっと、 2歳半になるわたしの・・えっと、娘・・との関係についてなんですが。(相談者)
はい。(今井通子)

え・・(相談者)
あなたはおいくつ?(今井通子)

あ、えっと、40です。(相談者)
40歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

ご主人は?(今井通子)

えっと、40・・9です。(相談者)
40・・9歳・・(今井通子)
・・
はい。(相談者)

お舅さん何歳?(今井通子)

70・・8ですね。(相談者)
70・・8歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

お姑さんは?(今井通子)

あっ、舅が、ええっと、80・・1歳でぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

姑が、78です。(相談者)
78歳・・(今井通子)

はい。(相談者)
でぇ、お孫・・あ、おまご(笑)・・(今井通子)
うふふふふふ・・(相談者)
ごめんなさい(笑)、娘さんが・・(今井通子)
あはは・・はぁい。(相談者)

はい、2歳(笑)・・(今井通子)
えっと・・(相談者)

2歳と、ええっと、4ヶ月です。(相談者)

2・・うん、はい。(今井通子)

4ヶ月・・(今井通子)
と、えっと、次女が・・えっと、6ヶ月なんですが。(相談者)

あの、下のお子さんがね。(今井通子)

あ、はい、そうです。(相談者)

はい。(今井通子)

それで・・(相談者)

2歳・・4ヶ月の・・(今井通子)
はい。(相談者)
お子さんと?(今井通子)

はい。(相談者)

お姑さんが・・(今井通子)

はい。(相談者)
この関係がどうなんですか?(今井通子)

ちょっと姑・・の方が・・(相談者)
はい。(今井通子)

ちょっとあのぅ・・認知症かどうかわからないんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

ちょっとあのぅ・・わたしの・・母の方に、ちょっと電話口で、突然怒鳴ったりとか。(相談者)

姑がちょっと、娘に・・の為にって、買ってもらった服があったんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

その・・服を、ちょっとあのぅ・・次女の出産のときに、えっと、夫が着せてたんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

それを、その自分が買ったのを忘れて・・(相談者)
ええ。(今井通子)
わたしの母の方に・・「ちょっと、なんでこんな地味な洋服を着せてるの?」って、ちょっとあのぅ・・(相談者)
あはっ(笑)・・なるほど・・(今井通子)
病・・室の方で、かなりキツク、言われた・・みたいなんですが。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)

あなたのお母様っておいくつなの?(今井通子)

えっと、70・・3ですね。(相談者)
はい。(今井通子)

お父様は?(今井通子)

あっと、父は亡くなりました、20年ほど前に。(相談者)
はい・・(今井通子)

・・

そうですか・・(今井通子)

はいぃ・・(相談者)
これは、そうするとそのぅ・・(今井通子)

あなた今・・あのぅ・・(今井通子)
はい。(相談者)

婚家っていうか・・(今井通子)
はい。(相談者)

お舅さん達と・・(今井通子)

はい。(相談者)
一緒に住んでらっしゃるの?(今井通子)

あ、えっと、別居です。(相談者)
あ、別なんですね?(今井通子)
ぁ、はぁい。(相談者)
はい。(今井通子)

同じ市内・・でぇ・・えっと・・(相談者)

車で・・ 30分ぐらいのところに住んでるんですが。(相談者)
うん・・(今井通子)

っていうことは・・(今井通子)

はいぃ・・(相談者)

そのぅ・・お姑さんは・・(今井通子)

その洋服、買いました。(今井通子)

はいぃ・・(相談者)
何日か経っちゃってからの・・話ね?(今井通子)

・・

3ヶ月、4ヶ月ぐらい、経・・ってたと思うんですが。(相談者)
ああ・・なるほどねぇ。(今井通子)
はいぃ・・(相談者)

・・

3から4ヶ月、経っちゃってから・・(今井通子)

そのぅ・・自分で買ったことは忘れちゃって。(今井通子)

そうですね。(相談者)

ぅぅ、ぅぅ・・(赤ちゃん)
あのぅ・・ちょっと・・昔から、ちょっと・・そういうなんて言うか、プライドが、高い・・ところがあって、あのぅ・・ぉ・・性格が、あのぅ・・わたしと合わないんだったら・・もう、あのぅ・・冠婚・・葬祭以外、もう会わなくっていいと、わたしは。(相談者)

でも、ええっと、ちょっと・・(相談者)

孫には、夫は、会わせたい・・(相談者)

・・

旨を・・夫の方から言われました。(相談者)

・・

・・

ふぅーん・・(今井通子)

でぇ・・あのぅ・・(今井通子)

最初・・ね、お話しになったときに。(今井通子)

おばあちゃまと。(今井通子)

はいぃ・・(相談者)
それから・・(今井通子)

あのぅ、あなたにとってはお子さん・・(今井通子)

はい。(相談者)
の・・そのぅ・・なんだろう?(今井通子)

祖父母と、孫問題みたいな・・(今井通子)
そうですねぇ、はい(笑)。(相談者)
お話っていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
そのぅ・・(今井通子)

おばあ様が・・(今井通子)

はいぃ・・(相談者)
どちらかって言うと、いろいろ言う事っていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
まぁ、言う事も、それからすることも。(今井通子)

はい。(相談者)
そのお孫さんのことに・・(今井通子)
はい。(相談者)
関わるわけね?(今井通子)

他の事は、あんまり・・(今井通子)

孫の事しか、ちょっと話題がないので(笑)・・ま・・ご(孫)のことになってしまう・・とは思うんですけど。(相談者)
うん・・(今井通子)
孫の事についての方が、多いですねぇ。(相談者)
うん・・(今井通子)

それと、そのぅ・・(今井通子)

お父様・・(今井通子)
はい・・(相談者)
義理のお父様はどうなんですか?(今井通子)
はい・・(相談者)

舅との関係は良好です。(相談者)

ただあのぅ・・ちょっとあのぅ・・人付き合いが悪いっていうか・・ちょっとふらっと、どっかに行ってしまうところがありましてぇ・・(相談者)
(赤ちゃん、ご機嫌か?)
はい。(今井通子)
えっと・・姑と一緒に家(うち)にきましても、「ちょっと隣の台所で、お茶飲んどるけん」・・みたいな、そんなところがあるんですけれども。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)
それでもちゃんと・・(今井通子)

はい・・(相談者)
自分で、「お茶飲んどるけん」って・・(今井通子)
はい・・はい・・(相談者)
おっしゃるわけね?(今井通子)

そうですね、あのぅ、ま・・お茶を入れるのは、ま、わたしなんですけども、「のどが渇いたけど、お茶ないかな?」みたいな・・そんな感じで言われるんですが。(相談者)
ああ、なるほどなるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

っていうことは・・(今井通子)

あのむしろ・・(今井通子)
はい。(相談者)
お歳は上だけど・・(今井通子)

はい。(相談者)
そのぅ・・お舅さんの方が・・(今井通子)

はい。(相談者)
まぁ・・認知症・・かな?・・っていう感じはないと。(今井通子)

ないですねぇ、わたしの目から見てぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、このぅ・・二人は、お二人だけで、住んでらっしゃるの?(今井通子)

そうです。(相談者)
はああ・・(今井通子)

なるほど。(今井通子)

でぇ、ご主人は、そのぅ・・(今井通子)
はい。(相談者)

どうも・・(今井通子)

はい。(相談者)
あのぅ・・(今井通子)

認知症かもしれないっていうのを・・認めたくないわけね?(今井通子)

そのぅ・・(今井通子)
そうですね、気がついてるの・・(相談者)
もともとが・・あの、ああ・・(今井通子)
気・・ああ・・(相談者)
うん・・プライドが高い人だから。(今井通子)
気は、ついてるのか・・(相談者)

うん。(今井通子)
気がついてないのか、気がついても多分・・認めたくないんじゃないかなぁ・・と思うんですけど。(相談者)

なるほどなるほど・・(今井通子)
はぁい・・でぇ、あのぅ・・(相談者)

市役所の方に行きまして。(相談者)
はい。(今井通子)
これ・・じゃあ、福祉課の方に行きまして。(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ、あのぅ・・相談をしたんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)
えっと・・姑のことを。(相談者)
はい。(今井通子)
そいでしたら、あのぅ・・わたしが・・相談に来たことは伏せ・・て・・まぁあの、高齢者・・二人の、あのぅ・・お住まい・・なので、心配です・・っていうふうを、装って・・あのぅ、ちょっと、訪問して、様子を見てみます・・と、言ってはくださったんですが。(相談者)
ああ・・なるほど・・はい。(今井通子)
はい。(相談者)

はぁい・・(赤ちゃん)
でぇ、それは・・(今井通子)

なんに・・日前ぐらい?(今井通子)

先週の・・金曜日ですね。(相談者)

・・

そのぅ・・(相談者)
ああ、じゃあその結果は、まだわからない?(今井通子)
はい。(相談者)

はい、あのぅ・・ちょっと・・あのぅ、姑・・が、認知症かどうか・・を、はん・・(相談者)

だん(判断)するのは、ちょっと、時間が・・かかります・・とのことだったんですが。(相談者)
なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)
それでぇ・・それは、あなたはご主人には、言わずに市役所行ったの?(今井通子)

それとも・・(今井通子)
そうですもう・・(相談者)

えっと、何にも言わずに、えっと、実の・・わたしの母と行きましてぇ・・(相談者)
うーーん・・(今井通子)
はい。(相談者)

でもあのぅ・・市役所の方は、わたし・・の口からも、あのぅ、認知症・・っていう言葉も出ましたら・・(相談者)
うん。(今井通子)
あのぅ・・夫と・・喧嘩になっても、あのぅ・・離婚・・ということになってしまうかもしれないので。(相談者)
うん。(今井通子)
あの、夫には、何も言わないで・・いいですよって、言ってくださったんですが。(相談者)
なるほど、(今井通子)
はい。(相談者)

まぁ、市役所も、もう、だいぶ慣れてますね。(今井通子)

そうですねぇ(笑)・・(相談者)
うん。(今井通子)
はい・・(相談者)

そこでぇ・・今日のご質問はなんですか?(今井通子)

まぁ認知症かもしれない、ええっと・・姑・・のところに、その、夫が、まぁ、一人でまぁ、あのぅ・・今、2歳半なんでちょっと、イヤイヤ期・・の真っただ中でちょっと、かなり暴れたりする娘を、連れて行く・・って言って、譲らないんですけれども・・(相談者)

その時・・に、そのぅ・・(相談者)

どういったことに気を付けたらいいか・・(相談者)

の、あのぅ・・夫は、あのぅ、気を付けて欲しい事を、ま、箇条書きにして・・書いて欲しいって、わたしに言ったんですけれども・・(相談者)

どう、どういったことに・・(相談者)

気、気を付けたら・・いいか・・っていうことと・・(相談者)

それともやっぱりわたしが・・夫と・・喧嘩をしてでも・・(相談者)

それって一緒に、ついていった方が・・いいのか・・(相談者)

どう・・どういうふうに、夫を説得したらいいのか・・ちょっと悩んでるんですが。(相談者)

あ、あの、喧嘩をしてでも、ついていった方が・・っていうのは・・(今井通子)

はい。(相談者)
あなたがついて行きたくないんじゃなくて・・(今井通子)

はい。(相談者)
ご主人が、「もう、ついて来るな!」って、言った・・こ・・の?(今井通子)

そうですねぇ・・(相談者)
あ、なるほどなるほど。(今井通子)
はぁい、ま、あのぅ・・顔合わせたら喧嘩・・お姑と喧嘩になって・・(相談者)

多分その間に立つのは・・もう夫も嫌になってるんだと思うんですけれども(笑)。(相談者)
うん。(今井通子)

ああ、なるほどねぇ。(今井通子)

はぁ・・い・・(相談者)
それで・・(今井通子)

ご主人としては、自分だけで・・(今井通子)
はい。(相談者)
お子さんを・・連れて・・(今井通子)

はい。(相談者)
お母さんのところへ、行きたい・・ということね?(今井通子)
そうですねぇ。(相談者)
はい。(今井通子)
姑も、ちょっともう、あのぅ・・歳なのでぇ・・あの、性格も、変わらんだろうし・・もう頑固な・・ところがあるのでもう・・同じことの繰り返し・・なので、ちょっと、わたしがもう・・(今井通子)

首を突っ込まないで欲しい、これは・・自分の家族の問題だ・・っと言って、ちょっと、譲らないんですが。(相談者)

なるほど・・ふふっ(笑)・・ご主人が結構(笑)・・プライドが高いっていうか、頑固なのね(笑)。(今井通子)
そうですねぇ(笑)・・(相談者)
うふふ・・(今井通子)
はい(笑)・・そういうところがあります。(相談者)
お母さん譲り(笑)・・(今井通子)

ふふっ・・なるほど。(今井通子)

はい、それでぇ・・じゃあ・・(今井通子)
はい。(相談者)
でも、ご主人が、その・・(今井通子)
はい。(相談者)
どこに気を付けろ・・っていうのはなに?(今井通子)
はい。(相談者)
お嬢さんになにか危害が加わらないように・・(今井通子)

はい。(相談者)
どこか・・どういうふうに、気を付けたらいいか・・っていうことを、メモしとけって・・(今井通子)
はい。(相談者)
いうことですか?(今井通子)

そうですねぇ、まぁあのぅ・・ちょっと、虫歯があったりとか・・して・・あのちょっとあのぅ・・舅と、姑がちょっと、お菓子を与えたりするの、わたしが、嫌がったり・・することもありましてぇ・・あのぅ・・ちょっとまぁ、そういったこまごましたことを、書いて欲しいと。(相談者)

ああ・・ん・・(今井通子)

何日か、泊まりに行くの?(今井通子)

最終的には、泊まりに・・行かせたいようです。(相談者)

あの、ご主人としては・・(今井通子)

はい。(相談者)
ご自分の、お母様と・・(今井通子)

はい。(相談者)
うん・・あの、お孫さんである・・(今井通子)

はい。(相談者)
お嬢さん・・(今井通子)

と・・(今井通子)
はい。(相談者)
仲良くさせたい・・ってこと?(今井通子)

ぅ・・そうですねぇ、はい。(相談者)

うーーん・・(今井通子)

・・

・・

わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)

今日はですね・・(今井通子)
はい。(相談者)
(赤ちゃん、ぐずりだす)
三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の三石由紀子先生がいらしてますので・・(相談者)

はぁい・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい・・(相談者)
先生、お願い致します。(今井通子)
お願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 社会に出て働いてたら、この程度のトラブルは日常茶飯事。
    この相談者の旦那にすれば「こんなくだらないことでいがみ合うなよ!俺は外で闘ってきてクタクタなんだよ。頼むから仲良くしてくれよ」ってな心境かもね。
    家の中に閉じこもっちゃってる専業主婦なんかは、こんな些細なことでも大問題にしてしまう。暇なんだよ。小人閑居して不善をなす。
    でもなあ、こんなことの積み重ねが積もり積もって熟年離婚に繋がったりするんだよなあ。

  2. 後ろから赤ちゃんの声が聞こえたけど、2歳半と新生児、毎日、1日1日を無事に過ごすのに、他の全部のお母さんがたと同様、必至に暮らしてることと思います。それを、そんな苦労は何も無いかのように、義母のとこつれてこうとする旦那さん、蛙の子は蛙、デリカシー無いですね。普段から子供がいない家は、危険物や段差など、子供仕様になって無いし、78と80代と言ったら、運転もご遠慮願いたいような御年。お子さん、箸持たせて少し目を離して喉をついたり、危ないものを飲み込んだり、怪我したり、これに懲りれば良いレベルで済まない危険性がありすぎます。三石先生のレクは、ならうちはやめますという選択権があって、相談者さんとケースが違い過ぎます。三石先生は子供を扱うプロですしね。自分なら、1日の生活を思い出して、詳細マニュアル作って渡すでしょうね。幸い、うちの旦那は、子供第一、認知症か否かに関わらず、人をけなしたり、怒鳴ったりする大人の側には、身内と言えども子供を寄らせません。子供の心身の健全のために。78,80代、ネックをプラスにとるとすれば、この状況が10年20年続く訳ではないと前向きになることですかね。

この記事にはコメントできません。