テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

はい、こんにちは。(大迫恵美子)
はい、すいません、よろしくお願いします。(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

当時の精神状態を証明

えーっとですねぇ・・(大迫恵美子)

あの、ちょっと確認したいんですけど・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

そのぅ・・遺言書の作成の日付はいつ頃でしたか?(大迫恵美子)

え・・遺言書の作成は・・(相談者)

入所する、2週間ぐらい前です。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)

それでぇ・・(大迫恵美子)

えっと、1千万円が、おろされたのはいつなんですか?(大迫恵美子)

入所して、ぃ、一年くらい後です。(相談者)

うん・・お姉さんが生きている時ですね?(大迫恵美子)
はい、生きとる時です。(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

あのぅ、通帳とかね・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
あの、こういうものが・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

誰が保管してたかっていうのは、わかってるんですか?(大迫恵美子)
はい、その兄が全部、わたし達、渡しました。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)
兄弟みんな、信用して。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)

そのね、1千万円を・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぉ・・お兄さんがおろして・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
何に使ったのか・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ・・(大迫恵美子)

予想がつくことは何かあるんですか?(大迫恵美子)

司法書士の人が、聞かれ・・聞いたときに・・(相談者)

葬式代とか・・(相談者)

あと・・(相談者)

三十回忌までの、法事のお金とか・・(相談者)
・・
それから家の・・管理費とか、そういう名目で書いてありました。(相談者)

うん、あのぅ・・でも・・(大迫恵美子)

入所して・・一年後・・くらいにおろしちゃったんでしょう?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
葬式代・・っていうのは、先におろしておいたってことですか?(大迫恵美子)
だから・・(相談者)

いつタヒぬか、わからんと思ったのか知らないけど・・そういうふうで・・おろしたっていう言い訳か知らないけど、そういうふうで、書いてありました・・(相談者)
・・
遺言・・あれ、あれには。(相談者)

うん・・それで実際にね、お葬式なんかで使われているんですか?(大迫恵美子)

使われたと思う。(相談者)

だけど・・ぃ、一周忌はこの間・・ある・・時やなんかでも・・(相談者)

四十九日がある時でも・・(相談者)

わたし達は、呼んでもらえなかったんです。(相談者)

うん・・(大迫恵美子)
「お前たちは、こなくていい」って言って。(相談者)

・・

ま、それはこの問題になったからでしょ?(大迫恵美子)

・・

お葬式は?(大迫恵美子)

お葬式はやりました。(相談者)

そのときは、いらしたんでしょう?(大迫恵美子)

はい、行きました、その時は。(相談者)
うん。(大迫恵美子)

だから今回、法事に呼ばれなかったのは・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あの、この問題で揉め出したからじゃないんですか?(大迫恵美子)

そうですそうです。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)

わかりました。(大迫恵美子)

・・

えーっとですねぇ・・(大迫恵美子)

うん、随分と・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ぉ・・非常にあのぅ・・ま、感情的な話にはなってますけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

え・・その・・施設に入るね・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
2週間前に・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

遺言書が作られているのだとするとね。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

まぁ、あの、それが作られた時の・・(大迫恵美子)

精神状態などについてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
え・・証明できるものが何か残っているんでしょうか?(大迫恵美子)

ないです。それは。(相談者)

・・

・・

うん・・(大迫恵美子)

あんな立派な・・(大迫恵美子)

あれが作れたんでしょうかね?・・っていう、お話ですけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まぁ、もちろんねぇ、あの素人の人が・・(大迫恵美子)

遺言書をね、自筆・・あのぅ、有効なものを作ろうとすると・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

それはあの、下書きがあってね。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

まぁ、綺麗に清書してると普通、思いますよ。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

でぇ・・(相談者)

その下書きを本人が作ったのか・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
・・
誰かが用意したのかね。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

それはまぁわかりません。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

・・

ん・・む・・ま、確かに・・(大迫恵美子)

え・・お兄さんが・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
下書きの・・まぁ・・お手本っていうんですかねぇ・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
見本を・・用意した可能性はありますよね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ただ・・(大迫恵美子)

その見本を見てね・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

もう何が書いてあるのか全然・・(大迫恵美子)

わからないけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ぉ・・それを丸々・・もう、なぞるぐらいの・・ねぇ・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
ことしか・・できないような・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
精神状態だったのかどうか・・(大迫恵美子)
・・
ぇ、はい・・(相談者)

・・

それをやっぱし証明しないとダメですかねぇ?(相談者)
・・
もちろんそうです。(大迫恵美子)
はあぁぁ・・(相談者)

それじゃあ、医者の診断書かなんかがいるんですかねぇ?(相談者)

医者の診断書が、当時のものがあるといいんですけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

今・・とかね。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
あのぅ・・何年後に診たお医者さんが・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

その時どうだったかっという事は、なかなか診断できないですよ。(大迫恵美子)
ああ・・そうですか?(相談者)

能力がなかったとは思えない

でまぁ・・(大迫恵美子)

あの、一般的に言うとね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
自筆・・ぅ・・遺言証書みたいなものを・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

お手本を丸写しにして書くとしてもね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まぁ、すごく字が乱れてるとか・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ・・もう、字になってないとかって言うならともかくね。(大迫恵美子)
はい・・はい。(相談者)

まぁ・・筆跡が・・お姉さんのものだと分かるぐらいの・・(大迫恵美子)

手で、書いてあったわけでしょう?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

そうすると・・(大迫恵美子)

もう、何が書いてあるのか・・理解もできないしね。(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)
意識も・・あのぅ・・あったのか、なかったのか・・っていう状態とは、ちょっと思えないんですよ。(大迫恵美子)
ああ・・そうですか?(相談者)
だって、そ、それなりに難しいことが書いてあるでしょう?(大迫恵美子)

はい、書いてある・・(相談者)

びっくりしちゃったくらい難しい言葉が書いてあります。(相談者)
うん・・だって・・(大迫恵美子)

不動産があるのならば・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ・・その・・物件目録が付いているでしょう?(大迫恵美子)

はい。(相談者)

何番地に・・(大迫恵美子)
・・
はい、はい。(相談者)

なに・・あの、なに造り・・(大迫恵美子)
はい・・はい・・(相談者)

なにの・・建物が、何坪みたいなことが、書いてあるでしょう?(大迫恵美子)
はい、はぁい。(相談者)

だからそれをね・・ほんとに・・意識もないような状態で、出来たのか?・・っていうと・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まぁ、やっぱり、そこまでは・・(大迫恵美子)

能力がなかったとは、言えないんじゃないかと思うんですよねぇ。(大迫恵美子)
はああ、ぁぁ・・(相談者)

・・

・・

それともう一点。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
その・・ねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
施設に・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
会いに行かせないようにしてね。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
みなさんを締め出して・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そこで、なにか上手いことを、やったんだろうと。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうような、お話でしたけど・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
お・・施設に入る前に書かせてるんでしょう?(大迫恵美子)

はい。(相談者)

そうすると・・(大迫恵美子)

施設に入る前に・・(大迫恵美子)

もう、そういうねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、遺言書を用意するっていう話になってたってことは・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

あなた方が施設に会いに来るとか来ないとかは、わからない時にやってるわけですよねぇ。(大迫恵美子)
はい、はい、はい、はい。(相談者)

だから、おそらくね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
もう、施設に入る前から・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あなたが、会いに来ようと、来まいと・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
・・
お兄さんに・・あげるつもりだったんだと思いますよ。(大迫恵美子)
ああ・・はぁ・・(相談者)

・・

あのねぇ、ちょっと・・(大迫恵美子)

わからなかったので・・確認したいんですけど。(大迫恵美子)

はい。(相談者)
7人兄弟だそうですね?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

お姉さん・・亡くなったお姉さん、三番目?(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

ぇ、今年、85歳で亡くなったんでしょう?(大迫恵美子)
・・
はい・・はい。(相談者)

で、二番目のお兄さんって、あなたがおっしゃってるのは・・(大迫恵美子)

はい・・二番目・・っちゅうのか・・(大迫恵美子)
・・
あのぅ・・長男の下です。(相談者)
・・
その人はだいぶ・・(相談者)

さ・・三、四人目か・・そこらの・・人です。(相談者)

ああ・・(大迫恵美子)

あなたが75歳・・(大迫恵美子)

はぁい。(相談者)
お兄さんが、77歳だとすると・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
・・
はい。(相談者)

この間に、どなたかいらっしゃるんですか?(大迫恵美子)

はい、いるの・・います。(相談者)

ああ・・女の子が、いらっしゃる?(大迫恵美子)
はい、女の人です。(相談者)
はぁ・・(大迫恵美子)

でぇ、お兄さんが、一番上で・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

亡くなった?(大迫恵美子)

んですか?(大迫恵美子)
はい、はい。(相談者)
ああ・・(大迫恵美子)

そうすると・・(大迫恵美子)

ぁ、七人・・兄弟がいるけれども・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
男の子は、二人しかいなかったっていう意味ですね?(大迫恵美子)
・・
はい・・はい。(相談者)

それでぇ・・(大迫恵美子)

え・・二番目のお兄さん・・っておっしゃってるのは・・(大迫恵美子)
・・
はい。(相談者)

もう一人の男の子・・次男という意味ですね?(大迫恵美子)

はい。(相談者)
そうすると・・(大迫恵美子)

お姉さんの年頃のね?(大迫恵美子)

はい。(相談者)
85歳ぐらいの方が・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ま、誰に財産を残すかって、考える時にね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ま、男の子に残す・・(大迫恵美子)

つまり苗字が、同じ人に残す・・(大迫恵美子)

ああ、ああ、ああ・・(相談者)
それは・・(大迫恵美子)
そういう考えも、ありますね。(相談者)
うん、か・・そういう考え・・だったんじゃないかなぁ・・っていう気もしますよねぇ。(大迫恵美子)

ああ・・わかりました。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

だから・・あんまりね、いきりたって、その何か・・ぅ・・許されないことが、影であってね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ぇ、お兄さんが・・全部取ったんだ・・っていうのは・・(大迫恵美子)

あたってない・・かもしれませんよね。(大迫恵美子)

ああ・・そういう考えもありますねぇ・・(相談者)
うーん・・ん。(大迫恵美子)
はい・・わかりました。(相談者)
はぁい・・い・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  ご相談者 ご高齢で ご自身が被相続人になられることを ご心配なさったら いまさらお姉さまの 遺産が入ったところで とても生きておられる間に お遣いになれないと おもうのですがねぇ(・・?

  2. ja6whmさんに同感です。
    「死に欲がつく」という言葉がありますが、はたから見ていて見苦しいですね。
    お世話をしなかった人ほどこういうことを言うようです。

この記事にはコメントできません。