テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

ドリアン助川・大迫恵美子まとめ

もしもし?(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

あのぅ・・(ドリアン助川)

まだ、あなた様も、10年、20年・・(ドリアン助川)

出来れば・・(ドリアン助川)

笑いながら、生きってって欲しいなぁ・・というふうに、わたしなども思うんです。(ドリアン助川)
わかりました、はい。(相談者)
そうすると・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
どっかで・・なんか、見切りをつけることも、あった方がいいのかなぁ・・なんてふうに・・(ドリアン助川)
はい・・そうですね、はい。(相談者)
今・・話を聞いてて、思いました。(ドリアン助川)

はぁい、わかりました。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
あ、いいですか?(大迫恵美子)
はい。(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)

あのぅ・・遺言書でね・・(大迫恵美子)
うん。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

どなたか一人の所の行っている時には・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
あのぅ・・遺留分っていう問題があるんですけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

えーっとねぇ、兄弟・・(大迫恵美子)
兄弟だから、ダメですよねぇ、遺留分は?(相談者)
兄弟には、遺留分はないんですよね。(大迫恵美子)
はい・・はい・・(相談者)

だから・・(大迫恵美子)

あなたの方は、やっぱりねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
これはもう・・経緯からいって・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
亡くなった方の意思は・・(大迫恵美子)
・・
お兄さんの所へ・・(大迫恵美子)
・・
全部、あげると・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
いうことだったように、思われますのでねぇ・・(大迫恵美子)
あっ、そういうふうに思います、じゃあ・・(相談者)

うん・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
それで、いいと思いますよぇ・・(大迫恵美子)
はぁい・・ありがとうございます。(相談者)
すっきりされましたか?(大迫恵美子)
はい、ありがとうございました。(相談者)
はい、どうも・・(大迫恵美子)

ありがとうございました。(相談者)
はい、ありがとうございました。(ドリアン助川)

はい、どうも・・失礼します。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

相談者は冒頭で、こう言っている

『認知症になったもんですから・・兄弟、相談して・・施設、入れることに決めて、施設に入れたんですよ。』

言い出しっぺが誰かは、わからないけれど
おそらく、近くに住む、件の兄ではないかと推測
要するに、その時点で、放っておけないほどに

認知症が、進行してるので
施設に入れたい、そして、姉妹たちの顔を見ると
帰りたくなるかもしれないから、会わないようにしよう

おそらく、その提案も全部、件の兄
むしろ、姉妹たちは
兄とも亡くなった姉とも、ずっと疎遠だった

お世話する前の、兄との関係を問われ
『あんまり・・行き来はないです。』
と返事をしている

兄の提案をそのまま、受け入れてると思われるので
少なくとも、姉だけには会っていたとも思えず
もしも会っていたのなら、疑問に思わないだろう

遺言書が書かれたのは、施設に入所する2週間くらい前

大迫先生の読み、本当にそうだと思う
下書きを丸写しにして遺言書を書ける状態なら
他人主導で、施設に入れなきゃいけないほど進行しているだろうか?

そんな状況で、遺言書を写すことができるのか?
そうであるなら、施設への入所も
姉妹たちに会わないようにするのも

他界した姉の意思なんじゃないだろうか?
いよいよ、という段になって
これまで、お世話してきてくれた弟(他界した姉からすれば)に

後の、一切を任せて
まったく面倒を看る気もない
姉妹たちには、会う気すら、遺産を渡す気にもなれなかった

これが、事実に一番近いんじゃないか?

亡くなった方の遺志を尊重し、相談者を諭した
大迫先生のナイスなアドバイスだと思います

『ああ・・そういう考えもありますねぇ・・』
たぶん相談者さん、諦めきれてないよね

テレフォン人生相談2018年4月16日(月)予告

妻が子供を連れて家を出て行った。原因は、怒ったり、怒鳴ったり、リモコンを投げたりの激しい自分のDVのため。妻に戻ってきてほしい。方法は?
パーソナリティが加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

スペシャルウィーク

不倫・DV・死別 ~ 愛を見失った夫婦たち

テレフォン人生相談2018年4月17日(火)予告

夫は居酒屋で知り合った40代女性と不倫の末に、子供が生まれた。今でも、子供の写真メールが送られてきている。自分は専業主婦のため離婚できない。このイライラした気持ちをどうすれば?
パーソナリティが今井通子さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

テレフォン人生相談2018年4月18日(水)予告

4年前に夫を突然死で亡くした。亡くなってから、子供のために一生懸命働いてきたが、ここにきて無気力になり、心に空いた穴がふさがらない。これからどうすれば?
パーソナリティはドリアン助川さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

テレフォン人生相談2018年4月19日(木)予告

私が心臓の手術をすることになったが、夫は手術前に風俗に行ったり、様子が変に…。挙句「好きじゃない、離婚してくれ」と言わた。離婚はしたくない。どうすればよいか?
パーソナリティが加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

テレフォン人生相談2018年4月20日(金)予告

夫バツ2、相談者バツ1の再婚同士。夫の会社で働いているが、仕事ができないと夫に怒られ、性生活では「思いやりがない」となじられる。夫に愛される女性になりたいが、どうすれば?
パーソナリティがドリアン助川さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  ご相談者 ご高齢で ご自身が被相続人になられることを ご心配なさったら いまさらお姉さまの 遺産が入ったところで とても生きておられる間に お遣いになれないと おもうのですがねぇ(・・?

  2. ja6whmさんに同感です。
    「死に欲がつく」という言葉がありますが、はたから見ていて見苦しいですね。
    お世話をしなかった人ほどこういうことを言うようです。

この記事にはコメントできません。