テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月23日(金)は、加藤諦三&坂井眞。31歳女性から、5年間同棲中の彼37歳と喧嘩が絶えず、どうしたら仲良くできるか?という相談。婚約破棄の経験があり、結婚が怖いという相談者。母親はヒステリーで父親は無関心の家庭に育ち、彼も対人関係が不器用で、感情を表さない人。
加藤諦三氏の〆の言葉『直接、無媒介に相手から拒否されている感情、プレコックス・ゲフュール(Praecox-gefuehl)と言います』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士) 
相談者:31歳女性 5年同棲している彼37歳

もしもし?(加藤諦三)

はいもしもし、こんにちは。(相談者)
はい・・テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
さい・・はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

31歳です。(相談者)
30・・1歳・・結婚してます?(加藤諦三)

してません。(相談者)
あああ・・そうすると今・・(加藤諦三)

お一人で暮らしてるんですか?それともご両親と?(加藤諦三)

えっと、同棲してまして・・(相談者)
あ、同棲してる男性何歳ですか?(加藤諦三)

30・・7歳です。(相談者)
30・・7歳・・(加藤諦三)

の、男性と同棲している、はいわかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

はい・・(相談者)

えーっと、 5年前から同棲をしているんですが。(相談者)
・・
はい・・(加藤諦三)

えっ・・えっと、喧嘩が絶えなくって・・(相談者)

はい・・(加藤諦三)

で、お互い、どうしたら仲良くなるかっていう方向で(苦笑)、進めたいんですが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ちょっと・・多分、お互い対人関係が不器用な(苦笑)ところがあって、なかなか上手くいかず・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

はい・・なるだけ喧嘩をしないで、お互い嫌な気持ちで暮らしたいということでの相談・・です。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

そいでその喧嘩っていうのは今・・具体的に言うとどの程度・・ 1週間に1回、とか月に1回とか・・(加藤諦三)

月1ですね。(相談者)

月に1回ぐらい・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
結構そういう・・大きな喧嘩があった?(加藤諦三)

はい・・(相談者)

どうしたら仲良く・・上手くいかないんだって・・(加藤諦三)

言うけどあなた達は・・要するに、好きじゃないけど、別れられないっていうことですよね?(加藤諦三)

・・

ああ・・(相談者)
簡単に言ってしまうと。(加藤諦三)

簡単に言ってしまうと(苦笑)・・はい・・(相談者)

そうですよねぇ?(加藤諦三)
好き・・好きは好き・・は・・い・・へへへへ・・(相談者)
あのぅ・・ま、好きは好き・・ま、最初はおそらく好きだったと思うんですよ。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
どういう出会いですか?(加藤諦三)

あの、よく行くお店で・・(相談者)

はい・・(加藤諦三)
わたし・・が、話しかけて、「遊ぼう」っていうことに・・なって・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

よく・・(加藤諦三)

行くお店っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
レストランかなんかの?(加藤諦三)

あ、えっとちょっと趣味の・・(相談者)

お店・・(相談者)

ああ、趣味のお店ですか?(加藤諦三)
はい、た、たと、た、例えば・・(相談者)
しゅ、手芸とか・・(加藤諦三)

あ、そうですそうです、ふふふふ・・ふふふ・・(相談者)

手芸とか車とか・・(相談者)
車と、はい。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
そこで・・(加藤諦三)

じゃあ趣味は同じだったわけね?(加藤諦三)

はい・・(相談者)

趣味が同じで・・話は・・そうすると、最初は合ったわけだ。(加藤諦三)

はーい。(相談者)

ですよねぇ?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

で、そうすると・・(加藤諦三)

これはなぁに・・最初は、一目惚れのような感じ?(加藤諦三)

わたしが・・一目惚れしました。(相談者)
あなたが一目惚れ?・・あ・・(加藤諦三)
はーい・・(相談者)
相手は?(加藤諦三)

一目惚れでなかった?(加藤諦三)

なんか話していくうちに・・(相談者)
はーい・・(加藤諦三)
あのぅ・・わたしがよくしゃべるので。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、相手ちょっとあんまり・・ひ、人と、コミュニケーションが、取れないと言うか・・(相談者)
あ・・はい・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

あまり喋らない・・人なので。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

はい、で、あの・・ちょっと気に入っていただけて・・(相談者)

はい・・(加藤諦三)

はーい・・(相談者)
でも・・(加藤諦三)

相手がよく喋らない・・どちらかと言うと、無口だけれども・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

あなたが一目惚れしてですねぇ・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
相手もそれなりに・・(加藤諦三)

あなたの一目惚れ・・するように・・(加藤諦三)

好きになったんではないの?(加藤諦三)

あなたが一目惚れして、だんだんと相手が・・(加藤諦三)

嫌だけどそうなっていったって言う・・(加藤諦三)

あ・・嫌・・ではなかったと思います。(相談者)
あ、ですよねぇ・・(加藤諦三)
見た目的には・・(相談者)

あの、うん、向こうも・・だし。(相談者)
ぃ、ぅ、向こうもあなたに・・(加藤諦三)

はーい・・(相談者)
当初は・・(加藤諦三)

好意を持ったんですよねぇ?(加藤諦三)
はーい。(相談者)

っていうことは・・(加藤諦三)

・・

最初のスタートは・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

かなり・・(加藤諦三)

情熱的な関係のスタートだったんじゃない?(加藤諦三)

わたし・・だけだと思います、それは・・(相談者)
・・
あなただけ・・(加藤諦三)
あまり・・(相談者)

はい・・(相談者)
が、情熱的?(加藤諦三)

はい・・(相談者)
・・
あの・・(相談者)

その37歳の彼が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あまり、感情を表に出すような人ではないので。(相談者)
・・
ちょっとどうだったかもわたしは・・わからないです(苦笑)。(相談者)
はい・・はいはい。(加藤諦三)
はい・・へへへ・・(相談者)
あのぅ・・表情としては無表情な人?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

だから・・(加藤諦三)

感情そのものが・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

ないというよりも。(加藤諦三)

はーい・・(相談者)

感情を表現する言葉を持ってないんじゃないの?(加藤諦三)

その通りです。(相談者)

・・

・・

そうですよねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

だけど結婚するのは・・(加藤諦三)

怖い?(加藤諦三)
はい。(相談者)

怖いです、わたし実は、婚約・・破棄をしたことがあって、結婚するのが怖くて・・(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)
でぇ、そのわたしの実家自体が、ヒステリーな母親と・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
無関心な父親・・(相談者)
はい、はい・・はいはい。(加藤諦三)
で、いて、わた・・その弊害は、自分自身で、ちょっと、よくわかってて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その、いろんな本とかも見て、よく分かってるからこそ、これから怖い・・(相談者)

です。(相談者)
だから人と接するところまでは、同棲まではいいんだけれども。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
結婚するのが怖いんだよね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

だから今の状態っていうのはあなたにとって・・は・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

あの、結婚じゃない・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でも、 1人でもない・・ってのは・・(加藤諦三)

この状態があなたにとって安定してるんですよ。(加藤諦三)

安定してました、そうです。(相談者)

ですよね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

だけどこの状態があなたにとって、安定してるんだけれども。(加藤諦三)

はい。(相談者)
この状態そのものは不健全でしょう?(加藤諦三)

はいそうです。(相談者)

だから・・(加藤諦三)

いつも喧嘩してるってさっき・・(加藤諦三)

言いましたねぇ。(加藤諦三)

はい・・(相談者)

でもこれ別れられないよね。(加藤諦三)

はい・・そうです。(相談者)

だって・・(加藤諦三)

別れるっていう事は問題解決をすることだから・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

あの、問題を解決しないところで安定しちゃったんですよ。(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

彼も、心に問題抱えている。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
あなたも心に問題抱えている。(加藤諦三)

はい。(相談者)

その問題をお互いに解決しないで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

問題を抱えたままで、の状態で安定したのが、今のこの・・(加藤諦三)

5年間の同棲生活なんです。(加藤諦三)

はい・・(相談者)

・・

・・

彼自身が・・(加藤諦三)
うん(咳払い)、はい。(相談者)
人と心を触れ合う・・(加藤諦三)

ふれあい方っていうのがもう、全くないし・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

基本的に彼は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

他人を拒否してるっていう感じを、どっかであなた持ったことない?(加藤諦三)

あ、あります、はいありますそれ。(相談者)

そうなんです彼は・・彼は基本的に・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

・・

・・

うん、うん(咳払い)・・(相談者)
ちょっと難しい言葉で言うと・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

無媒介に・・(加藤諦三)

・・

直接無媒介にあなたという存在を拒否してるんですよ。(加藤諦三)

はあああ・・(相談者)

例えば・・(加藤諦三)

変な声を出してね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
拒否してるって事表したり。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)

あるいは変な格好をしてみたりね。(加藤諦三)

はい・・(相談者)
彼が女装してみたりね。(加藤諦三)
はぁぁ・・(相談者)
なんかそういう事をやって・・(加藤諦三)

31歳の・・あなたを拒否してるっていうんじゃあ・・(加藤諦三)

だったらあなたも、よーくわかんないけれども。(加藤諦三)

はい・・(相談者)

・・

なんだかあなたの側からすると・・(加藤諦三)

直接無媒介に・・彼から拒否されてるような感じが・・ 1番心の奥底で感じてるんだろう思うんです。(加藤諦三)

・・

・・

・・

ああ・・うふふふふ・・(相談者)

・・

大変難しい・・相談なんですけどね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はスタジオにですね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
弁護士の、坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
伺ってみてください。(加藤諦三)

はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. まあ坂井先生って基本、原則論ですからねぇ(笑)
    この共依存関係を抜け出せるか。ですね(それが働きにでる、と)
    しかし、毒親持ちの女性って年上好きが多いよなあ・・・知人もそうだったし

  2. おたかさん

    管理人さんの見識?偏り?
    読んでいていつも違和感が
    管理人って誰だ

この記事にはコメントできません。