テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月19日(月)は、加藤諦三&大原敬子。10ヶ月前に妻の母親が突然他界。家庭の事から要介護3の祖母のデイサービスやら面倒の一切を切り盛りしていた為、残った父親や妻は途方に暮れる。妻のサポートは自分がやらねばと葬儀から遺産の手続きまで段取りよく行う夫に対し、妻が突っかかるような態度を取るようになる。妻の心情に気付かず虚しくなるという夫に対し大原敬子は・・・
加藤諦三氏の〆の言葉『同じ刺激が違った状況では違った感情を生みだします』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:42歳男性 妻42歳 子供二人 中学3年生の長女 小学5年生の長男 婚姻15~6年 10ヶ月前に妻の母が他界 残された父親と94歳の祖母(要介護3)

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
は、はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ・・よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、42歳です。(相談者)
42歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
ぇ・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)
は(わ)、同い年の42歳です。(相談者)
42歳・・お子さんは?(加藤諦三)

は(わ)、二人いまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

中学3年生・・で・・ぇ、女の子。(相談者)
はい。(加藤諦三)

小学校5年生で、男の子です。(相談者)

こじれた夫婦関係

はぁい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

えっと・・まぁ・・(相談者)

わたし・・と、あの妻の・・(相談者)

関係がちょっと・・あの、こじれていて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、そこで・・これからのまぁ・・(相談者)

嫁との関係って、どうしたらいいのかってところ、ちょっと悩んで・・おります。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

そのこじれたっていうのは、具体的に言うと、どういう・・どういう・・(加藤諦三)

10ヶ月・・前に・・ですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・妻の母親が、突然、亡くなりまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その時に・・(相談者)

いろいろこう・・補助というか、あの、助けて・・夫婦で、頑張って乗り切っていこう・・ということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
やってきて・・(相談者)

あなたが・・(加藤諦三)

お母さんが・・亡くなった奥さんの事を、サポートしたと・・(加藤諦三)

そうです・・そういう意味ですねぇ。(相談者)
うん、そのかぎ・・はい。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ、妻の方の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、家庭・・がですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

お父さん・・が、ぇ・・(相談者)

居て・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

ぇ、その・・(相談者)

おばあちゃんですね、94歳・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

要介護3・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
デイサービスとか、行ってる感じ・・で、ですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
もう、お母さんが、全部・・切り盛りをしてたんですけれど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そこでもう、あの・・お母さんが亡くなって、突然、亡くなってしまって・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、そこであのぅ、お父さんも、まぁ、オロオロしたりとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、妻も、オロオロしてて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・わたしも、ずっとこう・・(相談者)

フォローしてですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、葬式とか・・全部まぁ・・(相談者)

あの、遺産の・・話とかですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
そういうものも全部・・(相談者)

ぇ・・やって・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ、お父さんも、一人に・・なってしまうのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

家に、一緒に住んで・・(相談者)

も、いいんじゃないか・・とかっていうことも、まぁ・・(相談者)

勧めたりとか・・(相談者)
うーん・・うん。(加藤諦三)
でぇ、まぁ・・(相談者)

それからあのぅ・・(相談者)

なんて言うか、そのぅ・・(相談者)

なんか、わたしに突っかかる感じにこう・・なってきたんですよねぇ。(相談者)

だから、わたしがこう・・やることなすこと・・(相談者)

ほう・・うん・・(加藤諦三)
こう、なんか・・嫌になってくるというか・・(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)

例えば、言われたのが・・まぁ、わたしとしては・・お母さんが亡くなって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・わたしがしっかりしていないと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

支えないといけないなと思ってですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
いろんなことを、こう・・淡々とこう・・(相談者)

進めてきて、心情としては、すごく悲しかったんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それを・・まぁ、見て、「なんであたなは・・泣かないの?」とか・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

わたしも・・(相談者)

妻の前で泣くっていうのは・・逆に悲しませることかなぁと思ってですねぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
あのぅ、泣かなかったりとか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
辛いとかですねぇ・・で、あと、まぁ・・残された物の整理とかっていう・・ところとかも、まぁ、いろいろこう、一緒に助けてやったりとか・・したんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そこも、「なんでそんなに・・」(相談者)

「早くやるの?」とか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ、そんなことがもう、ずーっと、つ・・積み重なってきて・・あのぅ・・すれ違いというかですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
こちらが・・(相談者)

妻のこと思って、こう・・(相談者)
うんうんうんうん。(加藤諦三)
やっているっていうことが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、逆に、ほんとに裏目、裏目に、こう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
出て・・いってですねぇ・・(相談者)
うんうんうんうん。(加藤諦三)
でもう・・なんか・・(相談者)

無視されたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、返事も・・(相談者)

あんまりしてくれなかったりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

っていう感じに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なってきてですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、まぁ・・(相談者)

わたしもあの、両親、いるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、亡くなっ・・まだ健在で・・(相談者)

妻の・・(相談者)

その、ショックっていうのは、わたしはまぁ、経験はないんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうことは、まぁ、支えようっていうことは・・あのぅ、考えてはいるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんかこう・・自分がやることが、全部・・(相談者)

逆撫でするっていうような感じ・・(相談者)

に、なってたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
したらですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか、虚しいなぁ・・っていうような・・(相談者)

うん・・うん・・(加藤諦三)
すごく・・あって・・(相談者)

っつか・・(加藤諦三)
承認欲求ではないんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・まぁ・・(相談者)

誰かの為にやってるっていうことではないんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、ある意味こう・・なんか・・(相談者)

無駄なことをしてるんじゃないかって・・ところがこう・・(相談者)

感じ・・(相談者)

てですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そこをまぁ・・どうしたらいいのかっていう・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
ところを・・ご相談したいなぁ・・と。(相談者)
今、あのぅ・・奥さんのお母さんが、亡くなられてからの話、よくわかったんですけれども・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

サポート

その前は、こういうその・・す・・(加藤諦三)

あなたの気持ちからすると・・妻・・の為にやったことが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
裏目に出る・・っていうことっていうのは・・(加藤諦三)

今までにはなかった?(加藤諦三)

今まで・・まぁ・・(相談者)

結婚して・・(相談者)

10・・5~6年、経つんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ここまで・・(相談者)

揉める・・ちょこちょこ揉めるとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう、あの、出て行くとか・・(相談者)

はい・・(加藤諦三)
という・・(相談者)
あっ、そういう言い方してるの?「出て行く」というような・・(加藤諦三)
いや、あのぅ、ある意味、わた・・わたしがもう、家に・・居たくないというか・・(相談者)

もう・・(相談者)

なんか・・家に居ても・・(相談者)
あっ!あなた自身がもう、家に居たくないっていうことねぇ?(加藤諦三)
そうですそうですそうです。(相談者)
はぁい、ええ。(加藤諦三)
なんでぇ、まぁ・・(相談者)

逆に言うと、まぁ、どっちかこう・・(相談者)

距離を、あのぅ・・あけた方が、いいんじゃないかとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ・・(相談者)

妻が言うのは・・なんかまぁ・・(相談者)

けどまぁ、朝早く・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
あのぅ・・起きて・・(相談者)

わたしはやってるのに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あなたは、なんで寝てるの?とか・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
まぁ、でも・・(相談者)

そんなこと、今までなかったんですよ、そんなこと言うのが・・(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)

あのぅ・・今・・(加藤諦三)

この、お母さまが・・10ヶ月、亡くなる前はどうだったの?って聞いたのはねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

15~6年の間に、奥さんの側からすると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あのぅ・・いろいろ不満があったけど、それが、ずーっと、じーっと、我慢してたっていうことはないのかなぁ?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

それは・・あの、本人も言ってます。(相談者)

・・

そこは・・あ・・(相談者)
我慢してて、表には出さなかったんですよね。(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

あの、怒りをね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
だから、相当そのぅ・・15~6年の間に、怒りはあったんですよ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
それがだから・・(加藤諦三)

あのぅ・・奥さんが・・(加藤諦三)

その、あなたを直接、責められないから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
「なんで、一緒に泣かないの?」(加藤諦三)

「なんで?」という・・質問の形式をとりながら、あなたを責めてんですよねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

でぇ、おそらくねぇ・・奥さんは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
具体的な・・(加藤諦三)

サポートは、もちろん嬉しいのは当たり前なんですけれども・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

奥さんが求めていたのは・・(加藤諦三)

具体的なサポート・・(加藤諦三)

というよりも、情緒的なサポートなん・・(加藤諦三)

・・

だったんじゃないのかなぁ?(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

はい、そうです。(相談者)
でぇ、今日、あなたは、こういうような状態の中でぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

どういう・・気持ちの持ち方で・・の・・これを乗り越えていったらいいか?・・っていうことですねぇ?(加藤諦三)

そうです、はい。(相談者)
はい、わかりました、今日はあの、スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
あっ・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。