テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月24日(土)は、加藤諦三&中川潤。58歳女性から、結婚して28年、転職を10回以上繰り返し、常に初任給状態の夫。共働きだが、家のローンがまだ2千万近く残っているので、売ってアパート暮らしをしようと言う夫。頼りがいのない夫との第二の人生を考える妻からの相談に、中川潤が「別れなさい」
加藤諦三氏の〆の言葉『人は、まったく同じ過ちを繰り返します』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:58歳女性 夫59歳(転職10回以上) 婚姻期間28年 子供二人は社会人として独立 二人暮らし 持ち家ローン残2000万円近く

もしもし?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、え・・58歳です。(相談者)
50・・8歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)
50・・9歳です。(相談者)
50・・9歳・・お子さんは?(加藤諦三)

二人・・いて、社会人です。(相談者)

と今・・おふ・・お二人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいわかりました、でどんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと第二の人生を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと今考えているんですけども。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

えーっと・・自宅の・・ローンが・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

2千万近く残ってまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、主人は・・(相談者)

家を売って・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

二人だけだから、あのアパートに・・生活しようって・・話なってるんですけども。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

ちょっとわたしは・・考え中(苦笑)なんですけど。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

主人も・・(相談者)

もう59歳で・・(相談者)

還暦なったらもう・・(相談者)

仕事を転職する・・って。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
考えてるみたいですけど、転職先もまだ、全然決めてないですし。(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)

そのぅ・・はい。(相談者)
ご主人・・の方は・・あの今の自宅、ローンが残ってるけれども、売って、アパートに入る。(加藤諦三)

はい。(相談者)
そしてあなたの方は・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

そういう形の第二の・・人生・・を考えてないということすか?(加藤諦三)

そうですねぇ・・ちょっと、アパートに入るってどうかなぁ・・と思ってるん・・ですけども・・(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、あのぅ・・ご主人の言う・・ことに納得する部分はあるんでしょう?(加藤諦三)

うーーん・・今ちょっと苦しいので・・(相談者)

主人は・・まぁ・・今・・売って、どうせ・・子供達も・・県外に行ってるので。(相談者)
はい。(加藤諦三)
帰ってこないんで。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

アパートで二人で暮らそうって言うんですけど。(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)
あの、夫婦仲もあんまりよくないのでぇ(苦笑)・・(相談者)
あっ、そこが大切なとこなんだけども・・(加藤諦三)
あはっ。(相談者)
そのぅ・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
夫婦・・仲・・要する・・(加藤諦三)

ま会話はあるけれども、心は通じなくなってるってこと?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

・・

と言うと、第二の人生って言うと本当は・・(加藤諦三)

・・

外側の生活が変わっても、二人の心が通じ合ってるという・・(加藤諦三)

ことがいいことなんですけど、第二の人生という事、あなたが・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
おっしゃった中には・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

・・

その自宅だ、アパートだって言う・・(加藤諦三)

ローンがどうだっていうことのほかに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それぞれ別の人生を歩むってことも含まれてんですか?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
あ、そこまで含まれてるわけねぇ。(加藤諦三)
ぁ、はい、でも・・それ言ったらちょっと・・(相談者)

何もできないんで、主人が、可哀想かなぁ・・と思うんですけど。(相談者)

結構もう・・結婚してから・・(相談者)

転職・・ 10回以上・・(相談者)

してて・・(相談者)
あ、ずいぶんしてますねぇ。(加藤諦三)
あ、はい・・初任給、常に初任給・・で(笑)・・ま、共働きなんですけど。(相談者)
はい・・あ、あなたも働いて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

わたしは・・(相談者)
収入は、ずっとある・・わけですね?(加藤諦三)
はいあります。(相談者)
うーん・・あ、それでぇ・・(加藤諦三)

ま、そういう発想が出てくるんですね。(加藤諦三)
はいちょっと疲れちゃったなぁ・・と思って・・はああ(ため息)・・(相談者)
疲れたっていうのは、働くことに疲れたんじゃなくて、二人の関係に疲れてきたってこと?(加藤諦三)
そうですね、常に・・面倒みてなきゃいけないみたいなところがあって・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

なんか自分の人生・・(相談者)

楽しみ・・(相談者)

楽しめたことはちょっと・・ない、なんてみたいな。(相談者)

・・

なるほどねぇ・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ちょっと辛い・・(加藤諦三)

ですねぇ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

振り返って楽しいことがなかったっていうことはねぇ。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はいわかりました。(加藤諦三)

あの今日は、純粋な法律の相談ではないと思いますけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

法律・・の問題を超えて、人生どう考えるかということの・・(加藤諦三)

大変長けて(たけて)らっしゃる中川潤先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)




目次に戻る

中川潤アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)
あ、よろしくお願いします。(相談者)

奥様ねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

そのぅ・・(中川潤)

第二の人生考えてることでぇ・・まぁ・・(中川潤)

とりあえず生活・・の拠点を、家売って、アパートでどうこうって言う・・(中川潤)

話があって・・(中川潤)
はい。(相談者)

え・・それをどうしようかってこともあるんだろうけども。(中川潤)
はい。(相談者)

それよりもねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

その選択肢の中に・・さっき加藤先生・・と、お話の時にね。(中川潤)
はい。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

ご夫婦仲の・・こと・・があって、あなたの選択肢の中には。(中川潤)
はい。(相談者)
夫婦、携えて(たずさえて)の第二の人生だけじゃなくって。(中川潤)
はい。(相談者)

別に歩むことも考えてる・・(中川潤)

はい。(相談者)

あの、可能性の1つとしては・・まぁないわけじゃないんだと・・(中川潤)
はい・・はい。(相談者)

と、そこで・・(中川潤)

ん・・わたしが・・離れていったら・・(中川潤)

主人が可哀想かなぁ・・と。(中川潤)

はい。(相談者)
いうことを今・・一つおっしゃいましたよねぇ?(中川潤)
はい・・(相談者)

だけど、翻って(ひるがえって)・・(中川潤)

常に面倒みてなきゃいけない人生だったと・・(中川潤)

はい。(相談者)
いうことおっしゃいましたよねぇ?(中川潤)
はい。(相談者)

その常に面倒みてなきゃいけない人生って、ど、どういう・・もう少し・・噛み砕いて言うとどういうことだったの?(中川潤)

えーっと・・(相談者)

そうですね、家の事は全然できてない・・できないですし。(相談者)
うん。(中川潤)

友達もいないですし。(相談者)
・・
うん。(中川潤)

ま、休み・・は、結構外に、わたしがこう、一緒に行ってあげるとか・・(相談者)

うん・・(相談者)

そんな・・感じですかねぇ。(相談者)
うん?やす・・(中川潤)

休みは・・一緒に行ってあげるって、ど、ど、どういうこと?(中川潤)
はい、いっしょに・・出かけて・・(相談者)

あげるっていうか、でも会話がないので・・(相談者)

まったくわたしが決めて・・わたしが、こう・・(相談者)

***と、こっちがいいんじゃない?とか・・うん、決めて・・(相談者)

やってあげるっていうか・・(相談者)
ずーっとそういうことなの?(中川潤)
そうですねぇ(苦笑)・・(相談者)

なんか・・はい・・(相談者)

頼りがいがないって言うか・・(相談者)

でもなんか・・(相談者)

・・

やらなきゃ・・みたいな部分で、ずっと・・(相談者)
あなた結婚されたのご主人と、いくつぐらいの時?(中川潤)
えっと・・(相談者)

もう結婚して28年経ちます。(相談者)

うん・・(中川潤)

・・

ってことは・・お互い、30・・前後だよねぇ?(中川潤)
はい。(相談者)

・・

でぇ、20何年間・・(中川潤)

ずっと・・(中川潤)

あなたがリードしてきたの?(中川潤)

え、最初は主人・・主人が亭主関白で・・(相談者)

すごい・・(相談者)

すぐキレる人でぇ(苦笑)・・(相談者)
・・
それでぇ・・ちょっと・・「はいはい」ってついてきたんですけど。(相談者)
はぁはぁはぁ。(中川潤)
わたしの父親も割と亭主関白で・・(相談者)
うん。(中川潤)
男の人みんなそうだと思って(苦笑)・・k
うん・・(中川潤)

いや、今ちょっと、亭主関白って言うことと・・(中川潤)

はい。(相談者)
例えば外に出た時に・・(中川潤)

はい。(相談者)
あなたが、リードしなきゃいけない・・ってことと・・(中川潤)
あの場所とかは・・はい、決めるのは・・わたしがみんな決めて。(相談者)

「ここがいいんじゃない」とか・・(相談者)

「こういうとこ、ここに来たらここへいきましょう」とか・・(相談者)

そのぅ・・(中川潤)

優柔不断で何でもあなたに・・もたれかかって頼り・・(中川潤)

かかってくるって、そう、そういうことではないんですか?(中川潤)
そ、そうなんですけど、自分、好き嫌いがはっきりしてるので・・(相談者)
はい・・(中川潤)

その主人の好きな場所とか、好きな食べ物とかを・・わたしがこう・・選択していかないと・・(相談者)

すぐ機嫌が悪くなるっていうか・・(相談者)

ほう・・(中川潤)

それがずーっと続いてきたの?(中川潤)
はい。(相談者)

・・

・・

はああ・・(中川潤)

・・

あ、でもぶっちゃけ聞くけど・・(中川潤)

あのぅ・・(中川潤)

今ご主人との間でセックスある?(中川潤)

ええっ!?(相談者)

もう全然ないです(苦笑)・・(相談者)
ないよねぇ!(中川潤)
はぁい・・(相談者)

と思うんだぁ。(中川潤)
はい。(相談者)
今の・・話ぶりからすると。(中川潤)

あなたもくたびれちゃったでしょう?(中川潤)
くたびれました(苦笑)。(相談者)
ねぇ、別れたら?!(中川潤)
あはっ・・(相談者)

はっはっ・・(相談者)
かわいそうだなんて思わないで。(中川潤)

なんか・・(相談者)
だってねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)

ちょっとさぁ・・(中川潤)
はい。(相談者)

おかしいよ。(中川潤)
あはっ。(相談者)
旦那。(中川潤)

はぁぁ・・そうなんです・・(相談者)
うん・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)
でぇ、さらに言えばねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)
亭主関白で。(中川潤)
はい。(相談者)
だけど、転職を10回以上繰り返して。(中川潤)
はい。(相談者)
常に初任給で。(中川潤)
はい。(相談者)

な、アホなぁ・・(中川潤)
あはっ・・(相談者)

ほいでぇ・・なに?外、出たら・・(中川潤)
はい。(相談者)

あのぅ・・どこ行くか・・は、あなたが決めてあげてね。(中川潤)
はい。(相談者)
なんでそこまで、あなた58にまでなってねぇ。(中川潤)
ははは・・(相談者)
面倒見なきゃいけないのよ、別れなさい別れなさい。(中川潤)
あははは・・(相談者)
いや、本当に。(中川潤)

ほんとですねぇ(苦笑)。(相談者)
ああ・・あなたねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)
まだ・・ひと花・・場合によっては、ふた花も・・あり得るんですよ。(中川潤)
ああ・・(相談者)
あなたもっといいパートナー見つけられるよ、こん・・だけ・・そういう・・亭主でもねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

面倒見てきたんだから。(中川潤)
あははは・・(相談者)

うん・・(中川潤)

これ以上・・ちょっとねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

ご主人、付き合う必要ないんじゃない?(中川潤)

ねえ・・(相談者)
うん・・(中川潤)
なんか、わたしも・・主人しか知らないので・・(相談者)
うん。(中川潤)
わたしの我儘かなぁと思うんですけど。(相談者)
いやそうではないと思う・・(中川潤)
うん・・疲れちゃってはい。(相談者)
あのねぇ、これがね。(中川潤)
はい・・(相談者)

いいですか、さっきのちょっと・・冒頭のお話の。(中川潤)
はい。(相談者)
60になったら・・転職考えてると。(中川潤)

はい。(相談者)
もう転職考えるどころか、今までは転職続きだったでしょうに。(中川潤)
はい。(相談者)
ねぇ?(中川潤)
はい。(相談者)

でぇ、それで・・(中川潤)

60になったら、今の仕事辞めて。(中川潤)
はい。(相談者)
ご主人なりに何か・・妄想があるんですよ、きっとね。(中川潤)
(笑う)・・(相談者)
そ、それで・・(中川潤)
はい。(相談者)
その住宅ローンの残が、2千万もあるから・・(中川潤)
はい。(相談者)

この・・ローンの返済に、負担が大変だから。(中川潤)
はい。(相談者)
で、売ってしまって。(中川潤)
はい。(相談者)
でぇ、あ・・家賃負担の方が・・(中川潤)
はい。(相談者)
まだマシだから。(中川潤)
はい。(相談者)

っていうことを安易に考えてるだけの話なんで。(中川潤)
はい。(相談者)
そんなもんに付き合う必要ないんで。(中川潤)
はい。(相談者)

んでぇ、そういう・・人の船に一緒に乗ってね。(中川潤)

はい・・(相談者)
一緒に沈没したってしょうがないわけだから。(中川潤)

はい。(相談者)
あなたこの先ね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

これ・・(中川潤)

あなたが、59、60になりね。(中川潤)
はい。(相談者)
旦那が60になってねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)
今、転職考えておられてね。(中川潤)
はい。(相談者)
どんなこと考えてるのか知らんのだけど。(中川潤)
はい。(相談者)

そのご主人が考えておられる、その妄想の世界にねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)
第二の人生にねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)
付き合わされたらたまらんですよこれ。(中川潤)
あ・・はは・・(相談者)

うんだからねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)
さっさとそうなる前に・・(中川潤)
はい。(相談者)

今・・ご主人に幸いお仕事も・・ねぇ。(中川潤)

だから・・はい。(相談者)
持っておられるんでしょう?(中川潤)
はい。(相談者)
だから自分1人じゃ・・食っていけるんでしょ、ご主人も。(中川潤)

はい、もう・・(相談者)

秒読みですけども、もう・・(相談者)
秒読みだろうがいいんだよ。(中川潤)
はい。(相談者)
秒読みのうちにやっちゃったほうがいいと思うから。(中川潤)
あ、そうですか?(相談者)
はああ。(中川潤)

でぇ・・さっさとあなたねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

あのぅ・・フリーになった方がいいと思うよ。(中川潤)

え?そうですか?(相談者)
うん、ほいで、あなたが次のパートナーを見つけるかどうかこれは別の問題ですよ。(中川潤)
ああ、もう全然もう・・うふっ・・(相談者)
いやいやもう・・ねぇ、もう、こんだけ・・しんどい思いしたんだからね。(中川潤)
はい。(相談者)
あの・・二度とね。(中川潤)
はい。(相談者)
あのぅ・・結婚してね。(中川潤)
はい。(相談者)
またしんどい思いを・・なんか、なんて・・いう思いはあると思うし。(中川潤)
はい。(相談者)
それはすごくよくわかるけど・・(中川潤)
はい。(相談者)
そんなものは出会いだから。(中川潤)
はい。(相談者)

ねぇ、今のご主人が。(中川潤)
はい。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

ぅ・・ベストでなかったことは間違いないんだから、ベターでもなかったんだから。(中川潤)
うふふ・・はい。(相談者)
だからあなたねぇ・・ここまで・・ちゃんと面倒見てあげたんだから。(中川潤)
はい。(相談者)

あの、十分に・・彼にやってあげることはやってあげた・・んだと、お思いになって。(中川潤)
はい。(相談者)

これからはやっぱりねぇ、あなたの人生・・(中川潤)
はい。(相談者)

ねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)
を・・あのぅ・・どう・・自分が・・(中川潤)

はい。(相談者)
この先まだ20年30年あるんです。(中川潤)
はは・・はぁい。(相談者)
ねえ。(中川潤)

はい。(相談者)
それを、大事になさった方がいいと思うよ。(中川潤)

わかりました。(相談者)
うーーん、別れなさい。(中川潤)

あ・・ははは・・(相談者)
はぁい、加藤先生に替わります。(中川潤)
はい。(相談者)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

今、中川先生に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
勇気づけられる言葉をいただいたんじゃないの?(加藤諦三)
はい・・そうです、ありがとうございます。(相談者)
あのぅ、そ、僕がさっき・・すぐに、気になった言葉、「人生楽しくなかった」って言葉なんですけどね。(加藤諦三)
あ、はい・・(相談者)

あの外からの・・環境が・・(加藤諦三)

から考えれば・・(加藤諦三)

まったく、楽しくない、意味のない人生・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
って、わけ・・ではないわけですよね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

だけど・・振り返った自分の人生楽しくないってことね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、な・・恋愛結婚?(加藤諦三)

そうですね、恋愛結婚です、はい。(相談者)
恋愛結婚ですねぇ。(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

あのぅ・・お父様も、亭主関白で、おとう・・に、今、今の・・ご主人も亭主関白って言ってましたねぇ。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

実は、あなた・・(加藤諦三)

同じタイプの男性・・(加藤諦三)

選んだんじゃない?(加藤諦三)
そうなんですまったく同じなんです、ホントに。(相談者)

・・

・・

そこ気がついたんだったらもういいです。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

・・

ねぇ・・(相談者)

ごめんなさいね、せっかく電話かけてきてくれたのに。(加藤諦三)
はい、いえいえいえいえ。(相談者)

あなた自身が成長してないんです。(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

・・

だから小さい頃おそらくお父様に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
父親に。(加藤諦三)
はい。(相談者)

尊敬とか、親しみとか・・愛着・・(加藤諦三)

だけではなく・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ある種疎遠なものを感じてはいたんだと思うんですけれども。j
そうです、はい。(相談者)

だけれども・・(加藤諦三)

やっぱり・・(加藤諦三)

同じ・・タイプの人間と恋愛をして、結婚してるんです。(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

ですからせっかく中川先生から勇気づけられるねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

言葉をいただいたんです。(加藤諦三)

はい。(相談者)

だけれども・・(相談者)

この勇気づけられた言葉をいただいて・・(加藤諦三)

人生を前に進んでいくときにねぇ。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

今までの自分が・・(加藤諦三)

まったく成長してない・・(加藤諦三)

人間だったっていう事を、認めないと。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

また同じこと繰り返しますよ。(相談者)

はい・・(相談者)

・・

・・

わかりました・・(相談者)

・・

ですねぇ・・m

つまり・・(加藤諦三)

父親と、同じタイプだから、あなたは今の・・(加藤諦三)

ご主人と結婚したんです。(加藤諦三)

えへっ・・(相談者)

・・

はい・・(相談者)

そして・・(加藤諦三)

残念ながらうまくいかなかった。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

で、その原因を全て・・(加藤諦三)

ご主人の側に・・(加藤諦三)

責任転嫁をしている限り・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

あなたの言う第二の人生は開けません。(加藤諦三)

はぁぁぁ・・(相談者)

このつまらない結婚生活の責任は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

わたしにもあるんだということですよ。(加藤諦三)

そうなんですよね、はい。(相談者)

これを認めればね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

第二の・・人生・・(加藤諦三)
・・
はい・・(相談者)

スタートできると思います。(加藤諦三)
ああ・・(相談者)

深い事・・ふふふ・・ありがとうございます。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、ありがとうございました。(相談者)

人は、まったく同じ過ちを繰り返します。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

テレフォン人生相談2018年11月26日(月)予告

「給料が安すぎる」と言って、夫を責めたら出て行ってしまった。どうしたらよいか?という奥様からの相談。

パーソナリティが加藤諦三さん、弁護士の中川潤さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 59歳で家のローンが2千万近く残ってるとはねえ、いったいどんな人生設計したんだろう?
    ローン組む時点で無理な計画だってことはわかってたはずですよ。
    そんな杜撰な生活態度で今までよく平気で来れたものです。
    たぶん今家を売ってもローン残高はゼロにはできないんじゃないかな?負債だけが残るだろうと思いますよ。
    離婚すれば相談者だけはローン地獄から逃れられるとでも思ってるのかな?
    相談者も連帯保証人になってるんじゃないの?
    そんなの旦那だけの責任じゃないですよ。
    こんな無責任な人たちでも、自己破産して生活保護受けて生きてゆくんでしょうね。ヤレヤレ

この記事にはコメントできません。