テレフォン人生相談

関係を断つ
テレフォン人生相談2019年3月11日(月)は、加藤諦三&大原敬子。73歳女性から、実家を継いだ次男の兄嫁から、母の十三回忌を会費制でやると呼ばれた。法事とは名ばかりの食事会、お坊さんも呼んでいない。この事で義姉に意地悪された日々を思いだし切なくなる。実家との関係を断とうかと思うけれど・・
加藤諦三氏の〆の言葉『自由になるという事は、心が過去の出来事から解放される事です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:73歳女性 夫病死2年前 1人暮らし 子供2人は独立 6人兄弟 実家は次男夫婦が継ぐ

もしもし?(加藤)

はい。(相談者)
テレフォン人生相談です。(加藤)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤)

70・・3歳です。(相談者)
70・・3歳・・(加藤)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤)

はい、結婚したんですが・・(相談者)
はい。(加藤)
あの、2年・・前に、主人が病死しまして、今は一人暮らしです。(相談者)
今はお一人暮らし、お子さんは?(加藤)
はい・・(相談者)

子供二人いるんですけど・・(相談者)
はい。(加藤)
みんな、それぞれ・・あの離れて・・わたしが・・(相談者)
もう、家を出ている・・(加藤)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤)
はい。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤)

会費制の法事

来月、実母の・・(相談者)

十三回忌・・の・・法事を、したいって言うんで。(相談者)
うん。(加藤)
使いが・・あったんですけど・・会費制で・・するって言うんですね。(相談者)
ええ。(加藤)

法事と・・言いましても。(相談者)
はい。(加藤)

わたしと・・あと、兄弟二人・・(相談者)

あの、連れ合いを亡くしたり、病気になったりしてる、その、三人し・・(相談者)

でしかないんですけど、それが・・(相談者)

会費でするって言うんですけど。(相談者)
はい。(加藤)

わたしはあのぅ・・(相談者)

嫁ぐとき・・(相談者)

なにもしてもられなかったし・・(相談者)

家に頼ることもできなくって、全部・・(相談者)

遺産も全部アレして、田舎ではちょっと、名の知れた・・家(うち)だった・・ですけど。(相談者)
ぁ、ぁ、「遺産も・・全部アレをして」って・・どういうこと・・(加藤)

全部、もらわなかったっていうこと?(加藤)
はい、放棄して、なにも、そういうのはもらわないで全部・・(相談者)

跡を継いだ・・兄んとこ行ったんですけど。(相談者)
そうすると、あなた・・は、三人兄弟で、お兄さんと・・(加藤)

下に弟が居るんですか?(加藤)

・・

わたしは六人兄弟なんですけど。(相談者)
六人兄弟?はぁい。(加藤)
はい・・あのぅ・・都会に二人出てまして、地元に四人で・・(相談者)

はぁい。(加藤)
あのぅ・・その一人で、次男が、家(うち)を継いでいるんですけど。(相談者)

次男の方が・・すっと、継いでる・・はぁい。(加藤)

はい、次男夫婦が継いで・・(相談者)
それで、その十三回忌をするというのが・・(加藤)
はい。(相談者)
あなたと・・(加藤)
地元に居る、姉と・・(相談者)

妹と、わたし・・が・・(相談者)

妹さんも地元に居るんですか?(加藤)

地元には四人居るんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤)

会費制で・・(相談者)

やるから・・(相談者)
はい。(加藤)
って言うんです。(相談者)

はい・・(加藤)
あの、お昼を食べるだけ・・の、事なんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤)
それが・・(相談者)

会費制だって・・(相談者)

言われて、あのぅ・・(相談者)
はい、「会費制」って言ったの、お兄さんですか?(加藤)

姉です、義理の・・姉です。(相談者)

はぁい。(加藤)

実家との関係を断ちたい

うん、それで・・(相談者)

わたしは、呼ばれてあの・・(相談者)

何も持っていかない・・(相談者)

いくらお昼だけでも・・(相談者)

持っていかない・・(相談者)

わけいかないし。(相談者)

でぇ・・必ず何か・・持ってくつもりでしたけど、会費制だと聞いて・・(相談者)
はぁい。(加藤)

地元では名の知れた家(うち)で・・(相談者)
ええ・・(加藤)
あのぅ・・(相談者)

けして・・貧乏な・・(相談者)

家(うち)ではないのに・・(相談者)

そんな・・ことで・・(相談者)

会費制だ何か・・(相談者)

「なんてことだ」と思ってね。(相談者)

うん・・(加藤)
あの・・ちょっと、腹が立ちまして、それと同時に・・(相談者)

今までいろいろ、義理の姉・・に、いろいろ(苦笑)・・(相談者)

意地悪されたっていうか、いろいろの事があって、わたしはどうしても合わないんですね。(相談者)

それ、そういう・・(相談者)
はぁい。(加藤)
ことでぇ、あの、いろいろ、過去の事を思い出してぇ。(相談者)

はぁい。(加藤)
苦しくなりまして(苦笑)・・(相談者)

はぁい。(加藤)

事あるごとに・・(相談者)
うん。(加藤)
あのぅ・・思い出してしまうので。(相談者)
うん・・(加藤)
もう・・断ち切りたい(苦笑)・・と思って。(相談者)

あんまり・・(相談者)
たち・・断ち切りたいっていうのは・・(加藤)

実家との関係を・・(相談者)
実家との関係を。(加藤)

はい。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
具体的には・・(加藤)

義理の兄・・姉との関係を断ち切りたいということ?(加藤)

はぁい、そうですねぇ、あのぅ・・(相談者)

出入りしないようにしてたんですけど、そういう招待があったもんでぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤)
また、思い出して、でもそこへ行かなきゃ・・(相談者)

あの、兄弟が集まるってことに意義があるんだろうけど、わたしはどうしてもそこに・・(相談者)

出席したくないんですね。(相談者)

でもわたしは・・(相談者)
そのじゅう・・よ、要するに十三回忌に・・(加藤)

あ、出席したくないということですね?(加藤)

出席したい・・でないというのが一番でぇ・・(相談者)
ええ・・(加藤)
そういう・・(相談者)

会費制ってことがね。(相談者)
うん。(加藤)
なんでそういうこと、まぁ・・(相談者)

計算高いっていうか、もう、抜かりのない義姉(あね)っていうか・・(相談者)

強い・・(相談者)

自己中心的、わたしから・・すると、自己中心的みたいな・・(相談者)

ので、あのぅ・・なんか、またそれが・・(相談者)

垣間見られて。(相談者)

もう、また昔のことを思い出して・・(相談者)

うん。(加藤)
すごく・・(相談者)

うん。(加藤)
切ないんですね。(相談者)

うん・・(加藤)
でも、ここで、実家との関係を・・(相談者)

出席しなきゃもっと悪く・・(相談者)

してしま・・(相談者)

「まぁ、そうしてもいいや」と思う気持ちもあるんですけど。(相談者)
ええ。(加藤)
これから・・一人で生きていくには・・(相談者)
うん・・(加藤)
わたし・・どういうふうに・・(相談者)

気持ちを持っていっていいかなぁ・・っていう、そういう・・(相談者)

自分・・との葛藤があるんですけど。(相談者)
はぁい。(相談者)
その辺を、教えてください。(相談者)

一人でどう生きればいいか

あっ・・(加藤)
申し訳ありません。(相談者)
ただ、相続でも何もかも・・(加藤)

はい、ハイ・・(相談者)
この地方は、そういうようになっているんでしょうけど、お兄さんが・・(加藤)

はい。(相談者)

相続されていると・(加藤)

はいはい。(相談者)
まぁ、昔はよくその、「竈の灰まで(竈の下の灰まで)」・・長男が・・(加藤)

相続するって・・(加藤)

言ってましたけれども。(加藤)
はい・・はい・・はい。(相談者)

そうやって相続しておきながら・・(加藤)

はい。(相談者)
十三回忌の時に・・(加藤)

会費制にする・・するのは、何事だ・・という事ですね。(加藤)

はぁい、たかがね、兄弟が・・(相談者)

うん・・(加藤)
四人で集まるだけで、お昼の食事だもんで、坊さんもなんも、行かないんだそうです。(相談者)

ええ・・(加藤)
それを・・(相談者)

ただで・・呼ばれて行くつもりもありませんけど、なんで会費制なんかすんだろう・・って、そういう・・きもーち(気持ち)なんです。(相談者)

うん・・(加藤)
それでぇ・・(相談者)

もう、こういうふうに、事あるごとに・・(相談者)

昔の事を、思い出して・・切なくなるわたし・・の気持ちを今後・・(相談者)

どういうふうに・・(相談者)

持って行ったらいいかっていう・・(相談者)
ああ、なるほどねぇ・・(加藤)
その、ふた・・出席すべきかどうか・・(相談者)

わたしの気持ちの持って行き方、今後の・・生き方っていうもの、ちょっと・・(相談者)
うーん・・うーん・・(加藤)
アレなんですけど。(相談者)

そういうのを教えていただきたいんですが。(相談者)
いや、要するにアレですねぇ・・たまたまそこでぇ・・(加藤)

十三回忌の問題が出てきたから・・(加藤)

これをどうするかっていうこと・・だけれども・・(加藤)

はい。(相談者)
基本的には・・(加藤)

これから・・(加藤)

実家とどういうふうに自分は・・付き合っていったらいいのか、自分は一人になって、どう生きてっていいか、わからなくなってる・・ってことですね?(加藤)

はい、わたしも兄弟が多いもんで、結婚する時も・・親が、あの・・(相談者)

妹と一緒になったんで、「お前は親のないとこへ行くんだから、後で買ってやるから」って・・(相談者)

親のところに行ってる、妹に力を入れて(苦笑)・・(相談者)

すべてそういう感じでぇ・・(相談者)

あ・・(加藤)
なんか、嫌な思い・・散々してぇ・・(相談者)

来ました。(相談者)

それで、経済的にも、みんな裕福なのに・・(相談者)

うちは・・ほんとに・・あのぅ・・なんにもない・・(相談者)

貧乏暮らしでぇ・・(相談者)

兄弟と・・足並み・・(相談者)

揃えるとまでいきませんけど、大事なとこもあるし・・みたいな・・(相談者)

もう、義理・・(相談者)
でぇ、どうしたらいいか?というですよねぇ?(加藤)

はぁい、はぁい、はぁい。(相談者)
はいわかりました。(加藤)

今日はあの・・スタジオに幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤)
はぁい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 会費制でやるということは、食事代を割り勘にするってことなんでしょうね。
    お坊さんを呼ぶわけじゃないそうですから。
    べつに目くじら立てるほどのことじゃないと思いますよ。

    と、思ったんですが・・・親の遺産を次兄が総取りしたのだから法事の費用も次兄が負担するのは当たり前という考えも理解できます。
    大した金額でもないはずですが、ここまで怒りが膨れ上がるにはそれなりの過去のいきさつがあるんでしょうね。

    現状に満足できていれば大した問題じゃないはずですが、いかに自分の心を鎮めるか、考え方の問題ですね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.