テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年12月7日(金)は、柴田理恵&高橋龍太郎。24歳男性から、自分がしてきた「悪い事」を懺悔したい。カンニングし良心の呵責に耐えかねて高校中退。アプリを使って付き合った女性が風俗に堕ち、誰が親かわからないが妊娠し中絶、それを家族にバラス。人との距離感がとれない自意識過剰な相談者に高橋龍太郎は・・

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:24歳男性(独身・大学中退しアルバイトするも今は無職) 母52歳 二人暮らし

もしもし?(柴田理恵)

テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あ、もしもし?(相談者)
はい、こんにちは。(柴田理恵)

こんにちは。(相談者)

今日はどんな、ご相談ですか?(柴田理恵)

えっと・・わ、か、ま、僕が今まで、そのぅ・・生きてきた中で、そのぅ・・してきたその悪いこと?(相談者)
はい。(柴田理恵)
ことを懺悔したいなっていうことです。(相談者)

悪いことを懺悔したい?(柴田理恵)

はい。(相談者)
はい、あなたおいくつですか?(柴田理恵)

今・・20・・4歳です。(相談者)
24歳・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

えっと・・ご結婚なさってるんですか?(柴田理恵)

独身です。(相談者)
独身・・お父様、お母様は・・(柴田理恵)

ご、ご健在ですか?(柴田理恵)

は(わ)、母親と2人暮らしです。(相談者)
あ、お母さんと2人暮らし、はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)
お母さんおいくつですか?(柴田理恵)

今・・(相談者)

えーっと、50・・2歳だ・・った・・(相談者)
50・・2歳、はい、えっと、あなたは・・えっと今、20・・4歳ってことは、お勤めなさってるんですか?(柴田理恵)

今、無職です。(相談者)

無職、はい。(柴田理恵)

はい。(相談者)
えっと、じゃあ、以前は・・お仕事なさってたけど今・・(柴田理恵)

そうですね、えーっと・・(相談者)
お辞めになって・・(柴田理恵)
大学、中退してから・・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

えっと、そのアルバイトしたりとかして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ・・それも辞めて、今は、無職です。(相談者)
あ・・そうですか、はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

わ、わ、悪い事したって、どんなことしたんですか?(柴田理恵)

まぁ、 2つあるんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

まず、 1つ目・・としては。(相談者)
はい。(柴田理恵)
大学入る前に、高校中退してるんですけれども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

その高校・・を、辞めた理由というのが、これホントすごいしょうもないんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)
テストでちょっと・・わからない問題があって。(相談者)
うん。(柴田理恵)

っと・・カンニングしちゃったんですよ。(相談者)

うん。(柴田理恵)

うん・・(柴田理恵)
でぇ、それでぇ・・(相談者)

うん。(柴田理恵)

まぁ、ま、黙っててはまぁ、わからないものを・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
なんか、すげぇ真面目に考え込んでしまって。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

んでぇ、なんか、高校を辞めちゃったんですね(苦笑)。(相談者)

ああ、そうなんか・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
自分でカンニングした・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
その、自分・・を・・(柴田理恵)

うん、良心の呵責で・・(柴田理恵)
そうですね、誰にもバレてないんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

うん、辞めたんですよ。(相談者)

それで高校を。(相談者)

ああ・・両親の呵責で辞めたんですか、真面目な方ですねぇ。(柴田理恵)
ま、だから、ん・・だから、割と根っこは真面目なんですけど。(相談者)
うん、うん、うん・・(柴田理恵)
でも、なんかその真面目さが故に、変な方向にずるずるずるずる行っちゃうっていうことなんです。(相談者)
ああ・・なるほど。(柴田理恵)

はい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

で、あともう一つは?(柴田理恵)

ま、4年ぐらい前の話なんですけど。(相談者)

はい・・(柴田理恵)

その大学生の頃に。(相談者)
はい。(柴田理恵)

・・

なんか、女性と付き合いたいなぁと思ったんです。(相談者)

はい。(柴田理恵)

はい・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
それまで、そういった経験がなくて。(相談者)
はい。(柴田理恵)

なんか結局今の時代ってその・・(相談者)

アプリとかあるじゃないですか、そういう。(相談者)

アプリ?はいはいはい。(柴田理恵)
出会いを使う、た、あの・・広げるみたいなアプリ。(相談者)
はい・・はい。(柴田理恵)

ま、そういったのを使って。(相談者)
うん。(柴田理恵)

でぇまぁ、 1人の女性と会って。(相談者)
はい。(柴田理恵)

付き合ってたんですよ。(相談者)

はい。(柴田理恵)

端的に言うと。(相談者)

うん。(柴田理恵)
その女性・・(相談者)

風俗に落ちちゃったんですよ。(相談者)

あ、その女性が風俗に行ってしまった?(柴田理恵)

はい。(柴田理恵)
はい、僕が、そういう風に仕向けたとかじゃないんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

それは・・どういう・・(柴田理恵)

ことですか?例えば風俗に行くとすると・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
お金が必要であるとか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
そういうことが・・あるんですけれど。(柴田理恵)

お金を請求・・要求したとか、そういうことですか?(柴田理恵)

ま、そんなことはしないです。(相談者)

ん、じゃあ、どういうこと・・うん・・(柴田理恵)
ただ・・僕、ちょっと、その一時金・・そのぅ・・(相談者)

お金なくなってからちょっとこう・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
あんまり連絡取ってなかったんですよ。(相談者)

うん。(柴田理恵)

んでぇ、そしたらその相手側からその・・(相談者)

「あの、わたしがお金出すから、会いたい」みたいな。(相談者)

うんうんうんうん。(柴田理恵)
うんほんでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「会いに来て」みたいな、「お金振り込んであげるから、会いに来て」みたいな。(相談者)

はああ・・(柴田理恵)
感じになって、その時はまだ、相手も全然、普通だったんです。(相談者)

うん・・(柴田理恵)
はい、ほんでぇ・・(相談者)

たまになんか、向こうから連絡きてなんか・・(相談者)

「今なんか仲良くしてるお客さんがいるの」みたいな話してて。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

なんかお店の外で、まさか・・普通って、お店通して会うじゃないですか。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

でぇ、それをなんか、お店を・・通さずになんか、外でなんか・・(相談者)

ま、毎回なんか、「20万円ぐらいもらって、会ってるの」みたいなこと言ってて、本人が。(相談者)

うん・・(柴田理恵)
それにだから、今だからわかったんですけど、それってなんか、スカウトマンって・・(相談者)

いう人がいるんですよ、風俗の世界には。(相談者)
はい。(柴田理恵)

風俗で働いてる女の子たちを・・(相談者)

他のお店に、移籍させることによって・・(相談者)

その・・(相談者)

スカウトバックって言うんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

例えば・・(相談者)

その女の子が100万うり・・売り上げましたとしたら・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
その・・引き抜いた人が・・(相談者)

ん・・なんか、毎月10万入ってくるみたいな。(相談者)
うん。(柴田理恵)

ま、僕は、「辞めろ」「辞めない」って、そう最初・・お金ない頃は、そう説得してて。(相談者)
はい。(柴田理恵)

そんで、また、ある女の子からまた連絡きて。(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

そのぅ・・(相談者)

なん・・「妊娠しちゃった」みたいな。(相談者)

はあ、それは・・あ・・(柴田理恵)
そいでぇ・・(相談者)

誰の子・・(柴田理恵)
中絶・・(相談者)

ですか?(柴田理恵)
え?あっとたぶんだから・・いやだから・・これは・・ちょっと確信ないんですけど。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)
確信ないんで・・僕も確信はないんですよ。(相談者)
はい。(柴田理恵)
相手もわからないって・・言ってたんですよ。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

あのぅ・・誰かしらの、子供を妊娠して、ほんでまぁ、結果的に中絶したんですよ。(相談者)

はい・・(柴田理恵)

ほんでぇ・・(相談者)

なんて言うんですか、もうなんか、すごい、すごい僕・・になんか、何かがもう・・「ああっ!」ってなっちゃうんですよ、僕。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

まぁなんか、なんでことやっちゃったのかなぁ・・と思った・・今だったら思うんですけど。(相談者)

うん。(柴田理恵)
まぁそのぅ、僕はだから・・(相談者)

まぁ相手の・・家族に・・(相談者)

バラしたんです。(相談者)

女の子の?(柴田理恵)

はい。(相談者)

その・・(柴田理恵)
そんなことやる必要なかったんですけどね、今思ったら。(相談者)

あなたが・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
女の子の家族に。(柴田理恵)

はい。(相談者)
「あなたんところの娘さんは・・風俗に行って、スカウトマンに騙されて・・」(柴田理恵)

そうですそうです。(相談者)
「妊娠して中絶しましたよ」ってこと、バラしたの?(柴田理恵)

そうです・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
僕はそれをバラしたんです。(相談者)

ほん。(柴田理恵)

女の子はなんて言いましたか?(柴田理恵)

いやもうなんか、「もう二度と連絡してこないで」みたいな。(相談者)

そうだろうな。(柴田理恵)

はい。(相談者)
うん。(柴田理恵)

そうなんかこういう・・(相談者)

過去がある上で。(相談者)

うん。(柴田理恵)

うん。(相談者)

僕は今後どう生きていけばいいかな・・(相談者)

っていう話なんですよ。(相談者)

・・

あなたはだからその・・(柴田理恵)

彼女にしたことを・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
悔やんでるわけですね?(柴田理恵)

後悔してます。(相談者)

うん、後悔してる?(柴田理恵)
はい・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

これからどうやって、こう・・(柴田理恵)

生きていったらいいかっていう事のアドバイスが欲しいってことでよろしいんですか?(柴田理恵)

はい・・そういうことです。(相談者)

はい、わかりました、じゃあ、えーっと先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)

今日の回答者の先生は・・(柴田理恵)

精神科医の、高橋龍太郎先生です。(柴田理恵)
はい。(相談者)
先生お願いします。(柴田理恵)

はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 何か色々と凄い人ですね・・・大学中退も何となく判る気がします(笑)
    龍ちゃんは何時も冷静なんだけど、今回はイラッとしてましたね・・・この人、人の話聞いて無いし。
    会話中、「ハイハイハイ」って何度言ったんだろ。口癖なんだろうけどねぇ・・・この辺も何だか。
    まあ早く医者に行けって事ですね。

  2. テレジンfan

    凄く気持ち悪い人ですね、危険な犯罪を起こしそうな予感します。
    早く成長して穏やかになって欲しいです。
    高橋龍太郎先生を逆恨みしそう。(Hagex氏の件もありますし・・・)
    この人に厳しく助言するの危険な感じします。先生きをつけて

  3. 思い込みが激しい人です。他人の話もちゃんと聞いてないし。
    こういう人とは関わり合いになりたくないですね。
    集団の中では孤立してしまうでしょう。
    自然を相手にする職業、たとえば農業なんかならなんとかなるかもしれませんね。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.