テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月5月28日(月)は。加藤諦三&中川潤。同棲5年で結婚し1年。自身は再婚の48歳の女性から、14歳年下で34歳の夫が亡くなった時、全ての財産は自分が受け取り仲の悪い義姉37歳には渡したくないが、どうすればいいのだろうか?前夫との間に子供がいるが、夫との養子縁組はしていない。兄弟姉妹間では遺留分がないので公正証書遺言書をと回答。ただし姉弟の仲の良い夫に言えるのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『説明不能な事は、説明不要な事です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:48歳女性(再婚・働いている) 夫34歳 二人暮らし 同棲5年で結婚し1年ちょっと 前夫とは15年前に離婚し子供は一人で25歳 夫の姉37歳(配偶者あり) 夫の父は2年ほど前に他界し義姉は相続放棄して夫が相続

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、48歳です。(相談者)
48歳・・結婚してます?(加藤諦三)
あっ、してます。(相談者)
え・・ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
えっと、34歳です。(相談者)
34歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

は(わ)、えっと、二人の間にはいません。(相談者)
ぁ、ふた・・えっと、あなたは、そうすっと、今のご主人と・・結婚してから何年ぐらいなんですか?(加藤諦三)
えーっと、一年・・去年・・(相談者)
あ、一年です?・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それでぇ・・(加藤諦三)

えーっと今は・・ぁ、あなた・・の、お子さんと、今のご主人と暮らしてるの?それとも、あの・・そ・・(加藤諦三)
あっ、違います。(相談者)
ふたり・・け・・(加藤諦三)
わたしと・・主人だけです。(相談者)

二人だけで暮らしてるの?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えっと、主人との・・これからのことっていうか、早く言えば、相続のことなんですけれども。(相談者)
はぁい。(相談者)

夫の遺産を100%受取る為には

えっと、わたし・・(相談者)

は(わ)、再婚で、子供が、まぁ、居るんですけど。(相談者)
何人・・いる・・(加藤諦三)
主人・・(相談者)
何人?(加藤諦三)
あ、一人・・(相談者)
一人・・はい。(加藤諦三)
一人だけ・・はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

今の主人との間では、養子縁組してないんですね。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・万が一・・主人・・(相談者)

がぁ・・先に亡くなった場合に。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、主人には姉がいるんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えーっと、わたしと姉で、相続することになると思うんですがぁ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その義理の姉とわたしが、あまり仲が良くないのでぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦三)

変な話、お姉さんに相続させたくないんですね。(相談者)

はぁい、はい、はい。(加藤諦三)

なのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あ・・のぉ、わたしが・・まぁ・・(相談者)

100%受取る為には、どうしたら・・どういう方法がありますか?・・っていう・・(相談者)
ああ・・なるほどねぇ。(加藤諦三)
はぁい・・ことなんですけど。(相談者)

非常に・・(加藤諦三)

はっきりした・・(加藤諦三)

あははは・・(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

し・・質問でぇ(滑舌悪く「卑怯で」と聞こえなくもない)・・(加藤諦三)

あ、あのぅ・・お姉さん・・は、今、何歳ですか?(加藤諦三)
えっと、37歳です。(相談者)
・・
37歳ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

わかりました、要するに・・ご主人の・・ぉ、ほうに、ん・・万・・し・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
一(万一)のことがあった時にぃ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

わたしが全部・・相続したいと。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
いうことですね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
ご主人は、今なんか、いろんな形であの・・財産・・あるわけですか?(加藤諦三)

えっと・・家・・建物と、土地と・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、あと、預貯金が・・あります。(相談者)
預貯金も・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
か・・そうすると・・(加藤諦三)
若い割には、結構、貯めていると・・思います。(相談者)

そうですよねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
と、土地建物のうえに、預貯金もあるっていうと・・(加藤諦三)
・・
それは、大変でぇ・・なもんですよねぇ。(加藤諦三)
まぁ、土地建物っていうのは・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
・・
もう、あのぅ・・(相談者)

うちの主人には、お父さんも、お母さんも、亡くなっていないんですね。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

お父さん・・が、一番・・(相談者)

一番最後っていうか、後に亡くなったんですけど、お母さんの後に、亡くなったんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、お父さんが亡くなった時に・・(相談者)
・・
旦那と、お姉さんの間で、相続になりましたよねぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
その時は、お姉さん素直に・・(相談者)

はぁい。(相談者)
あの、相続放棄してくれたんですよ。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
なんで、住む家、なくなっちゃうと・・(相談者)

可哀想だから・・っていうことでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

相続の・・放棄をしてくれて、主人に100%・・行ったんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、主人が亡くなってしまったら、お姉さんが・・要は、主人の身内っていったら、お姉さん一人だけになってしまうのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その時に・・まぁ、相続の放棄、してくれればいいけど、万が一してくれなかったら・・どうしよう?(相談者)
どうしようか・・ってことねぇ。(加藤諦三)
そうです、はぁい。(相談者)

なんか、そのぅ・・あっさり放棄してくれるようなお姉さんなのに、なんか・・(加藤諦三)

関係、上手くいってないっていうのは・・(加藤諦三)

お姉さんの・・行動に対して、わたしが、こう、おもしろくないことが、多々あったりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あと・・相続の放棄のときも、お姉さんが・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

すぐ相続放棄してくれるって・・言ったんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ま、お姉さんの旦那さんが、お姉さんに知恵をつけ・・たっていうことがあって・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ、またそのぅ・・ま、主人の時に、そうなった場合・・(相談者)

揉めるんじゃないかなぁ・・っていうのを、心配して・・(相談者)
なるほどねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はぁい、わかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 14歳も姉さんにょうぼ  いかに平均寿命女性が長いと言ってもねぇ!
     こんな若い時から 相続の事をお考えなんて(・・?
     前夫との離婚原因も 大部分 ご相談者にあるのでは(・・?
     加藤先生のお言葉 「説明不能な事は、説明不要な事です」
     私の勝手な解釈
      「 貴女 などに 弁護士先生の 説明は不要だ 」

     お子さんが 離れていったのも納得!
     はっきりと 遺産を 独り占めしたい  と 言うところなど おかしい(・・?

     疑問がいっぱいの ご相談者でした。

  2. 自分に正直なのはいいんですけど・・・
    こうまであからさまに我欲を見せつけられると引いてしまいますね。
    節度って大事だと思いますよ。
    他者を思いやる心が無いと身の回りが殺伐としてしまいます。

    • この相談者も、母親からの愛情を受けられずに育った人。気の毒ではありますね。

      自分の子供に愛情を注がない人がいますけど、どうしてそうなっちゃうんでしょうかねえ?
      私の祖母もそういう人でした。でも孫の私はとてもかわいがってくれたんですけどね。
      とても不思議です。

この記事にはコメントできません。