テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月20日(月)
加藤諦三&マドモアゼル愛
48歳の夫婦共教員の女性から、大学4年22歳の娘が卒業論文でつまづき、退学し働くと言い始める。単位は取得済、あとは教授との事と大学の教務課より。娘の下宿先まで話をしに行くと18歳まで家でも学校のようだっと言われ、まだ管理するのかと責められる。教員を辞めようかと思うが。
加藤諦三氏の〆の言葉『困難に弱い人、それは実態を把握していない人です。コントロール感覚に欠けている人です。』

目次

スポンサーリンク

娘から、まだ管理するのか?と言われた

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
相談者:48歳女性 夫52歳 夫婦共に教員 2人暮らし 子供2人は下宿中 長女22歳(大学4年生) 長男18歳

もしもし?(加藤諦)

あっ、お願いします。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

お世話になります。(相談者)
最初に・・年齢を教えてください。(加藤諦)

40・・8歳です。(相談者)
40・・8歳、結婚してます?(加藤諦)
はい。(相談者)

え、ご主人何歳ですか?(加藤諦)
50・・2歳です。(相談者)
50・・2歳・・お子さんは?(加藤諦)

22歳の長女と。(相談者)
はい。(加藤諦)
18歳の・・長男です(涙声)。(相談者)

今、四人で暮らしてるんですか?(加藤諦)

いえ、子供二人は・・下宿しております。(相談者)
あっ、そうですか。(加藤諦)
ええ。(相談者)
はいわかりました。それで・・(加藤諦)

どんな・・(加藤諦)

相談ですか?(加藤諦)
えーーっと・・子供への対応と、わたしの職業・・の、ことです(涙声)。(相談者)

長女・・が・・(相談者)
はい。(加藤諦)

大学4年・・生・・なんです。(相談者)
はい。(加藤諦)

え・・卒業論文のことで、ぇ・・つまづいて。(相談者)

はい。(加藤諦)
もう、退学をして働きたいと。(相談者)

もう学校へは行かなく・・なってるようで・・ズッ・・(相談者)

何ヶ月・・ぐらい前から行かなくなったんですか?(加藤諦)

あっ、2週間・・ですねぇ。(相談者)
2週間ぐらい・・(加藤諦)

大学に行かない、はい。(加藤諦)
はい。(相談者)

1週間前に、帰ってきてて。(相談者)
はい。(加藤諦)
そういうことでもう辞めて、働くと。(相談者)

今面談の、結果待ちです。(相談者)

大学の教務にも・・父親の方から連絡したら・・(相談者)

単位的には、もう取れている・・あと、卒論については、教授・・との・・ことだから、わからない・・っていう回答だったんです。(相談者)
はい。(加藤諦)
だから・・卒業・・(相談者)

が、出来ないわけじゃないんだから(涙声)・・(相談者)

ええ。(相談者)
お母さんとしては・・(相談者)

・・

やっぱり・・もうちょっと、まだ・・(相談者)

卒業できないときまってるわけじゃないから・・(相談者)

うん・・(加藤諦)

やれるとこまでやってみたらどうか?・・っていう・・(相談者)

ことを、言いに・・行ったんです・・ぅぅ・・(相談者)

言いに・・(加藤諦)

行きました。(相談者)
あなたが・・(加藤諦)

はい。(相談者)

このお嬢さんのところへ言いに行った?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
下宿まで?(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はいはい・・(加藤諦)

んでぇ・・行ったら(涙声)・・(相談者)

ぅ・・「お母さんは・・」(相談者)

ぅ・・ぅ・・(相談者)

「まだ管理するんか」と(涙声)。(相談者)

ぅぅ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

ぅ・・(相談者)

ぅ、ぅ・・わたしが教員なのでぇ(泣)・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)

ぅぅ・・うっ、家に帰っても・・学校だったと(泣)。(相談者)

はぁい、はぁい。(加藤諦)
ぅ・・(相談者)

ぅぅぅ・・18年間、学校、学校で(泣)・・(相談者)
はい。(加藤諦)
また支配するんか?と(泣)。(相談者)

ズズッ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

言われてしまって(涙声)。(相談者)

はい。(相談者)

んん・・(相談者)

んん・・(相談者)

ん・・そういうふうに思ってたんだなぁ・・って(泣)、ぅぅぅ・・ぅぅぅ・・ズッ・・(相談者)

うん。(加藤諦)

なんか(涙声)・・(相談者)

やけを起こして・・もう働くって言ってるような気がして・・ズズッ・・ぅ・・(相談者)

もう一つは・・(相談者)

なんか(涙声)・・あたしらに迷惑をかけないように・・(相談者)
うん。(加藤諦)
もう働くって言ってるのかなぁ・・と思ったり(泣)・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

・・

ううう・・そんな・・娘がなんかもう(泣)・・かわいそうでぇ・・(相談者)

うっ・・ううう・・でぇ・・(相談者)

でもなんか、引き籠るんじゃなくて、やろうとしてるから、それを押さないといけない、応援しないといけないん・・じゃないなかぁ・・っていう自分も居て(泣)・・(相談者)

ぅぅ、ズッ・・(相談者)

もうなんか・・そんな自分が・・教員やってるのもダメかなぁと思って・・退職をしようかなと思ったり(泣)・・(相談者)

ううっ・・(相談者)

ぅ・・(相談者)
あっ、教員を辞めようかなと、思ったということですね?(加藤諦)
はい。(相談者)

はいはい。(加藤諦)
ズッ・・(相談者)

あなた教員になった・・理由はなんですか?(加藤諦)

・・

ズッ・・わたしも、それを(涙声)・・(相談者)

ぅ・・(相談者)

ずっと考えてました、やっぱり(涙声)。(相談者)
・・
これは・・わたしの母親・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
への・・ズッ・・恩返しのような気がします。あと(涙声)・・母親・・の・・(相談者)
母親への恩返しということ、どういうこと?わたしが・・教員になりたかったわけじゃないけれども・・(加藤諦)
ズッ・・(相談者)
あなたの・・お母さんが、あなたに教員なれということを、望んだので。(加藤諦)

・・

そうですねぇ。(相談者)
親孝行のつもりで教員になったということ?(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)
ああ、ああ・・(加藤諦)

うん・・(相談者)
はいはい。(加藤諦)

はぁい・・ズッ・・(相談者)
はい。(加藤諦)

ん、「なって欲しい」と言ってないです、なんとなく・・(相談者)

ぅ、なんとなく・・(相談者)

・・

誘導があったような・・気がします。(相談者)

うんうん・・(加藤諦)
でぇ・・(相談者)

だから・・(相談者)

ぅ・・口では出してないですけど・・ズッ・・(相談者)

それ、一番キツイんだよねぇ。(加藤諦)

ぅぅ・・ん・・(相談者)

ズッ・・うっ・・(相談者)
口でもってはっきりと、「教員になれ」と。(加藤諦)

ズッ、うっ・・(相談者)
「あたしの為に、教員になって」って言えば、反抗も出来るんだけれども。(加藤諦)
うっう(泣)・・(相談者)

・・

反抗できないような形で・・(加藤諦)
ズッ・・うっ(泣)・・(相談者)

間接的に・・(加藤諦)

「教員になれ」と言うような・・(加藤諦)
ズッ・・(相談者)
言い方っていうのは・・(加藤諦)

される方は1番たまんないよねぇ。(相談者)
ズッ・・うっ(泣)・・(相談者)

ぅぅ、もう無意識にわたしも娘にやってるんじゃないかと思って(泣)・・(相談者)

むしろ・・そう、そう、そうですよ、そうですよ。(加藤諦)
でぇ・・なんか(泣)・・ズッ・・わたしまた、同じことやってる気がしてねぇ(泣)。(相談者)
そう、うん。(加藤諦)
ううっ・・ズッ(泣)・・(相談者)
そうですよ。(加藤諦)
ううううっ(泣)・・(相談者)

娘に・・(加藤諦)
うううう・・(相談者)
同じことやってるんです。(加藤諦)
ううっ(泣)・・うううっ・・(相談者)

なんか可哀想になってきて(泣)・・うううっ・・(相談者)

そうですね・・(相談者)
それでもう、お嬢さん・・(加藤諦)

怒ってるわけですね?(加藤諦)

「まだ、わたしを管理するのか」っていうぐらいで。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

あなたは管理するつもりは・・(加藤諦)

あったの?(加藤諦)

・・

ひとまず、大学までは卒業して欲しいと。(相談者)
うん。(加藤諦)

いう思いはありました。(相談者)

で、職業は・・(加藤諦)

別に・・(加藤諦)

こうなって欲しいっていうのは・・(加藤諦)
もう・・いや、なかったです、もう・・(相談者)

高校とか、そういったとことは、自分の好きなとこに行ったらいいと。(相談者)
うん・・(加藤諦)
でぇ・・大学も・・自分の好きなとこに行ったらいい・・っていうふうには、言ってました。(相談者)

そいで今、あのぅ・・(加藤諦)

お嬢さんの関係がねぇ・・(加藤諦)
ズッ・・はい。(相談者)
今、時点で・・(加藤諦)

こじれちゃってるんでぇ・・(加藤諦)

そ、そこが焦点になってんだけど・・あなたご主人との関係はどうなの?今?(加藤諦)

・・

ぅ・・ぅ・・悪くもなく・・(相談者)

・・

・・

淡々と・・ですねぇ。(相談者)

・・

ご主人の仕事はなんですか?(加藤諦)

同じです。(相談者)
同じ?(加藤諦)
はい。(相談者)

上手く、淡々と?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
そこ間違えない?(加藤諦)

・・

たぶん。(相談者)

・・

・・

・・

うん・・(加藤諦)

でぇ、今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

22歳のお嬢さんが・・(加藤諦)

はい。(相談者)
卒論の問題だけで・・(加藤諦)

働きたいと言っていると。(加藤諦)

はい。(相談者)

だけどあなたとしては・・(加藤諦)

・・

大学を出るということを望んでいると。(加藤諦)

ズッ・・はい。(相談者)

今、どうしていいかわからないんですけども・・っていうことですね?(加藤諦)

はい。(相談者)

今日はあのスタジオにですねぇ・・(加藤諦)
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦)
はい、おねがいします。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。