テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月5月31日(木)は、柴田理恵&大迫恵美子。結婚1年半で1ヶ月前に妻が家を出て行き別居中の夫31歳からの相談。新婚旅行の時から、小さな事が積み重なり妻が家を出て別居中。もう戻らないと言う妻だが、離婚するとは言っていない。家事の負担が平等でなかったとか、家計を妻に任せっきりだったとか、それが理由でないと妻が言う。離婚したくないが、どうしたらやり直せるだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:31歳男性 妻27歳(看護師) 結婚して1年半 子供はいない 別居して1ヶ月が経つ

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はい、もしもし?(相談者)
はい・・今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)

結婚1年半で妻と別居

はい、えーっと、妻・・(相談者)

と、今、別居中なんですが・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

ぇ、離婚を・・(相談者)

・・

を・・し・・し、したくはなくて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
それを・・で、今、わたしは、どういう行動をしたらいいかを・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
相談したくて・・連絡しました。(相談者)
はい。(柴田理恵)

あなた、おいくつですか?(柴田理恵)

え・・31です。(相談者)

30・・奥さんは?(柴田理恵)

27です。(相談者)
・・
27・・はい、結婚何年目ですか?(柴田理恵)

え・・(相談者)

何年?(柴田理恵)
一年・・(相談者)
・・
半です。(相談者)
一年半・・ってことは、お子様は・・(柴田理恵)

いら・・っしゃらない?(柴田理恵)
・・
いえ、いないです。(相談者)
あっ・・いらっしゃらない?(柴田理恵)

はい。(相談者)
じゃあ・・(柴田理恵)

ふ・・お二人だけなんですか・・(柴田理恵)

なんで別居したんですか?(柴田理恵)

はい、え・・(相談者)
・・
妻が・・ぁ・・家を出たいと、離れていったんですが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

大きな要因は・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

結婚生活が・・(相談者)

嫌だっていうふうに・・(相談者)

前から・・(相談者)

言ってたのと・・(相談者)
・・
うん・・(柴田理恵)

妻にちょっと夢が・・あって。(相談者)
うん。(柴田理恵)

その夢を、追い駆けたいと。(相談者)

はぁ・・結婚せいつ・・活(結婚生活)嫌だって、どういうことですか?(柴田理恵)

はぁい、えーーっと・・小さな・・(相談者)

喧嘩の積み重ねだったんですが・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

新婚旅行から帰ってきたのを境に・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ちょっともう嫌気が・・(相談者)

さしてしまったと、家事とか・・も、したくないしと。(相談者)

え?えっと・・新婚旅行・・の中で、いっぱい喧嘩しちゃったんですか?(柴田理恵)

新婚旅行の時も、して・・は、いたんですが・・(相談者)
うん、ど・・どんな喧嘩・・ですか?(柴田理恵)

はい、うーーん・・っと、ホントに、小っちゃなことでぇ・・(相談者)
・・
はぁい。(柴田理恵)

あのぅ・・(相談者)
例えば?(柴田理恵)

ぃ、行きたい所・・が、ある・・(相談者)

自分は・・(相談者)

ちょっと今は休んでたいとか・・(相談者)
・・
ああ、ぁぁ・・(柴田理恵)

な、ところ・・行く、行かないとか?(柴田理恵)

ぅ、ぅ、うん・・(相談者)
な、たった、荷物・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
どっちが、持ってる・・とか。(相談者)
・・
なんて言うんでしょう・・(相談者)
あっ・・(柴田理恵)
ホントに・・(相談者)

しょうもなーい・・(相談者)

ふんうんうん・・(柴田理恵)

ところでぇ・・(相談者)

ぇ・・喧嘩になっちゃうん・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
でたんですよねぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
はぁい・・(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

ああ、そうですか・・(柴田理恵)

奥さんの、じゃあ、夢っていうのは何ですか?(柴田理恵)

え・・今・・(相談者)

地元から・・都会に出て・・(相談者)

働きたかったり・・海外で、働きたかったり・・っていう思いが・・あるんですけど。(相談者)
あん。(柴田理恵)

そのぅ・・奥さんの夢、都会に出たり、海外に行って、なにしたいんですか?(柴田理恵)

看護系の仕事・・なんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

看護師さんだったら・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
その、地元・・も・・都会も・・(柴田理恵)

一緒じゃないですか?(柴田理恵)

業務的には?(柴田理恵)
えっと・・(相談者)

僕もその、詳しくまでは・・(相談者)

聞いてはいないんですけども。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

この・・地元にはない・・職種の・・看護系の・・災害派遣だったり、なんだったり・・っていうのが・・(相談者)

ここには、ないみたいで。(相談者)

ほぅ・・海外派遣の・・看護師・・(柴田理恵)

を・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
なさりたい?(柴田理恵)

そうですね・・はぁい。(相談者)

うーん・・それは・・自分の技術を、この・・海外・・行くとしたら、大変な状況の所ですよねぇ?(柴田理恵)

そうです。(相談者)
そこで、こう・・能力を・・(柴田理恵)

こう・・発揮したいということですか?(柴田理恵)

そうだと思います。(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理恵)

戻る気はないが、離婚という言葉もない

ただぁ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
それも・・自分の中では・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
はっきりとは、決まってないみたいでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

うん・・っと・・そこが・・(相談者)

今・・(相談者)

別居中なんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

正直、このぅ・・離婚をする、しないも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
自分がなにしたいか・・やりたいことが・・(相談者)

いっぱい、あり過ぎて・・(相談者)

・・

・・

うん。(柴田理恵)

はっきり定まってない・・(相談者)

かん・・(相談者)

かく(感覚)だと・・(相談者)

僕は思ってて。(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

なのでぇ・・(相談者)

・・

実際にもう、別れたいとかって、言葉もないん・・ですよね。(相談者)
・・
直接。(相談者)

おっ?(柴田理恵)

じゃあ・・(柴田理恵)

えっ?どういうことですか?そ・・(柴田理恵)

あのぅ・・(相談者)
別れたいなんて言って・・言って来ないんですか?(柴田理恵)

言って来なくて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「わたし・・実家に戻る」と。(相談者)

うん。(柴田理恵)
でぇ・・一ヶ月経つんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なにか・・「戻って来る」・・(相談者)

「ことは、あるのか?」と聞いても、「いや、戻る気は、もうない」と。(相談者)

向こうの、ご両親は・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
なんておっしゃってるんですか?(柴田理恵)

え・・母親に・・(相談者)

内緒で電話・・させてもらった時に・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

正直、家に・・(相談者)

実家に戻る・・っていう話も・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・向こうの母親が、言ったみたいなんですね、「戻って来なさい」と。(相談者)

はあ、はぁ、はぁ、はぁ・・うん。(柴田理恵)
っていうのは、もう、ホントに、顔がもう・・(相談者)

酷かったみたいでぇ・・(相談者)
顔?(柴田理恵)
あっ、久々に会った時に。(相談者)

はい、もう・・(相談者)

悩み・・ふさがってる顔というか・・(相談者)

あのぅ・・思い詰めてる・・ような、顔だったみたいでぇ。(相談者)

奥さんの顔が?(柴田理恵)

そうですそうです。(相談者)
はぁ、はぁ。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

理由も・・(相談者)

何も聞かずに、「まず一回、ちょっと帰ってきたら?」と。(相談者)

うん(柴田理恵)

でぇ・・戻って・・ちょっとしてから僕、電話したんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

あ・・戻ってきて、だいぶ顔色も良くなったし・・と。(相談者)

ふーん・・(柴田理恵)

こんなことを聞くのもアレですけど、DVとかないですよね?(柴田理恵)

DVは、ないです。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

・・

・・

うーん・・(柴田理恵)

・・

妻の負担が大きかったのか?

そのぅ・・(柴田理恵)
ただぁ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そうですね、ホントに・・(相談者)

生活が・・嫌だったというか・・(相談者)

体に・・ん、まぁ・・全部、妻に負担が行ってたのかな・・っていうの、今、思い返すと・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
えっと・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
恋愛結婚ですよねぇ?(柴田理恵)

恋愛結婚です。(相談者)
・・
はい(相談者)

お互いに好きどうしで結婚したんですよね?(柴田理恵)

そうです。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

なんか自分で・・思い当たる・・(柴田理恵)

ここはまずかったかなぁ・・っと、思われるところとか、あります?(柴田理恵)

そのぅ・・離れてる間に・・(相談者)

もし・・(相談者)

もう一度、戻ってきたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
この話をしよう・・っていうのは、何個か思ってて。(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、あの家事も・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
うん・・まったく平等か?と言えば・・(相談者)

平等じゃなかったのでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あの、帰る時間も、向こうの方が早くて、僕が帰るのが遅いんで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
必然と・・(相談者)

ご飯の支度も・・(相談者)

まぁ・・他の家事も・・(相談者)

やる時間は、向こうが多くて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

それに甘えて僕も・・(相談者)

やらなかった・・部分が、あったっていうのもあるので。(相談者)
うん。(柴田理恵)

そういう部分もそうだし・・(相談者)

え・・家計の・・ことに関しても・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

うんっと・・妻に任せっきり・・(相談者)

に、なってしまってたのでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

もっとそこも踏み込んでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

・・

ぇ・・おけばよかったなぁ・・とか。(相談者)

うーーん・・ん・・(柴田理恵)

家事も家計も、だいたい女がやりますけどねぇ。(柴田理恵)

ふっ・・ふっ・・(柴田理恵)
あとは・・(相談者)

・・

あのぅ・・(相談者)

夜の・・関係も・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょっと・・(相談者)

それは・・(相談者)

・・

なくな・・ってしまってたのがあるので・・(相談者)
うん、うん、うん。(柴田理恵)
・・
そういう部分も・・(相談者)

・・

うーん、もっと・・(相談者)

・・

む、向き合ってたら良かったのかなぁ・・とか。(相談者)
うんうんうん、まぁ・・(柴田理恵)

・・

でもそれもなぁ・・(柴田理恵)

・・

仕事が忙しい時って・・そういうふうになる・・もんだと、あたしなんか、大きく・・考えた方がいいなと、思うんですけど。(柴田理恵)

はぁ・・い・・(相談者)

わかりました。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
じゃあ、今日のご相談は・・(柴田理恵)
・・
そのぅ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

あの、実家に戻られた奥さん・・とは、離婚したくないけれども・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

これ、どういうふうにしてったらいいだろうか?っていう・・(柴田理恵)

ことでよろしいですねぇ?(柴田理恵)

待つべきなのか?(相談者)
うん。(柴田理恵)
なにかこちらから・・(相談者)

うーん・・(柴田理恵)

やるものは、あるのかどうか・・はぁい。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

わかりました。(柴田理恵)

はい。(相談者)
じゃあ、先生に相談してみましょう。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
え・・今日の回答者の先生は・・(柴田理恵)

弁護士の、大迫恵美子先生です。(柴田理恵)
はい。(相談者)
先生、よろしくお願いします。(柴田理恵)

お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. もう離婚するしかない状況のように感じました。
    奥さんの方では「もうこの人には何を言っても無駄」と断じてしまってるんじゃないでしょうか。

    相談者の説明では奥さんが出て行った理由がさっぱりわかりません。
    奥さんが発していたサインを全く受け止めていなかったからじゃないでしょうか。
    相談者さんにわかるように、明確な表現をする努力が奥さんにも欠けていたんでしょう。

    結婚なんて双方が妥協しあわなければ成り立ちませんよ。
    相談者さんにも奥さんにもそうした努力が足りなかったんでしょう。

    リセットしてそれぞれの道を模索することになるんじゃないかなあ?
    双方にとって、今回のことが人生の糧になるといいですね。

  2. もっと若いカップルでも、地に足を付けて子供の一人や二人育てている人もいる。そういうカップルは「ヤンチャ」していた人たちが多い。若い頃から世の中を見てきて、痛い思いもしてきた人たちだ。

    話し方も声も、頼りなくて。。。
    これはだめだよ。
    給料渡しなさいよ、全額。
    結婚って、割り勘とか三分の一?
    大間違いだ。

    信頼なんて湧かないそんな人には。

    結婚って、お互いの人生に責任を持ち合うもんだろう。

    自分だけ好きにしていたら逃げられて、あわててオロオロしてる。未熟なら、寄り添って頑張ればいいんですよ。
    一心同体って言葉、この人の中にあったのかな?

    母親と嫁さんは違いますよ!

  3. 給料がいくらかも何を家計から出してるのかも分からないけど、給料の三分の一を家計で残りが旦那の小遣いってそりゃ奥さんも色々思う事があるでしょうね。
    奥さんがそういう色々な事を直接旦那に言えないって事は肉体的なDVは無かったとしても無自覚な言葉のDVはあったんじゃないかな。
    どっちにしろ自分の事しか考えず嫁はただの便利な存在くらいに思ってたんだろう。

    なんにせよ若いんだし離婚した方がお互い幸せになりそう。

  4. 揚げ足鶏 さん ariari さん ゆた さん  異口同音に 家計の事をご指摘なさってますネ 同感です!
     家計を任せっきりにしている  と 言うことは 給与が入る口座を妻に委ねているという事ですよね それを ちびっと しか渡さず これで何とかしろ と いわれてもねぇ、他にもいろいろと妻にとっては耐え難いことが山積していたのでしょう。
     昔だったら このような亭主でも 妻ががまんして また 仲を執成す世話焼きオバサン(仲人など)がいて なんとかおさめていたのですが、今の世の中では 非常識 と言えざるをえませんね?

この記事にはコメントできません。