テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月1日(土)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。48歳の女性から、1年ほど前に離婚し18歳の娘と一緒に暮らしている。現在、仕事をしていない様子で、鬱気味。朝起きた時から不安で心臓がドキドキした状態が続いている。両親姉二人とのコミュニケーションもない家庭で育つ。自身を出来の悪い子と言い、高校生の時に左手首を切ったこともあるが親は感心をもってくれなかった。
加藤諦三氏の〆の言葉『健全な家庭とは、自然なコミュニケーションの出来る家庭です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:48歳女性(おそらく無職) 1年ちょっと前に離婚 娘18歳と同居(たぶん実家の両親も一緒) 姉二人(姪も)

もしもし?(加藤諦三)

はい、お願い致します。(相談者)
はい、はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

48歳です。(相談者)
48歳・・結婚してます?(加藤諦三)

っと・・離婚しました。(相談者)
・・
えっと、主人が浮気をしたというのと、金銭・・的なものを・・はい。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
浪費もあったのでぇ、離婚したんですが。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

えーっと・・何年前ですか?(加藤諦三)

え・・1年ちょっと前です。(相談者)
1年ちょっと前?・・でぇ、お子さんは?(加藤諦三)

えっと、18歳です。(相談者)
18さ・・(加藤諦三)
女の子です。(相談者)
女の子?(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ今、一緒に暮らしてるんですか?(加藤諦三)
はい、暮らしてます。(相談者)
はい・・はいわかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと今・・え・・ま、子育ての・・(相談者)

こと・・も、あるんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしの精神的に・・え・・(相談者)

ちょっと鬱気味に・・なってきてまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと、子・・子供にも影響が出てる・・(相談者)

感じがするのでぇ・・ちょっと・・気持ちの整理・・を、したくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ご相談に、お電話しました。(相談者)
はぁい、あのぅ、鬱気味になってきたって言うと、具体的には、どの程度ですか?例えば・・午前中は何もする気がない・・くて、けど、午後から・・なんかする気が出るとか、もうなんにもする気が・・ないとか。(加藤諦三)

常にあのぅ・・(相談者)

心臓がドキドキ・・した状態が続いてましてぇ、朝・・(相談者)

起きた時に・・(相談者)
はぁい。(相談者)
すごく不安感が・・す・・すごい・・んですよねぇ・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
なんかもう・・(相談者)

このまま・・なんか・・「生きてていいのかなぁ?」とか・・(相談者)
ああ、はぁい、はぁい。(相談者)
そこまで考えるようになってるのでぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦三)
それで、もともとそういう素質はあるんですけど・・(相談者)

あのぅ・・高校時代にも少し、そういうのもあったりとかしたんですけど・・今、あのぅ・・(相談者)
高校時代に、そう・・いうことがあったっていのは、これ・・ど・・の程度のこと?(加藤諦三)

だ・・(加藤諦三)
ん・・左手首を・・軽く切りました。(相談者)
ああ・・そうですか、はいはい。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

でも・・まぁ、家族・・(相談者)

には何もこう・・ふふっ(苦笑)・・(相談者)

うーん・・(相談者)

なんか、励まされることもなく・・うふふ(苦笑)・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
そのまま過ごしてたんですけど、自分の中ではいろいろ葛藤がありました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あ・・うん・・その時は・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

失恋もあったんですけども、もともと・・まぁ、自分に自信がなかったのとまぁ・・勉・・兄弟の中では一番勉強が、出来が悪い・・のと、ありまして自分が・・やりたい道に進めないっていうのと、理想と(苦笑)・・理想と・・現実がちょっと・・自分・・の、思ってるようにはいかない、親に・・(相談者)

まぁ、話を聞いてくれないとか、こう、そういう家庭関係の問題かなと・・親との関わりと兄弟との関わり・・かなとか勝手に思ってますけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その時はその時でまぁ・・もう、ずっと昔の事なのでぇ・・思春期でぇ・・っていうのあるんですけど、今の場合は、え・・主人と離婚するときの、その主人の・・あの罵声でぇ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
浴びせられた事に対してぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
凄く自信を・・うしな・・ったのと(失ったのと)、傷付いたのとでぇもう・・あの、こう・・動悸が止まらないというか・・(相談者)
ん・・(加藤諦三)
朝起きた時に・・なんかすっごい・・もう・・不安な気持ちと・・なんかこう、絶望感が凄いのでぇ・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
子供にもちょっと影響してるかなぁ・・っていう・・(相談者)

あまり・・何ていうかなぁ・・(相談者)

いや、あんまりそんなに子供に・・(相談者)

見せないようには・・(相談者)

してるつもりなんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
言葉が、たぶん・・相手に傷付けてるようなことを言ってしまってる・・みたいでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
時々子供も不安定にこう・・するのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ちょっとわたしの気持ちも整理したいっていうのと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はぁーい。(相談者)

今48歳ですけど・・(加藤諦三)

ご・・ご兄弟は・・(加藤諦三)

どういう・・(加藤諦三)

姉が二人います。(相談者)

お姉さんが二人?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

でぇ・・(加藤諦三)

下は?(加藤諦三)

いないです。(相談者)

あっ・・三人姉妹の一番末っ子ですね?(加藤諦三)
ぁ、はぁい、(相談者)

それでぇ、あなたがさっき言った・・「出来が悪い」っていうのは、その三人姉妹の中でぇ・・(加藤諦三)

一番出来が悪か・・ったという事ですか?(加藤諦三)
そうですねぇ、もう今も・・親が・・何人もいるような状態ですよね。(相談者)

うん姉妹(きょうだい)でぇ・・な、姉妹(きょうだい)らしい・・(相談者)

ことっていう、会話みたいなことも、ないですし・・ちょっとこう希薄かなっていう・・(相談者)
・・
感じはありますねぇ。(相談者)

ええ、あ・・要するに家族という一体感はまぁ・・(加藤諦三)

ゼロなんですけれども。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
要するに、もともとが全く何のコミュニケーションもない・・(加藤諦三)

はぁい、そうです。(相談者)
か・・(加藤諦三)

何のコミュニケーションもない五人が、ただそこに居たというだけですから。(加藤諦三)

そうで・・す。(相談者)

それを、うちの娘が・・だんだん一緒に暮すようになって気付いてぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

数日前ですけど・・一週間ぐらい・・二週間ぐらい前ですかねぇ?(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう・・思い余ってぇ・・(相談者)

なんか、変・・変な空気間に、自分も耐えられなくってぇ・・(相談者)

あのぅ・・わたし達こう・・姉妹(きょうだい)とか、まぁ・・うちの姪っ子とかあのぅ・・グループ・・のLINEがあるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それに・・(相談者)

あのぅ、自分の・・気持ちを?(相談者)
・・
卒業するのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もっと・・家族になって下さいみたいなぁ・・あん・・(相談者)

LINEメールを・・(相談者)

グループ・・LINEに、したんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

送ったんですけども・・まったく・・反応がなく(苦笑い)。

それで、お嬢さんとの関係はどうなんですか?(加藤諦三)

わたしとですか?(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしとの関係は・・(相談者)

まぁ、うちの子はあんまりこう・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

うん・・わたしをこう・・(相談者)

嫌いなような態度は直接は出さないん・・ですけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ・・それこそ反抗期的な言葉は聞くから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そういうのは・・(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

傷付けるようなことを言・・(相談者)
ことを言っている?(加藤諦三)

言・・言ってしまっ・・(相談者)

子供はたぶん・・わたし・・は、嫌いなタイプだと思います。(相談者)
あっ・・でぇ今こんな状態でぇ・・(加藤諦三)

離婚して・・お嬢さんが18歳でぇ・・おじょ・・お嬢さんとの関係も良くなくてぇ・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

もう・・(加藤諦三)

・・

・・

このまま・・(加藤諦三)

どう生きていいかわからないと。(加藤諦三)

ハァイ・・(相談者)
朝起きたらもう・・(加藤諦三)

不安でぇ・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
心臓がドキドキして・・(加藤諦三)
・・
はぁい・・(相談者)

どうなっていいかわからない。(加藤諦三)

はい。(相談者)

どうしたらいいんですか?って事ですよね?(加藤諦三)

そうですねぇ・・はぁい。(相談者)

あのぅ・・よ・・(加藤諦三)

よく、あのぅ・・正直にいろんな・・(加藤諦三)

ところ説明してくれました。(加藤諦三)

あっ、はぁい・・(相談者)
それと今日あのぅ・・スタジオにですねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

心についてのエッセイストとしてお馴染の、マドモアゼル愛先生です。
うん・・(マドモアゼル愛)
あっ、はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 現状お気の毒。
    しかし、単純に更年期障害の疑いもありますので、通院おすすめしたいです。
    同じ症状の出ていた同世代ですが、不安もドキドキもすっかり良くなりました。

  2. 経済基盤を持たない人ほど惨めなものはありません。
    離婚するときにもう少し生活設計を真剣にしておくべきでしたね。
    親と同居するのではなく、生活保護を受けてでも働いて自活する道を探るべきでしょう。

この記事にはコメントできません。