テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

三石由起子アドバイス

はい、こんにちは。(三石由起子)
あ、すいません、よろしくお願いします。(相談者)
はーい。(三石由起子)
はい。(相談者)

徹底的な反省

あのねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あの、なんか、状況を見てさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ああ、ここ・・までだったら、我慢できるかな、ちょっと、待たなきゃいかんかな、これだったらもうちょっと、待ってみようかな、みたいな・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そういうことをして、グズグズ、グズグズ・・生きてきちゃった、わけじゃない・・ですか。(三石由起子)

そ、そうですね、はい。(相談者)
要するに、うん、それでね・・(三石由起子)

それについては・・(三石由起子)
はい。(相談者)
やっぱり、わたしは、徹底的に反省した方がいいと思うのね。(三石由起子)

ああ・・はい。(相談者)
うん、例えばね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ほらあの、家事がまだ・・できないから・・(三石由起子)
はい。(相談者)
ちょっと、うちで・・習いたいみたいなことを言う・・い、言われてもね。(三石由起子)

はい。(相談者)
そんなもん、家事なんか、俺だって手伝うとかね。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
家事なんか、なんにもできなくたっていいよ・・って・・(三石由起子)
ああ・・(相談者)
あなた、言ってないわけですよ。(三石由起子)

そうですね、はい。(相談者)
そいでね、待ってくれって言われた時ね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
で、用意はいらないってこと、あなたは、言ってないわけですよね。(三石由起子)

そうですね、はい。(相談者)
そうなんですよ、あのねぇ・・(三石由起子)

人・・がね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
用意ができることなんて、ないよ、いつまで経っても。(三石由起子)

おぉ・・(相談者)
うん・・(三石由起子)
はい。(相談者)
用意ができましたから、さあ、結婚しましょうなんてことはね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ないんですよ。(三石由起子)

あぁ・・(相談者)
普通なんか、物の弾みで結婚するの、みんな。(三石由起子)

ああ、そうなんですね?(相談者)
だ・・う、うん、だって、少しくらい荒い神経でないと、結婚なんか、できないの。(三石由起子)

ああ、そうですか?(相談者)
みんなあの、分析してさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ああ、こうだから、ああだから、こうだからなんて言ってて・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あの、条件が整うことなんて、ないんですよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
うん、まずそのないってことを、あなたはね・・(三石由起子)
はい。(相談者)
やっぱ、わかんなきゃいけない、今ね。(三石由起子)

はい。(相談者)
そりゃあの・・過去の恋愛を、後悔しなさいって言ってるんじゃなくて・・(三石由起子)

はい。(相談者)
今後の為に・・(三石由起子)

はい。(相談者)
徹底的に反省した方がいいんですよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
うん・・あなたは、押しが足らなかったし・・(三石由起子)

はい。(相談者)
用意なんていうのは、錯覚だし・・(三石由起子)

ああ・・(相談者)
準備万端、整うことなんか、あり得ないし・・(三石由起子)

ああ、はい。(相談者)
うん、それいいんだ、できなくていいんだと・・ねえ・・(三石由起子)
ああ・・はい。(相談者)
でぇ、あの・・うちに入るのが嫌なら、俺が出ると、すぐ出ると。(三石由起子)

ああ、は、は・・(相談者)
そういう、積極的な姿勢が、まず、大事。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、で、それは・・あのぅ、過去の事を、後悔してもなんにもなんないから・・(三石由起子)

はい。(相談者)
後悔しろって言ってるんじゃないのよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
反省しなさい、徹底的に。(三石由起子)

あぁ・・はい。(相談者)
うん、あなた、ホントにあの、そういう意味で、男らしくなかった。(三石由起子)

ああ・・そうですね・・(相談者)
うん、それと・・(三石由起子)

はい。(相談者)
欲張りでなきゃいかんの、欲張りでなきゃ。(三石由起子)
ああ・・(相談者)

はぁ・・(相談者)
これは、まあ、譲れるだろうとか・・(三石由起子)
はい。(相談者)
ここはちょっと、俺、まだ、我慢できるとか・・(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、そんなことやってたら、一生、終わっちゃうよ。(三石由起子)
あっという間に。(三石由起子)

ああぁ・・(相談者)
終わっちゃうじゃん、そんなの。(三石由起子)

そうですね、はい。(相談者)
やっぱりねぇ、ちょっと、荒々しい・・神経ぐらいでさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
しないと結婚なんか、できやしないし。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
うん、それをまず、覚えといた方がいいのと・・(三石由起子)

逃がした魚は雑魚

はい。(相談者)
もう一つはね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あの、よく、逃がした魚は大きいってことわざ、あるじゃない?(三石由起子)

はいはい、ええ。(相談者)
あれは、錯覚だから・・それ、思いなさい、あなた。(三石由起子)

たぶんあなた、そういう気持ちもあると思うんだ、今。(三石由起子)

あります、はい、あります。(相談者)
あると思うんだけど・・(三石由起子)
はい、はい。(相談者)

あのね、逃がした魚なんか、大きくないの、そんなの雑魚なんですよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
ねえ・・だから、そう、逃がした魚は、大きいみたいなことを、思ってると・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あなたの胸は、潰れてしまうし。(三石由起子)

はい、ああ・・(相談者)
ちっともいいことは、ありませんから・・(三石由起子)

それちょっと、あなた、羨ましく思っちゃったり・・(三石由起子)

そうですね。(相談者)
しまったとか、思っちゃったり・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ちょっと大きい魚じゃないかと、思っちゃったりしたと思うんです。(三石由起子)

そ、そうですね、ええ・・ええ。(相談者)
うん、だからそれが錯覚だっていうことをね・・(相談者)

はああ・・(相談者)
あなたは、自分に、言い聞かせなきゃ、しょうがないの。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
これ、小魚だったんです。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
いくらでも、手に入るんです、履いて捨てるほど。(三石由起子)

あああ・・(相談者)
そういう頭に、ならなきゃいけない。(三石由起子)

セルフコントロール

ああ、わかりました・・(相談者)
それと・・(三石由起子)
はい。(相談者)
ほんとに、欲張り・・になってさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
うんと美人、もらってやると思わないと。(三石由起子)

あああ・・(相談者)
その位のこと、思ってて・・(三石由起子)

はい。(相談者)
ちょうどいいのが、来るんだよ。(三石由起子)

・・・

おお・・あ、わかる・・(相談者)
わかる?・・ふふふふふ・・(三石由起子)
ええ。(相談者)

最初からあなたの・・(三石由起子)

はい。(相談者)
うん、ここまでだったら、いい・・って言うのを・・最初から思ってたらさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
前の彼女・・程度も、手に入んないよ。(三石由起子)

・・・

あああ・・そうですね・・(相談者)
そうなんだよ。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
わかる?(三石由起子)

わかります。(相談者)
だから、い、今こそ、あなたは、欲張りにならなくちゃいけないし・・(三石由起子)

はい。(相談者)
自分の心の中で・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あの魚は・・ぉ・・大魚じゃなかったってことを、思わなくちゃいけないの。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
そこを、あなたはねぇ・・(三石由起子)
はい。(相談者)
あの、マインドコントロールだよ、自分で、セルフコントロールですよ。(三石由起子)

ああ、わかりました、はい。(相談者)
自己催眠ってやつ。(三石由起子)

はい・・ぁぁ・・(相談者)
そうしないと・・正しい未来は、手に入らないよ。(三石由起子)

あぁ、そういう・・(相談者)
俺、こ・・このくらいでいいんだけどなぁ・・って、このくらいの人がいないかなぁ・・って。(三石由起子)

はい。(相談者)
そこで探してたら・・(三石由起子)

はい。(相談者)
そんなもんは、手に入りません。(三石由起子)

ああああああ・・そうで・・今まで、そうでした、もう・・はい。(相談者)
でしょう?(三石由起子)
はい。(相談者)

過小評価

うん、だから・・そうなんない・・(三石由起子)
はい。(相談者)
おむつ・・持って歩いてるの見て、羨ましいなんて、情けないこと言ってくれるな。(三石由起子)

あはっ・・(相談者)
あなた、41歳じゃありませんか。(三石由起子)

ああ、そうです、はい。(相談者)
今、一番・・20代の女が、きゃー、きゃー、言う歳ですよ、41の男っていうのは。(三石由起子)

ああ・・そうなんですね、はい、わかり・・(相談者)
そうだよ・・だから、あんたね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
自分の魅力が、なにかっていうふうに、人に聞かれた時にね。(三石由起子)

はい。(相談者)
どんなことでもいいから・・(三石由起子)

はい。(相談者)
公言できることを、3つ・・

ほう・・(相談者)
うん、あのね、作れっていうのは、無理なんだよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
探しなさい、あるはずだから。(三石由起子)

はい、ああ、わかります。(相談者)
あるはだからね、今から、そうしなさいじゃ、ないのよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
あなた、たぶん・・自分を過小評価してたし・・(三石由起子)

はい。(相談者)
なんて言うのかな、自分の、我慢の限界みたいなことを・・(三石由起子)

はい。(相談者)
提示することが・・(三石由起子)

はい。(相談者)
相手に対する、優しさだ・・という誤解をしてたんだよ。(三石由起子)

あ、そう・・ええ、その通りです、足りないです、はい、ホントに・・(相談者)
その通りでしょう・・それってね、男らしくないっていうのよ。(三石由起子)

はああ・・(相談者)
別の言葉で言うと、魅力がないって言うの。(三石由起子)

ああ・・そうなんですね?・・はぁぁ・・(相談者)
そう、それはね、誰が、したことかっていうと、あなたがしたことなんですよ。(三石由起子)

はああ・・(相談者)
うん・・あなたが、自分で、自分のことを、魅力的だと思ってないんだよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
あなた・・が、自分の中の、魅力を・・(三石由起子)

はい。(相談者)
自分で、自覚して歩きなさいって言ってるの。(三石由起子)

おお・・なるほど。(相談者)
オーラですよ、オーラ。(三石由起子)

オーラですね、はい。(相談者)
ちょっと俺を見ろと・・ふふふっ・・(三石由起子)
ああ・・(相談者)
うん・・(三石由起子)

だから、今こそね・・(三石由起子)

はい。(相談者)
あなたは、欲張りになる時です。(三石由起子)

はい!わかりまし・・(相談者)
で、欲張りになるためには・・(三石由起子)

はい。(相談者)
徹底的に反省してください、前の恋愛を。(三石由起子)

はい、わかりました。(相談者)
後悔じゃないよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

で、恋愛を、徹底的に反省する時に・・(三石由起子)
はい。(相談者)
忘れちゃいけないのは・・(三石由起子)

はい。(相談者)
逃がした魚は雑魚だった。(三石由起子)

ああ・・(相談者)
これですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

頑張れるよ。(三石由起子)
あ、あ、頑張ります、はい。(相談者)
41歳、頑張れ!

はい、頑張ります、ありがとうございます、ええ。(相談者)
はい。(三石由起子)
元気でました。(相談者)
はい。(三石由起子)

ふふふふ・・(今井通子)
ありがとうございます。(相談者)
良かった!(三石由起子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 過小評価か・・・
    たぶん妥当だと思うよ。。。