テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月21日(土)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。27歳の女性から、幼い頃から親に反抗し荒れた姉、家を出て県外の大学へ進学し就職、結婚、今は子供二人居て、親との関係も良好になる。自分は、親の言う事を聞き、親が与える物から選択したり、好きな事を諦めさせられたりした。今現在、親の姉に対する行動を聞くと悲しくなる。
加藤諦三氏の〆の言葉『不満というのは、依存心の間接的な表現です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:27歳女性(独身・会社員) 両親と二世帯住宅に住む 姉30歳(結婚し他県に住む・子供二人)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

年齢が、27歳です。(相談者)
27歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

独身です。(相談者)
独身ですか?(加藤諦三)
・・
お一人で暮らしてるんですか?それとも、お父さん、お母さんと一緒で・・(加藤諦三)

えっと・・もともと、二世帯住宅の家でぇ、えっと・・(相談者)
あ、もともとニセ・・はい。(加藤諦三)

それで・・一人っ子?(加藤諦三)

三歳上の、姉がいます。(相談者)
あ、の・・お姉さんは、今、家を出てるんですか、もう?(加藤諦三)

他県の方で結婚して、えっとぅ・・子供が二人、居ます。(相談者)
あっそうですか。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

でぇ・・今日の相談・・どういうことですか?(加藤諦三)

自分の、性格のことと・・家族との関わり方のところでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ちょっと、悩んでいます。(相談者)

うん・・どういうことですか?(加藤諦三)

姉がですねぇ、あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
幼い頃から・・(相談者)

ちょっと、我儘・・(相談者)

な、性格・・(相談者)

でぇ、中学校、高校の反抗期の頃は、ちょっと手がつけられないほど、荒れて・・いたことがあって。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

親の・・お金を盗んでしまったりとか。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

家具や家電を壊してしまったりとか。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
そしてあのぅ・・親と殴り合いの喧嘩をして、警察が家に来たりとか。(相談者)

母は、こう・・姉にこう、食器・・を、投げつけられて、こう、顔に、傷が残ったりとかして・・る、そんな姉が居るんですけども。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
わたし・・は、その、そういった姉が居た為・・なのかは、わからないんですけども。(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ、親の、言うことは、基本的に聞いて、やりたい事とか、欲しいものも、親が・・いいって、言ってくれそうな物の中から、選んでっていうようなことを、ずーっと、やってきたんですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・あのぅ・・(相談者)

自分が好きっていう物とか、やりたいっていう事を、自信を持って、すき・・好きとか、言えなく・・なってしまって。(相談者)

うん。(加藤諦三)
すごく自分がこう・・空っぽに思えたりとか。(相談者)

もうなんか、いなくなっちゃっても、自分、いいんじゃないかな?っていうふうに、思ったりとかすることが・・(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
ある・・っていうことが、自分の性格でちょっと、悩んでるところ・・なんですけども。(相談者)
ハイ・・(加藤諦三)

あの、さっき・・(加藤諦三)

あの、好きと言えなくなっちゃったって・・(加藤諦三)

今・・言いましたけど。(加藤諦三)

何が好きで、何が嫌いだか、わからなくなっちゃったって・・(加藤諦三)

ど・・どこら辺ですか?(加藤諦三)

なにかこう・・将来的に、小さい頃、やりたいなって思うことが・・(相談者)

あった・・りも、したんですけども。(相談者)
・・
けど、親にこう・・ちょっとそれは・・っていうふうに・・言われたこともあってぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
こう、まぁ・・それは、自分にとって、大事なものじゃあ・・(相談者)

なくなったかなぁ・・っていうふうに、考えてしまう・・ような、ことがいくつかあって。(相談者)

うん。(加藤諦三)
そうしたら、自分の中に、好きな物とかが何も残らなくなってしまった(泣)。(相談者)

うん、うん、うん。(加藤諦三)

やっぱり、人間・・(加藤諦三)

本当に、自分の好きな事があってぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
それを、諦めさ・・(加藤諦三)

させられると。(加藤諦三)

はい。(相談者)

なんかもう、人生・・(加藤諦三)

どうでもいいや・・っていうように・・(加藤諦三)

・・

・・

なっちゃうんですけれども。(加藤諦三)
そう・・うん・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
あな・・あなたの場合、そんなような段階なのかなぁ?(加藤諦三)

どうでも・・(加藤諦三)
そう・・(相談者)

ですねぇ。(相談者)

ズズッ・・(相談者)

うん・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
うん、あんまり自分の、感情とか、考え・・方にも、あんまり自信・・持てない・・かったりも、します。(相談者)

うん、うーん・・(加藤諦三)
なんか、こう、自分は我慢してるのに、なんで、周りの人は、こんなにこう・・(相談者)

好き勝手やるんだろう?なんでぇ・・周りの人は・・こんな感じなんだろう?・・っていうふうに、考えてしまって、周りによくイライラして。(相談者)

あんまり、人間関係もしっかり・・きず・・けない(築けない)・・(相談者)
築けない・・(加藤諦三)

かったりもするのでぇ、まぁ、会社に、仲いい人は、居るんですけど。(相談者)

でもまぁ、そんなに・・すごく・・っていうところではないですね。(相談者)

不公平感・・っていうのがすごくある?(加藤諦三)
あります。(相談者)

不公平感っていうのは・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
苦しみを、ものすごく増大さすわけ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
でぇ、ああ・・お姉さんの話しして・・してましたけども。(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、お姉さんとの比較の中でぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その不公平感っていうのは・・(加藤諦三)

なんか・・あった?(加藤諦三)

ありますねぇ。(相談者)

姉・・なんですけども、大学・・(相談者)

ぐらいからもう、あのぅ、県外の大学に、行ってぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そして、そのまま・・就職して、結婚もしたんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、それぐらいから、あのぅ・・親との関係も、まぁ・・(相談者)

改善をされてきて。(相談者)

姉の、子供が生まれてから・・は、両親も、こう、孫が、できたことがすごく嬉しいようで、ホントに可愛がって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
る様子があってぇ。(相談者)

うんうん。(加藤諦三)
姉・・がですねぇ、その、まぁ、洋服とか、スマートフォンのケースだったり、雑貨とか、子供のベビーカーとか、エアコンとか、家電・・とか、そういう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、金額的に、安い物から、高い物まで、おねだりして、買ってもらって・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
いるところがあって。(相談者)

うん。(加藤諦三)
まぁ、両親とか・・も、あのまぁ、まんざらでもないような・・感じで・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
お金を・・出して・・いる・・ことがあって。(相談者)

うん。(加藤諦三)
あたしは・・あの、そこまでそんなに強い、物欲が・・ないし・・(相談者)

親のお金は・・(相談者)

親が老後に・・(相談者)

資金使うべきだと・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
思うんですけど。(相談者)

うん。(加藤諦三)
こう・・親がこう・・(相談者)

姉に対して、出費・・してる・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
話しを聞くと、すごいこう、なんか悲しく・・なってくる・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
ことがあるんですねぇ。(相談者)

うん。(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)

実は、あなた・・(加藤諦三)

今・・(加藤諦三)

ものすごい、心の中に、敵意がありますよねぇ?(加藤諦三)

あります。(相談者)

・・

・・

もう・・(相談者)

もう・・ぅ、ぅ、ぅ・・(相談者)

ま、だい・・かなり・・(相談者)

ありますねぇ。(相談者)

敵意が根雪のようになってるんだと思うんだけれども。(加藤諦三)

でもねぇ・・(加藤諦三)

今、あなたねぇ・・(加藤諦三)

「そうです」って、認め・・てくれたのでねぇ。(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)
これから上手くいきますよ。(加藤諦三)

ここで、話をしてる僕に対しても、いい子を演じてね。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
「敵意なんかありません」って、言ってしまうと。(加藤諦三)

これ・・ねぇ・・(加藤諦三)

先が・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
大変なんですよ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)

それほど、その、深刻な問題じゃないですよねぇ。(加藤諦三)

・・

うーーん・・(相談者)

・・

そう・・なんでしょうか?(相談者)

・・

そうなんだと思いますよ(嬉しそう)。(加藤諦三)
うわぁ・・はぁ・・うん・・(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

言ったときになってるのは、そのぅ・・(相談者)

家族との、関り方の中・・でぇ、そのぅ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか、今後もきっと、そういう話を・・(相談者)

聞くことが・・ある・・(相談者)

んですけど、そういう時になんか・・(相談者)

もう・・両親とか・・(相談者)

会いたくないな・・っていうふうに、思ったりもするのでぇ(半泣き)・・(相談者)

ゥゥ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そこは、ちょっと、どうしよかな?っていうふうに・・(相談者)

考えては、いるん・・(相談者)

ですけど。(相談者)

うん、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオにですねぇ、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。