テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月31日(金)
加藤諦三&中川潤
35歳女性から、4歳の娘から「パパに会いたい」と言われる。摂食障害で鬱病の時、パソコン教室の講師と不倫関係に、罪悪感から別れるも妊娠発覚、未婚の母になる。弁護士から面会の確認をされるも関りたくないので断った経緯がある。どのように相手と接触すれば?
加藤諦三氏の〆の言葉『虚無感に苦しんでいる時は、人生危険な時です。』

【5年前の相談】※シングルマザーとして育てる決意 取り越し苦労をするな!森田浩一郎の檄

目次

スポンサーリンク

パパに会いたい

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:35歳女性(未婚の母) 娘4歳 両親と同居 父65歳 母62歳

もしもし?(加藤諦)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

あっ、どうも、こんにちは。(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦)

はい、え・・35歳です。(相談者)
35歳・・結婚してます?(加藤諦)

いえ、してないです。(相談者)
えっと、離婚して一人?それともずっと一人?(加藤諦)

え、ずっと・・一人です。(相談者)
ずっと一人ですか。(加藤諦)
はい。(相談者)
でぇ、今はそうするとお父さんお母さんと一緒に住んでんの?(加藤諦)

あっ、そうです。(相談者)

お父さん何歳ですか?(加藤諦)

え・・60・・5歳ですね。(相談者)
お母さんは?・・はい、お母さんは?(加藤諦)
え・・60・・2歳です。(相談者)

はいわかりました、それで、どんな、相談ですか?(加藤諦)

わたくしが未婚の母親なんですけれども。(相談者)
はい・・(加藤諦)
はい。(相談者)
んでぇ・・子供は何歳ですか、今?(加藤諦)

子供は今、4歳になります。(相談者)
4歳・・男の子女の子?(加藤諦)

えっと女の子です。(相談者)
女の子・・はい。(加藤諦)
はい。(相談者)

あのぅ・・認知はしていただいたんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦)
相手方に。(相談者)

うん。(加藤諦)

まぁ、実はそのぅ・・当時お付き合いしていた・・時にですねぇ。(相談者)
はい。(相談者)
相手には、あのぅ・・奥様と・・(相談者)

ぇ、息子さんが、いらっしゃいました。(相談者)
はい。(加藤諦)

でぇ・・(相談者)
よ、要するに相手は家族があったということですねぇ?(加藤諦)

そうです、不倫でした、はい。(相談者)
はい・・はい。(加藤諦)

・・

あのぅ・・わたくしがまぁ、別れた理由としては・・あのわたくしがもう、その罪悪感・・から逃げるように、別れたんですけれども。(相談者)

罪悪感というのはアレですねぇ。(加藤諦)
はい。(相談者)
このぅ・・(加藤諦)

結婚して・・ええ。(相談者)
男性の家族に対する・・(加藤諦)

あっ、そうです。(相談者)
の、**感ということです?
はぁーい。(相談者)
はいはい。(加藤諦)

でぇ・・結局・・その後に、妊娠が分かったんです。(相談者)

はい。(加藤諦)

でぇ・・あのぅ・・わたしは・・産むことに決めて。(相談者)
はい。(加藤諦)
産んだんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦)

でぇ・・認知を・・(相談者)

ぇ、お願いした際にですね。(相談者)
はい。(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

「面会はどうされますか?」と聞かれたんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦)
向こうの弁護士さんから。(相談者)
うん。(加藤諦)

わたしはもう二度と、関わりたくなかったのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
「面会は結構です」と。(相談者)
うん。(加藤諦)
いうふうに、お断りしました。(相談者)
うん。(相談者)

でぇ、もう二度と、あのもう・・(相談者)

関わりたくないと思ったのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
そういう選択をしたんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦)

最近ですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
子供が・・(相談者)

正直言うと、3歳くらいからなんですが。(相談者)
うん。(加藤諦)
あ、「パパに会いたい」と。(相談者)

え・・他の・・お父さんとの、関わり・・を見ていると。(相談者)
うん。(加藤諦)
こう、羨ましそうな・・顔をするんですね。(相談者)

うーん・・(加藤諦)
でぇ・・あのぅ・・でぇ、最近はですね、はっきり・・言うようになってぇ。(相談者)

でぇ・・しっかりわたしの目を見てですねぇ・・(相談者)
よ・・4歳ですねぇ、先ほどおっしゃった。(加藤諦)
そうです。(相談者)
はい、はい。(加藤諦)
はい。(相談者)

すごいあのぅ・・意志の強い・・目をしてですねぇ、「パパに会いたい」と。(加藤諦)
はい。(相談者)
言ってきて。(相談者)

でぇ・・わたくしも・・ずっとこう・・避けてはいたんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦)

もう、これは直面しないといけないかなと。(相談者)
うん。(加藤諦)
思いまして。(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ・・会わせた方が。(相談者)

うん。(相談者)

いいんじゃないかと(涙声)。(相談者)
・・
思いました。(相談者)
うん。(加藤諦)

ただ・・その経緯があったのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)

非常に、こうわたし・・向こうからすると、非常に身勝手・・に写るのではないかと・・(相談者)

思いましてぇ・・(相談者)

うん。(加藤諦)
どういうふうにすれば、向こうのご家庭にとっても、子供にとっても・・(相談者)

良い選択ができるかなと。(相談者)

相談したくて連絡しました。(相談者)

はい、よく・・電話をかけてきてくれましたねぇ。(加藤諦)
はい、ありがとうございます(涙声)。(相談者)

その、この男性・・とは・・(加藤諦)
ふぅ・・(相談者)
どこで知り合ったんですか?(加藤諦)

あの、わたくしはあのぅ・・パソコンですとか。(相談者)
はい。(加藤諦)
そういったあのぅ・・教室に通ってたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

で、そこの・・あの講師を、されておりました。(相談者)

あなた・・(加藤諦)

その時、寂しかったのかな?(加藤諦)

あのぅ・・摂食障害と鬱病でした。(相談者)

・・

ああ・・うん・・(加藤諦)

あなた、さっき今・・僕、「寂しかったんでしょう?」って、言ったけども・・(加藤諦)
あっ・・はぁい。(相談者)
寂しい・・ということ・・と同時に・・(加藤諦)
はい。(相談者)

ものすごく虚しかったねぇ。(加藤諦)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

もう、自分の人生・・(相談者)

に・・(相談者)

あの・・希望も、持てなかったですし。(相談者)
そうです。(加藤諦)

生きてるっていう感覚がわからない・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
一生懸命でしたねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)

虚無感になるっていうのは・・(加藤諦)

虚無感に生まれてきた訳じゃなくて、生まれてきて・・(加藤諦)

はい。(相談者)
成長する・・過程で、虚無感も・・(加藤諦)

ったわけですからねぇ。(加藤諦)
ええ、ええ・・本当ですね。(相談者)
・・
はい。(相談者)

なるほどね、それで・・(加藤諦)
はい。(相談者)
まぁ・・先程の話・・(加藤諦)

あなたの話だと・・
ええ、ええ。(相談者)
めん、面会は結構ですと、相手方の弁護士に言ってたと。(加藤諦)
ええ 言いました。(相談者)
だけど今4歳になったお嬢さんは「パパと会いたい」と・・(加藤諦)
はい。(相談者)
言ってると。(加藤諦)

はい・・言ってます。(相談者)
でぇ、面会・・の問題をどうしたらいいかと。(加藤諦)

はい。(相談者)
まぁ、いうことですねぇ。(加藤諦)

はい。(相談者)
今日はあの、スタジオにですねぇ。(加藤諦)
ええ。(相談者)

法律以外も法律含めて。(加藤諦)

ええ。(相談者)
もう、全て相談に応じていただける・・(加藤諦)

ええ。(相談者)
弁護士の中川潤先生がいらしているのでぇ・・(加藤諦)
ああ・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)

はい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. できれば会わせてやりたいけど、先方の意向もあるでしょうから、中川先生のアドバイスどおり瀬踏みしてみることですね。
    先方が会う意思がなければ仕方ありません。嘘をついてでも娘が傷つかないように配慮すべきでしょう。

    産むと決断したときに、このような困難は当然予測できたはずですから、産んだ者の義務として立ち向かってほしいです。

この記事にはコメントできません。