テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月9日(月)は、加藤諦三&大原敬子。21歳の息子が彼女を家に連れて来た。彼女の車にチャイルドシート。仕事から帰ってきて確認すると、未婚のシングルマザーとの事。動揺し思わず反対するようなことを言ってしまうと、以来、息子が口をきいてくれなくなり、仕事から帰って来ても、居間を通らず部屋に直行。お弁当は作るが、たまに作らないこともある。親としてどう対応すればいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『客観的事実は一つでも、それぞれの人が認識する事実は、人の数だけあります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:53歳女性(働いている) 夫54歳 子供3人 長女24歳 長男21歳(働いている) 次男16歳 実母(年齢不明) 6人暮らし 長男の彼女21歳未婚のシングルマザー

もしもし?(加藤諦三)

はい?(相談者)
・・
はい・・テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

53歳です。(相談者)
53歳・・(加藤諦三)
・・
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

え・・ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

54歳です。(相談者)
54歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えっと・・(相談者)

長女が、24歳・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

で、次が・・え・・長男が・・(相談者)
・・
20・・1歳・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

次男が、えっと・・10・・6・・歳。(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ、今、5人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)

えっと、あと、わたしの母と・・同居しています。(相談者)
あっ・・お母さん・・(加藤諦三)
・・
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

それで・・どんな相談ですか?(加藤諦三)
えっと・・長男の・・21歳の・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
長男の・・ことなんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、彼女が・・(相談者)

出来て、これから・・遊びに来ますって、連・・(相談者)
・・
って、言われられて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

でぇ、そしたらそのぅ・・乗って来た子・・の、車に・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

えっと、チャイルドシートがついてて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
えっ・・まさかな・・って、ええ?と・・(相談者)
・・
思って、でぇ、まぁ・・(相談者)

・・

・・

ぃ・・で、わたしそのまま、仕事に行ってしまったので、夜・・ま、帰ってきて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

えっと、確認・・ま、息子に確認・・したら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
子供いるよ・・って・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
うん、言って、でぇ・・(相談者)

うん、なんで・・なんでそんな・・そんなこと言ったら、失礼だけど・・(相談者)
・・
そういうこと・・そう・・(相談者)

ええ?!・・なに?なんで?・・って、ちょっとわたしも、動揺してたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

「そんな、重要なこと?それが?」・・とかって・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
そういう・・感じなんですねぇ、でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・小さい頃からもう・・(相談者)

慎重派でこう・・石橋叩いても・・渡らないような・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

子・・だったのに、そういう・・(相談者)

こと・・ば、出会って、付き合って・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ、家に連れて来たり・・ちょっと・・(相談者)

わたしも、受入れられなくて・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

・・

あのぅ・・絶対、あのぅ・・(相談者)

子供が出来ちゃったとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あと・・その、今・・(相談者)

いる子供?・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

連れて、うちに遊びに来るとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そんなの婆ちゃんに知れたら・・ヤダから・・ショック受けちゃうから・・そういうことだけはもう・・(相談者)
・・
絶対、やめ・・しないでね・・って・・(相談者)

いうふうに・・(相談者)

突然、まぁ・・(相談者)

そ、そういうのが、頭に浮かんだんでもう、その時にバァ・・と・・(相談者)

言っちゃったんですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしは反対だし・・っていう感じで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

そしたらまぁ・・(相談者)

息子は・・(相談者)

「えっ?マジで?」とか・・って・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
なんでそんなことを・・みたいな・・(相談者)
・・
反応で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

まぁ、今・・(相談者)

でぇ、まぁ、そ・・それ以降・・ちょっと、口を・・きかなくなっちゃって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・で、仕事から帰ってきても、自分の部屋に、スーっと行っちゃったり・・(相談者)
・・
居間には、寄るようなことがなかったんです。(相談者)

はぁん・・(加藤諦三)
そういうことが、続いてたんですねぇ・・(相談者)

そうすると、口・・きかなくなっちゃってるから、今、どうなってるかはわかんないんですね?(加藤諦三)
で・・(相談者)

ええ、でも・・あのぅ・・(相談者)

・・

・・

息子のこと、ちょっと、移動・・(相談者)
続いてるの?(加藤諦三)

移動するのに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと中の・・車に乗ったら、こう・・(相談者)

小さい・・(相談者)

子供の靴が・・おい・・置いてあったり・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

子供が遊ぶボール?(相談者)
はい。(加藤諦三)
が・・置いてあったり・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

だからまだ、ああ・・(相談者)

まだ、付き合ってるんかなぁ・・って・・(相談者)
ふぅ・・ん・・(加藤諦三)
思ってはいるんですけど・・(相談者)
そいでその彼女っていうのは、何歳ぐらいの方?(加藤諦三)

え・・21さ・・同じ年・・21歳なんです・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
同い年ですか?(加藤諦三)
うーん、でぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

結婚は、してなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

未婚で産んだらしいんですけども・・(相談者)
はい、はいはい・・(加藤諦三)

・・

・・

だから、そういう・・(相談者)

なんだろう・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)

で、そこら辺のところも・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
あの・・あなたはまだ、わかってないん・・(加藤諦三)

わけですねぇ・・未婚で産んだんだか、結婚で産んだんだか・・(加藤諦三)

子供が出来・・たんで、約束・・結婚しようね・・って、約束したけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・男の人は、逃げちゃったんだ・・(相談者)
はあ・・(加藤諦三)
よって・・(相談者)
なるほどねぇ。(加藤諦三)
それは、息子から・・(相談者)

聞いたんですねぇ。(相談者)
はいはいはいはい。(加藤諦三)

そうすると・・(加藤諦三)

・・

子供の靴がある・・ボールがあるって、何歳ぐらいですかぁ?(加藤諦三)

・・

うむ・・(相談者)

・・

ちょ・・うん・・(相談者)

小っちゃい靴だから、まだ・・(相談者)

・・

・・

1~2歳・・(相談者)

なような・・(相談者)
1~2歳?(加藤諦三)

靴が・・うん・・(相談者)
もう、もうちょっと・・うん、もうちょっと・・(加藤諦三)
小っちゃか・・(相談者)
あれ・・いってそうな感じ・・(加藤諦三)

ボールがあるっていうから・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
もうちょっとかなぁ・・って思ったんだけど、まぁいいや・・(加藤諦三)
ゴム・・うん、ゴムボール・・ですねぇ・・(相談者)
そんでぇ・・まぁ・・ああ・・はい・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
キャラクターのついてる・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

それでぇ・・(加藤諦三)

今・・息子さんは・・働いてるんですねぇ?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

かい・・会社勤めは、き・・仕事の方は、きちんと、ま・・真面目にやってるわけねぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

そこには・・(加藤諦三)
おべ・・お弁当は、作っとけば、持って・・(相談者)

・・

・・

行く・・挨拶はしなくても、お弁当は、持って・・そうやって、会社に・・(相談者)

行っちゃうような、今・・(相談者)

感じです・・(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それでぇ・・(加藤諦三)

あのぅ・・好きな女性が出来たから、その一緒に、ん、その、彼女と・・(加藤諦三)

暮らし始めるってんじゃなくて・・(加藤諦三)
・・
まぁ、家には、ちゃんと帰ってきてるわけですね?(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

・・

住まいというか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
生活の中心は・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

こちらの家にあるわけですよねぇ?(加藤諦三)
家に・・はい、ちゃんと・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
仕事も、行ってました、はい。(相談者)
ウン・・(加藤諦三)

仕事も、きちんとしてると。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
んでぇ・・(加藤諦三)

あのぅ・・さっき、あなた、あのぅ・・石橋を叩いても渡らないような、その、慎重な子だったと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まぁ・・(加藤諦三)

・・

言われてましたけども・・要するに・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あなたの言う事を、よく聞く・・(加藤諦三)

す・・素直な良い子だったんですか?(加藤諦三)

・・

・・

子供三人の中では・・(相談者)
・・
一番・・(相談者)

・・

・・

・・

言われた事は・・(相談者)

するし・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・

でぇ、別に・・(相談者)

中学ぐらいの反抗期でも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、男の子だから、まぁ・・(相談者)

口数は少なくなったけれども、別に・・(相談者)
・・
反抗するような、「うるせぇ、ババア」とか、そういうことは・・(相談者)

・・

言わない・・(相談者)

子でした。(相談者)

はい。(相談者)
要するに、こ・・このぅ・・21歳の彼女との関係を・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
ああ・・母親として、どういうふうに・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
見てったらいいんだろうか?・・(加藤諦三)
そう・・(相談者)
ってことね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
あのぅ・・はい。(相談者)
今日は、スタジオに幼児教育研究の・・(加藤諦三)
はあ・・(相談者)
大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
ああ・・まぁ・・(相談者)
・・
すいません、お願いします。(相談者)
あの、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  加藤先生の仰せのとおり ご相談者さん 一つの価値観にとらわれていますネ!
     柔軟に対応し  次は 子供も一緒に  などと言う 対応だったら なごむのになぁ。

この記事にはコメントできません。