テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月20日(金)は、加藤諦三&坂井眞。10年前、両親と同居すると兄と父が実家を建て替える。建物名義は兄だが、兄の住宅ローンと父の退職金を使う。結果、うまく行かず家を出て4年前に一戸建てを購入。二重のローンに耐え切れず、父へ支払いを要求。断る父。ローンの払いと完済後の明け渡しに縁を切るつもりの父親。
加藤諦三氏の〆の言葉『不公平という感覚は、不満を100倍にします』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:44歳男性 妻43歳 子供三人 長男16歳 長女14歳 次女10歳 実家に住む両親 同居から家を出た兄

もしもし?(加藤諦三)

カラン・・

もしもし?(加藤諦三)

はぁい、もしもし?(加藤諦三)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

カラン・・カラン・・

もしも・・(加藤諦三)
はい、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、44歳です。(相談者)
44歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい、結婚してます。(相談者)
え・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

え・・43歳。(相談者)
43歳・・お子・・お子さんは?(加藤諦三)

子どもは、えっと・・長男、え・・16歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・長女、14歳。(相談者)
はい・・はい、わかり・・(加藤諦三)
次女・・10歳です。(相談者)
次女、10歳。(加藤諦三)

はい、わかりました、でぇ、どんな・・相談ですか?(加藤諦三)

はい、あの、両親が住んでいる・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
家の権利についてなんですけど。(相談者)
はぁい。(相談者)

でぇ、今・・両親・・(加藤諦三)

ご両親は・・別のとこに住んでんですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい・・そいでぇ?(加藤諦三)

えーっと、実はですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと・・10年ほど前だと思うんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええっと・・まぁ、わたしが・・住んでいた。(相談者)
・・
え・・両親と一緒に住んでいた家があって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、その家を、兄夫婦が結婚したんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

兄夫婦が、同居するというので。(相談者)
はい。(加藤諦三)
建て替えをしました。(相談者)

はい・・(加藤諦三)

建て替えをした。(加藤諦三)

でぇ・・はい、でぇ・・(相談者)
っていうか、あなたが住んでいるところに。(加藤諦三)
・・
また、兄夫婦が一緒に住んで・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

いえいえ、わたしはあの、結婚をした・・する前に、家を出たんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

両親が残った家に。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、一度、ぇ・・兄は・・家を出たんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

結婚・・をして、しばらく経って、同居するということで。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
でぇ、両親と一緒に住むというので、建て替えをしたと。(相談者)
はい、た・・はい、建て替え。(加藤諦三)

それでぇ?(加藤諦三)

でぇ、あのぅ・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

あのぅ・・その、同居する相談を、兄から・・受けた際にですね。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ええっと・・兄と、父親の・・え・・そりが全く合わない、え・・状況が、今まであったもんですから。(相談者)
はい。(加藤諦三)

反対をしたんですね。(相談者)

ああ、あな・・あなたがね、はい、はい。(加藤諦三)
わた・・わたしは・・(相談者)

はい、ただ、あのぅ・・うまくやるからと・・いうことと。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・戸建てを手に入れる為に。(相談者)
はい。(加藤諦三)
一緒に、住むんだ・・っていう・・そういうことで、あのぅ・・りょ・・同居すると。(相談者)

はい。(加藤諦三)

いうことを、まぁ、押し切ったんですね。(相談者)

でぇ・・しばらく経ってからですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
やはり、生活環境が・・(相談者)

あのぅ・・兄・・嫁。(相談者)

はい。(加藤諦三)
と・・両親とでは、やっぱり違うのでぇ。(相談者)

え・・兄嫁の、そのぅ・・生活の・・ぉ・・サイクルに。(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、両親・・が、合わしせるような恰好で、生活が進んでいったんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・(相談者)
あ、兄嫁っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
その、働いてたの?(加藤諦三)

えっと・・そうですね。(相談者)

働いてたの?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

その・・この夫婦関係は、そ・・うまくやって・・いってるんですね?(加藤諦三)
うまくいってるようです。(相談者)

それぞれの組は、うまくいってるんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
それぞれの組同士で良くない・・といことですね。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

そいでぇこれは・・なぁに?あのぅ、一戸建てで、請け負う・・ど、どういう・・ような、生活の形態になってるの?(加藤諦三)
・・
要するにその、二世帯住宅のように、台所・・二つあって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あの、やはり・・お金がかかるのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

玄関・・共同。(相談者)
はい。(加藤諦三)
え、キッチン、お風呂、共同。(相談者)

そういう形に、しちゃったもんですから・・(相談者)

はぁぁぁ・・(加藤諦三)
それがやっぱり・・(相談者)
キッチンもお風呂も・・(加藤諦三)
あの、合わないほうが・・(相談者)

共同だと・・(加藤諦三)

まさに、一緒に住んでるって感じだねぇ。(相談者)
そうですねぇ、別の・・二世帯というよりも、同居っていう・・(相談者)
どう・・うん・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・(加藤諦三)
ことですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
それでぇ?(加藤諦三)

でぇ、ある時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その、やはり・・生活が合わないのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

兄夫婦が・・(相談者)
・・
えーっと、家を出る・・アパート借りて、家を出るという・・(相談者)
うん?(加藤諦三)
ま、そういう・・相談に来たんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・二世帯・・最初に二世帯にする時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、同居すると言った時に。(相談者)
はい。(加藤諦三)

実はあのぅ、両親が住んでた、わたしの実家。(相談者)
・・
で、あった建物は。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ローンが、全部、済んだ状態だったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それを、え・・まぁ、建て替えるといういことでぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

更地にして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、兄夫婦ももちろん、ローンは組んだんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・父親も、退職・・したタイミングだったのでぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

退職金だとかで、頭金なりを・・かなり出したと思うんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、払わなくていいローン・・に、ま、父親に・・からすれば、は、は、払わなくていいローンなもんですから。(相談者)
はい。(加藤諦三)

兄がずっとローンを払ってたんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、え・・アパートに、移るということでぇ。(相談者)
・・
そのローンを、両親に、押し付けようとしたもんですから。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そうすると、今、住んでいる、家っていうのは・・名義はどうなってんです?(加藤諦三)
名義は、えーっと、両親が住んでるのは、土地は、父の・・ぇ・・名義でぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
建物は、兄の名義です。(相談者)
あぁ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)

で・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
はい?(加藤諦三)
え・・しばらくは、アパート暮らしをしていたんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

どうやらあのぅ・・もう一軒、戸建てを、兄が、建てたらしくてですねぇ。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
え・・これが、えっとぅ・・四年ぐらい前、さん・・うん、そうですねぇ。(相談者)

四年ぐらい前、前だったと思うんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・いよいよ、まぁ、両方でぇ、住宅ローン抱えてっていうのが、厳しいということでぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、今回、え・・あらためて父に・・(相談者)

え・・そちらの建物の分のローン。(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・月に、6万いくらということなんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、それを、あのぅ・・払って欲しいと。(相談者)

いう、お願いに来たらしいんです。(相談者)

はい、はい。(加藤諦三)

でぇ・・えっと・・まぁ、父親・・とすれば。(相談者)

「お前が払え」と。(相談者)

うん・・は・・(加藤諦三)
いうこと、言ったんですが。(相談者)
払えというよりも・・先ほどの話だと、土地は・・ご両親の名義でぇ・・(加藤諦三)
名義でぇ。(相談者)

建物の方は・・お兄さんの名義に・・(加藤諦三)
はい、名義・・(相談者)
なってるわけですねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

だもんでぇ・・(相談者)
でぇ、その、お兄さんの名義で。(加藤諦三)

残っている。(加藤諦三)

ローンを。(加藤諦三)

はい。(相談者)
お父さんに、払って欲しい・・ということ?(加藤諦三)
・・
そうですね。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

でぇ、あの、もちろん・・(相談者)

銀行から、住宅ローン借りてるのは。(相談者)

兄・・本人です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、なんて言うんですかね、兄が、公証役場に、相談に行ったらしくて。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えっと、賃貸契約っていう形でぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

契約書を、持って来たんですね、「こういう条件にして欲しい」という。(相談者)

あの・・(加藤諦三)
でぇ、そのぅ・・(相談者)
お兄さん夫婦が、その両親の・・家を、借りるという、賃貸契約っていうか、そういうこと・・(加藤諦三)
あっ、えっと、逆なんです。(相談者)

兄夫婦が、両親に・・(相談者)

家を貸すという、じょう(条)・・あの、契約でした。(相談者)

それでぇ?(加藤諦三)
それがあのぅ・・(相談者)

ぇ、契約書というの、ちょっと、目を通したんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

要するに、ローンを、払い終わった時点でぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え、父・・親の・・(相談者)

え、ま、両親の負担でぇ。(相談者)

はい。(加藤諦三)
名義を・・(相談者)

え・・兄に・・書き換えて。(相談者)

家を、明け渡すようにとか。(相談者)

なんか、そういう滅茶苦茶な・・まぁ、え・・一般の、素人からすると、随分、滅茶苦茶な・・あの、契約書を、作るんだなぁ・・っていう、感想だったんですけれども。(相談者)

ローンが・・(加藤諦三)
ま、そういう・・(相談者)
払い終わったあ後に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

お兄さんのに、するってことは、土地も含めて全部、お兄さんの物にする・・ってこと?(加藤諦三)

そういうことみたいです。(相談者)

・・

・・

うーん・・はいはい、それでぇ?(加藤諦三)

はい、でぇ、そういう契約書を持って。(相談者)
うん。(加藤諦三)

え・・ここに、契約・・書に、ま、サインをして欲しいと。(相談者)
うん。(加藤諦三)
いう・・お願いに、来たらしいんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ま、もちろん、あのぅ・・うちの父としても。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ、そういう契約には、納得いかない・・ということでぇ。(相談者)

うん。(加藤諦三)

まぁ、あのぅ・・父・・は、ぁ、ま、残ってる財産を全部使ってぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その、ぉ・・金額自体を、一括で、全部、返してしまおうと。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、なのでぇ、兄の・・ぇ、住宅ローンの、肩代わりをしてやろうと。(相談者)
うん。(加藤諦三)

いう・・もう、半分、ヤケな状態でぇ。(相談者)

え・・相談に来てる・・わたしのとこに、来たんですけれども。(相談者)

ご両親がね、あなたのところにね。(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

でぇ・・ぅ・・そもそも、そういうことって、随分、理不尽でぇ。(相談者)

法的に、認められることなんだろうか?・・っていう・・疑問があって、今回、ご相談させてもらったんですけれども。(加藤諦三)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、今日はあの、スタジオに弁護士の、坂井眞先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 話し合っても無駄ってことですね。
    法的に決着つけるしかない。
    世間一般の常識から言って妥当な結論が出るでしょう。

この記事にはコメントできません。