テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月13日(土)は、加藤諦三&塩谷崇之。51歳男性からの相談。離れた所に住む実家の父が、36、7年前に土地を売却。その土地で事業を起こした方が、仕事を辞めて更に売却することに。すると土地家屋調査士の方から、役所管理の私道があるとのこと。その分筆の為の測量費用を負担しろと言われているが。
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:51歳男性 妻52歳 離れたところに住む両親 父が土地を売った(36、7年前)買主Aさん 家屋調査士

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あっ、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

えーっと、51歳です。(相談者)
50・・1歳、結婚してます?(加藤諦三)

はいしてます。(相談者)
え・・奥さん何歳ですか?(加藤諦三)

52歳です。(相談者)
52歳・・でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

実家に・・両親が住んでるんですけども、離れたところに住んでるんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、その実家にですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
約40年ぐらい前、ま、30・・6、7年ぐらい前なんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

父が・・土地を売却したんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、その売却した相手の方・・(相談者)

っていうのが仮にAさんとしますとですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その売却した土地・・に、まぁ、Aさんは、と、建物を建てまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ま、そこで、事業というか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ご商売をし始めまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
現在に至るまでなさってる状況なんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、1、2ヶ月ほど前に、そのAさんが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その事業というか商売を、お辞めになって。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その建物と土地を、誰かに売却して・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ、え・・そのAさんは、まぁ、遠方の方に・・ま転居すると。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
いうような話をですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、父の方から聞いたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、ああそうだったのか・・というふうに思ってたんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それで今度、数日前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

Aさんが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
その両親の居る、実家の方に訪ねて来られて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、「転居する」っていう話をされたみたいなんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その時に、まぁ、36、7年以前、前に売った土地の件について。(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・土地の境界線かなんかを・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
はっきりさせる為に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
立ち会って欲しいかなんか、そ・・ちょっとその辺の詳しい話はちょっと・・わからないんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
とにかくAさんが依頼した、土地調査家屋士の方にですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
父・・から、連絡して欲しいと、Aさんから依頼を受けたらしいんですよね。(相談者)

あ、あなたのご両親の方から・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・(加藤諦三)

・・

土地建物?(加藤諦三)

あっ、えーっとですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
すいません、とにかくAさんは・・詳しい説明もしないまま、わたくしの父にですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

「この土地家屋調査士の方へ、電話して欲しい」と、言われたらしいんですよね。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

はぁい、それでぇ・・(相談者)

え・・父は高齢なものですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ、そういった煩雑(はんざつ)なこととかを・・わたしの方に任せるということでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
境界かなんかの、こう立ち会いが必要であれば、「お前が立ち会え」というふうな形で、まぁ、父から依頼があったものですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

数日前にわたくしが、直接そのぅ・・家屋調査士の方に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
お電話したんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・その土地家屋調査士の方に、え・・「どういった事なんでしょうか?」というふうに、電話しましたらですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その売買をするにあたってですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

なんかこう、きっちっと土地のこう・・いろんなことをやってた・・とわけですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・以前、父が売ったこの土地なんですけども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)
その一部に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
そのいわゆる役所かなんかの土地が、混じってるってことがわかったみたいなんですね。(相談者)

役所?(加藤諦三)

か、なんかの土地が、入ってるっていうのは、ど・・どういうこと・・ですか?(加藤諦三)

その土地の・・一部に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その・・(相談者)

役所かなんかの・・(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

道路というか、土地か知りませんけど、混じってるのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

もし円滑に、そのぅ・・Aさんがその方に売るんであれば・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

どうすればいいか?ってその家屋調査士さんが、ぁ、役所とこう・・いろいろ話をしていたら・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
その土地の部分を・・(相談者)

分筆って言って、こう、一つの土地をこう・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
分けるような、分筆する・・すれば・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

いいってことで、その、分筆や了承を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
役所からもらったらしいんですよね、その家屋調査士さんが。(相談者)
はぁい、は・・はい。(加藤諦三)

それで、その分筆するにあたっては、正式な測量をする必要があるということでして。(相談者)
まぁ、そりゃそうでしょうね、はぁい。(加藤諦三)
え・・ええ。(相談者)

でぇ、その測量・・の、費用がかなり高額になると。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、この測量の費用をですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

Aさんは・・(相談者)

はい。(相談者)
うち側が、負担すべきと主張されてるというふうに、おっしゃってるみたいなんですね。(相談者)
ああ・・はぁ・・はいはいはい。(加藤諦三)

はい、でぇ・・(相談者)
でぇ、おおよそですけどそのぅ・・いくらぐらいの費用なんですか?(加藤諦三)

金額ですか?(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

おおよそ・・(加藤諦三)
**には、具体的には、おっしゃってない・・おっしゃられなかったです。(相談者)
ああ、言わないんですか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)
ただ「高額です」と、おっしゃっただけです。(相談者)
高額・・はい、そうすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたの今日の相談っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

このぅ・・土地家屋調査士の方が言っている・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
その土地の調査に係る費用を・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
自分が・・もたなければならないんでしょうか?っていう・・(加藤諦三)

そういうことです。(相談者)
そういうことですか?(加藤諦三)

はぁい、わかりました、今日はあのぅ、スタジオに弁護士の、塩谷・・崇之先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. そんな要求は突っぱねればいいってことですね。
    こちらからは何も対応する必要ない。
    「どうしても要求したいなら裁判に訴えてちょうだい、受けて立ちますよ」と、キッパリ言い放てばいい。
    裁判ってことになればAさんも弁護士に相談するでしょうから、弁護士に「そんな裁判勝てませんよ」とでも言われて諦めるでしょう。
    かえって中途半端に対応してると無理やり泥沼に引きずり込まれるかもね。

  2. 売買契約書の内容やその当時念書などの書類の取り交わしなど有ったかが少し気になりますが。そもそも、不動産の売買の時に不動産業者等のプロフェッショナルが仲介していなかったでしょうか。宅建業者としては、重要事項説明の義務が有りますから、物件の調査報告は必須です。売り主の瑕疵を問うのであれば、仲介業者と結託して詐欺を行ったということになるのではないでしょうか。
    土地の問題は非常に難しいことが多く、素人では完全な把握は難しいと思えます。そう意味でも相談者様は善意無過失に限りなく近いと思えます。
    ところで、占有土地に役所の土地が含まれる場合は、公図で無地番又は普通に地番がふられていて登記簿に前者は有りませが、後者は所有権者として記載されています。厄介なのは、希に旧土地台帳には記載されてお。、新しい公図に転記ミスで反映されていなかったり、の挙げ句、登記簿にも不明な場合が有ります。国土調査や農地解放…様々な事情の中、遺漏が出てくる場合が有ります。
    位置指定道路は行政によって必ずしも分筆登記をしなくても良い場合が(特に昔は)有り、また昔の建て売り業者は「えい!や!」という感じで道路幅員がとれていない状態で販売したこともあったと思われます。但し、位置指定道路なら役所にその記録が有ります。そしてその分筆登記が現在の役所の決まりで必要でも遡って昔の所有者に義務が有る訳では無いはずです。現行法の(現在の)所有者の義務意外の何物でも有りませ。
    現在は、実測売買が基本ですし、この様な重要事項は仲介業者の絶対的義務です。そして土地家屋調査士が、遡って前所有者へ請求に来るということは、仕事を貰っている不動産業者の下請けの楊なもので、本来筋違いであり、その不動産業者にも甚だ問題が有る様に思えます。
    お役に立てたか分かりませが、もし高圧的に相談者様へ言い寄って来るのならば以上のことをご参考に弁護士様他にもう一度ご相談してみて下さい。

    • 詳しく説明していただき、ありがとうございます。
      おっしゃる通り、仲介業者の介入は、考えられるかと思います。
      想像するに、A氏が売却するに辺り、境界の確定を土地家屋調査士に依頼したことから発覚。
      家屋調査士が、役所に道路境界確定の依頼を行った折に見つけたのではないかと思います。
      「あれ?ここも道路になってる」って感じじゃないでしょうか。
      役所の道路台帳には、記載されてますからね。
      仲介業者が入っていれば、当然、確認しているはずなんですけど。
      お父さんが売却した時、A氏と直接売買したので、こういったことが生じた可能性もあります。
      とにかく、今さらって感じではありますが。

この記事にはコメントできません。