テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月5日(水)は、ドリアン助川&三石由起子。1年半くらい前から12歳年上の彼と関係を持ち、付き合い始めたが、結婚は考えられない状態。であるにも関わらず、実家に帰るのも、一人暮らしも嫌だという30歳女性。依存状態の彼と別れた方がいいと思っているが別れられない。どうすればいいでしょうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:30歳女性(派遣社員として事務職) 同棲中の彼42歳(バツイチ)

もしもし?テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あ、もしもし?(相談者)
ぁ、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

よろしくお願いしまーす。(相談者)
はい今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

っと、彼・・(相談者)

に、依存していて。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なのであの・・(相談者)

別れた方がいいと思うんですけど。(相談者)

はぁい・・(ドリアン助川)
・・
なかなか・・(相談者)

・・

できなくて。(相談者)

その彼・・が、どうこう・・(相談者)

・・

ではなく、自分自身がこれから・・どうやったら・・(相談者)

・・

・・

良い人生を送れるかなぁ・・と。(相談者)

・・

・・

そう思いまして(笑)・・(相談者)
・・
はい、そういう悩みの渦中にいるわけですね?(ドリアン助川)

すいません。(相談者)
えっと、おいくつですかあなた?(ドリアン助川)

30です。(相談者)

30歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
彼は?(ドリアン助川)

40・・2です。(相談者)

42歳・・(ドリアン助川)

彼は独身ですか?(ドリアン助川)

あっ、バツイチです。(相談者)
バツイチ?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
でも・・今、家庭があるわけではないの?(ドリアン助川)

ああ、はい。(相談者)
あ、そうなんですか?(ドリアン助川)
・・
あなたは・・(ドリアン助川)

独身なんですね?(ドリアン助川)

です。(相談者)
はい・・でぇ、え・・12歳の、ぉ・・年の差がある、恋愛ですけども、彼に依存というのは、具体的にはどういうことを言ってますか?(ドリアン助川)

彼・・が居ないと。(相談者)

朝起きれなかったり、夜・・ご飯が食べれなかったり。(相談者)

お風呂にはい・・(相談者)

ろう(入ろう)という気にならなかったり。(相談者)

でぇ、彼と離れて・・(相談者)

友達と会っていたりしても。(相談者)

心ここにあらずという・・感じでいつも、気になったり・・(相談者)

・・

・・

あと・・(相談者)

彼が・・(相談者)

わたしが居ないところで、楽しんでいるのが・・(相談者)

許せなかったり。(相談者)

うん。(ドリアン助川)

・・

・・

猛烈に好きなんですね?(ドリアン助川)

・・

いや、でも、そーれだといいんですけど、そういうわけでもなくて。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

少し前から・・(相談者)

なんとなく・・合わない・・(相談者)

っていうのは、気づいていて。(相談者)

性格が?(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でももちろん一緒にいたら楽し・・かったり、ホントに素敵な人だなぁ・・とも思うんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも・・(相談者)

彼と・・一緒に・・(相談者)

居て・・あんまりわたし自身、調子も良くなくて。(相談者)

まぁ・・(相談者)
調子よくないっていうのは、どういうことですか?(ドリアン助川)

そのぅ・・(相談者)

痩せていっているし。(相談者)

そのぅ・・(相談者)

割と無気力・・だったり、仕事も・・休みがちだし。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

彼はこう・・(相談者)

もっと、自由に趣味とかも楽しみたい・・(相談者)

「信頼関係があるんだから、大丈夫だったろう」・・って言うんですけど。(相談者)

わたしと・・(相談者)

一緒に趣味を楽しみたいっていうタイプで。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも彼はすごい自分の世界を持っていて。(相談者)

・・

そんな彼をわたしは狭めてしまうし。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
彼の好きなタイプは、わたしみたいなタイプではないので。(相談者)

彼と居ると・・(相談者)

自信を・・失くしたり、なんでこんなふうに・・(相談者)

わたしは生まれてしまったんだろうって思ったり。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

するから、きっとわたしも・・(相談者)

良くないし、彼も良くないだろうなぁ・・って。(相談者)

彼は仕事は、何をしてる人?(ドリアン助川)

ぁ、営業です。(相談者)
営業・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あなたは?(ドリアン助川)

今は・・(相談者)

えっと・・(相談者)

事務職、派遣ではた・・働いていて。(相談者)
派遣・・(ドリアン助川)

派遣で働いている。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
あの、会社同じですか?(ドリアン助川)

・・

前は同じだったんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

・・

二人の事が見つかって、会社辞めることになりまして。(相談者)
あなたが?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ということは・・(ドリアン助川)

このバツイチのバツの理由っていうのは、あなた?(ドリアン助川)

あっ、いえ違います。(相談者)
それは違う?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・恋愛の起点というか・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
彼・・が、ただの同僚ではなくて。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
え・・ある日、恋人になったっていうのは、どういうことがあったんですか?(ドリアン助川)

えっと・・そう、わたし・・もともと・・ちょっと、不安定で。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

彼と会う前から、一人暮らしはうんざりしていたんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

彼と同じ・・(相談者)

職場になりまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

仕事・・(相談者)

休んでいた時に。(相談者)

彼が・・すごく親身に、話を聞いてくれて。(相談者)

そのうちに・・(相談者)

恋に落ちてしまってご飯を・・一緒に食べるようになって。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

そのうちに、一緒にご飯を食べる回数が増えて。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

そういう関係にな・・って。(相談者)

そういう関係になったの何年ぐらい前?(ドリアン助川)

あっと・・1年半くらい前です。(相談者)
1年半ぐらい前?・・うん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

1年半・・(ドリアン助川)

そうですか、今、あのぅ・・い・・(ドリアン助川)

うん、盛り上がってる時期ですねぇ、1年半というとねぇ。(ドリアン助川)

いやもう、喧嘩ばかりですけど。(相談者)
喧嘩ばかり?(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)
はい、罵り合い・・の、喧嘩もよくしますし。(相談者)
あ、するんだ?うん・・でぇ・・えーっと、今日のお電話なんですけども。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
なんとなく、現状は見えてきました。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
あのぅ・・いや、まだまだ深い世界があるんでしょうが。(ドリアン助川)

うふふ・・(相談者)
え・・ど・・具体的には・・(ドリアン助川)

今日、これを相談したいっていう・・部分はどういうことになりますかねぇ?(ドリアン助川)

えっと・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

わたしどうすれば・・(相談者)

幸せになれますかねぇ?(相談者)
あはははははは・・今じゃあ、幸せじゃないんだ?(ドリアン助川)

・・

幸せの瞬間もあるんですよ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あるんですが・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

・・

はぁい・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

40、50になるとねぇ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

一人暮らしの・・(ドリアン助川)

・・

あのぅ・・食事・・もう一度してみたいなぁ・・みたいなこともあるんですけどね。(ドリアン助川)

あはっ・・(相談者)
常にないもの求めて・・人というのは。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)

じゃあ、わかりました。あなたの今日のご質問は、わたしはどうしたら幸せになりますか?・・(ドリアン助川)
うははははははは・・(三石由起子)
ですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
はい、それじゃあ今日の回答者、紹介いたします。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
三石メソッド主宰で、作家で翻訳家、三石由起子です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. ぜいたくな悩みだねえ。本当の意味での苦労ってしたことのない人なんだろうなあ。
    自分の人生を真剣に考えてなくて、ただポヤ~ンと日を過ごしてきたんだろうなあ。
    それで一生過ごせれば、ある意味幸せですよ。

    自分はこうなりたいとか、ああいうことをしたいとか思ったことなんかないんだろうな。
    そうやって歳をとった時に「自分の人生って何だったんだろう?」と虚しくなるパターンだね。
    どんな小さなものでも人生に目標をもって生きている人はこうはならないよ。