テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月17日(金)は、加藤諦三&坂井眞。48歳の女性から、実家で妹と二人暮らしの母親から、実家を妹に生前贈与したいと話をされた。急に言われたので驚いたが、自分も先々のことを考えて母親に土地を欲しいと言ったら了解された。しかし、四人姉妹で話し合いをすると、喧嘩になりそうだが、だんだん弱まってきた母親がそう言っているうちに、話し合った方がいいのだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『80歳で元気な母親を見て、私は嬉しい。それが親孝行です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士) 
相談者:48歳女性(現在は独身) 四人姉妹 実家の母80歳(妹と二人で暮らす)

もしもし?(加藤諦三)

あっ、はい、こんにちは。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

最初に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
年齢を教えてください。(加藤諦三)

えっと、48歳です。(相談者)
48歳・・結婚してます?(加藤諦三)

あっ、えっと今は、独身です。(相談者)

はいわかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

80歳の母から生前贈与の話

えっと・・母の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと・・財産の相続について・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
です。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、あなた、兄弟は?(加藤諦三)

女、四人姉妹です。(相談者)

四人姉妹?(加藤諦三)

はい。(相談者)

お母さんは今、な・・何歳・・ま・・はい。(加藤諦三)
えっと・・今年、80になります。(相談者)
今年、80歳。(加藤諦三)

はい。(相談者)

そのぅ・・母の財産をどうするかっていう・・(加藤諦三)

ことがあのぅ・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)
ん、姉妹四人の間で、今もう・・(加藤諦三)

問題になってるわけですか?(加藤諦三)

わたしが・・えっと、実家に帰った際に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
急に母の方からあのぅ・・(相談者)

言い出したんですねそのぅ・・(相談者)

あっ、お母さんの方から言い出したんですか?(加藤諦三)
そうですあのぅ・・もう、今、まだ・・(相談者)

お元気なうちに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、元気というか、あのぅ・・(相談者)

ま、足腰はもうだいぶ、もう、ホント、弱まってきて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・いるんですけれども、あのまぁ・・(相談者)

さ・・あの幸い、頭の方はまだ、大丈夫で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まだ冴えてるので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
その、自分が認知症にならないうちに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

今のうちに・・(相談者)

もう、妹に。(相談者)

この家、まずは、家の名義をこう・・(相談者)

変更したいって、こと・・とか、生前贈与っていう言葉を、こう使ってきたのでぇ・・それでわたしも、ちょっとビックリはしましたけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、急にこう・・こちらの方から・・(相談者)

ああだこうだってまた言いだすと、なんかこう・・喧嘩っぽくなっちゃうので・・あのぅ・・それちょっと今、わたしも・・(相談者)

だから冷静になって・・「あっ、そう」っていうふうに、今・・ちょっと冷却期間を置いてるとこなんですね。(相談者)

あっ、あのぅ・・要するにその、四人姉妹の間で、何か問題が、あ・・出たんではなくて・・(加藤諦三)
ええ・・なくて・・(相談者)
お母さんの方から・・(加藤諦三)

出てきた・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・そう言われたことについてちょっと、わたしも・・(相談者)

まぁ、あ、想像してたんですけども、まぁ妹とすごく仲も良かったですし、妹も、すごく母のことを・・(相談者)

こう、な・・あのよく面倒をみてるのでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、妹が、まぁ、多くとっても・・(相談者)
今、お母さんの面倒は、妹さんがみてるわけですか?(加藤諦三)
そうです、あの実家で、今母と妹・・二人で暮らしております。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)
あ、はぁい。(相談者)

わたしも欲しい

それでぇ・・(加藤諦三)

そうすると、お母さんからすると妹さんと話・・一緒に暮らしているんだけれども。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
あなたの方に、家の名義は・・(加藤諦三)

あっ・・えっ・・(相談者)
変更したいとか・・生前贈与とか・・(加藤諦三)
あ、うん・・(相談者)
具体的な話は・・(加藤諦三)

あなたの側に出てきたっていうことですね?(加藤諦三)

まっ、あのぅ・・わたしにも、ま、要するに他の人にも言ってるとは思うんですけれども。(相談者)
あっ、他の、あのぅ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
みんなに言ってるということですね。(加藤諦三)

おそらくあのぅ・・(相談者)

言ってるとは思うんですけども、わたしも、あまり何て言うかそのぅ・・他の姉妹(きょうだい)とは、そんなあの、こういった立ち入った話はしないので、もう、あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

妹が一番、掌握してるとは思うんですね、この件、ま、この件じゃなくても、いろんなことに関しても、いつも、二人・・二人三脚で・・(相談者)

あの、父亡きこう・・やってきてるのでぇ。(相談者)

あ、そうですね、あのぅ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
一般的に、ごく普通にそう・・想像すると、一緒に・・(加藤諦三)

二人で暮らしてるんだから・・(加藤諦三)

そうですね、あのぅ・・(相談者)
そうですよねぇ。(加藤諦三)
うん・・大切な・・特に事などは、あのぅ・・ま、妹に、あのぅ・・(相談者)

任せてるというか・・いう感じだとは思うんですけれども。(相談者)

ま、でも・・ちょっと・・(相談者)

・・

なんて言うんでしょうか・・(相談者)
そうするとあなたの方から、さっき驚いたって言うのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まだ、頭がしっかりしていて元気なのに・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
それなのに、このぅ・・自分の財産をどうするかっていうようなことを・・(加藤諦三)

言い出したっていう、驚き・・というよりも、むしろあれですか、妹と一緒に暮らしている・・(加藤諦三)

から・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
妹・・(加藤諦三)

を通じて、いろんな話が出て・・来るのはわかるけれども・・(加藤諦三)

・・

うん・・(相談者)
妹じゃなく、直接、お母さんがそこで話をしたっていうことが、驚きだった、ということですか?(加藤諦三)

・・

ま、それもありますねぇ・・とか、はい。(相談者)

の・・妹さん自身は・・(加藤諦三)

・・

あなたにこういう話はしてないんですか?(加藤諦三)

・・

あの、相続のことですか?(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

ま、あたしが聞けば・・あの、なにか、言・・答えてはくれると思いますけれど・・(相談者)

妹の方から・・こうだよ、ああだよってことは・・(相談者)

言いません。(相談者)
言わない・・(加藤諦三)
ただ・・はい?(相談者)
はい?(加藤諦三)

ちょっと、まぁ、毎日、比べると、あのぅ・・少しずつなんて言うか、足腰も弱まってきて・・まぁ、年相応に、あのぅ・・体もちょっと、弱くなってきてるっていう・・ことは、あのぅ・・言いますけれども。(相談者)

ええ、お母さん自身の体のことは言うけれども、相続の話は・・一切、出ていないということですね?そして・・(加藤諦三)
そうです、そう・・はい?(相談者)
今日の相談というのは・・(加藤諦三)

まだ・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
元気だけれども、万一のことがあったときに、どうなるんでしょうか?という・・(加藤諦三)

そうですね、今、今のうちに、あのぅ・・(相談者)

話し合・・っておいた方がいいの・・ま、母がそういうふうに言って来るのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

あたしもこ・・あんまり、こういった話をするのって、なんかこうね、縁起が悪いかな・・っと思って、出さなかったんですけれども・・(相談者)

わたしも、しょ・・あのぅ・・将来、今まではまだ、若いと思って、あのぅ、どうにかなるんじゃないかと思って、今までやってきましたけれども・・でも、先々、わたしもどうなるかわからないですし・・あのぅ、出来たら、そういう・・(相談者)

なんて言うんですか?土地とか・・かん・・い・・あるんですね、なんかあのぅ・・実家以外にも。(相談者)
は、はい。(加藤諦三)
あのぅ・・そういったものを、わたしも、あのぅ・・欲しいなっていう・・(相談者)

知っておきたいということですね?(加藤諦三)
先のことを考えた時にですね、はい、あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
はいわかりました、今日はあのスタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
あっ!はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 本音をはっきり言わないで綺麗ごとで話そうとするからわかりにくい。
    まあ、はたで聴いてればおおよそ見当はつきますけどね。

    うわべばかり取り繕おうとするから、ほかの姉妹たちとも腹を割った話ができない。
    ほかの姉妹の誰かが本音を言って悪者役を引き受けてくれないか、と虫のいい考えがアリアリ。

    最後には欲をむき出しにして修羅場を演じるか、いい子ぶって割を食うかのどちらかですよ。
    覚悟を決めることですね。

  2. 奥歯に挟まった物がなかなか 取れなかったですね! 最初から 貰うべきものは貰いたい 妹に独り占めさせない 為にはどうすればいいか (・・? と 相談すれば 坂井先生の お手を煩わせることもなかったのに!

     外野から観ていて 実母の 面倒も見ない 貰うものは貰いたい 虫がよすぎますねぇ。
     私が被相続人(母親)だったら 遺留分が発生する 相続ではなく たとえ 税金がかかっても 世話をしてくれた娘に 全額生前贈与します そうすれば ご相談者には一銭も 行きませんので それが最良です。