テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月18日(金)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。家業を継ぐ為、夫は婿養子となる。両親や祖母と同居をするも、恩着せがましい父親の意地悪で、夫婦共に父と疎遠になる。それを嫌がり家を出た父。周りは自分達の苦労を理解してくれていると思っていたが、息子達からは仲良くしてくれないのなら家に帰らないと言われ、妹達とも上手くいっていない。家族、子供達と仲良くしたいのだが?
加藤諦三氏の〆の言葉『あなたの無意識が、あなたの人間関係です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:60歳女性 夫64歳(婿養子) 二人暮らし 子供三人(37歳・35歳・29歳 性別不明) 三人姉妹の長女で自営業を継ぐ 父親は1年前に他界し、母親は認知症で施設に入っている

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

60歳です。(相談者)
60歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい、しております。(相談者)
え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

64歳です。(相談者)
64歳・・お子さんは?(加藤諦三)

三人います。(相談者)

ぁ・・はぁい。(加藤諦三)

何歳ですか?(加藤諦三)

37歳と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
35歳と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
20・・(相談者)

9歳です。(相談者)
うん・・でぇ今、一緒に暮らしてるのは・・ちょ・・(加藤諦三)
主人と二人です。(相談者)
あっ、今は・・二人ですか?はい、わかりました、んでぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

一年ぐらい前に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

父が、あのぅ・・亡くなったんですけど。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
えっと、わたしは・・あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

主人を養子に迎えて、三人姉妹(きょうだい)の長女ですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・自営業を継いだんですけれ・・けれど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

父と・・10年ぐらい、父と一緒に暮らしてたんですけれど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

父が・・(相談者)

ちょっと、勝手な人と・・いうか・・自分本位な人で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・主人や、わたしのことを・・(相談者)

よく・・思わないし・・わたし達によく・・出来なかったもんですから・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
ぇ、父が、わたし達に、よくしてくれなかったってのは・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
ど、どういうことですか?(加藤諦三)
えーっと・・(相談者)

結局・・自分本位だから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・わたし達に、よくできなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、同居してたんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
うちの家を、出てったんです。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

お父さんが、出てった?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

母と・・(相談者)

あの、お婆ちゃんと居たんですけど・・(相談者)

あのぅ・・三人で、生活してたんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・主人と、わたしに・・父が・・(相談者)

ずっと、堪えて(こらえて)・・我慢してたんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
えーっと、我慢・・できなくなって・・(相談者)

四年ぐらい前でしょうか?(相談者)

あの、父の所には、わたしや主人が、行かなくなったんです。(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)

あま、あまり意地悪がひどいもんですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

もう、そうなったら・・(相談者)

んっと・・自分の子供達が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「じいちゃんやばあちゃんと、仲良くして暮らして欲しい」って・・(相談者)

「それでなかったら、家に帰らない」って、うちの・・息子達が言いまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・親子の仲が・・ぁ(泣きそう?)・・(相談者)

あのぅ・・ちょっとねぇ・・(相談者)

上手くいかなくなってきちゃったんですよ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、あのぅ、父もだんだん、寂しくなって・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの、母も・・(相談者)

父の・・やっぱり・・(相談者)

父は自分本位なもんですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
母にも意地悪をして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

あの、おばあちゃんが亡くなった後にもね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
うん、して・・あの母も、認知症になって、施設に入ったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

からやっぱり父も寂しくなって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたし達と、仲良くできないことがやっぱり、自分で、後悔して・・(相談者)

してたようでした。(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん・・でぇ、だけど・・わたし達、やっぱり父が・・一年ぐらい・・前に、亡くなったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

やっぱり、わたしの姉妹(きょうだい)も・・子供達も、わたし達の大変さを、理解してて・・くれてると思ったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

全然理解しないで・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
やっぱり父のことを信じてるんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)
だ、だから・・わたし達・・が、すごく・・(相談者)

今、子供達とも仲良くできないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
姉妹(きょうだい)とも、仲良くできなくなっちゃったんですよ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

まとめると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
要するにあなた・・(加藤諦三)

まずこの・・(加藤諦三)

子供三人と、今うまくいっていない。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

それでぇ・・(加藤諦三)

あなたはご主人・・(加藤諦三)

とは?(加藤諦三)

うまくいってます。(相談者)

これは、うまくいっている?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そうすると、あなたが今く・・うまくいっているのは、ご主人・・夫婦関係・・(加藤諦三)

はい、そうなんです。(相談者)
だけですか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ・・あなたのお母さんともうまくいっていない?(加藤諦三)

いえ・・父が亡くなってからは・・(相談者)

ちょっと・・あのぅ、自営業のほうもちょっと・・(相談者)

あの、規模を縮小しまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ、み、看れる時間がありますんでぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
今は・・(相談者)

母の面倒を看ております。(相談者)

今、母の面倒を看ている?(加藤諦三)
はい・・でぇ、仲良くしております。(相談者)
そうすると今はうまくいっていないっというのは・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

こ・・あのぅ、この三人のお子さんと、うまくいってないっていうことですね?(加藤諦三)
三人の子供と・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
妹達とうまくいかないんです。(相談者)

あなたの、妹ですね?(加藤諦三)
はぁい・・はい。(相談者)

妹達、妹何人いるんですか?(加藤諦三)
妹二人、下に二人います。(相談者)

自分本位という事は、具体的に言うと、例えば・・いろんなことあるでしょうけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

一つでも二つでも、例えば、具体的なことを・・(加藤諦三)

えっと・・あのぅ・・わたし達、こうやって・・自営業をしているんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

「ご飯食べれるのは・・俺のおかげだ」・・(相談者)
ああ、はぁい、はぁい、はぁい。(加藤諦三)
そういう感じ・・です。(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)
頭ごなしに見る?(相談者)
ええ。(加藤諦三)
うん、そんな感じですねぇ。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ、はx・・(加藤諦三)

要するに非常に・・もっと言えば、恩着せがましいのね?(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)

はぁい、わかりました。(加藤諦三)

と・・(加藤諦三)

相談の・・ポイントというのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

まぁ・・こういうような状況の中で、今、あなたは、この三人の子供の方と自分の・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
家族とも仲良くしたいという・・(加藤諦三)

うん、できればしたいんですけど・・(相談者)
・・
とにかく・・(相談者)

子供達と仲良くなりたいなって・・思ってます。(相談者)

子供達と・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
っていうことですね?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
今日、あのぅ・・スタジオに・・シンクロの、銅メダリストで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
メンタルトレーナーの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

田中ウルヴェ京先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、すいません、どうも。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  父親との価値観 考え方がまるで違ったのですね 常に恩着せがましいことを言う父親に反発なさっておられたのでしょう。
     一方  お子様方は 爺さんに 孫っつ可愛がり されて 良い印象をを持っているのでしょうね とかく 孫に対しては甘くなり 無償の愛情を注ぎこみがちですからねぇ!

     子供たちからすると 祖父母に軍配を上げたくなるのは 当然の結果です。

     

  2. あんまりよくわからなかったです。

    確かに、「私が、私が、!」って話で、周り見えてなかったのだろうな~っては思いました。悩んで思い詰めて相談してくる前に、ゆったりと歩み寄ってみればいいのに。。。自分は悪くないって思うから悩むんだよね。。。

  3. 私も管理人さんと同じように感じました。
    相談者さんは自分自身が自分本位だとは認めてないですよ。
    でも、加藤先生はこれから進むべき方向を示しました。というより強く背を押したんでしょうね。
    さて、これからどうなるんでしょうか?

この記事にはコメントできません。