テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年2月21日(木)は、柴田理恵&大原敬子。43歳女性から、13歳の時に母が離婚、母子家庭で育ち、大震災まで一緒に暮らしていた。意地悪な母から、自分も兄も褒められた事がなく、可愛がってもらった記憶もない。孫が産まれ可愛がり会いたがっているが、この先、どう付き合っていけばいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:43歳女性 夫43歳 7ヶ月の息子 3人暮らし 31歳の時に結婚 実母71歳(飛行機で移動する距離に住む)

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田)
あ、もしもし?(相談者)
こんにちは・・(柴田)
はい、よろしくお願いします。(相談者)
よろしくお願いします(柴田)
こんにちは。(相談者)

今日はどんなご相談ですか?(柴田)
あの母との付き合い方がよくわからなくて、もう。(相談者)
あなた今おいくつですか?(柴田)
あ、43歳です。(相談者)
ご結婚なさってますか?(柴田)
はい、してます。(相談者)

旦那さんはおいくつですか?(柴田)
43歳です。(相談者)
でぇ、お子さんいらっしゃいますか?(柴田)

はい、7ヶ月の息子がいます。(相談者)
でぇ、お母様はおいくつなんですか?(柴田)
71です。(相談者)
お付き合い方っていうのは・・どういうことでしょうか?(柴田)

えっとわたしは母子家庭で育ってるんですけども。(相談者)
はぁい・・あっ、ご兄弟いらっしゃいます?(柴田)

昔は、3つ上に兄がいたんですが、両親が離婚した時に、母が、あの、兄を置いて家を出たので。(相談者)
あっ・・(柴田)

それからあんまり会ってないんです。(相談者)
じゃあ、ずっとお母様と、二人・・で、暮らしてらしたんですね?(柴田)

大震災が起こるまでは、あの、二人で暮らしたんですけども。(相談者)
はぁい。(柴田)

あの、昔その大震災があったときに。(相談者)
・・
母が、ち・・体調崩して。(相談者)
はぁい。(柴田)

田舎のほうに帰って。(相談者)
はぁい。(柴田)

でぇ、わたしは、ちょっと、あの別のとこに、進学しました、翌年。(相談者)
うん。(柴田)
母と二人で暮らしてたときに。(相談者)
はい。(柴田)
ま、特に高校時代に。(相談者)
うん。(柴田)
あの母からすごくイジメられてて。(相談者)
・・
例えば毎晩。(相談者)
うん。(柴田)
お風呂に入る時とか。(相談者)
うん・・(柴田)

「あんたが入った後の風呂は、汚いから、わたしが先に入るわ」とか、言われてて。(相談者)
うん。(柴田)

バイト代取り上げられて。(相談者)
うん・・(柴田)
服も・・「あんたの服はいらんけど・・」(相談者)
うん・・(柴田)
「わたしの・・服はいるから・・:(相談者)
うん・・(柴田)
「わたしの服は買う」って言って、自分の服だけ買ったりとか。(相談者)

「美容院、あんたは行かんでいいけど・・」(相談者)
うん・・(柴田)
「わたしは行く」って言って・・(相談者)
はぁい・・(柴田)
あの、自分だけ行ったりとかですねぇ・・(相談者)
・・
自分を最優先で母は・・(相談者)

ウーーーン・・(柴田)
もう、わたしのこと考えてくれなかったんです。(相談者)

お母さんが・・(柴田)

離婚なさったのは・・(柴田)

あ、13歳です、わたしが。(相談者)
あなたが13歳の時?(柴田)
思い起こすとですねぇ・・その、幼稚園ぐらいから・・(相談者)
うん・・(柴田)

突然あのぅ・・倉庫に投げられたりとか、はい・・(相談者)
なんで?(柴田)

「あなたの、兄への態度がすごく良くなかった」っていうふうに言ってましたけど。(相談者)

とにかくすぐカァッとなる人で、なんかもう・・(相談者)
ア、アーン・・(柴田)
何のフォローもなくて。(相談者)

それで、今現在は・・(柴田)

ぁ、はい。(相談者)
ずーっとそのぅ・・あなたが大学に行かれてからは・・(柴田)
はぁい。(相談者)
あのぅ・・(柴田)

一緒に暮らしてらっしゃらないんですよね?(柴田)

30歳で結婚するまでは、5年間は・・(相談者)
うん。(柴田)
実家の方・・っていうか、田舎の方に・・(相談者)
うん。(柴田)
あの居ました、はい。(相談者)
はい・・(柴田)
あ、祖父母の家・・です、祖父母の。(相談者)
その時はどうでしたか?いじめられたりしたんですか?(柴田)

あっ、「あんたは、あのぅ・・父親に似ていて、とても嫌いだ」みたいなことをよく言われました。(相談者)
うん・・(柴田)
「そっくりで、いやや」って、お父さんに。(相談者)

あとはあんたに何をやっても「ダメや」とかは言われました、はぁい、よく・・(相談者)
ふぅーーん・・(柴田)

うん、それはその時は、あなたはどう・・聞いてらっしゃるんですか?黙ってらっしゃったの?(柴田)

うーん、呆れてたというか・・(相談者)
うん・・(柴田)

うーーん、どうしようもないなぁ・・って思って、あんまり相手にはしてなかったです、はい。(相談者)

んでぇ、31歳でご結婚なさってからは・・(柴田)

お母さんと交流は?(柴田)

あの、よくお金の無心とかは・・あって。(相談者)

うん・・(柴田)
あと、息子が生まれてからは、もう・・(相談者)
うん・・(柴田)
すごく息子も可愛がってくれて、「会いたい」とは、言ってくれるんですけど。(相談者)

あの息子が、幼稚園に入ったら、「運動会出たいから呼んでね」とか言われるんですけど。(相談者)

(笑)(大原)
ちょっと迷惑やと思ってるんですけど。(相談者)
うん・・(柴田)
すごく、あのぅ・・飛行機代から何から全部、用意しないといけないし。(相談者)
でぇ・・その今回のお悩みの・・(柴田)

お母さんとの付き合い方っていうのは・・(柴田)
はい。(相談者)

主人がすごくいい人で・・(相談者)
うん。(柴田)
あのぅ・・わたしが全然、母に電話しないと。(相談者)
うん。(柴田)

「たまには電話してあげなさい」とか・・(相談者)
うん、うん。(柴田)
「親孝行しなさい」とか・・(相談者)
うん・・(柴田)
言ってくれるんですけど。(相談者)
うん。(柴田)
あの、主人はとても恵まれたお坊ちゃんで。(相談者)
うん。(柴田)
あんまり、もうピンと来ないみたいなんです、わたしの話がなんか・・(相談者)
うん・・(柴田)
別世界みたいな・・感じで、産前産後、実は手伝いに来てもらって・・(相談者)
はぁい。(柴田)
あの、すごく助かったんですけど、でもやはり・・(相談者)

うん・・(柴田)
わたしは、この人のことは嫌いだなぁ・・って、いつも思うんですね。(相談者)
はい。(柴田)
結婚した時は・・(相談者)
うん。(柴田)
「あんたに今まで使ったお金返して」って言われたんですね。(相談者)
(笑)・・(大原)

もう、耳を疑うようなことをよく言われるんで。(相談者)
うん・・(柴田)
本当にちょっと・・しんどいんです。(相談者)
はい。(柴田)
気持ちが。(相談者)

自分の。(相談者)

それでもあなたは・・(柴田)
はい。(相談者)
一応お母さんだから・・(柴田)

はぁい。(相談者)
付き合ってあげなきゃなぁ・・と思ってらっしゃるんですか?(柴田)
はぁい、一方ではそうなんですね、ほんと、切れたら楽になるのかなぁ・・ってよく思うんですけれども。(相談者)
うん・・(柴田)

そうですね、あのぅ・・やっぱ、妊娠した時に、これを機会に、あのぅ・・(相談者)
うん。(柴田)
切ろうかなと思ったんですけど。(相談者)
うん。(柴田)

主人が、あのぅ・・「お母さん、他人じゃないんだから、手伝いに来てもらったらぁ?」・・っていう・・はぁい。(相談者)

うーーん・・(柴田)
とても、苦しいので、ちょっと。(相談者)
わかりました。(柴田)
心の持ち方・・はぁい。(相談者)

え、今日の回答者の先生は・・(柴田)

幼児教育研究の、大原敬子先生です。(柴田)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. まあ、物は考えようですから、アドバイスのように考えられるのなら、それはそれでよろしいんじゃないでしょうか。

    盗人にも三分の理と言います。
    こんなひどい母親でも、母親の立場からすれば言い分はあるのでしょう。

この記事にはコメントできません。