テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月23日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。61歳の女性から、23年間同居してきた姑。同居当初から上手くいかず、お互いに、「頭がおかしいのは向こう」と言い合ってきた。子供は自分についてくれるが、夫は母親についている。生活費として年金から10万を夫に渡し、嫁の好きな物は買うなと言う姑。どっちがおかしいのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『最後は幸せになって下さい。Be happy at last!』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:61歳女性 夫67歳 姑93歳 三人暮らし 長男27歳 長女25歳

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あっ・・よろしくお願いします。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に、年齢を教えて下さい。(加藤諦三)

はい、わたし・・60・・1歳です。(相談者)
61歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

してます。(相談者)
えーっと、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
60・・7。(相談者)
67歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

長男が27と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
娘が・・20・・5歳です。(相談者)

はい、でぇ、今は、お二人で暮らしてんですか?(加藤諦三)
三人ですねぇ。(相談者)
あっ・・三人、下の・・いや、上の息子さん?(加藤諦三)
いえ・・姑・・さん・・と・・(相談者)

あ、あっ・・姑さんと、はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それでどんな?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ええっと・・(相談者)

23年ぐらい前から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ちょっと姑と・・同居してるんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

当初から・・(相談者)

合わなくってぇ。(相談者)

・・

20・・3年間・・(加藤諦三)

合わない?(加藤諦三)

合わないんですし・・(相談者)
あ・・合わないのに一緒に暮らしていた?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ、夫婦で、別に・・喧嘩しても・・(相談者)

後で、仲直りしたり。(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)

いいんですけども。(相談者)
うん、うん。・・(加藤諦三)

そこでぇ、やっぱ、割り込んでくるんですねぇ、姑が。(相談者)

ああ・・喧嘩にねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ・・わたしに「畑やれ」って言いましたから、「わたしはそういうことは、一切やらない」って、「やりに来たわけじゃないから」って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

言ったら・・(相談者)

「じゃあ、畑のもの、一切食べるな」って、言われたんですよ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

息子も、娘・・も、やっぱり・・「あの言い方っていうの、あの、脳に障害があるんじゃないの?」・・って。(相談者)

うん。(加藤諦三)

言ってくれてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

あっ、要するに、そのあなたと、お姑さんとは、割れると、子供は、あなたの立場に立って・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

・・

あなたの気持ちを、理解してくれる・・っていうこと?(加藤諦三)
あっ、そうですねぇ。(相談者)
はぁい、はい。(加藤諦三)

あまりに酷いことを言いますから。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

わたし・・(相談者)

嫁入りした時は、えっと免許も・・(相談者)

なかったんですよ。(相談者)

うん。(加藤諦三)
そしたら・・「免許取りに行け」って、言われたもんでぇ、免許取りに・・(相談者)

行ったんです。(相談者)

はぁい。(相談者)
でぇ・・(相談者)

・・

次、免許取ってきたら・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
その、「働きに出てくれ」って、言いましたから。(相談者)
免許っていうのは・・あのぅ・・(加藤諦三)

運転免許?自動車の?(加藤諦三)
あっ・・そうです。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

でぇ・・取ってきたら、取ってきたでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのぅ、「働きに出てくれ」って言われましてぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
それで、働きに出ました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そしたら今度は、仕事から帰ってきたら。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「食べることもやれ」って。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

言われてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
子供も、小さい時は、我慢して作ってたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
最近・・(相談者)

もう、嫌で、嫌で。(相談者)

・・

嫌で、嫌で、顔も見るのも嫌?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)

ということは、あのなに?(加藤諦三)

23年間、ま、子供もいる、そ、育ち盛りの時は、我慢していたけれども・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

それを・・(加藤諦三)

・・

以後は・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
実際に、口喧嘩も・・するだけ?(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

お姑さんは、何歳ですか?(加藤諦三)

93歳です。(相談者)

93歳?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

・・

今の、あのぅ、しゅ・・あなたの話から察すると、まだ、すごい元気なわけですね?(加藤諦三)
元気ですねぇ。(相談者)
いろんなこと、言ってくるってことは、元気なことですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい・・こっちが、神経まいり・・まいりますよねぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

それでぇ、あの、一緒に住んでるって、どのくらい・・(加藤諦三)

朝昼晩・・(加藤諦三)

食事が、一緒でぇ・・(加藤諦三)

あの、今まで一緒だったんですけども、やっぱり、わたしが作・・った料理に、やっぱり、ケチ、いろいろ付けてぇ・・(相談者)

来たんでぇ、「やっぱり自分で、それぐらいだったら、やりな」・・って、「やってください」って。(相談者)

わたしはもう・・別々に・・食べてます。(相談者)

・・

・・

「わたしは別々」って、あなたとご主人は・・一緒でしょう?(加藤諦三)

いえ、違う。(相談者)

ぅ、うん?(加藤諦三)
いえ、姑と。(相談者)

うん。(加藤諦三)

主人は・・一緒に、ご飯、食べてます。(相談者)

ああ・・ん、そうですか。(加藤諦三)
はい、だから・・(相談者)
そうすると、あなただけ、一人別に食事をしてると、こういうこと?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

あの、主人と姑・・(相談者)

とですねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
一緒にご飯、食べてます。(相談者)

わたしは・・別ですね。(相談者)
ふぅーん・・社会的な接触は、どうなんですか?(加藤諦三)
・・
近所の付き合いとか。(加藤諦三)

うーん、全然ないですねぇ。(相談者)

全然ない?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ということは、あなたのご主人は・・(加藤諦三)

ほとんど、生活は、母親と息子とが、中心になってるわけね?(加藤諦三)

えっとですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あっ、姑の言い方だと。(相談者)
うん。(加藤諦三)

姑の年金・・を・・(相談者)

主人にあげてるみたいですね、ひと月に10万ぐらいずつ。(相談者)

まぁ、要するに、こういうことなんですよ。(相談者)

あの、姑が、主人に10万ずつ、生活費を払ってる・・から。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

そのお金でぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、わたし・・の、好きな物を、買うな・・って言うん・・(相談者)

ですよねぇ。(相談者)

・・

・・

自分で働いてぇ、自分で、買って来いっていうふうな、言い方されました。(相談者)

・・

ということは、これ・・93歳のお姑さんからすれば・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
自分の年金でぇ、この、我々三人の生活は、成り立ってるというふうに思ってるっていうこと?(加藤諦三)
そう思います。(相談者)

・・

ふぅ・・ん・・(加藤諦三)
すごい強い人ですから。(相談者)

ん・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

そいでぇ、今日のあなたの相談っていうのはぁ・・(加藤諦三)

このぅ、姑とは一緒にやっていかれないと。(加藤諦三)

えっと、やっていかれないんじゃなくってですねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

姑からすると、わたしが、頭がおかしい・・って言われてるから。(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたしが、ホントにおかしいのか?(相談者)

向こうがおかしいのか?っていうのをちょっと・・(相談者)

常識的に、聞きたいんですけど。(相談者)
ただあのぅ・・非常に難しいですよね、もう23年間も・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

対立しながら、一緒に暮らしてきていてぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

これはもう・・(加藤諦三)

生活の形態を変えろというようなね、簡単なことで済まないと思いますが・・(加藤諦三)
ああ・・ああ、そうですねぇ・・(相談者)
今日はスタ・・スタジオに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 今日のマドモアゼル愛さんの回答は酷すぎ。
    嫁いびりする姑とマザコンの旦那が悪いに決まってるよ。
    こういう相談は三石先生の回答を聞きたかったな。
    加藤先生もマドモアゼル愛さんに対する遠慮があるのかな?今日の締めは歯切れが悪かった。

    相談者がこれから生きてゆくうえで具体的な指針になるような回答であってほしいね。

  2. 人は、そう簡単には変わりません。

    増して、お母さんも相談者さんもずっとその様なままで生きてきたのですから、あと数年、なるべく憎しみを減らしてやっていってください。
    気持ちをそらして自分のためにのみ、生きてください。子供さんと幸せになってください。ご主人は仕方ないですね。
    お母さんが去ればどうなるかはわかりませんが。。。何が正しくて、何が間違っているかは誰にもわかりません。
    どうぞ辛抱を。