テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年2月22日(金)は、加藤諦三&坂井眞。30歳男性から、1歳4ヶ月の娘を連れて、里帰り中だった妻、その時に、家計簿にある日記欄を読んでしまう。1年ほど前に書かれていたのは、「離婚したい」「愛していない」「価値観が合わない」という言葉。その事実を妻に告げて聞くべきか、どうしたらいいのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『人は知らないうちに感情を学習しています』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:30歳男性 妻30歳 1歳4ヶ月の娘

テレフォン人生相談です。(加藤)

お世話になります。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤)
30歳です・・はい。(相談者)
結婚してます?(加藤)

はいしてます。(相談者)
え・・奥さん何歳ですか?(加藤)

同じ歳で30歳です。(相談者)
同じ・・歳(さい)・・お子さんは?(加藤)

1歳と4ヶ月になります・・えっと、娘がいます、はい。(相談者)
どんな相談ですか?(加藤)

1ヶ月ほど前に妻が・・3週間ほど実家に・・え・・戻っていた時期があったんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤)

その時に・・ちょっと妻の、日記のようなものを・・見てしまいまして。(相談者)
はい。(加藤)

家計簿の・・ちょっとした日記のようなことが・・(相談者)
はい。(加藤)
書いてあるというような・・(相談者)
はい。(加藤)
え、ノート・・え、中身ちょっと、え・・良くないんですけども。(相談者)
はい。(加藤)
え・・見てしまいまして。(相談者)
はい。(加藤)

1年ほど前のところ・・に、もう、わたしに対して愛情が・・湧かないというようなことが書いてありまして、経済的な・・(相談者)

ことがクリアされる・・ならもう、別れられる・・っていうようなことが書いてありまして。(相談者)
はい。(加藤)
別の・・(相談者)

の日のところの欄を見ると・・(相談者)
はい。(加藤)
価値観が・・(相談者)

あわなくて、ずっと、ぉ、やっていくということは、無理がある・・っていうようなことが・・(相談者)
はああ・・(加藤)
書いてありまして。(相談者)
はい。(加藤)

非常にショックを・・受けたんですけども。(相談者)
はい。(加藤)
それと同時にですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤)
あのぅ・・妻が、ある宗教に入信をしておりまして。(相談者)
ええ。(加藤)

その宗教の、信仰に関するノートみたいな・・ものも、見つけてしまいまして。(相談者)
はい。(加藤)

わたしが・・夫を、支えるのが使命であるとか。(相談者)

支えて、夫の成功を祈って、え・・それを支えていくのがわたしの勤めで・・あるっていうようなことが、書かれていてですね。(相談者)
はい。(加藤)

信仰の・・教えに、従って、その結婚生活を・・されているのかな?・・っていうような・・ふうに、ちょっと感じてしまいまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

子供も生まれたてで、わたしが・・(相談者)

あ・・全然家事を手伝ってあげなかったりして・・ギクシャクしていた・・時期は、確かにあったんですけれども。(相談者)
はい。(加藤)

でも、最近は・・仲良く、暮らしていると思っていたので。(相談者)
・・
そんなに・・(相談者)

ああいうふうに思われていたっていういのが非常にショックでぇ・・(相談者)

まぁ、見ちまったことを・・(相談者)

打ち明けて。(相談者)

今後のこととか・・(相談者)

について、二人で話し合った方がいいのか。(相談者)
はいはい。(加藤)

それともそのぅ・・(相談者)

このことはちょっと胸にしまっておいて。(相談者)

まぁもう一度そのぅ・・妻を惚れさせるぐらいの、そのポジティブな気持ちで。(相談者)
うん。(加藤)
その日々生活していった方がいいのか・・(相談者)
うん。(加藤)
っていうのを、すごく・・悩んでまして。(相談者)
宗教・・(加藤)

の、事をおっしゃいましたけど。(加藤)

結婚前から何か・・信仰を・・持っていたんですか?(加藤)

はぁい、それは・・(相談者)

ずっと結婚の前・・から・・(相談者)

わかっていたことで。(相談者)
はぁい。(相談者)
母親の影響で・・(相談者)

え・・妻の・・ぉ、妹とか、あ・・家族で、もう、その宗教に、入信してる事はわかっていたんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤)

特にその高額な・・(相談者)

ものを買ったりですとか。(相談者)
うん。(加藤)
そのぅ・・娘に、強要したりっていう事は、今後しないっていうこと、言っていたので。(相談者)
うん。(加藤)

宗教が理由で・・(相談者)

結婚をやめるとか・・っていうふうには思わなかったんですね。(相談者)
・・
妻の考え方とかも・・(相談者)

結構素晴らしかったり・・もするのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤)
そういう・・意味では・・(相談者)

こういう人柄の・・(相談者)

人になった・・っていうことでは、その宗教にも感謝しなきゃいけないのかな・・とも、思ったりも・・するぐらいではあるんですけれども。(相談者)
うん・・(加藤)

うーん、ただそのぅ・・(相談者)

その支えるっていうのが、その、ほんとの・・愛情からくる・・ものなのか。(相談者)
うん。(加藤)

その・・ただ、その宗教の・・(相談者)
うん。(加藤)
もう指示に従って・・(相談者)

うん。(加藤)
そうしなければいけないって、自分で思い込んでいる・・(相談者)
うん。(加藤)

義務・・の・・(相談者)

の結婚・・生活をしてるのかではちょっと、意味が違うかな・・とも・・思ってまして。(相談者)
うん、それはもう・・全然違うでしょうねぇ。(加藤)

こういう日記を・・(加藤)

ま、日記と言うか、家計簿と言うかを見て・・(加藤)

表面的で、心の触れ合いはなかったなぁ・・っていうふうに感じるの?(加藤)
あのぅ・・セックスレスな状態が・・まぁ、子供が生まれたっていうのもあるんですけども。(相談者)
はい。(加藤)
2年ぐらいは・・続いていたりするので。(相談者)

心の触れ合いというか・・(相談者)
うん。(加藤)

わたしの方は、愛情はすごくあるんですけれども。(相談者)
うん。(加藤)

妻の方から・・そういう愛情を感じたかというと・・ちょっと、ぅ・・それがないかもしれないな・・っていうふうに・・(相談者)
うん。(加藤)
思いますね。(相談者)
価値観の合わないっていうの、ちょっと、例えば、どういうことを言ってるんでしょう?(加藤)

ぅぅぅ・・わたしは結構そのぅ・・(相談者)

お金のことすごく・・(相談者)

会話で・・(相談者)

よく言う事があって。(相談者)
ああ、ああ・・なるほどね、はい。(相談者)
あのぅ・・(相談者)

お金をもっと稼ぐためには、こういうことを・・(相談者)
はい、はい。(加藤)
しなきゃいけないとか・・(相談者)
ああ・・(加藤)

はい。(相談者)
でぇ、今日のあな・・あなたの相談っていうのは・・(加藤)

はい。(相談者)

表面的にはうまくいっていると。(加藤)

はい。(相談者)
だけどこういうことが・・日記がわりのものに・・(加藤)

書いてあったと。(加藤)

はい。(相談者)

今後自分は・・(加藤)

はい。(相談者)
どうしたら・・(加藤)

いいんだろうか・・ということですね?(加藤)
そうですね、はい。(相談者)

はいわかりました。(加藤)

弁護士の、坂井眞先生に・・(加藤)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。