テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年12月13日(木)は、加藤諦三&大原敬子。50歳男性から、2年前に家出した妻から離婚の申し出。理由は、「家政婦じゃない」「自由になりたい」嫁姑問題と言うが、調査するとダブル不倫が発覚。「一線は越えてない」という相手と裁判に。結果的に和解するも、離婚成立は2ヶ月前。子供達にどう説明すれば?
加藤諦三氏の〆の言葉『進む事を拒んでいるのは、過去に満たされなかった欲求です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:50歳男性 2ヶ月前に離婚成立 子供3人の親権は相談者 長男21歳(社会人として外に出ている) 長女18歳(高校三年生) 次男(中学三年生) 元妻は2年前に家出、調査の結果ダブル不倫だった

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい・・テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、こんにちは。(相談者)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、え、 50歳・・です。(相談者)
え・・結婚してます?(加藤諦三)

いえ、えっと・・2ヶ月ぐらい前に離婚が成立いたしました。(相談者)
あ、2ヶ月前・・え・・お子さんは?(加藤諦三)

はい、え・・3人おります。(相談者)

3人は・・そうすっと今、あなたと一緒には暮らしてないんですか?(加藤諦三)

いえ、え・・一緒・・です。(相談者)
一緒ですか、はい。(加藤諦三)
ただ・・え・・(相談者)

1番上の長男が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・長男はあのぅ・・社会人になりましたので・・(相談者)

え、あの、はな・・外に出ております。(相談者)
あ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすっと今・・ 3人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)

はい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
同居は・・そうです。(相談者)

わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

はい、ま、約2年ほど前にですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え、急に、まぁ、妻の方・・まぁ、元妻の方が。(相談者)
はい。(加藤諦三)

出てきまして。(相談者)

あ・・(加藤諦三)
それでぇ・・(相談者)
出てきたって、家を出て行ったっていうこと?(加藤諦三)
はい家を出てちゃったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ、その後あのぅ・・ま、実家に戻ったような話だったので。(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

ひと月間ぐらいの間・・あのぅ・・まぁ、り・・「離婚してくれ」っていうようなこと言われてましてぇ・・(相談者)

「離婚してくれ」って言われ出したのは・・今からどのぐらい前ですか?(加藤諦三)

いやその出ていった後ですねぇ。(相談者)
あっ、出て行った後に?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ああ、そうですか、はい。(加藤諦三)
あとにあのぅ・・急にですね、あのぅ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
「戻ってきてくれ」っていうような話をしましたら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「いや、離婚したい」と。(相談者)
はい。(加藤諦三)

「離婚をしてくれ」と。(相談者)
はい。(加藤諦三)

っていうこと・・が、ありましてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・まぁ、あちらのご実家の方にも、まぁ、あのぅ・・(相談者)

ちょっと戻っていただ・・もらうように、言ってもらえないか?と。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇまぁ、いろんな原因・・がですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたし、あの・・(相談者)

あ・・わたしの・・家のすぐとな・・ま、近くにですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしの両親が居ましてぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、それのまぁ・・姑との関係だとか。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
まぁ、そういったことをまぁ・・元妻の方が・・(相談者)

「もう嫌だ」ということで言って・・(相談者)

いたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、そんな話をしてたんですけども・・もう、「離婚する」の一点張りで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇもう・・急にもう・・電話もつながらない。(相談者)

うん。(加藤諦三)
もう、態度も、おかしくなりましてですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でこれは・・(相談者)

まぁ、いろんな方に相談してちょっと、おかしいぞ・・ということで、ひと月ぐらい、悩んだんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ある方の紹介でちょっと・・(相談者)

調査をしましたら。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうしましたら、まぁ・・(相談者)

すぐもう、不貞・・が、出て・・しま・・って、ですねぇ・・(相談者)
あ・・そうです、はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それでぇ・・(相談者)

えまぁそのぅ・・不貞・・をしてるので、まぁ、あのぅ・・弁護士さん・・に、相談しまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、男性の方に、まぁ、こういう・・ことは、まぁ、止めてくださいと。(相談者)
はい。(加藤諦三)
いうことでまぁ、慰謝料請求ですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・を・・(相談者)

やりました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・ま、内容証明、先、やったんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、認めない。(相談者)

い・・(相談者)

ということでぇ・・でぇまぁ、「そういうところに行ったけども」・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「そういうことはない」と。(相談者)
はい。(加藤諦三)

いうまぁ・・(相談者)

「一線は越えてない」と。(相談者)
はい。(加藤諦三)

っていうことで、言われたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、それではあのぅ・・わたしの方は、あのぅ・・(相談者)

裁判しかないということで。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇまぁ・・(相談者)

裁判に踏み切ったんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・その内容証明を・・(相談者)

ぁ・・出す前ですかねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・要は、出て行って、ひと月後ぐらいでぇ・・まぁ・・(相談者)

その事実が発覚して。(相談者)
はい。(加藤諦三)

内容証明を出すまで、まぁ・・ひと月・・ぐらい、あ・・時間があったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、その間に・・えーっと、わたしの元妻の方が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

離婚調停を、まぁ、申し立てたと。(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
いうような形で・・まぁ、裁判と・・ちょっと、同時進行っていうような形で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、進んでた、わけなんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、その中で・・(相談者)

最終的には、まぁ何度もこう・・裁判をしたり・・なんて、しましたけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁあのぅ・・(相談者)

その時にですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、結論が出た場合に、まぁ・・(相談者)

戻ってもらえるもんなら、もど・・(相談者)

って(戻って)もらおうと思ってたんです。(相談者)

あ、はぁ、はぁ・・(加藤諦三)
まぁ、子供達のことも考えてですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ただ、もう裁判を進めてくなかでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もうあのぅ・・(相談者)
・・
まぁ、みと・・認めない・・っていう・・中でですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
(大原敬子の咳払い)

まぁ、裁判で・・(相談者)
認めない・・って、認めないっていうのは、アレですねぇ・・(加藤諦三)

男性・・(加藤諦三)

も、女性もですね、女性って、元妻がね。(相談者)
女性も、要するに・・(加藤諦三)

2人とも・・その・・関係を認めないっていうことですね。(加藤諦三)
認めないっていうことですね。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

ただ、あの、結果的に・・その、裁判のほうは・・あのぅ・・(相談者)

ま、解決金を、支払うんでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、和解という形に・・(相談者)

してくださいと。(相談者)
はい。(加藤諦三)

っていうような形で、まぁ、その和解・・(相談者)

を、まぁ・・(相談者)

のんだわけです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

ま、それでぇ・・そこは一旦、蹴りが付いたわけですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
認めない・・ながらも解決金で、ということでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい、蹴りがつきました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、その後に・・調停の中でですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、蹴りはついたけども(苦笑)・・あのぅ・・(相談者)

もう、わたしの方は、あのぅ・・(相談者)

ま、子供達もですねぇ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・裁判のことは知らないんですが、調停・・のことはちょっと、話はしたんです。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

元妻のほうも、子供達には・・(相談者)

言い分がまぁ・・「わたしは自由になりたい」とか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・「わたしは家政婦じゃない」とか。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
そんな事を言って、んでぇ・・まぁ、あのぅ・・わたしの・・両親の・・こととかもですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あんまりいいことを言わずに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん、「わたしはもう・・戻らないから」っていうことで、出て行ったんですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ・・(相談者)

その不貞行為があった云々の時にですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

長男にですねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ちょうど裁判やるぐらいかなぁ・・(相談者)

長男が・・(相談者)

「お父さん・・お母さんは・・」(相談者)

・・

「あのぅ・・出てった・・のはさぁ・・」って。(相談者)

「男でしょう?」って。(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、ズバッと言われちゃったんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

言ってなかったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

うーん、「実はそうなんだ」って。(相談者)
うん。(加藤諦三)
「なんだ、そんなに苦しまないでよかったのに」って言われ・・ちゃいましてですねぇ(半泣?)・・(相談者)

あ、長男が、あなたに・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
「そんなに苦しまなくてよかったね」って・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
言・・はい。(加藤諦三)
要は、「相談してくれれば」っていうような・・ね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・話をされたんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・まぁ、子ども達はみんな、わたしの所に・・(相談者)

ぃ、居ると。(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、現状、まぁ、居るんでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、親権は当然わたしになりますし。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それでまぁ・・あのぅ・・親としての責任で、養育費は、まぁ・・(相談者)

微々たるもんかしんないですけど、「払ってください」と。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇまぁ、自分の・・行為があって、認めないかもしれないけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、あのぅ・・(相談者)

「こんな中でも、どうしても離婚したいんだったらまぁ、慰謝料も・・考えてください」っていうことで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まぁ、***わけです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ええ、まぁ、慰謝料・・も、微々たる・・慰謝料ですが、慰謝料と・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あと・・まぁ、養育費を払う・・っということと。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あとまぁ、面会交流についてもまぁ・・(相談者)

もう子供もちょっと、大きいんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、「適宜(てきぎ)でいいですよ」・・っていうことでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、話をして・・まぁ、離婚成立になったわけです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・(相談者)

その・・男性と、再婚するとかっていうこともないと思うんです、あちらにも・・なんか、あの、ま、よう・・いわゆるダブル不倫みたいなもんみたいな・・んでぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

なので・・(相談者)

ぅ、ぅ、ぅ・・(相談者)

ま、離婚・・成立・・も、もう、自分でも、もう、あのぅ・・子供達を前に向かせる為に・・(相談者)

まぁ・・どんな風に・・(相談者)

・・

したらいいかと思って・・(相談者)

うん・・(大原敬子の咳払い)

なん・・なんて言うんですかねぇ、その離婚・・を・・(相談者)

したよ・・ってことは、まだ子供達には、言ってないんですね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇこの・・あのぅ、今日・・出て行った長男っていうのは・・ん、何歳ですか?(加藤諦三)

21です。(相談者)
20・・1、その次の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

息子さんは?(加藤諦三)

次男は?(加藤諦三)
え・・その次は、長女・・になりましてぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・18歳、高校三年生です。(相談者)
18歳・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

末っ子・・の、むす・・(加藤諦三)
あっ、一番下がですねぇ・・次男でぇ・・(相談者)

え・・中学校三年生です。(相談者)

中学校、三年・・(加藤諦三)

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

要するに、今、あなたとしてはもう・・(加藤諦三)

この2カ月間で、離婚してるけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ま、どういうふうに、し・・え・・行動していいかわからない・・っていう、なんか・・(加藤諦三)
それで、2年間も、いろんなことがありましたんでぇ(苦笑)・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

要は、これから・・まぁ・・(相談者)

もう離婚、成立したんでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、子供たちがですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
もうあのぅ・・離婚したんだっていう事実を、ちゃんと認識・・(相談者)

するのに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、それ・・の、説明の仕方っていうんですかねぇ。(相談者)
うん、説明の仕方と・・(加藤諦三)

はい、離婚をして・・(加藤諦三)
はい、原因をちゃん・・(相談者)

原因を、言った方がいいのか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

ってことですかねぇ。(相談者)
ってことね・・はぁい、わかりました。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
あの今日はスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者さん、やるべきことはやった・・・というよりはやれることはやった、と言えますね。不満が残ってるのは仕方ないとしても。
    だからもう、スッパリ気持ちを切り替えることですよ。
    加藤先生のご指摘のように、ご自身にも反省すべき点があったことを認識できれば、その分、元妻に対する怒りも軽減されるでしょう。
    不倫されたことに拘っていても何のプラスにもなりません。
    この相談をしたことで前へ進めるでしょう。

この記事にはコメントできません。