テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年4月18日(木)は、加藤諦三・坂井眞。65歳母親から、33歳独身で中卒の息子は、5年前から風俗店、デリヘルで働いている。人に言えないような仕事をしているので、何度も辞めて欲しいと言うが辞めてくれない。夫は無関心で、長男は思春期の頃から弟と仲違いして絶縁中。辞めて違う職業に就くには?

目次

スポンサーリンク

風俗店で働く息子

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:65歳女性 夫59歳 二人暮らし 長男35歳(結婚している) 次男33歳(中卒・独身・デリヘルで働いて5年)

もしもし?(加藤諦)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

はい・・よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦)

60・・5歳です。(相談者)
60・・5歳・・え・・結婚されてます?(加藤諦)

はい。(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦)

50・・9歳。(相談者)
50・・9歳・・お子さんは?(加藤諦)

長男・・(相談者)

はい。(加藤諦)
が・・(相談者)

え、えっと、30・・5・・(相談者)
はい。(加藤諦)

次男が、30・・3歳です。(相談者)

はぁい、わかりました、でぇ、今・・お二人で住んでるんですか?(加藤諦)

そうです。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談でしょうか?(加藤諦)

えーっと、次男・・なんですが・・(相談者)

33歳の次男ね?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

はい・・(相談者)
はい、もう家、出てるわけですよね?(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
はい。(加藤諦)

の、職業・・(相談者)

のことで、ちょっと・・(相談者)

悩んでまして。(相談者)

まぁ・・(相談者)

あの、人に聞かれても、答えられないような・・(相談者)
うん。(加藤諦)

あのぅ・・(相談者)

仕事をしてるんです。(相談者)

ああ・・(加藤諦)

要するに、社会的に見て、あなたから見ると・・(加藤諦)

あのぅ・・世間・・に・・恥ずかしいと言うような・・(加藤諦)
はい。(相談者)
意味ですね・・はぁい。(加藤諦)

ふう・・ぞく(風俗)店なんですけどね。(相談者)
はぁい、はぁい、風俗店、はい、それで?(加藤諦)

・・

それ・・でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

ま、5年ぐらいに・・(相談者)

この仕事・・(相談者)

もう5年ぐらいやってるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

何度か・・(相談者)

「もうその仕事は辞めて欲しい」・・って。(相談者)

あのぅ・・言ってるんですけど。(相談者)

あなたが、い・・言っている?(加藤諦)
はぁい。(相談者)
だけど・・む、息子さんは・・(加藤諦)

やめれ・・ない・・っていうか、辞めるつもりもないようだ・・っていうこと?(加藤諦)

・・

そうですねぇ・・(相談者)

辞める・・つもり・・は・・ない・・みたいですねぇ。(相談者)

でぇ・・(加藤諦)

息子さんに・・33歳、結婚してるの?もう?(加藤諦)

いえ・・(相談者)

してません。(相談者)

独身ですか?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

うーん、それでぇ、この風俗店の・・(加藤諦)

一つの店だけ?それとも、とん・・いつも変わってるの?(加藤諦)

いえ、一つの・・(相談者)

お店ですね。(相談者)
一つのお店で?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ・・(加藤諦)

そのぅ・・お店・・は・・あなた実際は・・(加藤諦)

見に行ったことは、ない・・で、無理ですね?(加藤諦)
ない・・です。(相談者)
うーん・・(加藤諦)

でぇ、風俗店というだけでぇ・・(相談者)

も、もっとなんて言うの?(加藤諦)

こう、世間的に・・(加藤諦)

ちょっと恥ずかしい・・言うのが恥ずかしいということ?(加藤諦)

・・

・・

うーーん、もう・・(相談者)

その、風俗店・・っていう・・(相談者)

こと・・でぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
もう・・(相談者)

嫌ですねぇ。(相談者)

もう、風俗店という・・だけで、あなたは嫌なわけね?(加藤諦)

そうですねぇ。(相談者)

うん・・だから、あのぅ・・(相談者)

「なんの仕事してるの?」とか・・って聞かれても・・(相談者)

うん・・(加藤諦)

ちょっと・・(相談者)

絶対・・(相談者)

言えないですねぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦)

息子さんは元気なんですか?それとも・・(加藤諦)

暗い顔して働いてるか、もう普通に元気に働いてるかですけども?(加藤諦)
もうただ普通に元気やと思います。(相談者)

元気ね?(加藤諦)

はぁーい。(相談者)

・・

あなた、そのぅ・・(加藤諦)

価値観の問題としてぇ・・(加藤諦)

はい。(相談者)
こう、世間に言えないというだけであって。(加藤諦)

・・

これ社会的な評価の問題ですよね?(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
社会的な評価の問題としては・・(加藤諦)

まぁ・・(加藤諦)

そのあなたが・・(加藤諦)

人に言えないと。(加藤諦)

だけど心理的に言えば・・(加藤諦)

元気なわけですね?(加藤諦)

そうなんです。(相談者)

でぇまぁ、あの、ちょ・・親子関係はいいんです。(相談者)

・・

親子関係はいいって・・(加藤諦)
あの、わたくしと・・次男・・(相談者)
いうのは、ど、どういうことですか?(加藤諦)

次男とは・・(相談者)
つまり・・(加藤諦)

まぁ・・あのぅ・・(相談者)

時々・・(相談者)

あの、電話したりですね。(相談者)

うん・・(加藤諦)

そ・・そういう・・(相談者)

まぁ、時々だけど、電話し・・したり、するときに・・(相談者)

ま、どうしても、あのぅ・・(相談者)

「もう、早くそんな仕事・・辞めて・・欲しい」とか。(相談者)

・・

あの、い・・ってしまう(言ってしまう)んですよね。(相談者)

うん・・(加藤諦)
ええ・・(相談者)
でぇ、実際に会うんじゃなくてぇ・・(加藤諦)

で、電話・・を、掛けるって程度ですね?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

それあのぅ・・(加藤諦)

そこの風俗店って、どういう・・(相談者)

・・

・・

まぁ、あのぅ・・(相談者)

ちゅ・・注文っていうんですかねぇ?デリヘルとか、なんとかって言う・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、そういう・・(相談者)

の・・でぇ、女の子を、連れて行ったり。(相談者)
うん。(加藤諦)

まぁ、運転手ですよね。(相談者)
うん。(加藤諦)

うん、そういうこと・・(相談者)

を、あ、まぁ、してる・・ん・・(相談者)
ああ・・(加藤諦)

です。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

・・

それでぇ・・(相談者)

でぇ、あなたがよくわかりました、もう・・(加藤諦)

ちょっと・・(加藤諦)

人に・・聞かれたら言えないような職業だと。(加藤諦)

はい。(相談者)
でも息子さんは・・(加藤諦)

辞めないと。(加藤諦)

はい。(相談者)
ご主人の方は・・(加藤諦)

なんて言ってるんですか?(加藤諦)

・・

まぁ・・夫・・は、もう、あんまり・・(相談者)

普段から・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

無口な・・方なので。(相談者)
うん・・(加藤諦)

あのぅ・・まぁ、わたくしが・・(相談者)

「早くこんな仕事、辞めてほしい」・・「ほしいんだけど」とか・・(相談者)

言っても・・(相談者)

もう、あんまり・・(相談者)

積極的に、どうこうしようとか・・(相談者)
うん。(加藤諦)

うん、話・・しようとかも・・(相談者)

うん、しても、しょうがないみたいな・・(相談者)

ああ・・(加藤諦)
感じなんですね。(相談者)

まぁ、あなたから・・見ると・・(相談者)

夫は、取り合ってくれないと?(加藤諦)

あなたが真剣に、この息子・・職業で・・(加藤諦)
うん・・(相談者)
夫に相談しても。(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)

はぁい・・(加藤諦)
うん。(相談者)
そいでぇ・・そうすっと、夫との関係は、そういう関係だと。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
でぇ、この長男、35歳の長男との・・(加藤諦)

ま、こりゃ、あの、結婚してるんですか?もう?(加藤諦)
はい、結婚してます。(相談者)

でぇ、その長男・・(加藤諦)

については・・(加藤諦)

で、この話では、長男と話はしてんの?なんか?(加藤諦)

はぁい・・してます。(相談者)

で、長男はどう言ってんですか?(加藤諦)

・・

・・

ま、結局・・あの、その、次男が・・中卒なんですね。(相談者)

あっ、中卒?(加藤諦)

ええ、ええ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

中卒なんで・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
そのぅ・・なかなか、仕事が・・あの、ないんですよね。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

それで、あのぅ・・(相談者)

・・

そういった仕事・・に・・(相談者)

就いてしまったんですよね。(相談者)
うん・・(加藤諦)

いや、その・・(相談者)

お兄さんとは・・(加藤諦)

あなたは話はしてるの?(加藤諦)

はい、話は・・するんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
ただ・・あの、兄弟・・(相談者)
それは、電話だい・・電話で・・(加藤諦)

電話で話すだけで、実際、会ってないわけね?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

兄弟が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

まったく・・(相談者)

絶縁みたいな感じなんです。(相談者)

ということは、小さい頃から・・(加藤諦)

ええ。(相談者)

あの、仲の良い四人家族と言うのではなくてぇ・・(加藤諦)

ええ・・(相談者)

あまり関係なかったと。(加藤諦)

いえ。(相談者)

ま、思春期の時にちょっと・・(相談者)

兄弟が、い、あのぅ・・(相談者)

・・

仲悪くなったんです。(相談者)

うん、今の話・・うん・・(加藤諦)
それからもう一切、携帯番号も知らないし。(相談者)
うん・・(加藤諦)

ええ・・(相談者)

うん・・(加藤諦)

はぁい。(加藤諦)

そ、それで今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

あなたの言う・・(加藤諦)

職業ですよねぇ、世間に言えないという・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

一向に、辞める気がないと。(加藤諦)

そうなんです。(相談者)
でぇ・・(加藤諦)

わたしは辞めさせたいんだと。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

いうことですね。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

はいわかりました。今日はあのぅ、スタジオにですねぇ、弁護士の坂井眞先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦)
はぁい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 加藤先生、怒ってましたね。
    はたで聴いていても、この相談者からは息子に対する愛情が全く感じられませんでしたよ。
    自分の世間体だけしか考えてない。

    子育てもそんな調子でやってしまったんでしょうね。
    息子の職業選択の可能性を潰してきたのはこの相談者にも責任があることでしょうに。
    「もっと良い職業に就け」なんて、その口が言うか?って感じ。

  2. 岡林信康 受験生ブルース を 思い出しました
     ♪ かーちゃんも 俺を 応援する 
      一流の大学は要らねば わたしゃ 近所の 皆様に 合わせる顔が無いのよ!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.