テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月20日(金)は、ドリアン助川&三石由起子。再婚同士で結婚三年目の妻から、自分の考え方を変えて、夫に愛されるようになるには?という相談。夫から一方的に、本当の愛がないと言われる妻。夫婦の性生活についても思いやりがないと言われる。お互いに器の思い違いをして結婚。夫からもう無理だと言われる。自分の性格を変えるには、形から入る。映画「人生フルーツ」の勧め。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:54歳女性(バツイチ) 夫53歳(バツ2・会社経営) 再婚同士で3年前に結婚 二人暮らし 前の夫との間に息子28歳(結婚はしてないが独立) 相談者に性格の似た実母

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
あ、こんにちは・・よろしくお願い致します。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

ぇ、今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

えっと、主人とのことで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
悩んでおります。(相談者)

何が起きてますか?(ドリアン助川)

はぁい、自分の考え方を変えて・・(相談者)

主人に愛されるようになるにはどうしたらいいか?・・ということで、悩んでいる・・日々です。(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
愛されるようになるにはということは、今愛されてないんですかね?(ドリアン助川)

はい、えーっとですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・あたし・・が今、50・・4歳で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

主人が、53歳なんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お互い再婚同士で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

3年前に結婚いたしました。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

はい・・でぇ・・(相談者)

ぇ、結婚当初から・・(相談者)

あの、主人から・・(相談者)

常に・・「素直になれ」・・(相談者)

「言い訳はするな」・・(相談者)

と、こう・・(相談者)

日々、言われてまして。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

でぇ、実際、わたしにも・・(相談者)
・・
自分には、思いやりがないな・・っていうのは、自覚はしているんですが・・(相談者)

ふーん・・(ドリアン助川)
えーっと・・(相談者)

主人に、ほんとに言われるのは・・(相談者)

自分は・・わたしは・・(相談者)

「本当の愛を知らない」・・と、言われ・・ました。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

・・

というのは・・ふっ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・今・・主人と・・あの主人は、会社経営しておりまして・・(相談者)

パートで、事務の・・仕事をしてるんですが・・(相談者)
あなたが?(ドリアン助川)

はい、わたしが。(相談者)
はい・・はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、仕事で・・ま、当初・・あのぅ・・仕事でミスをすると・・(相談者)

ま、それを素直に・・ま、「すいませんでした、次回から気を付けます」って言えば・・いいんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしのこの頑固な性格が・・(相談者)

「ま、それは、こうだからこうなんだ」・・って、いうふうに・・(相談者)

まぁ・・あとから考えれば言い訳なんですけども・・(相談者)

そういうふうに言ってしまうことに・・主人はとても・・(相談者)

ま、怒りまして・・(相談者)

はい・・(相談者)
旦那さんが経営してしてらっしゃる会社で事務をしてる?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
っていうことですね。(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)
で、そういうことが多々あ・・ありました、はい。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのぅ・・再婚・・両方とも再婚ということですけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ、3年前までは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなたは、別の家庭があったということ・・(ドリアン助川)
・・
はい・・(相談者)
ですか?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
え・・(ドリアン助川)

え・・はい?(相談者)
ということはあのぅ・・(ドリアン助川)
・・
失礼ですけど・・(ドリアン助川)

今のご主人が、その離婚の原因になったんでしょうか?(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

違います。(相談者)
そうじゃない?(ドリアン助川)

えっと、あい・・て・・一回目の結婚から・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えっと今の主人と結婚したのには・・(相談者)
・・
えっと、10年近く空いてます。(相談者)
あっ・・間が空いてるんですね。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

旦那さんは?(ドリアン助川)

・・

と、主人は・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えっと、あたしで3回目なんですが・・(相談者)
3回目?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えっと・・その間も・・空いてます。(相談者)
空いてる?(ドリアン助川)
えっと・・はい・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
何年か空いてます、はい。(相談者)
じゃあ、空いてる者同士が、知り合ったという?(ドリアン助川)

そうです・・はい。(相談者)
ことに・・なんですね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・前の・・(ドリアン助川)

離婚なんですけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
前の離婚も・・(ドリアン助川)

何か理由があったんで・・それとも相手が悪かったのかな?(ドリアン助川)

今、思えば・・(相談者)

わたしがやはり・・(相談者)

主人のことを・・(相談者)

思いやる気持ちがなかった・・からだと思うんですが・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
えっと、女性が・・(相談者)

えっと、できまして・・(相談者)

はぁ、はぁ・・(ドリアン助川)

相手に?・・はい。(ドリアン助川)
はい、それ・・はい、相手に女性ができまして・・(相談者)

ま、それをきっかけに・・ま、ずーっと続いてたものですから・・(相談者)

やはり・・夫婦仲が・・まぁ、ぎくしゃくしてしまい・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

えーっと・・子供が・・(相談者)

高校卒業した時を機に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
離婚をしました。(相談者)

そうですか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ、お子さんとは今・・(ドリアン助川)

はい、わたし・・が・・親権をもらって・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

今はもう、自立して、28の息子がおります。(相談者)
あっ、そうですか。(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
あの、独立されて?(ドリアン助川)

はい、あの、結婚はしてませんが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
一人で暮らしております。(相談者)
そうですか。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
じゃあ今、あなたと・・(ドリアン助川)

ご主人と、二人暮らし?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
・・
うん・・(ドリアン助川)

夫婦ってねぇ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あのぅ・・それぞれ個性があるから・・(ドリアン助川)

え・・いろんな言い合いをしたとしても・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
基本的には、愛情があればと思うんですけども・・(ドリアン助川)

そうなんですねぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

はい・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

えっと、主人もそういうことを、当初は言ってまして・・(相談者)

こういうふうに話を・・(相談者)

したり、喧嘩をしたりするのは・・(相談者)

愛情・・を、高めるためだ・・っていいうことで、わたしの・・その、いけないところとか・・(相談者)

あのぅ・・そういうことを・・(相談者)

こう・・なんて言うんでしょうか?・・二人で・・一緒に話を・・(相談者)

話というか、一方的に言われるんですが・・(相談者)

わたしが結局・・(相談者)

全然・・直らず・・(相談者)

・・

なんて言うんでしょかね?・・(相談者)

一番、わかりやすいのは・・(相談者)

あのぅ・・主人が・・(相談者)
・・
わたしの「母親を見ればわかるでしょう」・・ってよく言われるんですね。(相談者)

っていうのは・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うちの母は、気が強くて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

素直ではなくて・・(相談者)

ま、ひと言で言ったら、可愛げがない女性なんですね。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)
そしてまったくわたしは、母を見てて・・「ああ、わたしと似てる」と。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
ま、言い方も、顔の表情とかも、キツイな・・って自分でも思う・・んですが・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

まぁ、そういうふうに・・えっと、主人に言われ・・ます。(相談者)

はい。(相談者)
まぁ、ただ、そのぅ・・結婚なさったわけですから・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ぅぅ、ご主人はあなたと結婚を踏み切る場合にね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなたに魅力を感じたからこそ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
結婚しようって話しになったんだと思うんですよ。(ドリアン助川)

そうなんです。(相談者)
で、その頃の、あなたの性格と、今のあなたは、違うんですか?(ドリアン助川)

知り合ってから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
4ヶ月ぐらいで結婚したんですね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ、その間に、わたしも・・(相談者)

責任ある仕事・・を、ちょっとやって・・たりしたので・・(相談者)

その話しをする度に・・(相談者)

彼は・・(相談者)

あのぅ・・もっと・・(相談者)

ま、実際の・・(相談者)

わたし・・よりも・・(相談者)

キャリアウーマンで・・(相談者)

バリバリ仕事をするっていう・・(相談者)

女性像を・・想像してたようです。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

でも・・いざ、一緒にこう仕事をする・・なかで・・(相談者)

なんて言うんでしょうか?・・自分が思った・・よりも仕事ができない・・(相談者)

うん・・(相談者)

っていうことも言われますし・・(相談者)

・・

なんか・・(相談者)

まぁ、あのぅ・・自分が思って・・(相談者)

た、通りの人ではなかったっていう・・のも・・(相談者)

はっきり言われました。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

・・

まぁでもねぇ・・結婚するっていうのは、そのぅ・・(ドリアン助川)
・・
相手の欠点とかも含めて・・(ドリアン助川)

一緒に暮らしてく・・ってことだと思いますので・・(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
ご主人も、そのぅ・・「ここが悪い」「ここが悪い」って、言うご主人の性格も、なんだかなぁ・・っていう感じがしますけどねぇ、聞いてると。(ドリアン助川)

はぁい・・でぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・なんか・・ふっ・・(相談者)

あのぅ、すごく、わたしが悩んだのは・・昨日の事なんですけども。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

えっと、性生活のことなんですけど・・(相談者)

はい(若干、力がこもる)。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

やっぱり、お互いにこう・・(相談者)

まぁ、50も過ぎてますので・・(相談者)

あの、若い・・(相談者)

夫婦みたく・・あのぅ・・(相談者)

ま、出来ないのは、わかってるんですが・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

わたしから、一回も求めたことがないっていうのも、言われ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

ま、主人、男だから正直・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

やりたい・・時に・・わたしを求めて・・くるのが、今、現状だったんですけど・・(相談者)
はぁい。(相談者)
まぁ、昨日はそういう時に、やったんですが・・やった・・って・・なんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ・・(相談者)

わたしが、こう、最後までイってしまって・・主人は・・(相談者)

最後までイかなかったと。(相談者)

簡単に言うと・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

そして、そういう・・相手に対する、思いやりというのが・・わたしには・・(相談者)

ない・・っていうのを、はっきり言われ・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

自分がイったら・・相手が・・イくのを・・(相談者)

思いやるのが普通なのに・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
もう、自分がイってしまったら、それで終わり。(相談者)

じゃあ、俺はどうなるの?・・っていうことなんですよね?(ドリアン助川)

うーん・・(ドリアン助川)
俺は、宙ぶらりんになってしまって・・っていうのを・・(相談者)

それが、そういう・・(相談者)

日々言ってた、その性格だ!・・って、言うんですよ。(相談者)

結局、思いやる気持ちっていう、愛がない・・っていうのに、繋がるっていうことを・・(相談者)

彼は、言い・・言いたかったんだと思うんです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

まぁでも、いろいろ注文の多い、ご主人ですね。(相談者)

っていうか、自分は・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
とことん、何百回も言っているのに、わたしが、そういうふうに、俺の気持ち・・(相談者)

を、わかってくれない・・っていうのは・・もう・・無理なんと思うって、昨日は言われて・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

あなたはどうなんですか?・・結婚・・する前の・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ご主人の姿と・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
今、実際のご主人の姿、違うんじゃないですか?(ドリアン助川)

・・

・・

そうですねぇ、あのぅ・・(相談者)

もっとこう・・大きい人だと・・うけ・・器が大きい人っていうか・・(相談者)
お互いに器の思い違いをしてたっていうこと・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
ですかね?(ドリアン助川)

そう・・だと思います。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あのぅ、ご主人のいろんな攻撃的な言葉で・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
少し、こう、いろいろ・・(ドリアン助川)

あなた自身が・・パニックになってるというか・・(ドリアン助川)

・・

・・

そう・・ですねぇ・・うん・・(相談者)
ここ・・心千々に乱れ(こころちぢにみだれ)というところがあるんじゃないですか?(ドリアン助川)
・・
ああ・・(相談者)

それは・・あると思います。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

まぁ、その辺の話しも含めて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ちょっと気持ちをすっきり・・(ドリアン助川)

していただくためにも・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
今日の先生、紹介致します。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい、三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由起子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

はい、よろしくお願いいた・・(相談者)
こんにちは。(三石由起子)
はい、こんにちは。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  「敬語を使いなさい」は 面白かった! 私も早速 人生フルーツの予告編を観てみましたよ! 本編も観てみましょう。

  2. 申し訳無いが、もう終わってると思いますよコレ
    もう・・無理なんと思うって、普通言わないもの・・・
    しかしもう同じ失敗二度目でしょ?これを直すってよっぽど覚悟が無いと出来無いと思いますよ
    相談者にその覚悟が有れば、ですが
    次は頑張って下さい(笑)

この記事にはコメントできません。