テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年12月17日(月)は、加藤諦三&中川潤。29歳男性から、妹が会社の帰りに事故死して多額の保険金が両親の元に入る。酒気帯び運転で会社をクビになった父は借金癖があり、離婚してなお、働こうとしない母。二人の任意後見人になった息子が将来を憂う。この先、どう関わっていくべきか。
加藤諦三氏の〆の言葉『子供の方が世話したい、親の方が世話してもらいたい。それが本当の相互性です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:29歳男性(独身・一人暮らし) 今年離婚した両親 父59歳 母56歳 昨年、自損事故で他界した妹(20代前半)

もし・・(相談者)
もしもし?・・はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
・・
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

え、20・・9歳です。(相談者)
20・・9歳・・(加藤諦三)

まだ、独身ですか?(加藤諦三)

はい独身です。(相談者)

住んでるのは、お一人で住んでるの?(加藤諦三)
はい、一人・・(相談者)
それともご両親と・・一人で住んでるの?(加藤諦三)
いや、一人です、はい。(相談者)

で、兄弟は?(加藤諦三)

兄弟は、妹がいたんですが、昨年の始めに事故死でなくなりました。(相談者)

はい、でお父さんとお母さんはまだ・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)
ご存命ですね?(加藤諦三)
存命なんですが、え・・今年の始めに離婚をしました。(相談者)

今年の始めにね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はいわかりました、でぇ・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)

両親の・・えっとことについての・・相談です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

父の方が・・今年の始めに・・警察沙汰で、ちょっと捕まってしまってぇ。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
警察沙汰で捕まったっていうのは・・(加藤諦三)

なに・・(加藤諦三)

酒気帯びで。(相談者)

あ、酒気帯び運転?(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
はいはいはいはい。(加藤諦三)

はい。(加藤諦三)
でぇ・・捕まってしまって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、仕事も、もう、クビに・・(相談者)

・・

なってしまってですねぇ。(相談者)

ああ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ま、仕事・・が、解雇されたって、お父さん何歳だったんですか?(加藤諦三)

えっと、50・・9歳です。(相談者)

50・・9歳・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、はは・・(相談者)
ということは・・(加藤諦三)

もう、無職にな・・(加藤諦三)

無職・・です。(相談者)
ですねぇ・・はい。(加藤諦三)

でぇ、母親も・・えっともう・・(相談者)

別居してた時からずっと、働いてなくて無職なんですよ、お互い、二人とも。(相談者)

はい。(加藤諦三)
妹・・(相談者)

その後、亡くなって・・相続・・(相談者)
・・
の、ことなんか・・もあってですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

父のほうに関してのまぁ・・昔からまぁ・・借金・・の癖もあって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ひどいときには、家を抵当に入れてぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

女性・・の方に、貢いでたみたいで(苦笑)。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇそれがあたり・・とにかく、借金癖・・があるんですね、でぇ、お酒を飲んだらちょっと・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
人が変わるみたいなところがあるのと・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ、母についても、ちょっと・・(相談者)

ヒステリックな・・までなんですよ、ちょっと変わった・・感じで、もう、でぇまぁそう中で・・ますか・・って、ま、来てるんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

・・

でぇ、まぁ妹が二人でですねぇ、まぁ、なんとか懸命にやってきたんですけど、妹が亡くなって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、今、わたしが一人になって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇまぁ、両親・・と、今・・いろいろな話してるんですけど、どうしても両親とその、関わっていくと、どうしても・・(相談者)
りょ、両親・・と、いつも・・話してるっていうのは・・(加藤諦三)

もう、でぇ・・(相談者)
もちろん、別・・別々ですね?お父さんは・・(加藤諦三)
別・・(相談者)

お父さんで・・(加藤諦三)
別々・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
お父さんと別々で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
話てるんですけど。(加藤諦三)
はい。(相談者)

まぁ今、じっ・・(相談者)

か(実家)の方も、自分が住んでた方のも今・・売るほうの方向で、考えてですね、まだ、ちょっと・・(相談者)

あれなんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇまぁ・・(相談者)

相続していく中で、二人の、後見・・人に、わたしがなったんですよ。(相談者)

えっと、任意後見ですね。(相談者)

二人の任意後見人?(加藤諦三)
はい、父と母の。(相談者)

でぇ・・(相談者)
父と母の・・はい。(加藤諦三)

父の方が、お金の方・・の、扱いの方が。(相談者)
はい。(加藤諦三)
問題があるので、もう・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
任意後見して、もうわたしが・・もう、財産管理を・・するっていう感じで。(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう結んだんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・自分が・・(相談者)

まだ結婚はしてないですけども、もし、将来的に、うちがし・・(相談者)

お金を出すことになったときが、まぁ、不安で、妹が残した・・お金を、守らないと・・っていうのからですねぇ。(相談者)
自分がお金を出す事になった時っていうのは・・どういう意味ですか?(加藤諦三)

まぁ、両親が今、働いてないですよねぇ。(相談者)
働いてないですね、はい。(加藤諦三)

は、働いてないから・・援助して・・とか言ったときに、自分も、自分の生活があるのに・・その時に・・(相談者)

自分も***生活的に**・・(相談者)
ああ、そうか・・じ、自分が・・今、働いてるわけですねぇ?(加藤諦三)
今働いてます、自分は働いてるんですよ。(相談者)

まぁ要するに・・(加藤諦三)

両親の・・(加藤諦三)

・・

これから・・(加藤諦三)

世話をするということですね。(加藤諦三)
世話をしないといけない・・の、ですけど、まぁ、二人と、どうしても、居ると・・イライラ・・してしまうんです、いろいろ。(相談者)

はい。(加藤諦三)
イライラと電話をしてしまって、今・・もしくは、最低限の電話連絡以外と、お互いからあった以外の、ほとんどもう・・(相談者)

もう電話とか、会うこともしてないんですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)
実際問題。(相談者)
はい。(加藤諦三)
その・・(相談者)

弁護士さんとかにも頼んでるのもあるんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういったあの、依頼・・なんですけど、今後、こういった関わり方でいっていいのか・・っていうのが、今・・(相談者)

そ・・れで仕事・・自分の仕事でも、それ、いろいろ考えたりして・・(相談者)

失敗だと・・(相談者)

とか、ちょっと、続いたりとかしてて・・どういう・・心の持ちようで行けばいいのかなぁ・・っていうふうに思ってですねぇ。(相談者)

はい。(加藤諦三)
もう、つい最近会った時も、もうやっぱり・・(相談者)

二人の言動見てると、イライラしてしまって(吐き出す感じ)・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん、イライラしてしまって、もう最低限の用事を済ますぐらいで、わたしもすぐ、帰ったんですけれども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
今あなたが、い・・(加藤諦三)

売却しようとしてる家は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
名義は・・お父さんのものなの?(加藤諦三)
お父さんの名義なんです。(相談者)
お父さんの名義なのね。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

それでぇ・・(加藤諦三)

あの妹さんが事故死・・っておっしゃいましたけど、具体的には・・(加藤諦三)

えっと・・仕事帰りに、単独・・で・・(相談者)

交通事故で、単独で、塀にぶつかって・・(相談者)

自損事故です、自分で。(相談者)

・・

ま、交通事故死をされたときに・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
妹さんが、残されたお金っていうのはどういうふう・・(加藤諦三)

車の保険金だったりとか。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あとは、仕事からのお金ですとかねぇ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
仕事帰りだったんで、労災とかの保険とかで入って・・(相談者)

総額ではもう・・(相談者)

7千万ちかくとかですねぇ・・(相談者)
ええっ?!(加藤諦三)
相当な額になって・・(相談者)

7千万・・(相談者)
すごい・・7千万・・ちかく・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

それを二人で、わ・・(相談者)
いろんな保険に入ってたってことですか?(加藤諦三)

いや、その保険だと、あの労災からの保険とかですねぇ、会社からの。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

年齢で、20代の・・前半だったのでぇ・・(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)

それで、今日の相談というのは・・(加藤諦三)

今両親・・(相談者)

って、こう・・な状態で、なってるんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
今・・(相談者)

最低限の感じでまぁ、わたし・・が、今、任意に・・ついてるんですけど。(相談者)

今みたいな関わり方がいいのか、それとも、もう少し深く・・そういう仕事とか、そういうので、気にかけて関わっていったほうがいいのか、そうしないと二人共、なかなか動かないのでぇ・・まぁ・・(相談者)

ま、そうして行った方がいいのか・・っていうのでですねぇ、モヤッとし・・まぁ、いいのかな?っていう、ちょっと悩んでしまってるん・・(相談者)
あ、そうか、なんかその、二つの状況の中に、今、モヤッとして、もうこのままでいいのか?・・と。(加藤諦三)

はい。(相談者)
どうしていいか、わからない・・っていうことですね。(加藤諦三)
ですねはい。(相談者)
はいわかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしているので・・伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。