テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月10日(月)は、加藤諦三&中川潤。68歳の男性から、42歳の息子が5、6年前から働かない。注意するも変わらず、殴る蹴る。家を出て行けと言うと、妻と喧嘩。息子と一緒に自分も家を出るので、家と土地を売って半分寄越せと言われている。離婚する気もないが、半分渡さなければいけないのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『自分に対する自分の態度を変えれば、イライラ、怯えはなくなります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:68歳男性 妻69歳 一人息子42歳 三人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

はぁい!(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ、どうも、お世話様です。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

60・・(相談者)

8歳です。(相談者)
68歳、結婚してます?(加藤諦三)

ええ。(相談者)
ええ、奥さん何歳ですか?(加藤諦三)

60・・9歳です。(相談者)
69歳・・お子さんは?(加藤諦三)

長男が・・家に一緒にいて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

40・・2、2歳ですね。(相談者)

でぇ、今、三人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
ええ、ええ。(相談者)
はい、わかりました、でぇ、どんな・・(加藤諦三)

相談ですか?(加藤諦三)
いや・・あのぅ・・(相談者)

・・

息子がなんか仕事しないでもう・・(相談者)

家から・・(相談者)

ほとんど出ないで・・(相談者)

この42歳の息子さんね?(加藤諦三)
ええ、ええ、ええ、ええ。(相談者)

それでぇ・・(相談者)
ほとんど出ないっていうのは、ん、ん、どの程度ですか?要するに、コンビニに行くぐらい・・(加藤諦三)
もうそうそう、そうですね。(相談者)
には行くけれども・・(加藤諦三)

要するに・・(加藤諦三)
は・・働いてないから。(相談者)

働いてない?(加藤諦三)
おかね・・お金もないし。(相談者)

はいはいはい。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

要するに家の中にずーっと居るということですね。(加藤諦三)
そうなんです、そうなんです。(相談者)
はぁい・・一度も働いたことないんですか?(加藤諦三)
いや・・(相談者)

昔は・・(相談者)

働いたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
上手くいかないんじゃないの、ちょっと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
お、大人しいから。(相談者)
そうすると、いつ頃・・ですか、働いたのは?(加藤諦三)

5年ぐらい前まで。(相談者)

5年ぐらい前まで・・すっと、30・・7歳・・(加藤諦三)
行ったり・・(相談者)
ま、30・・(加藤諦三)

行かなかったり・・(相談者)

フリーターだから。(相談者)

あっ・・そうするとその、35、6歳までの、あの、もう、学生時代が終わってから・・(加藤諦三)

・・

どっかに働きに行ってすぐ辞めて、戻って来て・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・あのぅ・・(相談者)
また・・はたら・・(加藤諦三)
フリーターだから、な、な・・な、ちょ・・ちょこっとしちゃあ・・いろいろ・・やったり、辞めたり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
うん・・やったり、辞めたり。(相談者)

うん・・いくつぐらい・・はたら・・(加藤諦三)

く(働く)・・場所がありました?(加藤諦三)

二つか、三つぐらい・・ですかねぇ?(相談者)
うん?そんな少ないの?(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

たぶん、よくわかんない・・けど。(加藤諦三)

そうすっと・・学生時代が終わってから・・(加藤諦三)

ずーっと・・(加藤諦三)
そんな感じです。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

学校はいつですか?卒業したの?(加藤諦三)
高校・・から。(相談者)
高校卒業してから、ずーっとねぇ・・(加藤諦三)
ええ、ええ。(相談者)

うーん・・そして・・(加藤諦三)

5年ぐらい前から・・は、もう、完全に・・働かなくなったということですね?(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

もう、い、一度、怒ったんですけど。(相談者)

はい、どんなことを?(加藤諦三)

いや、もう・・(相談者)

取っ組み合いの。(相談者)

とっくみ・・ふんふん。(加藤諦三)
「ふざけんな!」ってことで、ふふっ・・ふふふ・・(相談者)

あの、取っ組み合いの・・するというのは・・(加藤諦三)

お互いに、そう、そう・・(加藤諦三)
いやいや、向こう、手・・手・・出さないですよ。(相談者)

(笑)・・(相談者)
あっ、取っ組み合いって言ったから、お互いに取っ組みあってる・・(加藤諦三)
いやいやいやいや・・(加藤諦三)
って言って、喧嘩って言ったけど、そういうことじゃなくて。(加藤諦三)
ボコ・・(相談者)
あなたが・・(加藤諦三)

まぁ・・ふふふ・・(相談者)
その、息子さんのことを・・(加藤諦三)
ふふふ・・もう・・(相談者)
殴る蹴るっていう・・ことね?(加藤諦三)
そ、そうですねぇ。(相談者)

息子さんは、抵抗したわけではないんですね?(加藤諦三)
しないです、しないです。(相談者)
しないんですね?(加藤諦三)

もう・・いい加減、もう・・(相談者)

言ってもやんないから・・かみさんとだから、なん・・何年も喧嘩ばっかりしてるし、子供のことで。(相談者)

いやぁ・・(加藤諦三)

奥さんとも、このことで、喧嘩ばっかりということですね?(加藤諦三)
そうなんです、ええ・・(相談者)
あなた・・さっきそのぅ・・大人しい子って言った?いい子って言った?(加藤諦三)

な、なんか・・(加藤諦三)
おとなしい・・大人しい・・(相談者)
大人しい・・(加藤諦三)

要するに、小学校、中学校ずーっと、いい・・大人しい・・(加藤諦三)
大人しい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
今みたいに。(相談者)
あなたに、歯向かうこともなかった?(加藤諦三)

ないです。(相談者)
お母さんに対しても・・(加藤諦三)

ないです。(相談者)
ないですか?(加藤諦三)
ええ・・だから・・(相談者)
そうするとアレですか?いわゆるね・・(加藤諦三)
ええ、ないです。(相談者)
反抗期・・反抗期もなかったわけね?(加藤諦三)
ええ。(相談者)

ずーっと反抗期もない。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

世間のね。(加藤諦三)

ええ。(相談者)

15、6の人とか、18、9・・の・・(加藤諦三)

子の話を・・(加藤諦三)

見たり、聞いたりして・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この自分の息子が・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
ずーっと大人しいっていうのに・・(加藤諦三)
うんうんうん。(相談者)

なんでだろうなぁ?っていうの・・(加藤諦三)

ああ・・(相談者)
ことは、思わなかった?(加藤諦三)

だいたい自分でぇ・・(相談者)

と・・年と共に・・(相談者)

わかるんじゃないかと思って、いろいろ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

いろんな常識?(相談者)
うん・・(加藤諦三)

テレビとか観たり・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

人に聞いたり・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ええ・・はい・・はい。(相談者)
それでぇ・・その間(かん)・・(加藤諦三)

あなたが、この子が成長して、生まれて成長してくる・・過程でね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたと、奥さん・・との関係は、どうなった・・んですか?(加藤諦三)

いやもう・・普通でした。(相談者)

普通?(加藤諦三)

ええ。(相談者)

奥さんの側から見て、なんか、不満は・・(加藤諦三)

あったんじゃないかなぁ・・っていうふうには、思うことっていうのはないですか?(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

よくねぇ、あの・・(相談者)

やっぱ、子供のことで(苦笑)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
子供のことに、なっちゃいますねぇ。(相談者)

怒鳴ったり・・(相談者)

大きい声出したり・・(相談者)

怒鳴ったりっていうのは、誰が怒鳴ったの?(加藤諦三)
自分・・わたしが。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

あなたが怒鳴ってるの?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

働かないから。(相談者)

うん、働かないから。(加藤諦三)
うん、本人・・本人の為にね。(相談者)
いやその・・はた・・(加藤諦三)

うん、働かない・・の・・の・・そのぅ・・前。(加藤諦三)

小学校、中学校、高等学校の頃も・・(加藤諦三)

やっぱり、あなた・・(加藤諦三)

が、怒鳴るってことは、おおか・・(加藤諦三)
ないです、ないです。(相談者)

なかった?(加藤諦三)
ないです。(相談者)
でぇ、あなたが怒鳴り出した、「この野郎、ふざけるな!」って、さっき、「ふざけるな」って・・(加藤諦三)
うん、うん・・うん。(相談者)
言いましたけれど・・(加藤諦三)

「ふざけるな」って・・言い出したのは、いつ?(加藤諦三)
も、もう・・3、よ・・4年ぐら前。(相談者)

でぇ、普通・・42歳って言ったら・・まぁ・・給料安いか、高いかは別として、働いてるわけですねぇ。(加藤諦三)
そうです、そうですねぇ。(相談者)
なんでこうならなかったんだと思う?(加藤諦三)

・・

・・

ああ・・(相談者)

・・

あまり・・わ、わたし子供のことは、あまり・・(相談者)

関知・・(相談者)

しなかったん・・(相談者)

とにかく、し・・仕事がもう・・(相談者)

忙しくて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

かみさんに・・(相談者)

任せっきりみたいな。(相談者)

奥さんに任せっきりだったと?(加藤諦三)
ええ。(相談者)

・・

・・

たぶん・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)

かみさんが一緒に出てくって言うんですよ。(相談者)

それでぇ・・(相談者)

はい、あっ・・(加藤諦三)
相談というのは、出てくんで・・(相談者)

家と土地を・・売って・・(相談者)

半分・・(相談者)

欲しいと。(相談者)

いうことですで。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

要するに・・(加藤諦三)

息子さんに「出て行け」と言ったら・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
あなたの奥さんが・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

家、土地を売って・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
その半分もらって、わたしもこの息子と一緒に・・(加藤諦三)
そう。(相談者)
「出て行く」と言ったんですね。(加藤諦三)
そういうことです、そうです。(相談者)

それでぇ?(加藤諦三)
うん、それで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その、売らなきゃあ・・いけないものか・・(相談者)

はぁい、はい。(加藤諦三)
ええ、そいでぇ、半分・・渡さなければ・・(相談者)

いけないのか。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
知りたいってことです。(相談者)

結論・・結論は。(相談者)
はぁい、では・・(加藤諦三)

結論はね、はいわかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 昭和以前の昔のオヤジなら、この相談者のような自己中・頑固はいくらでもいたでしょうにね。
    でもその時代にはニートなんかいなかった。
    なんだかんだ言っても今は豊かな良い時代なんですね。
    それはともかく・・・
    忙しいことを言い訳にして家族と向き合ってこなかった相談者。自らが招いた結果だと指摘されて気付いても、もはや手遅れです。
    婚姻費用、財産分与、こういった知識すらないとはあきれた話です。