テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月28日(土)は、加藤諦三&中川潤。50代の独身女性からの相談。80代後半の母親の介護をしている相談者。親族である母親の兄弟10人と縁を切りたいと言う。兄の死後、遺った家族と連絡が取れなくなり、母に後見を付けると連絡があった。その連絡以降、連絡が取れるようになるも、兄の娘婿から嫌がらせの電話が、かかってくるようになる。妄想の世界の相談者に加藤諦三がコメント。
加藤諦三氏の〆の言葉『現実との接触を失うと、妄想の世界に入り込みます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:50代女性(独身) 母80代後半 二人暮し(母の介護をしている・賃貸収入あり) その他情報 母の兄弟10人 実兄は父が亡くなって5年後くらいに他界 兄の子三人(女・男・女) 兄の長女の婿

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

えーっと、50・・代です。(相談者)
・・
結婚してます?(加藤諦三)
・・
いえ。(相談者)

でぇ、今、一人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
いや、母と。(相談者)
あっ、お母さんと?お母さん、何歳ですか?(加藤諦三)

えーっと、80・・(相談者)

代、後半です。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

母が亡くなっても・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
母の兄弟に、教えたくないんですけど。(相談者)

・・

教えたくない?お母さんの兄弟、何人ですか?(加藤諦三)
10人いるんですけど。(相談者)
・・
10人?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

そのぅ・・亡くなっても、知らせたくないという・・のは、なんでですか?(加藤諦三)

父が亡くなって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その時には、あの、お母さんの兄弟・・には、親戚には、ずいぶんお世話になりました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、ところが兄が・・(相談者)

父が亡くなって、5年後ぐらいに亡くなったんですけど。(相談者)

誰のあ・・(加藤諦三)
わ、わたしの兄です。(相談者)
あ、あなたの兄ですね?・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そして?(加藤諦三)

・・

えっと、兄の子供、三人いるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

女、男、女なんですけど、女二人とも結婚して、子供がいるんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

長女の婿。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

が、あのぅ・・(相談者)

わたしの・・(相談者)

携帯に・・(相談者)

なんだかんだと、電話を掛けてくるようにな・・(相談者)

ったんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、それをやらしてるのは・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

うちの母の兄弟・・または・・(相談者)

あの、その子供達だか、わたしのイトコが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
やらしてるんです。(相談者)

どうしてわかるんですか?(加藤諦三)
それは、えっと、兄が亡くなってから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

実は、兄の子供達と、連絡取れなくなって、お嫁さんとも連絡取れなくなって。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

後見つけるって、弁護士の・・(相談者)

書類が届いたんですよ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、そして・・(相談者)

その後、一年後ぐらいに、兄の子供たちと連絡取れるようになったら・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

わたしのイトコが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
葬式のお通夜の晩から・・(相談者)

どうのこうのって・・あの、兄の子供たちに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ああ、これやる、お金使って、どうのこうの・・って。(相談者)
うん。(加藤諦三)
全部、心理を突いてきて、後見をしなさい・・って勧めて、後見の電話番号まで教えたそうです、弁護士の。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

長女の婿と・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
婿がわたしに、嫌がらせの電話、してくるんですけど。(相談者)

先ほどそのぅ・・(加藤諦三)

電話とか、携帯にって言ってますけど。(加藤諦三)

内容はその、嫌がらせと・・(加藤諦三)

ということですか?(加藤諦三)

「俺だ、俺だ」って、電話掛けてきました。(相談者)
・・
あたしに男がいるなら、名前を言うだろうって感じで、電話掛けてきました。(相談者)

ああ・・要するに、オレオレ詐欺で、そのお母さん、息子のように・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
「俺だ」って言って・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

男がいるか・・逆に言うと、男にお金を使ってないか。(相談者)

さぐりを入れてきたって思ってるんですよ。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

そ・・(加藤諦三)
いや、それだけじゃなくってぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
そう、あたし、子供がいないのでぇ、相続権は、兄の子です。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

三人です。(相談者)

はい。(加藤諦三)

だから・・(相談者)

なんかあったら、自分たち、もらえるなぁ・・って、その、確認の両方だと思います。(相談者)

あなたが思ってる・・わけでぇ、証拠はないわけです?(加藤諦三)
証拠、全部ないです。(相談者)

でぇ、そんなことを考えなくってぇ・・あのぅ・・親族ですから。(加藤諦三)

会ったって別に・・(加藤諦三)

おかしくないわけですよねぇ?(加藤諦三)

長女の婿さん・・って言ったら、結婚式で会ったぐらいで、二回しか会ってないです。(相談者)

ええ・・(加藤諦三)

それでぇ、結婚式ん時も、親族の・・(相談者)

挨拶の時も、全然呼ばれませんでした。(相談者)

なに?あなたが呼ばれなかったっていうこと?(加藤諦三)
呼ばれませんでした。(相談者)
・・
嫁が、「ふ~ん」とした感じでぇ・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
呼んでもくれませんでした。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

そうすると、前から、その、ずーっと・・(加藤諦三)
そうです(苦笑)。(相談者)
親族の関係は、良くなかったわけです?(加藤諦三)
良くなかったです。(相談者)
だって、親族・・結婚式・・で、の時っていうのはねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
通常・・(加藤諦三)

親族が、紹介し合いますよねぇ。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

いやでも、実際、よば・・呼ばれなかったです、まったく蚊帳の外でした。(相談者)

・・

そいでぇ、今日のあなたの相談というのは・・どういうことですか?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

婿だって、わかってるにも関わらず、携帯番号いっぱい変えて、フリーダイヤルで、電話掛け・・さんざん、電話掛けてくるんです、あたしの方に。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

でぇ、非通知なので、特定は出来ないけど、今まで何にもないのに。(相談者)

その兄が亡くなってから・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
全て、あのぅ・・婿なんですよ、だい・・ほとんど、だいたい、そう・・あ・・(相談者)
あっ、兄が亡くなって・・(加藤諦三)
亡くなってから・・(相談者)

あのぅ、あたしに嫌がらせの電話、向こうはねぇ、ふーん、どういう気持ちでやってるか、わからないけれども、面白くないからやってきてるんだと思うんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そういうように、あなたが・・(加藤諦三)

思ってる、ということですねぇ?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

そいでぇ、そこまであなたから見ると・・(加藤諦三)

この親族っていうのが、非常に・・(加藤諦三)

煩わしい存在になっていると。(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
そいで、あなたのお母さんが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なんかあったときに・・(加藤諦三)

お母さんと一緒に住んでるわけですよねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

介護してます。(相談者)
それを、教えたくない・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

だけれども・・(加藤諦三)
もう・・お会いもしたくない・・(相談者)

一切、断ちたい。(相談者)
あの・・(加藤諦三)

おじさん、おばさん、イトコの関係から全部・・(加藤諦三)

縁を切りたいけれども・・(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)
どうしたらいいか?ってことですねぇ?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
は、はい、わかりました。(加藤諦三)
はい、お願いします。(相談者)
今日はあのぅ・・スタジオに弁護士の、中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. えっ?

    たったこれだけのやり取りで自分の妄想に気付けるの?

    ちょっと信じられないなあ。
    加藤先生にその場しのぎの迎合をしただけなんじゃないの?

    まあ、質疑応答のなかで、自分が言ってることについての証拠が何もないことには気付いたかもしれませんけどね。

  2. 支離滅裂で弁護士先生も ご苦労なさってましたね! 精神科先生の方が 良かったかも?
     誇大妄想 被害妄想 がミックスされた感じでしたね。
     親身になって お世話(話を聞く)方が 身近におられればいいのですが
    私レベルだと 耐え切れずに その場から遠ざかります こちらまで頭が変になりそうですから!

     このご不幸を 乗り越えるため 転地療養が 良いのでは(・・? 不動産収入が安定しているのなら それらの事は管理会社にお任せになり お母さまと 新天地で 携帯電話も番号を変更なさり 心安らかに お過ごしになられたら(・・?

  3. テレジンfan

    病院にいかないといけないレベルじゃない?
    脳が興奮状態で支離滅裂な思考ですね
    親族の方身近な方は苦労されるでしょうね かわいそうに
    ご本人も50年もの間、辛く楽しくない人生を送って来られたのでしょう
    早く病院に行かれることを願うばかりです。かわいそう・・・
    この方男性だったら恐ろしい事件起こすタイプだと思いました。かわいそう

  4. ケンちゃん

    まごうことなき統合失調症です。

この記事にはコメントできません。