テレフォン人生相談
今井通子・大原敬子

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

大原敬:こんにちは。

相談者:どうも、よろしくお願いします。

大原敬:ねぇ、まずですねぇ・・お話を聞いていて。

大原敬:父親が異常な過干渉。

相談者:はい。

大原敬:母親のあまりにも無関心。

相談者:はい。

大原敬:無関心ですこれは。

大原敬:っていうのは・・話してる内容に・・事実がわからないんです、何も知らないんです。

・・

相談者:はい。

大原敬:無関心だから、娘さんに言わないんですね。

相談者:ああ・・はい。

大原敬:***、もう一つは・・

大原敬:父親を、まったく恐れてない娘。

大原敬:母親を舐めてる娘。

相談者:そういうふう・・

相談者:その通りです。

大原敬:なぜですか?

大原敬:ビンタもしたのに恐れてないんですよ?

大原敬:原因はね。

相談者:はい。

大原敬:娘さんは、あなたを、男として見てるんです。

・・

相談者:ああ・・

大原敬:今から言いますね、その話をね。

相談者:はぁい。

大原敬:でぇ、なぜあなたはこれほど・・娘さんに執着するか。

大原敬:あなた、奥さまの関係か何かわかりませんけども、見たくない現実の悩みを、目をそむけるには・・

大原敬:この娘さんのこの行動は、かっこうなる、あなたの行動を楽にする方法なんです。

相談者:ほうう・・

大原敬:でぇ・・そこの部分に何があるかっていうと・・

相談者:はい。

大原敬:今、娘さんしてる行動、「外泊したんですよ」「ビンタしたんですよ」「わからないんですよ」って言ってるの。

大原敬:男と女としたら理解できませんか?

相談者:ふぅーーん・・

大原敬:つまり、「11時にお前、帰ってくるんだよ!」

大原敬:「なぜ、あなた帰ってくるの?」って言いますよね。

相談者:はい。

大原敬:世間ではねぇ、奥さま、こう帰ってくるんだよ・・っていうのと同じでしょう。

相談者:はぁぁぁ・・そうですか・・

大原敬:お父さんは、***に、娘としてと思ったら、こんなことしないですね。

大原敬:でもあなたは・・この娘さんに執着してない限り、生きていけないんです。

・・

相談者:はぁぁ・・そうなんですかねぇ・・

大原敬:だから、娘との関係が怖いんです。

・・

相談者:あぁぁ・・

大原敬:そのくらいに、奥さんと、あなたの関係が、非常に希薄なんです。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:でぇ、二人の関係は、これ娘さんの・・この問題があることが、二人を・・結び付けてるんです。

・・

相談者:うん・・

大原敬:二人が協力してないんですね。

大原敬:あなたは一方的に娘さん、「外泊、外泊」って、「考えられない、 2泊3日とか」

大原敬:父親として。

相談者:はい、考えられないです、はい。

大原敬:この・・この娘さんを、逃がしちゃいけないと思ったら、「ダメだ」「ダメだ」と言いながら、許してるんですよ。

大原敬:これ、よく見ると、反対と思うかもしれないけれど、娘さんを、女性としてとらえたら・・

相談者:はい。

大原敬:この行為になりますよねぇ。

相談者:はぁい。

大原敬:と、娘さんはだんだん、だんだん、「なぁんだ、お父さん、こんな、お父さんじゃないじゃないか」って・・

相談者:あ、ああ・・

大原敬:としたら、場所わかんない、言わない、しょうがないもんって・・

相談者:あ、ああ・・

大原敬:しつこい男ね・・って、ありません?

相談者:あります・・

相談者:あのぅ、いや、そのぅ・・言葉が1番聞きたかったですけども。

大原敬:うん・・

相談者:それはどういうことかと言いますと・・

大原敬:うん・・

相談者:ある時、その、もう、男の子が迎えに来たんですね。

大原敬:はい。

相談者:でぇ、その時に・・「お前は何者だ!?」っていう感じで、話したんですよ。

大原敬:誰が?

相談者:当時、あのぅ・・

大原敬:あなたが?

相談者:はい、でぇ、その時に・・あのぅ・・「いや、わたしは・・親に隠れてこそこそするのは嫌だから・・」って言ったんだけども・・

相談者:あのぅ・・「お宅の娘が、いや、こ、こっちの遠いところで待ってろって言うから、待ってたんですけども」って、いうことで・・

大原敬:うん。

相談者:「そうか」っていうことで、「でぇ、わたしはどうしたらいいですかね?」って、言ったもんですから・・

相談者:「じゃあ、とりあえず迎えに来たんだから・・じゃあ、今日は悪いけど、送ってくれ」って、それを許しちゃったんですね。

相談者:それを・・

大原敬:でぇ、それにね・・

相談者:はい。

大原敬:ごめんなさい、お父さんの話はね。

相談者:はい。

大原敬:全部がやってることの行為なんです。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:そんなのどうでもいいんですよ。

大原敬:骨組みが。

相談者:ああ・・

大原敬:今、あなたのこと、まだ、しゃべってるのね。

相談者:はい。

大原敬:非常に、わたしと違って、あなたは知的で感じるんです。

相談者:はい。

大原敬:もし、その娘さん、「おまえ」ってあたなたが使ったとすれば・・相手、お友達に。

相談者:はい。

大原敬:これはホント、男と女ですよ。

相談者:あ、ああ、ああ・・

大原敬:感情以外の何物もないですよ。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:自分の娘・・娘とあなたは思っているんですよ。

相談者:はぁい。

大原敬:でも違いますよね、あなたの中に。

相談者:ああ・・

大原敬:で、そこには・・奥さんに対する何かがあるんです、あなた。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:奥さんに言えないこと。

大原敬:要するに、お嬢さんに被らせて・・自分の感情を、お嬢さんにぶつけてるんです。

相談者:あ、ああ、ああ・・そうか・・

大原敬:それと、奥さんに対するもの、すべてある。

大原敬:お前!とかね、お前なんだ!とか、言いたいこといっぱいあるの。

相談者:はい・・

大原敬:言ってしまったら・・

相談者:はぁい。

大原敬:この関係は切れるんですよ。

相談者:切れるかもしれません、はい。

大原敬:ねえ・・

相談者:はい。

大原敬:ということは、お嬢さんが、奥さんの代わりなんです。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:あなた、このお嬢さん居なくなったら、生きていけないですよ。

相談者:はい・・はい・・

大原敬:依存してますから、それでもっと言うと、お嬢さんが実は、悪くなること祈ってるの、悪くなればなるほど・・お父さんの出番が多くなるんですよ。

相談者:はぁい。

大原敬:でぇ、奥さんも・・

相談者:はぁぁぁ・・

大原敬:もう、困ったなぁ・・と、お父さんの視線が、向こうに向いてくれたら、自分とこに来ませんよね。

相談者:はぁい・・

大原敬:それもう、お父さんは執拗に、娘さんを追いかけるんです。

・・

相談者:はぁぁぁ・・

大原敬:極端、極端に言えば、自分たちの、冷めた夫婦関係を・・維持する相手が娘さんなんです。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:自分達が向き合わない限り、娘さんはどんどん、どんどん落ちて行きます。

大原敬:あなたが一番この世の中で、奥さまよりも愛してるのは娘さんなんです。

相談者:ええ、ええ、ええ・・

大原敬:その娘さんが、一番毛嫌いをするのが、あなたになるんですよね。

相談者:はぁい。

大原敬:つまり・・奥さまもあなたも・・

相談者:はぁい。

大原敬:娘さんっている状況で・・全員が憎しみと怒りを持っているんです。

相談者:はぁぁぁ・・

大原敬:その中で・・夫婦だけは、一応、形だけは繋いでるんです。

相談者:はぁい・・

大原敬:でぇ、あなたは・・奥さんよりも娘さんを愛してる。

相談者:うーん・・

大原敬:それは・・キツク言えばですよ・・娘さんを女性として・・肉体的云々ではないですよ。

相談者:ええ・・

大原敬:自分の癒しとして娘さん見てるはずなんです。

相談者:あ、ああ・・そうかもしれないですねぇ。

大原敬:そしたら、「どうしたらいいでしょう?」自分の行為云々ではないですよね、解決は。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:ほとんどね、女の子で外泊する家庭っていうのはねぇ・・

相談者:ええ・・

大原敬:その夫婦、上手くいってないんです。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:夫婦関係上手くいってる、お父さんが、お母さんが、母親という部分と、女の部分がすごく強い時。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:父親も、父親って部分と、男の部分が、においがすごく強い時はね。

相談者:はい。

大原敬:女の子っていうのは外泊するんです。

相談者:はぁぁぁ・・

大原敬:だって自分が、どういう位置になっていいか、応対できないでしょう。

相談者:はぁい。

大原敬:お父さんのある部分が男なんですよ。

相談者:はぁぁぁ・・

大原敬:みんな帰らないですよ、わずらわしくて。

大原敬:原点は、本当にあなたが抱えてる怒りとか悩みですね。

相談者:はい。

大原敬:その部分は、奥さまだと思いますよ。

相談者:はぁぁぁ・・

大原敬:それが・・解決できない限り・・娘さんは解決できないんですよ、これ。

相談者:はぁぁぁぁ・・

大原敬:解決はしないで・・夫婦関係を保とうと思うから・・娘の教育を気にしてる父親という形で・・怒りを出してるんです。

大原敬:奥さまと話は出来ないんですか?

相談者:あ、でも、話はしてるんですけども、その最終的なたぶん、言いたい事っていうのは・・それを言ったら・・

相談者:やっぱり・・ダメになっちゃうかもしれないですね。

大原敬:その部分があなた、わかっているならば・・しばらく娘さんは・・

相談者:はい。

大原敬:お父さんは、卒業式、こうするよ、こうするよ、こうするよ・・ってことだけ話して・・様子を見ることです。

相談者:ああ・・

大原敬:娘さん、娘さんの人生あるんですよ。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:あなたの・・ね、立ってる台が・・

相談者:はい。

大原敬:あなたの位置が・・グラついてるんですよ、今。

相談者:うーん・・

大原敬:グラついてる部分を・・男の部分がなんであるかを、あなたは気付かなきゃいけないんですよ。

・・

大原敬:もう一つは・・

相談者:はい。

大原敬:夫として、妻との、**関係が大事なんです。

相談者:はぁい。

大原敬:ここがしっかりしない限り・・

相談者:はい。

大原敬:2、3ヶ月したら、また娘さん、**ますよ。

相談者:あ、ああ・・そっちか・・

大原敬:わかってくれます?

相談者:うん、わかります、はい。

大原敬:わかります?

相談者:はい。

大原敬:もう、慌てないで・・

相談者:はい・・

大原敬:一つ一つ、えっとね、砂取り遊びってありましたでしょう?

相談者:はぁい・・

大原敬:お砂場で、棒立てて、砂を少しずつ取っていくっていう遊びあるんですよ。

相談者:はぁい、はい、はい。

大原敬:あれと同じで・・

相談者:はい。

大原敬:その棒が、お嬢さんなんです。

相談者:あ、ああ・・

大原敬:で、気付いたの自分は。

・・

大原敬:絶対に、早く、一気に、その砂を取ろうと思わないで・・

相談者:はぁい。

大原敬:お嬢さんの状況を見ながら・・少しずつ砂を取って行くんです。

相談者:はい。

大原敬:その砂を取って行くのが、あなたと、妻の関係です。

相談者:ああ・・

大原敬:もし、核の部分を言ってしまったら、別れるって思ったなら・・

相談者:はい。

大原敬:その核の部分を、自分が納得をいって・・受け入れたと思った時点で・・行動は変わると思うんですね。

相談者:はぁぁぁ・・

大原敬:あなたは、納得しないで、逃げてるんです、今。

相談者:うん、そうです、はい。

大原敬:その部分を、自分がこのまま・・死ぬまでね、自分は納得して・・***ていくと、ホントにね、心の中で思った時に、娘さんの**方が、まったく変わると思いますけど。

相談者:はぁい。

大原敬:とにかく大丈夫だから、焦らなくて。

相談者:はぁい。

大原敬:娘さんの方を信じて・・

相談者:はい。

大原敬:まずはお父さんの、バランスシートを、早急にですね、安定していただきたいなと思ってますけど、先生、いかがでしょう?

今井通:おわかりいただけましたか?

相談者:ええ、はぁい。

今井通:ご夫婦の関係も含め、考えてから・・

相談者:はい。

今井通:行動していただけるといいかなぁ・・と、思います。

相談者:はい、ありがとうございます。

相談者:大原先生に・・相談できてよかったです。

今井通:**、良かった。

大原敬:ありがとうございます。

相談者:はぁい・・ありがとうございました。

今井通:はぁい。

相談者:すいません、ありがとうございました・・

今井通:失礼致しまーす。

相談者:はい、失礼します。




12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA