テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月18日(水)は、加藤諦三&大原敬子。3ヶ月ほど前、41歳次女がインターネット経由で交際を始める。相手は51歳の3人の子持ち。一番上の娘と次女は5歳違いでしかない。出かける度、お金を出したり、土産を買ったり、弁当まで作ってくる。世間の常識と違うから絶対に上手くいかない、別れさせたい反対するが、周りの誰も聞き入れてくれない。娘は伯父である兄の所に家出してしまう。
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:67歳女性 夫77歳 長女45歳 次女41歳 次女との3人暮らし 次女の交際相手57歳男性 3人の子持ちで、36歳の娘を筆頭に息子と下の娘

もしもし?(加藤諦三)
もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
よろしくお願い致します。(相談者)
はい、最初に、年齢、教えてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

えっと、67です。(相談者)
67歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
・・
はい、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

77歳です。(相談者)
77歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦三)

上の子が・・45歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)

下のが、41歳です。(相談者)

は・・い、わかりました、そいで、今は、お二人で暮らしてるの?(加藤諦三)

下の娘と、主人と、わたしと3人です。(相談者)

ぁ・・あの、41歳のお嬢さんですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと、3ヶ月め・・前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

次女が・・インターネットで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

交際のなんか・・あるらしいんですよ。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

それに、申し込んで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

交際を、始めたらしいんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
相手が、57歳の男性なんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その人には、子供が3人いまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、うちの娘と5歳ぐらいしか離れてない娘・・さんと、息子さんと、おじょ・・もう一人、娘がいて、3人いるんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・(相談者)

親としては・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やっぱし・・(相談者)

いずれ・・そんな、一緒になっても・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

絶対、上手くいかないと思うし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そいで・・(相談者)

主人が77、わたしが67・・で、相手が、57だと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
今度、介護の問題になった時に・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
苦労しなきゃいけないの、わかってて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

親としては・・(相談者)

どうしても・・(相談者)

賛成は、出来かねるんですね。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

それで、娘のね・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
やってることも、おかしいんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
相手の人が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

どっか、遊びに連れてってくれた時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

全部、費用を出してくれるから・・(相談者)
・・
いい人だと・・言うんですよ。(相談者)

あぁぁ・・(加藤諦三)

ね、それで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

出かけるにしろ、おべん・・こういうお弁当が食べたいって言うと、それも作ってくるらしいんですよ。(相談者)

・・

作ってくるの?(加藤諦三)
・・
はい!(相談者)

・・

だけど・・(相談者)

わたしなんか・・(相談者)

やっぱし考えて、おかしいな?・・と、思うんですね。(相談者)
はい、おかしいっていうのは・・(加藤諦三)

お弁当、作ってくるなら、女性の方が、作ってくるということ?(加藤諦三)
そうです、そうです・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それで、うちの娘が・・(相談者)

アレ買って・・コレ買って・・って、はいはい、はいはい、買うってこと事態も・・(相談者)

わたしには、納得できない行動なんですね。(相談者)
(時報のメロディ?が流れだす)

コレ買って・・アレ買って・・って言うと、だいたい、買ってくれるんですか?(加藤諦三)
らしいんですよ・・(相談者)

出掛けた時も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お土産が欲しいから、コレ買って・・って言うと、はいはいと、買ってくれたって言って・・持って帰ってきたんですね。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
それで・・今は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう、この事が・・わたしと、ぶつかりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
大喧嘩になって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしも・・イライラ、イライラしてて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
結局・・(相談者)

あの、自殺図ろうと思って、手首切ろうとか・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
いろいろやりまして・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

大ごとになっちゃったんですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
わたし、そこまで苦しんでるのに・・(相談者)

次女は・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
平然としてて・・(相談者)

わたしと喧嘩してるから、今、家に居ないんですね。(相談者)

ええ。(加藤諦三)

ここ・・2~3週間・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あのぅ・・わたくしの兄のとこに・・(相談者)

家出してるんですよ。(相談者)

ウン、うーん・・(加藤諦三)

それでぇ、他の人達が、あんまり、わたしが五月蠅く言うと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
相手の男のとこ、行っちゃうから、止めろって言うんですよ、わたしに。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
わたしは、どうしても納得がいかないので・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
どうしたらいいかと思って・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

やっと・・(相談者)
納得いかないでって言うよりも・・(加藤諦三)

あなた・・(加藤諦三)

四方八方、関係者全員、けしからんと思ってるんでしょう?(加藤諦三)

思ってます!(相談者)

全て、こうあるべきではない。(加藤諦三)

はい。(相談者)

こうあるべきでないことが・・全部、起きていて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

許せない。(加藤諦三)
はい。(相談者)
けしからん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

でぇ・・(加藤諦三)

あの、77歳の・・ご主人は、どう言ってるんですか?(加藤諦三)

少し、様子を見てから、別れさせればいいんじゃないの・・って、言うんです。(相談者)
あ、様子を見てからね・・(加藤諦三)
付き合いは、反対なんです、やっぱ、主人も。(相談者)

ご主人もね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい・・(加藤諦三)

でぇ、あなたはこの、57歳の・・(加藤諦三)

男性と、お嬢さんが、付き合い・・前も・・(加藤諦三)

・・

割と周囲の人に対しては、怒りを持っていません?(加藤諦三)
いいえ!(相談者)

持ってなかった?(加藤諦三)
はい!(相談者)

いくら、わたしが・・67で、年寄りかもしれないけども・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

要するに・・(相談者)

世間の・・常識っつうのがあるでしょう?・・って、わたしは、何回も言ってんだけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それを、誰も聞き入れてくれないんですよ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・・

・・・

でぇ、今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)

このぅ・・57歳の男性と、41歳の娘を・・(加藤諦三)

別れさす・・たいという、相談・・(加藤諦三)
そうです!(相談者)

・・

どういうふうにすれば、別れさせられるのかな?・・っていう・・(相談者)
させられるのかな・・という・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そういう・・相談ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク