テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月18日(水)は、加藤諦三&大原敬子。3ヶ月ほど前、41歳次女がインターネット経由で交際を始める。相手は51歳の3人の子持ち。一番上の娘と次女は5歳違いでしかない。出かける度、お金を出したり、土産を買ったり、弁当まで作ってくる。世間の常識と違うから絶対に上手くいかない、別れさせたい反対するが、周りの誰も聞き入れてくれない。娘は伯父である兄の所に家出してしまう。
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:67歳女性 夫77歳 長女45歳 次女41歳 次女との3人暮らし 次女の交際相手57歳男性 3人の子持ちで、36歳の娘を筆頭に息子と下の娘

もしもし?(加藤諦三)
もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
よろしくお願い致します。(相談者)
はい、最初に、年齢、教えてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

えっと、67です。(相談者)
67歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
・・
はい、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

77歳です。(相談者)
77歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦三)

上の子が・・45歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)

下のが、41歳です。(相談者)

は・・い、わかりました、そいで、今は、お二人で暮らしてるの?(加藤諦三)

下の娘と、主人と、わたしと3人です。(相談者)

ぁ・・あの、41歳のお嬢さんですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと、3ヶ月め・・前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

次女が・・インターネットで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

交際のなんか・・あるらしいんですよ。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

それに、申し込んで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

交際を、始めたらしいんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
相手が、57歳の男性なんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その人には、子供が3人いまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、うちの娘と5歳ぐらいしか離れてない娘・・さんと、息子さんと、おじょ・・もう一人、娘がいて、3人いるんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・(相談者)

親としては・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やっぱし・・(相談者)

いずれ・・そんな、一緒になっても・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

絶対、上手くいかないと思うし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そいで・・(相談者)

主人が77、わたしが67・・で、相手が、57だと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
今度、介護の問題になった時に・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
苦労しなきゃいけないの、わかってて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

親としては・・(相談者)

どうしても・・(相談者)

賛成は、出来かねるんですね。(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

それで、娘のね・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
やってることも、おかしいんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
相手の人が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

どっか、遊びに連れてってくれた時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

全部、費用を出してくれるから・・(相談者)
・・
いい人だと・・言うんですよ。(相談者)

あぁぁ・・(加藤諦三)

ね、それで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

出かけるにしろ、おべん・・こういうお弁当が食べたいって言うと、それも作ってくるらしいんですよ。(相談者)

・・

作ってくるの?(加藤諦三)
・・
はい!(相談者)

・・

だけど・・(相談者)

わたしなんか・・(相談者)

やっぱし考えて、おかしいな?・・と、思うんですね。(相談者)
はい、おかしいっていうのは・・(加藤諦三)

お弁当、作ってくるなら、女性の方が、作ってくるということ?(加藤諦三)
そうです、そうです・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
それで、うちの娘が・・(相談者)

アレ買って・・コレ買って・・って、はいはい、はいはい、買うってこと事態も・・(相談者)

わたしには、納得できない行動なんですね。(相談者)
(時報のメロディ?が流れだす)

コレ買って・・アレ買って・・って言うと、だいたい、買ってくれるんですか?(加藤諦三)
らしいんですよ・・(相談者)

出掛けた時も・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お土産が欲しいから、コレ買って・・って言うと、はいはいと、買ってくれたって言って・・持って帰ってきたんですね。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
それで・・今は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう、この事が・・わたしと、ぶつかりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
大喧嘩になって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしも・・イライラ、イライラしてて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
結局・・(相談者)

あの、自殺図ろうと思って、手首切ろうとか・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
いろいろやりまして・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

大ごとになっちゃったんですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
わたし、そこまで苦しんでるのに・・(相談者)

次女は・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
平然としてて・・(相談者)

わたしと喧嘩してるから、今、家に居ないんですね。(相談者)

ええ。(加藤諦三)

ここ・・2~3週間・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あのぅ・・わたくしの兄のとこに・・(相談者)

家出してるんですよ。(相談者)

ウン、うーん・・(加藤諦三)

それでぇ、他の人達が、あんまり、わたしが五月蠅く言うと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
相手の男のとこ、行っちゃうから、止めろって言うんですよ、わたしに。(相談者)

ええ。(加藤諦三)
わたしは、どうしても納得がいかないので・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
どうしたらいいかと思って・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

やっと・・(相談者)
納得いかないでって言うよりも・・(加藤諦三)

あなた・・(加藤諦三)

四方八方、関係者全員、けしからんと思ってるんでしょう?(加藤諦三)

思ってます!(相談者)

全て、こうあるべきではない。(加藤諦三)

はい。(相談者)

こうあるべきでないことが・・全部、起きていて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

許せない。(加藤諦三)
はい。(相談者)
けしからん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

でぇ・・(加藤諦三)

あの、77歳の・・ご主人は、どう言ってるんですか?(加藤諦三)

少し、様子を見てから、別れさせればいいんじゃないの・・って、言うんです。(相談者)
あ、様子を見てからね・・(加藤諦三)
付き合いは、反対なんです、やっぱ、主人も。(相談者)

ご主人もね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい・・(加藤諦三)

でぇ、あなたはこの、57歳の・・(加藤諦三)

男性と、お嬢さんが、付き合い・・前も・・(加藤諦三)

・・

割と周囲の人に対しては、怒りを持っていません?(加藤諦三)
いいえ!(相談者)

持ってなかった?(加藤諦三)
はい!(相談者)

いくら、わたしが・・67で、年寄りかもしれないけども・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

要するに・・(相談者)

世間の・・常識っつうのがあるでしょう?・・って、わたしは、何回も言ってんだけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それを、誰も聞き入れてくれないんですよ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・・

・・・

でぇ、今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)

このぅ・・57歳の男性と、41歳の娘を・・(加藤諦三)

別れさす・・たいという、相談・・(加藤諦三)
そうです!(相談者)

・・

どういうふうにすれば、別れさせられるのかな?・・っていう・・(相談者)
させられるのかな・・という・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そういう・・相談ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに、幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. もみあげ太郎

    このお母さん(相談者)と一緒に暮らしたら、そりゃー息が詰まるわ
    世間の常識、普通が、皆がとか、こうしているとか、とても狭い狭い
    世間しか知らないで生きてきたから加藤先生や大原先生の言葉も素直
    には聞けないんだよな。

    とにかく娘さんは早く自立して距離を置いてほしい。

    うちのおかんも劣等感の塊で、くだらねー価値観しかもっていないから
    電話も一切しないし、盆も正月も実家には行かないし、行きたくもない

    悪い事は言わないからそんな母親から離れて欲しいと願う。

  2. 加藤先生も大原先生もキツイことを明確に言いましたねえ。
    でも二人とも接し方は優しい。そうでなければ相談者さんは心を開かないでしょうから。
    それにしてもこの相談者さん、強烈な自己主張する人でした。
    加藤先生が指摘した「自分は特別な重要人物だから、周りの人たちは自分に奉仕するために存在してるんだ」という考えの持ち主なんですね。
    さて、そのことを受け入れることができるんでしょうか?そこがこの相談者さんの今後の生き方の分岐点になるのでしょう。

  3. 月見だんご

    普通に考えて大事な娘には子持ちのオヤジなんかと結婚して欲しくはないと思います。しかもネットでの出会いは間違いや危険も多いし。
    馬鹿げたノロケ話に呆れ、心配になって別れてほしいと思うのも普通のことです。
    たとえ娘が何歳だとしても。

    止めようとしたら娘に車で轢かれそうになったというエピソードにドン引き、
    相談者もたしかにちょっと過剰だけど、41年も生きてきて、やっていい事と悪い事の区別もつかないほどのめり込んでいるというこの娘、相当ですよ。
    それを無理やり母親に「あなたが悪い」「娘は良い子」と認めさせる加藤先生と大原先生の押し付けがましさに大変な嫌悪感を感じました。

    相談するところを間違えましたね。
    便利屋に別れさせてもらえばいいのに。
    相談者は悪くないです。ちょっと反応が過剰なだけです。

  4. 周りが反対すると本人達余計燃え上がりますよね。でもこのお母さん相手がどんな人でも反対なんじゃないかな。娘さんを自分の傍に置いておきたいようですね。介護の面でもしっかり当てにしてるようだし。手首を切るのあたりではちょっと引きましたが・・。相手の方は大きな子供さんが3人ですね。16歳違うならこの娘さんの事可愛くて仕方ないという感じですね。今の41歳なら若くて可愛い感じの人多いから。職業は分からないけど、気前が良くてケチではない。今ケチな人多いみたいですよ。何から何まで折半って話しも聞きますから。経済力もあるのかな。今は親が何云っても本人の気持ちには勝てませんよね。一緒になったら案外良かったって事もあるし、本人はお母さんから離れたいのでしょう。もし、失敗に終わってもそれこそ41歳ですもん、ちゃんと考えますよ。それにやり直しも利きます。自分の歳考えてもそう思います

  5. 私が娘だったら、車で轢いていました。
    自殺の真似なんかして、はた迷惑で勝手で、重すぎます。

    先生方に突っかかる言い方が狂気で、こういう状態でまともに会話にならない人だと思った。
    周りの人は本当に大変だったろうな~って思った。
    こういう言い方を許してきた周りの方々の心が。。。どうなんだろう。

    こういった人がいないと、テレホン人生相談も味がないですもんね・・・

    大原先生の言葉に、ちょっと涙が出ました。先生も、泣きそうな声で、はっきり諭してらしたから。

  6. なぜいちいち娘さんの交際に対して口出しするのか不明。16歳の年の差なんて今時珍しくもない。何よりも、自分の娘が喜んでいるのに、自分の価値観を押し付けて別れさせるなどというのは時代錯誤も甚だしい。親子であっても人生は別、早く子離れしてあげなさい。41歳まで独身だったのは、もしかしてこの母親に関係しているのでは?と思ってしまった。娘さんを手放したくないのは自分の老後の面倒を看て欲しいからではないのか。

  7. 逃げてーー

    長女は嫁行って家出てそれきり疎遠にされてるんだろうね。
    鬱陶しいもん。この母親。
    次女は介護要員だから何としても手放したくないんだろうけど、ここで逃げなきゃ今後もずーーーっとこの母親のお世話係で人生が終わっちゃうよ。
    とにかく離れて幸せにになってほしいな

  8. 世間一般としても「子持ち高齢男性と交際・結婚は問題がある」のは、女性が若い場合だけでしょう。”仮に”女性が中年でも問題があるとしても一般論の域を出ず、個別の案件、相手のことを知った上で気にする問題とはなり得ない。
    100面ダイスを振って1が出る可能性は1%だから「最初から振らない方が良い」はわかるけど、振って1が出たあとで「1なんて出るわけない、信じないぞ、やめろ。出たとしても納得いかない、ダメだ」というのがナンセンスなのと同じ。嫉妬と思われるのも無理はない。