寝室別で妻から完全拒否

35歳の男性の方からの相談です。

 

奥様が31歳で、長男が1歳8ヶ月です。

 

今年も営業車の中は、午前は人生相談、午後4時は大原先生と決めています。

 

恥ずかしくてなかなか誰にも相談できないんですが、聞いてください。

 

子育てでクタクタ

職場恋愛を経て結婚6年、一昨年、待ちに待った長男を授かりました。

 

嬉しかったし、今も家に帰るのが楽しみなんですが、それと引き換えに、妻が全く私の相手してくれなくなってしまいました。

 

夜、求めても、「子育てでクタクタなのにいい加減にしてよ」と、完全拒否。

 

スキンシップでちょっと体を触ろうものなら、「気持ち悪い」「触らないで」と言われる始末。

 

寝室も別にされてしまいました。

 

子供ができるまでは、二日に一回は、夜、二人で楽しんでいたのに、妻の負担が少しでも減るよう、家事育児はできる限り手伝い、それが私自身も幸せに感じ、楽しい毎日なんですが、夜だけが不満です。

 

先日は、「外で遊んでくればいいじゃん」とさえ言われてしまいました。

 

本気で言っているんでしょうか?

 

今は子育てで大変だから拒否されているだけでしょうか?
ずっと、このまま何でしょうか?

 

どうすれば、求めに応じてもらえるんでしょうか?

 

2018年2月7日放送のSBC信越放送の『らじカン』(毎週月-金 14:05-18:15)の水曜日のコーナー『敬子と佳子の子育て相談』、テレフォン人生相談でお馴染みの、幼児教育研究の大原敬子先生のお悩み相談。

禁欲生活

中澤:切実な・・ご主人様です。

 

大原:ねえ、これはもう、なんて言うのかしら、ま、究極な話なので・・

 

中澤:ええ。

 

大原:まぁ、私がお母さんとか、おばあちゃんとか、それから・・え・・そういう関係で、話した方が、私も話しやすいので。

 

中澤:あっ・・そうですね。

 

根本:うん。

 

大原:そうでないと、これ理論的に喋ると、自分も・・ふふふ・・

 

中澤:あはは・・理論的に・・

 

大原:なんか・・ははは・・どういうふうに喋っていいか・・

 

中澤:ははは・・

 

大原:だから、まぁ、人生の・・ねえ。

 

中澤:あっ・・経験者として。

 

根本:先輩。

 

大原:経験者として、 ねぇ、あの、あと・・あとは、同性・・あなたと同性の形で、しゃべったり、いろんなパターンにしないと、ちょっとこれはねぇ・・

 

中澤:ええ。

 

大原:あのぅ・・敬子さんとか、根もっちゃんの前で・・こう、真面目にねぇ・・

 

中澤:あはっ・・

 

根本:ふふふ・・

 

大原:しゃべれるような・・物では無いけど、深刻なんですよ。

 

根本:ええ。

 

本当に幸せなのか?

中澤:でも、結構こういう話は聞きますよねぇ?

 

大原:ねえ。

 

中澤:はぁい。

 

大原:でぇ、聞くんですけど?

 

中澤:はぁい。

 

・・・

 

大原:敬子さんから見て・・本当にこれ幸せですか?

 

・・・

 

中澤:はい?・・ああ、この方が?

 

大原:根もっちゃん?

 

根本:ええ。

 

大原:「本当にあなた、これで幸せ?」

 

って、聞いたら、「幸せ」って、答える?

 

・・・

 

根本:あっ、この今の状況でですね?

 

大原:わたしはこれで、「幸せです」「幸せです」って。

 

根本:うん、やっぱ、不満は・・やっぱり・・結構、つのってるんじゃないですかね?

 

大原:ってことは、「幸せ」って言葉、使わないわね?

 

中澤:うん。

 

根本:うん。

 

大原:ま、ぼちぼち、毎日ね。

 

中澤:ああ、ええ、ええ。

 

大原:まあ、やってますけどね・・って。

 

中澤:はい。

 

根本:ま、そこそこ・・

 

大原:「幸せ!」・・「幸せ!」っていうのは、イカンと。

 

僕は、夜の生活っていう・・う、う、ああ・・これは、うん、これは、100%そうなんだけども・・

 

100%言えないから・・

 

幸せでーす!!・・って言って・・

 

中澤:うーん・・

 

根本:思い込んでるんじゃないですか?

 

・・・

 

大原:いや、言葉で言わなくちゃ・・いや、本人も言えないんじゃないですかね?

 

中澤:それを、私自身も、幸せに感じ、楽しい毎日・・

 

大原:いやいや、不幸ですよ、これは。

 

中澤:「幸せ」って、書いてありますよ。

 

大原:この方・・これしかないんですもん。

 

中澤:あははははは・・

 

根本:うん、だから、幸せって感じるしかないんじゃないんですかね?

 

どうして拒まれる

大原:でね、この方、お勉強してないんですよ。

 

中澤:お勉強?

 

大原:うん、何事も。

 

根本:はああ・・

 

大原:真剣さがない。

 

中澤:はい?

 

大原:ねえ。

 

中澤:ええ。

 

大原:なぜ、妻が・・夜の生活を・・拒むのか・・って考えた時に。

 

前後、考えなさいと。

 

中澤:はい。

 

大原:ね、子供いなかった時は、オーケーだったと。

 

中澤:うん。

 

根本:うん。

 

大原:子供産まれたら、ダメだったって。

 

なぜか?って、考えてるかってこと。

 

中澤:はぁい。

 

大原:彼は・・子供産まれても、産まれてなくても・・ずーっと、「あの時、良かったねぇ」・・で、やってるんですよ、まず。

 

ワンパターンです、きっと。

 

根本:はい。

 

中澤:はああ・・ああ・・そっか。

 

大原:さらっと言いましよ、わたし。

 

中澤:はい、さらっと。

 

大原:へへへ・・

 

中澤:はははは・・

 

根本:はははは・・

 

大原:佳子さんも、わたしも・・

 

中澤:あああ・・

 

大原:ここは、ワンパターンですよって・・

 

中澤:ふはははは・・

 

大原:言わざるをえない。

 

中澤:はぁい。

 

大原:あの、テクニシャンじゃないですよ、わたし。

 

中澤:あははははは・・

 

根本:ええ、ええ。

 

大原:でも、いろんな人生経験をしていて・・

 

中澤:はい、経験で。

 

大原:これ、ワンパターン、でぇ、うざい。

 

中澤:ああ・・

 

大原:この男。

 

根本:はああ・・

 

大原:ってなっちゃうんです。

 

ごめんなさいね。

 

中澤:はい。

 

大原:なっちゃうの。

 

もう、ずーっと、ワンパターンでぇ・・

 

中澤:うん・・

 

大原:僕はそれでいいわけ。

 

中澤:うん。

 

根本:うん。

 

大原:でぇ、男性と女性、違いますもん。

 

中澤:ええ。

 

大原:根もっちゃん、違います。

 

根もっちゃん、顔、赤くなってる。

 

中澤:大丈夫ですか?根本さん?

 

根本:ええ・・

 

大原:結構、私、強行に言ってますよねぇ?

 

中澤:あははは、いいと思います。

 

大原:これ、突っ走らなくちゃ。

 

中澤:はい。

 

根本:ど・・

 

大原:だって、ファンだって言いますからねぇ。

 

中澤:そうですよ、先生。

 

大原:本音、言わなくちゃ、うん。

 

根本:はい。

 

大原:どう?

 

・・・

 

根本:あのぅ・・そうですね、あのぅ・・男の方の工夫が、足りないと思います。

 

大原:そうでしょ?

 

根本:はい。

 

大原:でぇ、ワンパターンなんですよね、きっと。

 

根本:多分そうだと思います。

 

大原:でぇ、男の人はそれで、満足・・っていう、ワンパターンの男性ですね、これは。

 

根本:女性はだんだん進化しますんでぇ・・

 

妻の気持ちを考えてない

大原:もっと言うと、男性はこの妻が好きではなくって・・

 

中澤:はい。

 

根本:ええ。

 

大原:好きでもあるけれども・・

 

根本:ええ。

 

・・・

 

大原:性を・・

 

根本:こ、行為自体がね・・

 

大原:行為が・・好き。

 

根本:う・・うん・・

 

中澤:あはっ・・

 

大原:あるいは、欲望を、発散したい。

 

中澤:あはは・・

 

根本:そうですね、相手なしでも・・ねぇ。

 

大原:ああ、つゆは、すごく・・

 

根本:ふふふ・・

 

中澤:先生、この方、幸せ感じてるって、自身で言ってるんですけれども。

 

大原:うん、愛されてる時だけ、幸せ感じるのよ。

 

中澤:そう・・そう・・ですか?

 

大原:要するに、ホントに、彼の場合には・・

 

・・・

 

大原:まぁ、極端に・・極端に言えば、動物的行為っていうか・・

 

根本:そうですねぇ・・相手が・・あのぅ、気持ちとか・・を考えない。

 

相手が、なにをされたら喜ぶかを、考えない。

 

大原:考えない。

 

根本:うん。

 

中澤:ああ・・

 

根本:だと思います。

 

大原:ホントは、性っていうのは、コミュニケーションなんですけども。

 

根本:ええ。

 

中澤:うん・・

 

大原:自分だけのコミュニケーション、なぜそれを私が強く言ってしまうか?

 

中澤:はぁい、はぁい。

 

大原:はい、これ、男に入ります。

 

中澤:はい。

 

大原:なぜ、言ってしまうか?

 

だってね・・

 

・・・

 

大原:触るんですよ、カラダ。

 

中澤:うん。

 

大原:ホントに、彼女、彼がね。

 

中澤:はい。

 

大原:この彼女を好きだと思った時に。

 

中澤:はい。

 

大原:ペロンっと、触ります?

 

中澤:はぁぁぁ・・

 

大原:包み込むにしませんか?

 

中澤:はぁい。

 

大原:ペロッと触るってことはねぇ。

 

中澤:うーん・・

 

根本:ふふふふ・・

 

大原:「今日、いいだろう?」・・って感じですよ。

 

根本:うん、うん、うん・・

 

中澤:そうですねぇ。

 

大原:そんな安易なことで、あなた、何言ってるの?ってことになりませんか?

 

中澤:そう・・気持ち悪い、触らないで・・って感じですかねぇ。

 

大原:愛おしくねぇ、真綿のように、この妻が大好きだっていうね、心のコミニケーションしたらねぇ・・

 

ペロっと体は触らない。

 

中澤:はああ・・

 

大原:触ります?

 

中澤:あっ、そっか、そっか。

 

根本:そうですよねぇ。

 

大原:それはねぇ・・

 

言いますよ、夫婦でコミニケーション・・って、もう、根もっちゃんの方、向いて、やってますよ、もう。

 

中澤:そうですねぇ。

 

大原:そうしなければ、ちょっと、やっていけないから、今日。

 

根本:ふふふ・・

 

中澤:はははは・・

 

大原:だけれどね、根もっちゃん、思いません?

 

・・・

 

大原:妻とホントにね、この夜の生活、嫌だとか云々ではなくって、コミニケーションできたときは、ポンポンと叩いたり・・胸触ったりして、「今日、いいね?」って言えます。

 

根本:うん。

 

大原:言えないで、関係で・・

 

中澤:うん・・

 

大原:ベッドもない、寝室も別にされて、言われるままになってる彼に・・

 

根本:うん。

 

・・・

 

大原:こんなことされたら、嫌うってことを、彼はなぜわかってないか?ってことです。

 

中澤:はああ・・

 

根本:はああ・・

 

大原:普通はね。

 

中澤:はい。

 

大原:ポンポンとか、お尻とか触る時はね。

 

あたし・・ベッド別よ・・と、ダメだよ!やっちゃったら、夫婦がね、ベッド別れたらね、おしまいなんだよ。

 

だから、僕は嫌だね・・って、言える関係だったら、ポンポン、触っていいんです。

 

中澤:はああ・・

 

大原:でも妻がね、ごめんなさい。

 

・・・

 

もう、あなたと一緒に住めません。

 

はい、部屋は、別室ね・・って時に、彼は、のんでんですよ。

 

中澤:そうですねぇ・・

 

大原:のめば。

 

中澤:はぁい。

 

大原:夜の生活、許されるって、こういう・・

 

・・・

 

大原:邪な考え持ってるの。

 

根本:よこしまな・・

 

大原:つまり・・もう、君の体がいいだけであって・・

 

中澤:ふぅーん・・

 

大原:君ではないんですよ。

 

中澤:そうなんです、もう、女性、わかってる・・

 

大原:もし・・そうでしょう?

 

中澤:わかっちゃんですよねぇ。

 

大原:もう、君、そのものが好きだって時に。

 

中澤:うーん。

 

大原:部屋の・・寝室を別にした時に。

 

彼は、断固としてストライキ起こすはず。

 

僕は嫌だ!って。

 

根本:うん・・

 

中澤:うん・・

 

大原:絶対、嫌だって・・君がね・・この部屋から行ってしまったら、僕は死ぬ・・ってぐらいのね。

 

体を張って欲しいんですよ。

 

中澤:ああ・・ああ、ああ、ああ・・

 

大原:張ってないの。

 

・・・

 

自分から拒絶する

大原:そこはねぇ・・もう・・欲情を抑えて・・

 

中澤:はい。

 

大原:お父さんに似たんだろうね、この嫌な性格は。

 

中澤:ははははは・・

 

大原:本当に。

 

でも、あなたがね、今後結婚生活悪くしちゃいけないので。

 

中澤:うん。

 

大原:ここは・・いいと。

 

中澤:うん。

 

大原:この幸せを・・やる為にも・・庭掃除、すべてやって。

 

いいよ、行って来る・・って、気持ちよく、スポーツ選手のように。

 

中澤:ああ・・爽やかに。

 

大原:爽やかに・・

 

中澤:ああーん。

 

大原:ここ半年ぐらい・・妻は、 「あれ?おかしいわ? 」っと思うぐらいに、がんばれと。

 

中澤:はああ・・

 

大原:その間は、もう耐え切れなかったらお父さんに言ってね、ただ、この妻が言ったじゃない。

 

中澤:はい。

 

大原:「黙って遊んでおいで」っていうの。

 

中澤:はああ・・

 

根本:うん。

 

大原:でも、それできなかったら。

 

中澤:はい。

 

大原:できないってこと自分が自覚・・認識するの。

 

中澤:ふん・・

 

根本:うん・・

 

大原:できたら、それでいいじゃないかと。

 

できなかったら、やっぱり僕は・・こんなどうしようもない男を・・この妻は・・

 

・・・

 

大原:結婚しくれたんだと。

 

中澤:うん。

 

根本:うん。

 

大原:両手を拝んで。

 

・・・

 

大原:感謝して。

 

中澤:うん。

 

大原:半年間・・禁欲生活。

 

根本:うん。

 

中澤:はああ・・

 

・・・

 

大原:気持ちよく・・なんかお風呂入るの?とか言わない。

 

中澤:言わないねぇ。

 

大原:うん、もうチラチラ見ない。

 

中澤:はい。

 

大原:お尻を触らない。

 

中澤:はい。

 

大原:そして、子供と一緒に・・スーパー行きなさい、と。

 

中澤:ふぅーん・・

 

大原:買い物しなさい、と。

 

そうして・・

 

妻の方が・・人間っていうのはねぇ。

 

・・・

 

拒絶すると気になるんですよ。

 

中澤:はああ・・逆にですか。

 

根本:止まりますね、夫婦関係の前に恋人同士でもそうですもんね。

 

大原:ねえ、佳子さん、私、エッチに思った?

 

中澤:そんなこと思いませんよ、これでもほんと悩んでる方、いらっしゃるでしょうからねぇ。

 

大原:だって、この方がね、午前、午後はね・・先生って決めているってこの人にね、話すには・・

 

中澤:はい。

 

・・・

 

大原:それしかない。

 

中澤:はい・・一番・・

 

大原:あなたは・・是非ね、この妻と、昔の・・二日に一回するならば。

 

せめて、半年間。

 

中澤:はい・・我慢。

 

大原:禁欲・・うん、絶対元に戻りますから・・でぇ、エッチの顔しちゃいけない。

 

中澤:はい。

 

大原:触っちゃいけない。

 

中澤:はい。

 

大原:もう、ホントにねぇ、そのなんて言うのかしら・・

 

・・・

 

大原:阿弥陀様みたいな感じで。

 

中澤:はい。

 

大原:触ったら罰があたる。

 

中澤:うん、うん、うん・・

 

大原:そんな感じで・・

 

根本:そうですねぇ。

 

大原:妻を・・

 

優しく、いたわって欲しいんです。

 

(音声で確認)

※聴けない方はコチラ⇒YouTubeからお試しください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

sponsored links

関連ページ

そつなくこなす人 彼女ができないのはどうして?
なんでもそつなくこなすことができる人間という相談者。そこそこの成績にそこそこの大学、そこそこの会社に勤め、彼女ができず37歳独身。心から大きく感動したり、怒ったり泣いたり感情が大きく動くことがない。
夫に色目を使う娘の親友 夫も娘も自分がおかしいと言うけれど
娘の親友が嫌いという相談者。夫に色目を使うし自分の料理にダメ出しをする。誇大妄想だと言う娘と夫。カウンセリングをしたらとまで言われるのだが。
一歩前に進めない時 過去の良い時は置いておいて、今を最上と思う
大原敬子が左手を骨折した事で初めて感じた、一歩前に進めない時、過去の良い時は置いておいて、今を最上の時と思うことで、一歩前に進めるという実体験。
息子に依存する母親が今すぐすべきこと 息子の価値観を奪った母親
仮面浪人をして医学部進学を目指す息子。母親からの強迫観念の極みか、小さい時からの母親の酷い抑圧でこのザマだと言われる息子に依存する母親
社交的で姑と仲良くする甘え上手な義妹に嫉妬 劣等感を持つ内向的な自分
社交的で姑と仲良くする義妹、姑も内向的な自分も過干渉な親に育てられた離反型人間。幸も不幸も自分次第。世界観を勝手に自分で決めている。
家族団欒がしたい 父親の言動に家族皆が反発 最悪の雰囲気をどうにかしたい
3人姉弟の真ん中の相談者。父親の言動を家族が嫌がる。姉は怒鳴り散らし弟は嫌がり母は無視して文句ばかり。このままでは離婚か?家族団欒がしたい。