テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月24日(月)は、加藤諦三&中川潤。中川潤のアドバイス中、怒って電話を切ってしまった相談者。ナルシシズムの相談者に、加藤諦三が語りかける。4~5年前から、不倫をしている相談者。良心の呵責からか、夫を立派な人と言うが、自分を包んでくれて、我儘も受入れ、愛情深い相手と、何度も別れようとするも、別れられない。どうにもならなくなり、電話をしてきたのだが・・・
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:47歳女性 夫41歳 娘18歳(寮に入っている) 4、5年前から付き合っている不倫相手の男性60歳

加藤諦三氏の〆の言葉『人間は、怒りと寂しさの処理でもって人生を間違えます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

47です。(相談者)
47歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

してます。(相談者)
してません。(加藤諦三)
あっ・・してます。(相談者)

結婚してます。(相談者)
あ・・結婚してます?ごめんなさい。(加藤諦三)
ぁ、あの、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

ぃ、ぁ・・えーっと、41です。(相談者)
41歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

え・・一人、います。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)

18です。(相談者)
18歳?(加藤諦三)

はい。(相談者)

男の子?女の子?(加藤諦三)

どっち?(加藤諦三)
ぇ・・女の子です。(相談者)
女の子・・はい、わかりました。(加藤諦三)
・・
それで?(加藤諦三)
はい。(相談者)
どんな相談ですか?(加藤諦三)

娘を共犯者に

えーっと、今から・・4年か、5年前なんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・(相談者)

結婚してる方と、付き合・・(相談者)

・・
ってるんですが、まだ、付き合ってて・・(相談者)

ん?それ・・あなたが付き合ってるの?あなたのご主人が付き合ってるの?(加藤諦三)

あ・・(相談者)

わたくしです。(相談者)
あ・・あなた自身が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
4~5年前から・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ・・男性と付き合ってる・・その男性は、そ・・も、結婚はしていると?(加藤諦三)

結婚してます。(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

それで?(加藤諦三)

・・

今まで、別れようとか、思ったんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なかなか・・(相談者)

・・

え・・・「何があっても、君のそばに居る」・・っていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
その言葉に・・同情してしまって・・(相談者)
・・
別れら・・られなくて・・(相談者)

・・

はい。(加藤諦三)

別れたい・・のと、別れたくないのと・・(相談者)

どっち・・(相談者)

どっちもなんですね。(相談者)
ん、うん・・わか・・別れたいけど、別れられない・・っていう・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

こと・・(加藤諦三)

でしょうね。(加藤諦三)

でぇ・・きっかけは、どこですか?(加藤諦三)

きっかけは、あの・・スポーツの講習会で、会った・・指導者の方なんですが・・(相談者)

ぁ・・そうですか。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

で、この方は・・何歳ですか?(加藤諦三)
その・・今、付き合ってる男性の方?(加藤諦三)

60歳です。(相談者)
60歳?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

でぇ・・(加藤諦三)

もちろん、あなたのご主人は・・これ、知らないわけですよね?(加藤諦三)

(息を飲む)・・(相談者)

ん・・あの、どこの誰かは、わからないとは思うんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なん・・(相談者)

あの、出かけたりするので、たぶん・・おかしいなぁ・・と思っていると思います。(相談者)

・・・

はあ?(加藤諦三)

なんか・・要するに・・どこに行くと、言わないで、家を出ることが、結構、あるですか?・・あるんですか?(加藤諦三)

・・・

ん・・ん・・ちょっと・・遊び友達の所に・・(相談者)

ん・・(加藤諦三)
泊まってくるとか、そういう感じで行って・・3日ぐらい、居なかったりするんですけど・・(相談者)
3日・・もいない・・要するに、と、友達の所に行って、3日、泊まってくるっていうことですねぇ・・(加藤諦三)

そう・・ですね、はい。(相談者)

それで・・やっぱり・・出て行く時に・・出づらいですよねぇ?(加藤諦三)

(息をのむ)・・(相談者)

そう・・です・・ね、あと、子供が・・(相談者)

寮にいるので、子供のところに、行ってくるということで・・ちょっと・・そういう事、言ってしまうんですけども・・(相談者)

子供の・・が、寮に居るから、子供の所に行ってくるって・・だけど、実際に言ってなかったら・・(加藤諦三)

わかっちゃうでしょう?(加藤諦三)

ん・・子供には、あのぅ・・(相談者)

お母さんは、ここに行ってるっていうことで・・そう言ってくれっていうことで・・(相談者)

あの・・子供に・・言ってるんですけど。(相談者)
あ・・そうすると、子供には、お母さん、ここに居るけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お父さんに、言わないでね・・って、言ってるわけね。(加藤諦三)

あ、そうなんです。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
それで、この18歳のお嬢さんは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ・・納得してるわけね?(加藤諦三)

(息をのむ)・・(相談者)

そう・・・ですね・・あのぅ・・ねぇ・・はい。(相談者)

物足りない夫

そうすると、今のご主人に対しては、どういう感情なの?(加藤諦三)

・・・

・・・

ぇ・・人間的に・・ちゃんとした、人なので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
申し訳ないなぁ・・と、思ってます、後ろめたい気持ちで・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

人間的に・・立派な人なんだけども・・っていうのは、あなたの・・(加藤諦三)

良心の呵責で、そう解釈してるんで・・(加藤諦三)

ん・・(加藤諦三)
・・
なにか、物足りないとかなんか、そういうところが、あるんじゃないの?(加藤諦三)

・・・

・・・

ものたりない・・というか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・・

主人にないところが・・付き合ってる方が・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
あるので、きっとそちらに・・求めてしまうんだと思います。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ご主人にないところって言うのは?(加藤諦三)

・・

うん、こう・・自分を・・包んでくれて、我儘も受け入れてくれて・・(相談者)
ん・・(加藤諦三)
愛情深いところが、あるところは、とても、わたしの・・(相談者)

こう・・(相談者)

自分勝手な、我儘なわたしを、包んでくれる・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
心地いい方なんですね。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

・・・

あのぅ・・(加藤諦三)

この・・(加藤諦三)

ご主人との・・関係っていうのは、これ恋愛結婚?(加藤諦三)

・・・

・・・

そうですね、はい。(相談者)

恋愛結婚?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

・・・

で、ご主人との関係は・・(加藤諦三)

この男性との関係が、できる前は、4~5年前までは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

こう、ごく普通だったわけ?(加藤諦三)

・・

普通のまぁ・・(加藤諦三)

普通の、ごく、当たり前の、夫婦か・・夫婦だったわけ?(加藤諦三)

そう・・ですね、特に・・あのぅ・・(相談者)

仲が悪いわけでもないし・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

・・・

で、恋愛結婚?(加藤諦三)

・・
恋愛っていうか・・は・・はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

この恋愛結婚の時に・・(加藤諦三)

・・

なんか、物足りなか・・(加藤諦三)

・・
ったというか・・(加藤諦三)

・・

それほど、激しい恋愛結婚ではない・・(加藤諦三)
・・
ですね?(加藤諦三)

そう・・だと思います、どちらかと言うと、わたしの結婚したくて・・(相談者)

したような感じですね。(相談者)

・・・

結婚したくてした?(加藤諦三)

・・・

はい。(相談者)

・・・

うん・・(加藤諦三)

要するに・・結婚したくてしたってことは、好きというよりも、なんか・・(加藤諦三)

それ、家族のようなものが欲しいということ?(加藤諦三)

・・・

家族っていうよりも、自分が、結婚したかったって、ま、す、好きなのは、好きで、け・・そう思って、結婚したいと、思ったんでしょうけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

結婚したいっていう気持ちの方が・・(相談者)
・・
強いんだよねぇ。(加藤諦三)
えっと・・はい。(相談者)
要するに、この人と、結婚したいんじゃなくて、結婚したいんですよね。(加藤諦三)

そう・・ですねぇ。(相談者)

寂しい心を埋めてくれる男

結婚したいっていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
要するに、寂しいから、結婚したいっていうことでしょう?(加藤諦三)

・・

だって、この人と一緒になりたいと・・この人と人生を共にしたいっていう・・(加藤諦三)

この人っていんじゃ・・(加藤諦三)

固有の存在じゃないでしょう、相手は。(加藤諦三)

・・・

うん・・申し訳ないですけど、そういう気持ちでは、なかったと思います。(相談者)
なかったですよね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

だから、結婚の時も・・(加藤諦三)

・・

寂しさ。(加藤諦三)

・・・

・・・

そう・・(相談者)
今回の不倫も・・(加藤諦三)

寂しさ。(加藤諦三)

・・・

そうですねぇ・・(相談者)

結局・・あなたは・・(加藤諦三)

その、自分の寂しさと・・(加藤諦三)
(後の事態を知らない中川先生が咳きこむ)

はい。(相談者)
・・
向き合えないで・・(加藤諦三)
・・
寂しさを、癒してくれる人を、求めていたということですよね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

わたしの・・(加藤諦三)

・・

さ、寂しい心を埋めてくれる・・(加藤諦三)

男なら誰でもいい・・(加藤諦三)
・・
あるいは、わたしの寂しい心を埋めてくれる人なら、誰でもいいんです。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
たまたま、スポーツの講習会で知り合った人と、深い関係になった。(加藤諦三)

ご主人とも・・(加藤諦三)

固有の男性ではないけれども・・(加藤諦三)

寂しいから、一緒になったという・・(加藤諦三)

全部、あなたを動かしてるのは・・(加藤諦三)

寂しさですよ。(加藤諦三)

・・・

・・・

そいで今・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ちょっと、どうにもならなくなって、どうしましょうか?・・ってこと・・(加藤諦三)

でしょう?(加藤諦三)

そう・・だと思います、はい。(相談者)

・・

はい。(相談者)
そいで・・(加藤諦三)

不倫相手と、あのと(「あなた」と「あと」が一緒になったか?)・・別れようとは、したんですか?(加藤諦三)

・・・

・・・

別れようとはしました、何回も別れ・・そう思ってました。(相談者)

・・

で・・(加藤諦三)
そう思って・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
何回も、自分で努力をしましたし・・(相談者)
努力・・努力したって、具体的に、どういうこと?(加藤諦三)

連絡をとらなかったり・・(相談者)

・・・

連絡とらないって、相手から連絡すれば・・(加藤諦三)

これは・・(加藤諦三)

でてっちゃうでしょう?(加藤諦三)

相手から来ても、でなかったです。(相談者)

出なかった?(加藤諦三)
はい。(相談者)
だけど、だけど・・通じたんでしょう?(加藤諦三)

まあ、それを・・2週間とか、3週間は、してみたんですが・・やっぱり・・(相談者)

寂しくなって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

連絡をとってしまうんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

っていうこと。(加藤諦三)

で、はい、わかりました。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
今日はですね・・(加藤諦三)

法律の問題、そのものではないですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
弁護士の中川潤先生に・・意見を伺いたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. 今回は凄いね、審議拒否(違
    初めてじゃないの、前に有ったかなあこんな事・・・それにしても失礼な相談者ですねぇ(呆)
    潤ちゃんも言ってたけど、旦那離婚準備してるよね。判ってて泳がしてるよ。
    報告者は旦那舐めてるみたいですが、キッつい制裁されると良いですね。
    それにしても娘さんが可哀想だ。旦那は成人するまで待って上げてるのかもしれません・・・

  2. 旦那さんの方に特に何か落ち度があるようには思えませんね。
    相談者さんの身勝手でしょう。
    いずれツケが回ってくるでしょう。
    その時になって事の重大さに気付き、慌てるパターンだと思いました。

  3. 47歳になるまで甘やかされた人生を送ってきたような人ですね。途中で電話を切ると云うのはプライドが高い人でもある。
    正直むかつくんですけど。何てアドバイスしてほしかったんだろう。
    同じ女として好きになれないタイプのひとですね。
    甘く生きてきたツケは必ず廻って来ます・

  4. 聴いていてとても相談者は失礼な方だと思いました。
    そんな人だからあんな結果になったのだろうと
    これはもう自業自得ですね。
    中川先生のおっしゃる通り、旦那さんや娘さんは
    気が付いてるだろうし、それなりに考えていると思います。
    それにしても、アドバイスをもらうために電話したのに
    話を聞くことができないのは、反省していない証拠ですね。

  5. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

     高校生の時からこの番組聞き始め 四十年以上になりますが ガチャンと 電話を切るなんて 言語道断! 失礼極まりない  これは 例の レジェンド オバサン級ですね、語り草になること請け合い!
     こんな身勝手な女 落ちるとこまで落ちてしまえ。
     大体 5W1Hの基本を押さえて話すことが出来ないので 加藤先生
     聞き取りにご苦労なさってましたねぇ。
     不倫相手とも うまく行かなくなること も 請け合います。
     ご主人は高収入で 暮らしには恵まれておられるようですが それを一瞬のうちに 無くしますよ 慰謝料請求されても 払えないでしょうね。

    • 逆切れおばさんよりひどい。あの人は感情むき出しでやり場のない怒りが
      爆発してましたが、今回は酷い。相談者を擁護できない。
      まあ今まで好き放題やってきた証拠でしょう。
      それにしても今回は伝説級の内容」でした。

  6. 一歩バックステップ

    閉会中審査を聴いてて聴き逃した。
    時々ある神回だったのに。

  7. 時々出てくるモンスターですね。
    とはいえ、彼女の中の寂しさは本人にはひどく苦しいものなのでしょう。
    そこをなんとかしてほしかったのに、彼女的には違う方向に行ったと感じたのでしょうね。
    寂しさを乗り越えるには、状況の認知が一番であるという回答だったと思うけれど、ナルシストには通用しないとなると、どうしたらよいのでしょう?
    どなたか教えてください!

  8. 相談をお願いしながら聞き苦しくなるとガチャ切りするという無責任さが今の状況を招いている気がします。
    色惚けババアってまさにこういう女性なのでしょう。
    私の周りも時間とお金に余裕のある人に限って(特に専業主婦)寂しいとか具合が悪いと言ってるような??
    おっと、余り言うと貧乏人の僻みですね。

    追伸:初コメントしました。主さま、いつも書き起こしありがとうございます!

    • コメントありがとうございます。
      旦那41歳、娘を寮に入れながらも専業主婦。
      この立場、捨てられるんですかね?
      これからも、よろしくお願いします。

  9. 久々のヒット作じゃないですか?
    最初の方に、結婚してるかしてないかの問いに、加藤先生が聞き間違えて、してない。と言った時
    「してます。結婚し、て、ま、す」と強く強調してきたところが
    いつだったか
    噂の猫院生の相談の回を思い出しました。なんとなく声の出し方も似ているような気がします。

  10. 最低だなぁ・・。専業主婦で路頭に迷おうが旦那さん放り出したれ!って思いますわ。とにかくコツコツと不貞の証拠集めしてて欲しい。自分の母親がこんなだったら、軽蔑通り越して侮蔑だわ。
    こういう周りを傷つけてもなんとも思わない人間に情けは無用。自分が傷ついて分かることもあるだろう。

  11. 1日遅れてしまいましたが、今回もありがとうございました。しかも「ダンベル」回もリンクしてくれて、本当に感謝の極みです。「ダンベル」は実際に聞いていたかな?記憶があるような、ないような、、

    今回は生で聞いていませんでした。ラジオをつけたとき、加藤先生が「ひとり語り」になっていて、変だなーと思いました。

    字の間違いは、「(娘のところへ)言って」となっている箇所があります。
    いつも細かくてすみません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.