疲れたと言う母

26歳のラジオネーム、リンさんという方からの相談です。

 

母と私の28歳兄について悩んでいます。

 

母は私が小さい頃に離婚し、それ以来、誰も頼りにせず、1人で私たちを育ててきました。

 

兄は小さい頃からゲームが好きで、そんな兄は高校を中退後、どんどん非行と引きこもりがひどくなりました。

 

今は母と兄2人で暮らしています。

 

sponsored links

 

依存

10年ほど前から母は睡眠剤、兄は抗うつ剤が欠かせません。

 

私は20歳の頃、家を出て一人暮らしをして、それ以来あまり実家に戻っていません。

 

昔からいつも家がピリピリしていたので、早く家から出たくてたまりませんでした。

 

母と兄は昔から仲が悪いです。

 

母は私をひいきしていたと思います。

 

私に依存しているような気さえします。

 

兄はそんな母が憎かったのかもしれません。

 

私は最近結婚して遠くに住んでいます。

 

以来、「リンは、私をひとりぼっちにして、自分だけ幸せになるのね」という旨のメールを送ってきます。

 

今の生活は楽しく満足しているんですが、これを言われてしまうと罪悪感でいっぱいです。

 

母は私を、いつも母を嫌ってしまうのではないか、と聞いてきます。

 

そんなことないよ、いつでも私のところを訪ねてきていいんだよという趣旨の手紙を書いて渡しましたが、母は信用できないと言いました。

 

カウンセリング

兄はバイトをしていますが、 1人で生活できる経済力はありません。

 

パチンコで負けると攻撃的なります。

 

お金は母に頼っています。

 

兄の精神科医は、これは性格であり、病気ではないと判断し、抗うつ剤のみ処方しています。

 

カウンセリングをしたらと何度も言ったのですが、母は「もう疲れた」「なんで私に全部押し付けるの?」と言って、カウンセリングの力を信じてくれません。

 

私としては、これ以上事がひどくなる前に、一刻も早く誰かに相談した方がいいと思っています。

 

母は兄に疲れて愛情なんてなく、自分の身を守ることを最優先にしています。

 

私は兄と会って話すときは、普通に会話ができます。

 

問題は、母の兄に対する接し方、兄の母に対する失望感と寂しさが問題ではないかと思っています。

 

でも私1人では解決策が出ません。

 

離れて暮らしているので頻繁に訪ねることもできません。

 

どうかアドバイスをお願いします。

 

2017年11月8日放送のSBC信越放送の『らじカン』(毎週月-金 14:05-18:15)の水曜日のコーナー『敬子と佳子の子育て相談』、テレフォン人生相談でお馴染みの、幼児教育研究の大原敬子先生のお悩み相談。

sponsored links

母の生きる支え

大原:このね。

 

中澤:はい。

 

大原:今日のお話なんですけども。

 

中澤:はい。

 

大原:何を言ってるのかなと思ったんです。

 

中澤:ええ。

 

根本:はい。

 

大原:で、結論から言いますと。

 

中澤:はい。

 

大原:なるべく、自分のところに・・その母親が来なくて。

 

中澤:うん。

 

大原:で、いい娘で演じて、なるべく今の幸せをですね。

 

中澤:はい。

 

・・・

 

大原:続けたい・・どうかして、お母さんとお兄さんが、上手く生活できない・・には、どんな方法がありますか?としか、私には受け止められないんです。

 

中澤:はい。

 

根本:はあ、はあ、はあ。

 

大原:で、もし、それが違ってしまったら、後でいただきたいんですけど。

 

中澤:はい。

 

大原:まずですね、このお母さんとお兄さんは、離れられない関係です。

 

中澤:ふーん。

 

根本:うん・・

 

大原:と申しますのは、あの10年前にということは彼女はまだ、16歳ぐらいの中学か高校なんですね。

 

その頃お兄様は、もうすでに、え・・

 

・・・

 

引きこもりとか・・

 

中澤:非行に・・

 

大原:非行に入ってるんです。

 

中澤:はい。

 

大原:で、お兄さんはずーっと、お母さんといるのに、彼女は・・

 

・・・

 

20歳でもう家を出たんです。

 

根本:はい。

 

中澤:そうですね、はい。

 

大原:出れるってことは・・お母さんにとって、このお嬢さん・・このリンさんって方は・・

 

必要はないんですね。

 

・・・

 

中澤:ああ・・

 

大原:私はえこひいきしていましたと彼女は言っていますけれども。

 

中澤:はい。

 

大原:お母さんにすると、リンさんが家に出ようが、出まいが。

 

・・・

 

どうでもよかったんですね。

 

中澤:うーーん。

 

大原:このお母さんにとっては、このお兄さんが。

 

中澤:はい。

 

大原:自分の生きる支えなんです。

 

(続きは4:15過ぎから)

※聴けない方はコチラ⇒YouTubeからお試しください。

 

sponsored links

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

結婚すべきかどうか迷う 迷った時の決断方法
結納を終え、彼女が家族の悪口や、収入の事で文句を言うようになり大喧嘩。ついビンタをして鼓膜を破る怪我をさせる。結婚すべきか悩む32歳の男性に、大原敬子が迷った時の決断方法をアドバイス。
離婚し実家に戻った姪、居座り続けているので姉が気の毒
離婚して卒園したばかりの子供を連れて実家に戻った姪。働いてはいるが、借りたアパートには行かず、実家に居座り続けている。姉が気の毒で仕方ない。
孫に会いたいと嘆く姑 産後の世話をした嫁から連絡すらない
車で5分の距離に住む息子夫婦。産後の嫁の世話を、あれだけしたのに、孫を連れて来なくなった。ほとんど連絡すらない。孫に会いたいのだが。
うつ病で静養・通院中の娘 家出してでも彼の元に戻ると言うが
仕事場の人間関係が原因で鬱病になり退職。現在、実家で静養、通院中だが、半同棲していた彼のところに戻りたいと一度は家出。渋々、認めているが、反対されても、家出してでも戻ると言い始めた。
片付けられない妻 子供達の将来が心配 夫として出来る事は
結婚当初から、片付けられない妻。洗濯物は取り込んだまま。布団は敷きっ放しで干さない。箪笥の引き出しは開けっ放し。子供の将来が心配。夫として、手助けできることはないか?
強欲な舅姑と同居中 距離を取り、上手く立ち居振る舞う方法は?
強欲な舅姑と二世帯住宅を建てて同居中、嫁の分際でと言われることも度々。両親への傲慢な態度など、距離を取りたいが、上手く立ち居振る舞う方法があれば教えて欲しい。
夫婦仲良く暮らして欲しい 81歳の父にダメ出しする母と息子
81歳の父は脳梗塞で倒れた過去あり。今も仕事をしたいと店で働くも、母親は余生をのんびり過ごして欲しい。全然、言う事を聞かない父。体を第一に、夫婦仲良く暮らして欲しい。
母親との添い寝から卒業できない中2と小6の息子 家の主としての父親!
小1の娘と一緒に妻と添い寝する小6の次男、その二人の目を盗んで昼間に母親と添い寝する中2の長男、危惧する父親に対して大原敬子が駄目出し。
夫の操縦法は新婚時が肝要 夫の不倫が気になり携帯電話を覗きたなる
芸能界、政界、連日報道される不倫ニュース。それまで気にしていなかったが、夫の何気ない言葉で不安になる新婚妻。新婚時にしかできない夫の操縦法を伝授。
被害妄想が強い母 父が隣の未亡人と浮気してるとヒステリー
隣に未亡人が引っ越してきてから、母の被害妄想が強くなる。父が浮気してるとヒステリー。父は離婚するとまで言い始める。この母にどう対応すればいいのか?
マウンティング女子に、イライラムカムカ、腹が立つのはなぜ?
職場の先輩がいわゆるマウンティング女子で、腹が立つ。繰り広げられる相手を貶めて自分の方が上と示すような会話に、ムカムカ、イライラするのはなぜか?
浮気がバレて別居中 溺愛していた子供達の本音に触れ絶望的な気持ち
10年以上、冷めきった夫婦関係、妻に浮気がバレ別居中。大好きでいてくれて溺愛していた子供達の本音に触れ絶望的な気持になる。父親の着信名は雑魚。
母の行動が理解できない 頑なに理由を言わない母の異質な行動
「ありがとうございます」という卒塔婆を建てたり感謝のシールを所かまわず貼る実家の母。異質な行動も頑なに理由は語らず。奇異な行動に夫婦関係も冷え込んでいる。
登校前にお腹が痛いと訴える小学生の息子 夏休み明けから登校できなくなる
小学生の息子が、朝、登校する前になるとお腹が痛くなる日が続いています。学校に着くと痛みが治まるようでしたが、夏休み明けから登校できなくなってしまいました。